さよならタマちゃん

mixiの方の友人のオススメということで購入。

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

内容紹介のようなもの

35歳、漫画化アシスタントによる癌闘病記。

感想

よかった。

闘病記、ただそれだけと言えばそれだけだけど。

登場人物たちの心の動きや言葉のチョイスが秀逸。
ふんわりした絵柄も良い。

人に薦めたくなる良作。

「がむしゃらにやっていれば
 いつか一人前だと思える日がくるんだろーか
 信じて今はこのまま進むだけ」

頑張れ研修医。


「私の元気はカラ元気!」

「ほんじゃ今日からもいっちょ元気だしてっかい」

このじいさん大好きだわ。


「無理したくても出来ないときがそのうち来るかもしれない
 出来るうちは無理しとくのもいいかな」

うん。


別れた夫婦のクダリから夫婦のくだりへ。

「誰も来ないんじゃないかって思ったからよ」

「まじめに言うとね
 がんなんかになっちゃって
 家族がいないってのがいきなり不安になっちゃってます
 だからと言ってもね
 今更 よりをもどしてくれってのも…
 
 『昨日来てくれた』
 
 これ以上は望めないです」

「この絆を大切にしよう
 ふたちで共に生きる時間がずっとずっと続きますようね」

ここの流れが好きだったりする。
こういうのを読むと結婚も悪くないのでは思ってしまう。


「迷惑かけたくない気持ちもわかりますけど
 病気なんだからそれはあきらめませんか」

至言。


「すごい恵まれた病人なんだよな」

そう思える思考の流れが素敵。


「頑張るのはいいけど
 無理して自分を追いつめないで」

「ここを乗り越えればきっともっといい未来になるって
 そう思って欲しくて
 思いたくて
 それで俺は―それで無理してたんだな」

「ハハ
 私もちょっと無理してたみたいだ」

ここの流れも好きだな。


「どれだけ泣いても構いませんのでやり遂げて下さい」

医者がカッケー。


「命の代わりに失くしたものは
 たいして重要なものじゃない
 僕は生きてる
 何度でも
 どこからでも
 やりなおせる」

たいしたものを失くしたんだけどね。
うん。


「いつか僕も彼女も死ぬ
 でも
 出来ることなら
 僕が死ぬのは
 彼女より少しでも長く生きた後で―」

これはそう思う。
そんな相手は今のところいないけど(泣)


「年の順に人がしぬのはそれほど悪いもんじゃない」

という達観までいきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンドラの復活 青山広美原作

内容と原作担当の青山広美さんが好きということで購入。

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

震災から一年後の日本

全国民を人質にした放射能テロ事件が勃発

パンドラを名乗る犯人の正体は?

目的は?

感想

面白かったです。

物語の筋自体はかなり良いけど、展開はまずまず程度。

だけとやはり青山さんの発想は良かった。

リアルに想像すると異常に怖い作品でもある。

ホラー映画なんか目じゃない面白さ。

数巻単位でもっとじっくり描いて欲しかった。

にしても関西弁(京都弁)は文章になると違和感しか感じない。

萎える。

抜粋

「これは世界が初めて経験する核テロリズムである」

「この週末だけで数千人が被曝した

 子供や外国人観光客を少なくないはず…

 政治思想のためなら無差別殺人も辞さない

 これがパンドラの正体だ

 まさにテロリストだ」

   ↓

「汚染土をばらまいたのがテロなら…

 そもそもその土にセシウムを撒いた会社は

 テロじゃないんですかね?」

「地震は仕方ないでしょう…

 でも原発の爆発は人災でしょう?

 〇電と国がしっかり対策を取っていれば

 あんなことにはならなかったはずです

 畑も村もみんな奪われて…

 息子も倒れることもきっとなかった…

 それなのに1年たっても誰も謝らない…

 いつ村に戻れるのかも誰もはっきり言おうとしない
 
 だから刑事さん パンドラを捕まえないで!!
  
 犯人が悪いのはわかっています!

 でも、

 だれかが本気で怒らなければ偉い人たちはとぼけ続けるだけ!!

 私は何もできないけど…

 パンドラなら…」

「なぜだ!?  

 なぜこいつらは何の責任も問われないんだ?

