フルーツバスケット 2巻

先日最終巻が出たのですがやっぱりいいですね。色々と語りたくなったので記事にしてみました。ってことで2巻の表紙は「草摩由希」です。

フルーツバスケット (2) Book フルーツバスケット (2)

著者:高屋 奈月
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:S

   作品全体ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

異性に抱きつかれると十二支に変身してしまうという呪いにかかっている草摩家の「由希」「夾」「紫呉」と一緒に「透」は暮らし始めます。

透が心配な彼女の親友である「魚谷ありさ」や「花島咲」の草摩家チェックがあったり、高校の文化祭がはじまったりします。

その学園祭の最中、同じ十二支である「草摩紅葉」、「草摩はとり」が突然やってきます。医師であり記憶の隠蔽能力を持つはとりから、大事な話があると呼び出され透は・・・

部屋主の感想

この巻は部屋主のお気に入りキャラである「はとり」が登場します。涙なしには読めないはとりの暗い過去話は大好きだったりです。なんかとても共感を感じるのですよ。

もしかしたら1番優しさや心配が必要なのは自分かもしれないのに、透の心配をするはとり・・・こういう人物は実に好きですね。カッコいいです(人間性がね。見た目も好みですが)。自分が大変なときでも、他の人への優しさを忘れないこんな男になりたいものです。

また、はとりが恋人である「佳菜」に正体がばれたときの彼の表情と「涙が出た」という台詞なんかもかなりツボですね。ホロリときます。

順番的にははとりの話とは前後するのですが、お互いにいがみあいながらも、互いをうらやましがってる由希と夾の関係なんかも好きですね。たぶんこういうことってあるんでしょう。

でもって、このエピソードの締めの形で出てくる「おにぎり」の話にはしてやられましたね。人を素敵というものが梅干だとして、その梅干は背中についていて自分では見えないってな感じのお話です。

部屋主個人としましてては、「自分には何もない 真っ白なお米だけ」と涙するおにぎりが妙にツボだったりします。この1コマがあるから、この場面は引き締まってると思います。

そして、人の素敵な部分を素敵と屈託なく言える透がまた素敵です。人の褒めるべきとろこは素直に素敵といえる人間になりたいものですね(やたらと素敵が多い文章ですいません)。

この巻の部屋主のグッときた言葉

欲しがってばかりいずに 今ここにあるものを大切だと 思える気持ち

これは心に戒めておきたいであります。ちなみにこの漫画誰の台詞なのかイマイチはっきりわからんのが多いです。前後の文脈からわかる場合もあるのですけどね。これはちょっとわかりづらいので。

今も 誰かが羨ましがってるかも 自分では気づかない何かに 憧れているかも そう考えると 少しだけ もう少しだけ 『自分』をがんばってみようかなって思えてくる

おにぎりエピソードのラストを飾る言葉です。「さぁ、頑張ろう」って感じになる言葉ですね。ってことでがんばれ自分。

・・・泣かせてばかりいるな 俺は」byはとり

部屋主はこの言葉を自嘲気味につぶやくことが多いものでして。この台詞の後にフッとみせたはとりの笑顔がいいですね。

・・・ありがとう 佳菜・・・もう 大丈夫だから・・・もう 苦しむことはないから・・・神様 どうか彼女が 今度こそ倖せになれる誰かと出会えますように 祈るから 俺は一生溶けない雪にかこまれて 死んでも構わないから どうか どうか」byはとり

自分のために病んでいく恋人・佳菜の記憶を自ら隠蔽した時の独白です。台詞もですが、涙を流しながら雪の中立ち尽くしているその姿が哀しすぎます。ここまで深くはないですが、なぜかこの台詞のように思うことがあったりですのでたまらんシーンだったりします。

これに続き、倖せになった佳菜を見ながら、「よかったな・・・おめでとう・・・少しもショックでなかったと言えば嘘になるが よかったと 彼女を解放して本当によかったと 思えたことが嬉しい」と続く台詞と笑顔がまた哀しいです。

でも、ちゃんと前後に「雪が溶けると何になる?」というエピソードを配置して救いを用意してあるあたりが実に巧みというか見事です。ホロリときます。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

