デス・ネイル

お見世出し(収録されている「呪扇」はお気に入りの作品です)」が面白かったので購入してみました。

デス・ネイル (角川ホラー文庫) Book デス・ネイル (角川ホラー文庫)

著者:森山 東
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「デス・ネイル」のあらすじ

ネイリストを目指す「奈々子」は、ボランティアで老人ホームを訪問し、「かつ江」という元占い師の老婦人の爪を美しくマニキュアします。

それから数週間、かつ江の訃報とともに彼女の感謝の言葉と遺品である眼鏡が、奈々子に送られてきます。

その眼鏡をかけネイルをしていると不思議な映像が見えはじめ、その眼鏡に導かれながら奈々子はネイリストしての素質を開花させていきます。

奈々子がカリスマと呼ばれるようになった頃、彼女の先生と親友が続けて行方不明となり、さらに2人の殺害を示唆する人物が現れるのです。

2人を助けるべくその相手の挑発に乗った奈々子ですが、彼女はそこで信じられないものを見ることに・・・

「幸運を呼ぶ魚」のあらすじ

中国風水で「幸運を呼ぶ魚」と呼ばれる高級魚「アロワナ(中国名・龍魚)」。

特にそんな知識もなかったのですが、「私」はアロワナを見た瞬間に好きになり、少ないお小遣いをはたいて購入してしまいます。

息子を良い私立小学校へ行かせるためにパートに通いはじめて妻からは毎日のように小言を言われましたが、私はそれに耐えながらアロワナを可愛がり続けました。

そんなある日、アロワナが「キンギョ・クレ」としゃべりかけてくるのです。私は幻聴だと思いつつも「願い事聞いてくれたら・・・」とアロワナに約束するのです。

全く信じてなかった私ですが、その後すぐに幸運が舞い降りてきて・・・

「月の川」のあらすじ

共働きの妻に急な仕事が入ったため、「栗山」は自分だけで娘2人を連れて学童保育のキャンプに行くことになってしまいました。

不機嫌ながらも参加したキャンプで、栗山は娘の同級生の母親「有馬」に目を奪われます。

美しい顔に日本人離れした抜群のスタイル。しかし、どうにも言動がおかしいのです。

そして、キャンプの夜、同じく参加している保護者が次々と彼女にまつわるよからぬ噂話を始めるのですが・・・

「感光タクシー」のあらすじ

最近彼氏が出来てラブラブな少女「チャコ」は、親友の霊を呼ぶという噂のある「ミカ」と美しい髪の「サキ」と3人で修学旅行で京都観光に来ていました。

ところが、3人の乗ったタクシーは、運転手は顔を隠しほとんどしゃべらないし、どうにも様子おかしいのです。

さらにミカの言動もどこかおかしい上、運転手ともどうやら知り合いのようで・・・

部屋主の感想

基本的に全部嫌いではないですが、全部妙に物足りない感があります。怖さもさっぱりですし。

「デス・ネイル」の感想

表題作に選ばれてるだけあって、この短編集の中では1番かと思います。

爪のホラーという着眼点がよかったかと。

物語的には単純な構造だったの油断していので、「この辺りで終わり、後味すっきりのホラーも好きだな」とか思ってたら、珍しくしてやられてしまいました。

なので独断ランクはBくらいで。

「幸運を呼ぶ魚」の感想

いやまぁなんというか単純な話でした。

「デス・ネイル」でちょっとしてやられた感があったので、2つのパターンを想定してたのですが、その内の1つがドンピシャでした。

色々と物足りないですが嫌いではないです。

お受験に対する風刺も含まれてるのかな。

とりあえずまぁ独断ランクはCくらいで。

「月の川」の感想

ダメだと思いつつも美人には弱い。

そんな男の性を巧くつくドキドキする作品でした。

でも全く怖くはないしオチが弱いので独断ランクはCで。

とりあえずこれだけ映画化希望(笑)