 いつまでこんな詭弁がまかり通るんだ!?
 
 終わらせるものか…!!  

 このまま終わらせるものか!!」

ひっそりこれをやられてたら、知らないうちに被曝してるってのもリアルにあるわけで。

恐ろしや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岸部露伴 ルーブルへ行く 荒木飛呂彦著

「ジョジョの奇妙な冒険」の「第4部」に登場する「岸部露伴」とルーブル美術館のまさかのコラボ作品です。

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス) Book 岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)

著者:荒木 飛呂彦
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

感想

正直、だから何?って感じでした。

面白くないことはないのですがいまいちでした。

というか1話目はもうかなりドキドキする展開で、2話目も楽しく、ラストでなんか違うなという印象。

そういえば5部も6部もSBRもこんな感じだったような。

最初はよくて、途中も面白くて、ただラストが納得いかないう。

サイズが大きくて、カラーでという豪華さで、値段がなんと2800円くらいするという高さ。

それに見合うだけの内容?と聞かれると、損した気分になると答えてしまいますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

続・星守る犬 村上たかし著

「大丈夫 きっと会えるよ 本当に必要ならきっと出会えるさ」

先日に引き続きmixiの方の友人に貸していただきました。

続・星守る犬 Book 続・星守る犬

著者:村上 たかし
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

第1作と対を成す“生”そして“救い”をテーマにした

もうひとつの『星守る犬』。

感想

どういう話になるのかと思っていたのですが

こうきたかという感じでした。

偏屈ばあちゃんと死にかけの子犬。

ぷりぷりしながらも子犬のために死ぬのをやめるおばあちゃん。

子犬のために矜持を捨てて人を頼るおばあちゃん。

「ひとりで―生きてきたんだ
 今までひとに頼るなんてしなかった
 神様にすらお願いしたことも無いんだ
 だから…」

うん、こういうのには弱いです。

ネグレクトを受けた少年と売れ残りのパグ。

「犬って生まれる前から

 運命的に飼い主が決まってるんだって思うんですよ
 こういう子って―
 その運命の飼い主が何かの事情で到着が遅れてて―
 だから売れ残りながら待ってるんじゃないかって―」

こういう考え方は実は好き。
人間もそうなのかなって思う時もあり。

にしてもペットショップの店員コンビはよかった。

おじいさんと少年とパグ。

「どんな理由があってもほとんどの人は正しく生きとるぞっ!!!」

「“がっかり”ってのはもうちっと
 離れとる相手にしか持てん気持ちだ
 わしはただおまえと一緒に―
 悲しいと思ったり恥ずかしく感じたり
 なんだかくやしかったり
 時には
 自分のことを棚に上げて腹立たしく思ったりするだけだ…」

そして繋がる3つの物語。

哀しい話だが根底には優しさがあった。
うん、じんわりきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星守る犬 村上たかし著

「 望んでも望んでもかなわないから望み続ける―」

mixiの方の友人に貸していただきました。

星守る犬 Book 星守る犬

著者:村上 たかし
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

とある原野で、朽ち果てた車の中で寄り添うように、

男性と一頭の犬の遺体が発見された。

鑑定の結果は男性が死後1年。

だが犬は死後わずか3ヶ月――

この時間差が意味するものとは?

…それは哀しくも愉快な一人と一頭の、

残されたわずかな“生”を生き抜く旅の終着点――。

感想

正直こんな話だとは思ってなかったです。

最初の数Pを読んだだけで、ああぁ、こういうタイプかと。

もっとほのぼのとしたのを想像してました。

こんな辛い物語だったとは…

とはいえだだ辛いだけの物語ではなく、

人と人のつながりや幸せについて考えさせてくれる。

泣かすつもりの満々だとわかりながらも泣いてしまう。

そんな物語。

各場面感想。

「不思議なもんだな
 何もかもなくなったのに
 隣におまえがいるからって
 ヘンに幸せだぞ
 あんまり見るな
 照れる…」

…ここ妙に好きです。

「たくさんの星の音が聞こえる…」

こういう表現は実に好み。

たしか「ホワイトアウト」という小説で「雪の積もる音が聞こえる」みたいな表現があったと記憶しているのだが、聞こえないものが聞こえるという表現の仕方が妙にツボなようだ。