フルーツバスケット 1巻

一月に買った漫画の本の紹介」で書いたらそれなりに反響があったのと、久々に読み返したら今の鬱な気持ちとマッチしたので記事にしたくなりました。表紙は主人公の「本田透」です。

フルーツバスケット (1) Book フルーツバスケット (1)

著者:高屋 奈月
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

   作品全体ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

母の死によってテント暮らしを余儀なくされるという不幸を背負っていても、常に明るく元気な女子高生「本田透」は、家事の腕を買われて、同級生の高校1年生にして学園の王子様的存在である「草摩由希(そうま ゆき)」とその保護者「草摩紫呉(そうま しぐれ)」の家で暮らすことが決まります。

ちょうどその時、由希と仲の悪い「草摩夾(そうま きょう)」がやってきて彼に勝負を挑みます。その喧嘩を止めようと透が夾に抱きつくと、なんと彼はネコに変身してしまったのです。

驚き慌てふためく透に、運悪く夾の壊した天井の破片が落下してきて頭に当たってしまいます。倒れる透を助けるために抱きしめた由希はネズミに、紫呉はイヌに変身し・・・

そう、草摩家の中でも特別な人間は、十二支と同じ12の物の怪とネコの物の怪に憑かれて、各々の動物と意志が伝わる反面、異性に抱きつかれたり、体が弱ると、動物の姿になってしまうという呪いがかかっていたのです。

部屋主の感想

部屋主の買ってる数少ない少女漫画の1つです。確か、アニメで見て面白かったので気になったのが購入のきっかけですね。

中盤以降は暗い話が増えるので、嫌になった人も多い漫画だそうですが、部屋主はその暗さに共感を感じることが多く(この漫画に浸れる人は何かしら不幸を感じてる後ろ向きな人が多いのではと思います)、むしろその中盤以降が好きだったりします。

とはいえ、その重苦しい雰囲気の中に涙と笑顔がしっかり描かれているから好きだったりするのですが。

で、この1巻はというと、まだ重苦しい雰囲気はあくまで匂わせる程度で、コメディタッチの部分が多いです。コメディタッチの部分もなかなかにいい感じなところが多いこの漫画ですが、この1巻は少々ぶっ飛んでるところが多く、部屋主としましてはあまり好きでないところも多いです。

物語的には「帽子の少年」「草摩家当主、慊人(あきと)」「十二支+ネコの呪い」「夾の本当の姿」といった具合に色々と思わせぶりな伏線があってなかなかに楽しいです。

また、この漫画の特徴として考えられる「言葉」の良さは、この1巻にももちろんふんだんに盛り込まれていると思います。このフルーツバスケットに出てくる優しい言葉たちはきっと読む人に色んな力を与えてくれると思います。

この巻の部屋主のグッときた台詞

他人と交わり 傷つけたり傷つけられたりしながら 他人を学び己自身を学ばないと 本当の意味で他人を思いやれるような人間になれないよ」by紫呉

人づきあいが苦手で人と関わって暮らしていくのが嫌だという夾への紫呉のアドバイスです。普段おちゃらけてる紫呉が言うあたりも素敵です。ちなみに部屋主は分厚い仮面を被って対人コミュニケーションを謀るタイプの人間なので、真の意味でまったく他人を思いやれない人間なのかと、この言葉で少し凹みました。

好かれたいから優しくしてるだけなんだよ~自分の為に優しくしてるだけなんだ ・・・偽善かもしれない」by由希

ネズミの呪いのために、「俺はこんなだから」と引け目や怯えを感じて他人と常に一線を引いてしか付き合えない自己嫌悪してる時の台詞です。部屋主はかなりな自己嫌悪型人間なので、この気持ちが実によくわかったりします。その苦しさも・・・

「良心は個人個人の手作りみたいなモンだから 誤解されたりギゼンだと思われやすいんだよな でも透は信じてあげな 疑うなんてことは誰にでもできる簡単なことだし 透は信じてあげられる子になりな それはきっと 誰かの力になる」by透の母