「感光タクシー」の感想

うーん、なんといってよいから。

微妙だけどこれまた嫌いではないのです。

こういうラストは特に。

なので独断ランクはCくらいで。

あと妙に読みにくかったです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

お見世出し

ネットサーフィンしてるときに、どこかのブログで怖いという評価を受けていたので購入してみました。表紙も気に入りましたしね。

お見世出し Book お見世出し

著者:森山 東
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

第11回日本ホラー小説大賞短編賞の表題作に2編を加えた短編集です。3編とも千二百年の都・京都を舞台に繰り広げられる恐怖譚です。

「お見世出し」

作家もどきの会社員である「私」は、同僚の「西田」に「舞妓遊び」に誘われます。「花街」と呼ばれる「宮川町」で、私は「小梅」という18歳の舞妓と知り合い、町では知らないものはいないと言われる、彼女の「お見世出し(修行を積んだ少女が舞妓としてデビューする晴れ舞台)」の日についての話を聞くのです。

小梅がまだ「綾乃」という名前でお見世出しを夢見ていた修行時代、彼女は舞の稽古の時、「幸恵」という少女と間違われます。理由は、宮川町始まって以来の天才と呼ばれつつも30年以上も前に自殺したその幸恵という少女に綾乃がそっくりだったからです。

町のあらゆる人が綾乃に幸恵を重ねるという状況を不快に思いつつも、綾乃はそれにめげずに努力し、ついにはお見世出しの日が決定するまでになりました。その時、彼女の師匠であり幸恵の親友でもあった「花流のおかあさん」は、本来なら幸恵がもらうはずだった「小梅」という名前を綾乃につけ、さらには幸恵の霊を呼び出して一緒に2人を舞妓にさせてやりたいと懇願するのです・・・

「お化け」

大学を出て普通にOLをしていた「藤井」は、前から憧れていた芸妓になるべく、23歳という年齢にも関わらず「伝乃家」に弟子入りします。そこは、病気のために成長が止まってしまってる小母さんいたり、かつて人が死んだ奇妙な井戸があるという少し変わった店でした。

修行を経て彼女は「弥千華(やちか)」という名前をもらい、霊感のある「春雪」さんねえさんや性格の悪い「春紅」さんねえさんと同じ舞台に立つことが許され、真奈という新弟子の教育係りをまかされるようにもなりました。

そして花街独特の、節分の時にやってくる鬼から身を護るための「お化け」という芸舞妓が仮装しながらお座敷を回るという行事の日、あの信じられない出来事が起こるのです・・・

「呪扇」

10歳のころ京の扇屋「杉一」に、「おまえなら呪扇を作れるかもしれんな」と養子にもらわれて65年、今では名人の1人に数えられるようなった「要三」は、余命いくばくもない先代から、先々代の「杉一三」と「呪扇」にまつわる話を遺言として聞かされた時のことを語り始めます。

それは明治38年、日露戦争に苦戦していた帝国陸軍が、「100年に1度、全ての扇のもたらす吉を相殺するだけの凶を持つという地獄の扇」の効力でロシアを転覆させようと、当時最高の名人と呼ばれていた一三を呼びだすところからはじまります。

その時一三が軍部に頼んだ呪扇の材料は驚くことに「気位の高い生娘」が9人だったのです。「無事に娘たちは家に帰れるのか?」と尋ねる大尉に対し一三は「いい材料がそらわないことには、いい品物はできません」と言うだけでした。こうして秀吉の朝鮮出兵以来ではないかという呪扇の製作がはじまるのですが・・・

部屋主の感想

「お見世出しの感想」

物語としてはそこそこ面白いかなといった程度でしょうか。とはいえ、舞妓さんが独特の口調で語る感じで書かれているので、少々読みにくいですが、その分雰囲気が出ていてとても良いと思います。

舞妓言葉の効果もあってか、あまり怖くないはずのけっこうオードソックスな日本の幽霊話なのあに、その怖さがうまく引き立っているかと思います。読んでてヒンヤリとする怖さと言った感じでしょうか。一見ホロリとくるように見せておいて、「実は怖いのかこれは?どっちだ?」という展開もなかなかにお見事です。

あと、読後の余韻も部屋主は気に入りました。本来ならこういう解釈にまかせる終わり方はあまり好きではないのですが、このタイプの物語はこういう結末がお似合いでしょう。独断ランクはBといったところです。

「お化けの感想」

とりあえず本題に入るまでが長すぎです。途中で色々と小話が入っているので退屈はしませんが、それぞれにあまり関連性が感じられず、妙にテンポ悪い感じはします。最後の方の展開は非常にテンポ良く進むだけに残念な感じがします。

またそれぞれの怖さを演出するためなのかよくわからん設定もあったりで、少々「ううむ」となってしまう箇所が少々あります。これも読後の余韻は悪くはないだけにちょっと残念です