「“星守る犬”
 決して手に入らない星を物欲しげにずっと眺めてる犬のこと
 慣用句で“高望みしてる人のこと”を指すらしい
 手に入らないものなど
 眺めてるだけ無駄なのに」

登場人物に無駄と言わせながらも、

無駄ではないと思わせる構成なのが良いですね。

「もっと…恐れずに愛すればよかった…」

うん。

そういえば映画化するみたいですね。

抜粋

「普通に真面目に生きている人が

 理不尽に苦しい立場に追いやられていくような

 そんな世の中だけは勘弁してほしい」(あとがきより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

殻都市の夢 鬼頭莫宏著

お気に入り作家の一人である鬼頭さんの連作短編集。

殻都市の夢 (F×comics) Book 殻都市の夢 (F×comics)

著者:鬼頭 莫宏
販売元:太田出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

いつか存在した、
忘れられた都市の物語。

収録

・誕生日の棺

・3年間の神

・生死者の聲

・媚薬水の味

・座敷童の印

・造物主の檻

・渉猟子の夢

感想

はじめは面白く、あとの方にいくほどいまいちな印象。

とはいえ前半はツボる感じでした。

それにしても「ヴァンデミエールの翼」といい、「なるたる」「ぼくらの」といい、この作者はこう暗い話が好きなのかね。

まぁ有名な2作と比較すると文学テイストが強く、救いがなくもないゆえヴァンデミエールに近い気がしますが。

ということで各話感想。

1、妻を想いすぎたあまりに彼女の過去まで独占しようとした男の話。

「俺 なんとなくわかるな あの男の気持ち」

部屋主もわかりますね。
独占欲の強い男はきっとそう思うと思います。

それでもって構成も巧みだとも思います。

2、死にゆく自分を3年間だけ救った男にそれでもなお感謝した少女の話。

生を与えられ死を与えられる。
それでも感謝する。

理解はできるけどしたくない。
そんな感じ。

救いはないのに救いのある物語。

3、死んでやっと妻へ伝えるべき言葉を得た男の話。

「本当に言わなくちゃいけないことを
 なかなか言えないよな 男は」

「君にずっと…言いたくて言えなかった言葉
 あ…」(声帯が壊れる)

「大丈夫 あなたの声はいつでも私に届いていたから」

これはツボりました。

それにしても何故「愛してる」という言葉は言えないんだろうね。

いつか言おう、次こそ言おう、さぁ今言うんだ!そう思ってるうちに別れの方が先に来るからか(苦笑)

4、ほれ薬を求めたために本当の自分の気持ちに疑いをもってしまった少年の話。

「男ってのは意識をなくさないと
 素直に気持ちを伝えられないものなの?」

だからどうなのという話でした。

5、人ならぬものを愛した男の話。

「みんな私のこと忘れてどこかへ行っちゃう」

ちょっと切なかったです。

6、触れられない少女達にしか関心を持てなかった男の話。

理解に苦しみます。
面白くもないですし。

最終話。

「古い記憶は本当になくなっていくのかしらね」

「もしそれが本当に必要なものなら忘れないだろ」

きっと忘れない、部屋主もそう思います。

というか大切な思い出は忘れたくない。
たとえそれが苦しみを生んだとしても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不育症戦記 生きた赤ちゃんを抱けるまで 楠桂著

Caramelcafecafe」の「陸抗」さんに貸していただきました。

【BOOK】不育症戦記 生きた赤ちゃん抱けるまで

【BOOK】不育症戦記 生きた赤ちゃん抱けるまで
販売元:ペーパームーン Yahoo!店
ペーパームーン Yahoo!店で詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

内容紹介のようなもの

お腹の中で、赤ちゃんが育たず流産・死産をくりかえしてしまう『不育症』。

「年間7万人以上の女性が立ち向かっている不育症。

 患者さんの真実がここにありました」(帯より)