↑のように凹む由希へ、母のこの言葉を思い出しながら接する透と、それによって笑顔を見せる由希が素敵です。部屋主は病的な懐疑人間なのでこの言葉にはやられました。今はまだまだダメですが、いつか誰かの力になれたらと思います。

わがまま・・・言ってもいいんじゃねぇの?~お前の場合 たまには弱音吐いたって わがまま言ったっていいんだよ めげたっていいんだよ」by夾

対人コミュニケーションが苦手という夾が、透を慰めるときに言った台詞です。人の成長する姿は物語の中でも見るのは楽しいです。部屋主ももっと成長して、こんな風に人に優しくしてあげたいものです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (14) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト 1:エッセイ 1:哲学・思想 1:国際・比較文化 1:宗教 1:心理・精神 1:怪談 1:情報操作・メディア論 1:戦争・紛争 1:政治・政策 1:教育・育児 1:有害・殺人者 1:歴史 1:死・高齢者問題 1:物理・化学 1:特定地域 1:犯罪・法律 1:生物・生理・医療 1:社会・一般教養 1:経済・経営・格差 1:絵本・児童書 1:美術・写真集・画集 1:自己啓発 1:自然・環境 1:複雑系 1:食 2:7SEEDS 2:ARMS 2:BLEACH 2:DEAHT NOTE 2:Fate/stay night 2:Fate/Zero 2:ONE PIECE 2:RAINBOW 2:ULTRAMAN 2: 短編漫画 2:よんでますよ、アザゼルさん 2:アウターゾーン 2:アバンチュリエ 2:キングダム 2:クレイモア 2:クロサギ 2:ゴーストハント 2:シマシマ 2:スパイラル 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION 2:ディアスポリス 2:ピアノの森 2:フルーツバスケット 2:ベルセルク 2:マギ(MAGI) 2:ヴァムピール 2:ヴァンパイア十字界 2:京極堂シリーズ 2:勇午 2:医龍 2:図書館の主 2:夏目友人帳 2:天の覇王 ラオウ外伝 2:失恋ショコラティエ 2:奇食ハンター 2:探偵学園Q 2:月光条例 2:江戸川乱歩異人館 2:秒速5センチメートル 2:罪と罰 2:聖闘士星矢G 2:金田一少年の事件簿 2:鋼の錬金術師 2:鬼燈の島 2:魔人探偵 脳噛ネウロ 2:魔法少女まどかマギカ 2:Doubt 2:ジョジョの奇妙な冒険 2:マリー・アントワネットの料理人 2:ルミとマヤとその周辺 3:おつまみ 3:お店(スイーツ) 3:お店(吉野家) 3:お店(BigBoy) 3:お店(お食事) 3:お店(すき家) 3:お店(びっくりドンキー) 3:お店(ガスト) 3:お店(ケーキ) 3:お店(パン) 3:お店(ラーメン) 3:お店(和菓子) 3:お店(和食さと) 3:お店(松屋) 3:お店(祭太鼓) 3:お店(The・丼) 3:お店(サイゼリヤ) 3:お店(マクドナルド) 3:お店(ロイヤルホスト) 3:お弁当 3:からあげくん 3:ご当地系お菓子 3:その他のお菓子 3:その他のスイーツ 3:その他の食品 3:アイス(その他) 3:アイス(チョコ) 3:アイス(フルーツ) 3:アイス(モナカ) 3:アイス(和風) 3:アイス(氷菓) 3:エクレア 3:グミ 3:ケーキ 