感想

読むのが苦しかったです。

数ページ読むごとに休憩を入れて読んだので時間がかかってかかって。たぶんこれだけ休み休み読んだ本(漫画)は初めて、というかこれ以外になかったと思います。

苦手なものがほとんどない部屋主ですが、実はこの手の話はかなり弱かったりするんですよね。

なぜかと問われると理由はよくわからないのですが、想像が届かないところへの恐怖というかなんというか。

女性に対する申し訳なさというかなんというか。

なんにせよ恥ずかしながら、この本に出会うまで不育症について言葉すら知らなかった自分自身にへこみます。

とにかく勉強になりました。

「陸抗」さん、考える機会をくださってありがとうございます。

最後に、「どうかこの漫画が誰かのささやかな道標になりますように・・・」と書いてありますが、ほんとそう思います。

抜粋

「どうかどうか神様

 たくさんないたママをみんな幸せにしてください」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

のび太と鉄人兵団 大長編ドラえもん VOL.7

大長編ドラえもんの中でどれが一番好きかと問われると、部屋主は「鉄人兵団」を選びます。

再映画化ということで購入しました。

大長編ドラえもん (Vol.7) のび太と鉄人兵団 (てんとう虫コミックス) Book 大長編ドラえもん (Vol.7) のび太と鉄人兵団 (てんとう虫コミックス)

著者:藤子・F・不二雄
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「人間vsロボット!!

 迫り来る鉄人兵団にどう立ち向かう!?」(帯より)

のび太は偶然北極で巨大なロボットの足を拾い、自宅に持ち帰った。それ以来、家の庭に次々と降ってくるロボットの部品を、ドラえもんと協力して鏡面世界で組み立ててザンダクロスと名づけ、しずかを呼んで遊んでいた。

だがその最中、そのロボット(ザンダクロス)に恐るべきミサイル兵器(原作ではビーム兵器)が組み込まれていたことが判明。安全のため、ロボットを3人の秘密にすることを誓ったが、のび太のもとにロボットの持ち主と名乗る少女リルルが現れ、のび太はうっかり口を滑らせてしまう。のび太はロボットを返すことを断れず、更に鏡面世界へ入り込むために必要なひみつ道具「おざしきつり掘」まで貸してしまうのであった。

実は、ロボット惑星メカトピアから派遣された少女型スパイロボットであるリルルは、メカトピアの地球侵略作戦の足がかりとして、尖兵である他のロボットとともに鏡面世界で前線基地を建設し始めた。偶然現場に侵入してきたドラえもんたちを追うため、リルルたちが鏡面世界の入り口を無理やり広げようとした結果、時元震による爆発が発生し入り口は塞がれた。それにより危機は免れたかに見えた。

しかしそれも束の間、メカトピアから鉄人兵団が地球へ送り込まれてくることを知り、のび太たちはジャイアンやスネ夫と協力し、取り返した巨大ロボを改造して味方につけ、鏡面世界を舞台に鉄人兵団を迎え撃つことになるが…。(Wikiより抜粋)

感想

2歳年上のいとこの兄ちゃんが大長編のみそろえていたから、昔何度も何度も読んだ作品。

映画の方は見たような気もするけど、実際はどうだったか実は記憶になかったりする。

再映画化にともないコンビニで売ってたので、懐かしくてつい購入してしまった次第です。

そんなこんなで20年ぶりくらいに読み返してみたわけだけど、色んなところがショボかったです。

展開に微妙なところも多かったし。
(タイムパトロールに逮捕されっぞとか)

でも、それでも好きなんだな、この作品。
特にラストのアレは。

各場面感想としては、まず自分を殺そうとしたリルルをほおっておけないしずちゃん。

「やっぱりほっとけないわ…」

この一つ前のコマの空を見上げて涙目が妙にツボ。

でもって、

「…人間のすることってわからない
 どうして敵を助けるの?」

「ときどき理屈に合わないことをするのが人間なのよ」

人のため、誰かのためなら理屈がうまく機能しないのよね。
だから人は争ったりもするのだけど、それだからこそ人は愛おしいんだろうなとも。

お次はあの方。

「他人より少しでもすぐれた者になろうという心だよ
 みんなが競い合えば、それにつれて社会も発展していく
 ただし、ひとつ間違えると…
 自分の利益のためには他人をおしのけてもという…
 弱い者をふみつけて強い者だけが栄える弱肉強食の世界になる

 他人を思いやるあたたかい心を…」

これが書かれたのはバブル期に入ったくらい。
大した先見の明とでもいえばいいのかな。

ノブレスオブリージュの思想がもう少し日本にあれば、失われた20年はなかったかもしれないな…と少し思ってしまいました。

話をもとに戻してクライマックス。

「すばらしいと思わない?
 ほんとの天国づくりに役だてるなんて」

「今度生まれ変わったら…」

「お友だちになってね」

泣けますね。

こういうのにはとにかく弱いです。

そしてラスト。

うん、少年少女の向けの物語はこうでなくっちゃね。
思わず笑顔になります。

…読んでいて気付いたんだけど、部屋主が大好きな、大軍に小軍で立ち向かうシチュエーションや、自分の命でもって仲間を助けその後ろにいる多くの人を救うというシチュエーション。

その大本はここにあったんだと思いました。

初版は1987年。
映画公開も同じくらいだとすると私は当時8歳くらい。
(調べてみたら映画公開は86年らしい)

多少ひねはじめていたかもだがヒーローに憧れてるお年頃だ。

(今でも正義の味方になりたいとか思ってるのは内緒の話)

20年以上も前に読んだ1シーンを記憶してることから、きっと彼女の行動は子供心にすごいものだと思ったのだと想像できます。

心身ともに疲弊している今、偶然にも君に再開できてよかった。

初心を思い出した感じ。
うん、まだ頑張れる。

あと、こんなものも。

ROBOT魂 ザンダクロス Toy ROBOT魂 ザンダクロス

販売元:バンダイ
発売日:2011/05/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちょっと欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

監禁探偵 我孫子武丸原作 西崎秦正作画

かまちたちの夜の我孫子武丸さん原作ということで購入。

決して監禁という響きに惹かれたわけではない。

…たぶん。

監禁探偵 (マンサンコミックス) Book 監禁探偵 (マンサンコミックス)

著者:我孫子 武丸
販売元:実業之日本社
発売日:2011/01/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

山根亮太は下着を盗もうと女性の部屋に忍び込んだが、そこで偶然、死体を発見してしまう。

しかし、彼には警察に行くことのできない理由が!

自室に少女を監禁していたのだ。

翌日、死体を発見した警察は殺人事件の容疑者として亮太を徐々に追い詰めていく。

はたして、最後に自由を取り戻すのは誰だ!?

感想

いまいちでした。

なんなんでしょうね、この無茶な設定は。

新鮮といえば新鮮なんだけど。

タイトルや設定はあれだけど、けっこうしっかりしたミステリだと思います。

ただ部屋主好みの本格ではないし、物語は二転三転はするものの、正直内容はお粗末だったと思いますしで。

なお帯がかなりエロい感じだけど、エロさに期待して買った人は残念な目にあうと思いますゆえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒキ

なんとなく購入。

 南国ばなな/ヒキ: ウィングス コミックス

南国ばなな/ヒキ: ウィングス コミックス
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

あらすじらしきもの

「宝の地図を片手にやってきた山中で、

 凛たちが見つけた古びたタンス。

 その中で『彼女』はじっと待っていた。

 誰かが『引いて』くれるのを―。

 そして引き出しを開けてしまった凛が、

 その後何かを『引く』たびに……!?」(背表紙より)