3:コンビニパスタ 3:シュークリーム 3:スイーツ 3:スナック菓子 3:ゼリー 3:チョコレート 3:チロルチョコ 3:パン(ランチパック) 3:パン(惣菜パン) 3:パン(菓子パン・あん) 3:パン(菓子パン・その他) 3:パン(菓子パン・クリーム) 3:パン(菓子パン・ジャム) 3:パン(菓子パン・フルーツ) 3:パン(菓子・蒸し) 3:パン(野菜系) 3:プリン 3:ポテトチップス 3:ヨーグルト 3:ロールケーキ 3:冷凍食品 3:和菓子 3:奇食 3:寒天スイーツ 3:納豆 3:豆乳スイーツ 3:食玩 3:飲料 3:飲料(その他) 3:飲料(フルーツ) 3:飲料(清涼飲料水) 3:飲料(炭酸) 3:飲料(茶) 3:飲料(野菜) 3:飴 3:餃子・焼売 3:インスタント(そば) 3:インスタント(うどん) 3:インスタント(おかゆ) 3:インスタント(スープ) 3:インスタント(焼きそば) 3:インスタント(ラーメン) 4:アクション映画 4:アニメ映画 4:コメディ映画 4:サスペンス映画 4:スポーツ映画 4:ホラー映画 4:モンスター映画 4:恋愛映画 4:SF映画 5:TV番組(ドラマ系) 5:TV番組(ニュース系) 5:アクセス記録 5:ゲーム 5:コンビニ日記 5:バトン 5:フラッシュ 5:ブログラム 5:モンハンプレイ日記 5:動画 5:文化・芸術 5:東北大震災応援 5:派遣・短期バイト日記 5:男の手料理 5:笑える画像集 5:記録(購入漫画記録) 5:記録(購入&読了本) 5:雑記 5:面白占い 5:音楽 5:フィギュア 5:フィギュア-超像可動 5:フィギュア‐figma 5:フィギュア‐特撮リボルテック 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ 5:フィギュア‐プラモ 6:小説-その他 6:小説-ファンタジー 6:小説-ホラー 6:小説-ミステリ 6:小説-恋愛 6:小説-感動 6:小説-文学 6:小説-歴史 6:小説-SF 6:小説-ライトノベル 7:ア 「天祢涼」 7:ア 「我孫子武丸」 7:ア 「有川浩」 7:ア 「有栖川有栖」 7:ア 「浅田次郎」 7:ア 「秋元康」 7:ア 「綾辻行人」 7:ア 「芥川龍之介」 7:ア 「赤星香一郎」 7:ア 「麻見和史」 7:イ 「乾ルカ」 7:イ 「乾緑郎」 7:イ 「井上靖」 7:イ 「今邑彩」 7:イ 「伊坂幸太郎」 7:イ 「岩井俊二」 7:イ 「岩井志麻子」 7:イ 「岩城裕明」 7:イ 「石持浅海」 7:イ 「稲川淳二」 7:イ 「飯野文彦」 7:ウ 「宇佐美まこと」 7:ウ 「歌野晶午」 7:ウ 「浦賀和宏」 7:ウ 「虚淵玄」 7:エ 「円地文子」 7:エ 「江戸川乱歩」 7:エ 「遠藤周作」 7:エ 「遠藤徹」 7:オ 「乙一」 7:オ 「大塚英志」 7:オ 「大石圭」 7:オ 「太田忠司」 7:オ 「小栗虫太郎」 7:オ 「小野不由美」 7:オ 「岡島二人」 7:オ 「岡田晴恵」 7:オ 「恩田陸」 7:オ 「荻原浩」 7:カ 「加納朋子」 7:カ 「川上未映子」 7:カ 「川原礫」 7:カ 「川崎草志」 7:カ 「川瀬七緒」 7:カ 「川端康成」 7:カ 「海堂尊」 7:カ 「神永学」 7:カ 「金沢伸明」 7:カ 「鎌田俊夫」 7:カ 「門井慶喜」 7:カ 「霞流一」 7:キ 「京極夏彦」 7:キ 「北方謙三」 7:キ 「北林一光」 7:キ 「北森鴻」 