感想

表紙のタンスから少し覗いている「彼女」がなかなかに気持ち悪そうだったので試しに購入したのだけれど微妙な感じでした。

「彼女」の描写と「引く」ということのオチは良かったと思うけれど、ホラーとしては部屋主の嫌いな、因果関係が不明かつラストが気に喰わないというタイプでした。

ゆえにけっこう残念です。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト | 1:エッセイ | 1:哲学・思想 | 1:国際・比較文化 | 1:宗教 | 1:心理・精神 | 1:怪談 | 1:情報操作・メディア論 | 1:戦争・紛争 | 1:政治・政策 | 1:教育・育児 | 1:有害・殺人者 | 1:歴史 | 1:死・高齢者問題 | 1:物理・化学 | 1:特定地域 | 1:犯罪・法律 | 1:生物・生理・医療 | 1:社会・一般教養 | 1:経済・経営・格差 | 1:絵本・児童書 | 1:美術・写真集・画集 | 1:自己啓発 | 1:自然・環境 | 1:複雑系 | 1:食 | 2:7SEEDS | 2:ARMS | 2:BLEACH | 2:DEAHT NOTE | 2:Fate/stay night | 2:Fate/Zero | 2:ONE PIECE | 2:RAINBOW | 2:ULTRAMAN | 2: 短編漫画 | 2:よんでますよ、アザゼルさん | 2:アウターゾーン | 2:アバンチュリエ | 2:キングダム | 2:クレイモア | 2:クロサギ | 2:ゴーストハント | 2:シマシマ | 2:スパイラル | 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION | 2:ディアスポリス | 2:ピアノの森 | 2:フルーツバスケット | 2:ベルセルク | 2:マギ(MAGI) | 2:ヴァムピール | 2:ヴァンパイア十字界 | 2:京極堂シリーズ | 2:勇午 | 2:医龍 | 2:図書館の主 | 2:夏目友人帳 | 2:天の覇王 ラオウ外伝 | 2:奇食ハンター | 2:探偵学園Q | 2:月光条例 | 2:江戸川乱歩異人館 | 2:罪と罰 | 2:聖闘士星矢G | 2:金田一少年の事件簿 | 2:鋼の錬金術師 | 2:鬼燈の島 | 2:魔人探偵 脳噛ネウロ | 2:魔法少女まどかマギカ | 2:Doubt | 2:ジョジョの奇妙な冒険 | 2:マリー・アントワネットの料理人 | 2:ルミとマヤとその周辺 | 3:おつまみ | 3:お店(スイーツ) | 3:お店(吉野家) | 3:お店(BigBoy) | 3:お店(お食事) | 3:お店(すき家) | 3:お店(びっくりドンキー) | 3:お店(ガスト) | 3:お店(ケーキ) | 3:お店(パン) | 3:お店(ラーメン) | 3:お店(和菓子) | 3:お店(松屋) | 3:お店(祭太鼓) | 3:お店(The・丼) | 3:お店(サイゼリヤ) | 3:お店(マクドナルド) | 3:お店(ロイヤルホスト) | 3:お弁当 | 3:からあげくん | 3:ご当地系お菓子 | 3:その他のお菓子 | 3:その他のスイーツ | 3:その他の食品 | 3:アイス(その他) | 3:アイス(チョコ) | 3:アイス(フルーツ) | 3:アイス(モナカ) | 3:アイス(和風) | 3:アイス(氷菓) | 3:エクレア | 3:グミ | 3:ケーキ | 3:コンビニパスタ | 3:シュークリーム | 3:スイーツ | 3:スナック菓子 | 3:ゼリー | 3:チョコレート | 3:チロルチョコ | 3:パン(ランチパック) | 3:パン(惣菜パン) | 3:パン(菓子パン・あん) | 3:パン(菓子パン・その他) | 3:パン(菓子パン・クリーム) | 3:パン(菓子パン・ジャム) | 3:パン(菓子パン・フルーツ) | 3:パン(菓子・蒸し) | 3:パン(野菜系) | 3:プリン | 3:ポテトチップス | 3:ヨーグルト | 3:ロールケーキ | 3:冷凍食品 | 3:和菓子 | 3:奇食 | 3:寒天スイーツ | 3:納豆 | 3:豆乳スイーツ | 3:食玩 | 3:飲料 | 3:飲料(その他) | 3:飲料(フルーツ) | 3:飲料(清涼飲料水) | 3:飲料(炭酸) | 3:飲料(茶) | 3:飲料(野菜) | 3:飴 | 3:餃子・焼売 | 3:インスタント(そば) | 3:インスタント(うどん) | 3:インスタント(おかゆ) | 3:インスタント(スープ) | 3:インスタント(焼きそば) | 3:インスタント(ラーメン) | 4:アクション映画 | 4:アニメ映画 | 4:コメディ映画 | 4:サスペンス映画 | 4:スポーツ映画 | 4:ホラー映画 | 4:モンスター映画 | 4:恋愛映画 | 4:SF映画 | 5:TV番組(ドラマ系) | 5:TV番組(ニュース系) | 5:アクセス記録 | 5:ゲーム | 5:コンビニ日記 | 5:バトン | 5:フラッシュ | 5:ブログラム | 5:モンハンプレイ日記 | 5:動画 | 5:文化・芸術 | 5:東北大震災応援 | 5:派遣・短期バイト日記 | 5:男の手料理 | 5:笑える画像集 | 5:記録(購入漫画記録) | 5:記録(購入&読了本) | 5:雑記 | 5:面白占い | 5:音楽 | 5:フィギュア | 5:フィギュア-超像可動 | 5:フィギュア‐figma | 5:フィギュア‐特撮リボルテック | 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ | 5:フィギュア‐プラモ | 6:小説-その他 | 6:小説-ファンタジー | 6:小説-ホラー | 6:小説-ミステリ | 6:小説-恋愛 | 6:小説-感動 | 6:小説-文学 | 6:小説-歴史 | 6:小説-SF | 6:小説-ライトノベル | 7:ア 「天祢涼」 | 7:ア 「我孫子武丸」 | 7:ア 「有川浩」 | 7:ア 「有栖川有栖」 | 7:ア 「浅田次郎」 | 7:ア 「秋元康」 | 7:ア 「綾辻行人」 | 7:ア 「芥川龍之介」 | 7:ア 「赤星香一郎」 | 7:ア 「麻見和史」 | 7:イ 「乾ルカ」 | 7:イ 「乾緑郎」 | 7:イ 「井上靖」 | 7:イ 「今邑彩」 | 7:イ 「伊坂幸太郎」 | 7:イ 「岩井俊二」 | 7:イ 「岩井志麻子」 | 7:イ 「岩城裕明」 | 7:イ 「石持浅海」 | 7:イ 「稲川淳二」 | 7:イ 「飯野文彦」 | 7:ウ 「宇佐美まこと」 | 7:ウ 「歌野晶午」 | 7:ウ 「浦賀和宏」 | 7:ウ 「虚淵玄」 | 7:エ 「円地文子」 | 7:エ 「江戸川乱歩」 | 7:エ 「遠藤周作」 | 7:エ 「遠藤徹」 | 7:オ 「乙一」 | 7:オ 「大塚英志」 | 7:オ 「大石圭」 | 7:オ 「太田忠司」 | 7:オ 「小栗虫太郎」 | 7:オ 「小野不由美」 | 7:オ 「岡島二人」 | 7:オ 「岡田晴恵」 | 7:オ 「恩田陸」 | 7:オ 「荻原浩」 | 7:カ 「加納朋子」 | 7:カ 「川上未映子」 | 7:カ 「川原礫」 | 7:カ 「川崎草志」 | 7:カ 「川瀬七緒」 | 7:カ 「川端康成」 | 7:カ 「海堂尊」 | 7:カ 「神永学」 | 7:カ 「金沢伸明」 | 7:カ 「鎌田俊夫」 | 7:カ 「門井慶喜」 | 7:カ 「霞流一」 | 7:キ 「京極夏彦」 | 7:キ 「北方謙三」 | 7:キ 「北林一光」 | 7:キ 「北森鴻」 | 7:キ 「北野勇作」 | 7:キ 「貴志祐介」 | 7:ク 「倉坂鬼一郎」 | 7:ク 「鯨統一郎」 | 7:ク 