7:キ 「北野勇作」 7:キ 「木原浩勝」 7:キ 「貴志祐介」 7:ク 「倉坂鬼一郎」 7:ク 「鯨統一郎」 7:ク 「黒井千次」 7:コ 「小松左京」 7:コ 「小林泰三」 7:コ 「小池真理子」 7:コ 「香月日輪」 7:ゴ 「五味弘文」 7:ゴ 「郷内心瞳」 7:サ 「坂木司」 7:サ 「桜庭一樹」 7:サ 「沙藤一樹」 7:サ 「酒見賢一」 7:シ 「周木律」 7:シ 「城山三郎」 7:シ 「城平京」 7:シ 「島田荘司」 7:シ 「新堂冬樹」 7:シ 「新海誠」 7:シ 「真藤順丈」 7:シ 「篠田節子」 7:シ 「重松清」 7:シ 「雫井脩介」 7:シ 「首藤瓜於」 7:ス 「朱雀門出」 7:ス 「椙本孝思」 7:ス 「鈴木光司」 7:ス 「雀野日名子」 7:セ 「瀬名秀明」 7:ソ 「曽根圭介」 7:タ 「多岐川恭」 7:タ 「拓未司」 7:タ 「田中啓文」 7:タ 「竹本健治」 7:タ 「高木利光」 7:タ 「高田侑」 7:タ 「高田崇史」 7:タ 「高野和明」 7:ダ 「太宰治」 7:ツ 「恒川光太郎」 7:ツ 「辻村深月」 7:ト 「戸板康二」 7:ト 「飛浩隆」 7:ド 「土橋真二郎」 7:ナ 「七尾与史」 7:ナ 「中勘助」 7:ナ 「中山七里」 7:ナ 「中山市朗」 7:ナ 「中田永一」 7:ナ 「夏目漱石」 7:ナ 「奈須きのこ」 7:ナ 「梨木香歩」 7:ナ 「長坂秀佳」 7:ナ 「長崎尚志」 7:ナ 「長江俊和」 7:ニ 「二宮敦人」 7:ニ 「新津きよみ」 7:ニ 「西尾維新」 7:ヌ 「貫井徳郎」 7:ノ 「法月綸太郎」 7:ハ 「半村良」 7:ハ 「服部まゆみ」 7:ハ 「林巧」 7:ハ 「畠中恵」 7:ハ 「葉山透」 7:バ 「坂東眞砂子」 7:バ 「幡大介」 7:ヒ 「平山夢明」 7:ヒ 「東山彰良」 7:ヒ 「百田尚樹」 7:フ 「福井晴敏」 7:フ 「福澤徹三」 7:フ 「福谷修」 7:フ 「藤ダリオ」 7:フ 「藤原健市」 7:フ 「話梅子」 7:ホ 「堀井拓馬」 7:ホ 「堀内公太郎」 7:ホ 「堀川アサコ」 7:ホ 「本多考好」 7:マ 「松本清張」 7:マ 「牧野修」 7:マ 「真梨幸子」 7:マ 「麻耶雄嵩」 7:ミ 「三上延」 7:ミ 「三好徹」 7:ミ 「三島由紀夫」 7:ミ 「三津田信三」 7:ミ 「三浦綾子」 7:ミ 「三田村志郎」 7:ミ 「三谷幸喜」 7:ミ 「宮ノ川顕」 7:ミ 「宮部みゆき」 7:ミ 「水田美意子」 7:ミ 「湊かなえ」 7:ミ 「道尾秀介」 7:モ 「森博嗣」 7:モ 「森山東」 7:ヤ 「山口瞳」 7:ヤ 「山田悠介」 7:ヤ 「山田正紀」 7:ヤ 「柳原慧」 7:ヤ 「柳広司」 7:ヤ 「梁石日」 7:ヤ 「矢部嵩」 7:ユ 「夢枕獏」 7:ユ 「夢野久作」 7:ユ 「柚月裕子」 7:ユ 「行川渉」 7:ヨ 「よしもとばなな」 7:ヨ 「吉岡暁」 7:ヨ 「吉村昭」 7:ヨ 「吉田修一」 7:ヨ 「吉行淳之介」 7:ヨ 「米澤穂信」 7:リ 「リリー・フランキー」 7:ワ 「和田はつ子」 7:ワ 「和田竜」 7:ワ 「綿矢りさ」 8:ジョージ・G・ロビンソン 8:スーザン・ケイ 8:スティーヴン・キング 8:ダン・ブラウン 8:トマス・ハリス 8:ドストエフスキー 8:バーム 8:パトリシア・コーンウェル 8:ホーキング 8:ポール・ギャリコ 8:モーリス・ルブラン 8:リチャード・プレストン 8:ロバート・A・ハインライン