「黒井千次」 | 7:コ 「小松左京」 | 7:コ 「小林泰三」 | 7:コ 「小池真理子」 | 7:コ 「香月日輪」 | 7:ゴ 「五味弘文」 | 7:サ 「坂木司」 | 7:サ 「桜庭一樹」 | 7:サ 「沙藤一樹」 | 7:サ 「酒見賢一」 | 7:シ 「周木律」 | 7:シ 「城山三郎」 | 7:シ 「城平京」 | 7:シ 「島田荘司」 | 7:シ 「新堂冬樹」 | 7:シ 「新海誠」 | 7:シ 「真藤順丈」 | 7:シ 「篠田節子」 | 7:シ 「重松清」 | 7:シ 「雫井脩介」 | 7:シ 「首藤瓜於」 | 7:ス 「朱雀門出」 | 7:ス 「椙本孝思」 | 7:ス 「鈴木光司」 | 7:ス 「雀野日名子」 | 7:セ 「瀬名秀明」 | 7:ソ 「曽根圭介」 | 7:タ 「多岐川恭」 | 7:タ 「拓未司」 | 7:タ 「田中啓文」 | 7:タ 「竹本健治」 | 7:タ 「高木利光」 | 7:タ 「高田侑」 | 7:タ 「高田崇史」 | 7:タ 「高野和明」 | 7:ツ 「恒川光太郎」 | 7:ツ 「辻村深月」 | 7:ト 「戸板康二」 | 7:ト 「飛浩隆」 | 7:ド 「土橋真二郎」 | 7:ナ 「七尾与史」 | 7:ナ 「中勘助」 | 7:ナ 「中山七里」 | 7:ナ 「中山市朗」 | 7:ナ 「中田永一」 | 7:ナ 「夏目漱石」 | 7:ナ 「奈須きのこ」 | 7:ナ 「梨木香歩」 | 7:ナ 「長坂秀佳」 | 7:ナ 「長崎尚志」 | 7:ナ 「長江俊和」 | 7:ニ 「二宮敦人」 | 7:ニ 「新津きよみ」 | 7:ニ 「西尾維新」 | 7:ヌ 「貫井徳郎」 | 7:ノ 「法月綸太郎」 | 7:ハ 「半村良」 | 7:ハ 「服部まゆみ」 | 7:ハ 「林巧」 | 7:ハ 「畠中恵」 | 7:ハ 「葉山透」 | 7:バ 「坂東眞砂子」 | 7:バ 「幡大介」 | 7:ヒ 「平山夢明」 | 7:ヒ 「東山彰良」 | 7:ヒ 「百田尚樹」 | 7:フ 「福井晴敏」 | 7:フ 「福澤徹三」 | 7:フ 「福谷修」 | 7:フ 「藤ダリオ」 | 7:フ 「藤原健市」 | 7:フ 「話梅子」 | 7:ホ 「堀井拓馬」 | 7:ホ 「堀内公太郎」 | 7:ホ 「堀川アサコ」 | 7:ホ 「本多考好」 | 7:マ 「松本清張」 | 7:マ 「牧野修」 | 7:マ 「真梨幸子」 | 7:マ 「麻耶雄嵩」 | 7:ミ 「三上延」 | 7:ミ 「三好徹」 | 7:ミ 「三島由紀夫」 | 7:ミ 「三津田信三」 | 7:ミ 「三浦綾子」 | 7:ミ 「三田村志郎」 | 7:ミ 「三谷幸喜」 | 7:ミ 「宮ノ川顕」 | 7:ミ 「宮部みゆき」 | 7:ミ 「水田美意子」 | 7:ミ 「湊かなえ」 | 7:ミ 「道尾秀介」 | 7:モ 「森博嗣」 | 7:モ 「森山東」 | 7:ヤ 「山口瞳」 | 7:ヤ 「山田悠介」 | 7:ヤ 「山田正紀」 | 7:ヤ 「柳原慧」 | 7:ヤ 「柳広司」 | 7:ヤ 「梁石日」 | 7:ヤ 「矢部嵩」 | 7:ユ 「夢枕獏」 | 7:ユ 「夢野久作」 | 7:ユ 「柚月裕子」 | 7:ユ 「行川渉」 | 7:ヨ 「よしもとばなな」 | 7:ヨ 「吉岡暁」 | 7:ヨ 「吉村昭」 | 7:ヨ 「吉田修一」 | 7:ヨ 「吉行淳之介」 | 7:ヨ 「米澤穂信」 | 7:リ 「リリー・フランキー」 | 7:ワ 「和田はつ子」 | 7:ワ 「和田竜」 | 7:ワ 「綿矢りさ」 | 8:ジョージ・G・ロビンソン | 8:スーザン・ケイ | 8:スティーヴン・キング | 8:ダン・ブラウン | 8:トマス・ハリス | 8:ドストエフスキー | 8:バーム | 8:パトリシア・コーンウェル | 8:ホーキング | 8:ポール・ギャリコ | 8:モーリス・ルブラン | 8:リチャード・プレストン | 8:ロバート・A・ハインライン