怖さも全然なので、独断ランクはDくらいで。

「呪扇の感想」

ただでさえ薄い(190P)のこの短編集の中でも、わずか「45P」という短さなのに、内包されている闇の濃さは他の2編を圧倒的に上回っています。というかこれだけ印象の残る短編も珍しいかと。要は生きた人間を材料にして扇を作るという話なのですが、少女たちを扇に仕上げていく様子の気色悪さはかなりのものです。

気色悪いという点では「毒蟲VS溝鼠」もかなりなものでしたが、「毒蟲~」がただ暴力的で残酷であるだけに対し、こちらは日本伝統の扇を職人が静かに冷酷に作り上げていく様じょじょに狂っていく周囲の人間の変化、そして苦痛にもだえる少女が扇の材料にされていく描写の残酷さは、気持ち悪いとともに官能的でもあり美しさも感じます(こんなことを書くと変態の犯罪者予備軍と思われそうですが)。

この後も、完成した扇の効果、その後の扇の顛末、そして現代を生きる要三の物語と話は展開していくのが、それらが歴史上の出来事とうまく絡めてあったり、部屋主好みの都市伝説チックな話だったりして見事だと部屋主は思いました。これも読後の余韻がとても良く、思わずニヤリとしてしまいました。

オススメという点ではあまり万人受けしないと思いますのであれですが、部屋主個人としてはかなりツボだったので独断ランクはにしたいと思います。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

京都に行きたくなった方はポチっと^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト 1:エッセイ 1:哲学・思想 1:国際・比較文化 1:宗教 1:心理・精神 1:怪談 1:情報操作・メディア論 1:戦争・紛争 1:政治・政策 1:教育・育児 1:有害・殺人者 1:歴史 1:死・高齢者問題 1:物理・化学 1:特定地域 1:犯罪・法律 1:生物・生理・医療 1:社会・一般教養 1:経済・経営・格差 1:絵本・児童書 1:美術・写真集・画集 1:自己啓発 1:自然・環境 1:複雑系 1:食 2:7SEEDS 2:ARMS 2:BLEACH 2:DEAHT NOTE 2:Fate/stay night 2:Fate/Zero 2:ONE PIECE 2:RAINBOW 2:ULTRAMAN 2: 短編漫画 2:よんでますよ、アザゼルさん 2:アウターゾーン 2:アバンチュリエ 2:キングダム 2:クレイモア 2:クロサギ 2:ゴーストハント 2:シマシマ 2:スパイラル 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION 2:ディアスポリス 2:ピアノの森 2:フルーツバスケット 2:ベルセルク 2:マギ(MAGI) 2:ヴァムピール 2:ヴァンパイア十字界 2:京極堂シリーズ 2:勇午 2:医龍 2:図書館の主 2:夏目友人帳 2:天の覇王 ラオウ外伝 2:失恋ショコラティエ 2:奇食ハンター 2:探偵学園Q 2:月光条例 2:江戸川乱歩異人館 2:秒速5センチメートル 2:罪と罰 2:聖闘士星矢G 2:金田一少年の事件簿 2:鋼の錬金術師 2:鬼燈の島 2:魔人探偵 脳噛ネウロ 2:魔法少女まどかマギカ 2:Doubt 2:ジョジョの奇妙な冒険 2:マリー・アントワネットの料理人 2:ルミとマヤとその周辺 3:おつまみ 3:お店(スイーツ) 3:お店(吉野家) 3:お店(BigBoy) 3:お店(お食事) 3:お店(すき家) 3:お店(びっくりドンキー) 3:お店(ガスト) 3:お店(ケーキ) 3:お店(パン) 3:お店(ラーメン) 3:お店(和菓子) 3:お店(和食さと) 3:お店(松屋) 3:お店(祭太鼓) 3:お店(The・丼) 3:お店(サイゼリヤ) 3:お店(マクドナルド) 3:お店(ロイヤルホスト) 3:お弁当 3:からあげくん 3:ご当地系お菓子 3:その他のお菓子 3:その他のスイーツ 3:その他の食品 3:アイス(その他) 3:アイス(チョコ) 3:アイス(フルーツ) 3:アイス(モナカ) 3:アイス(和風) 3:アイス(氷菓) 3:エクレア 3:グミ 3:ケーキ 3:コンビニパスタ 3:シュークリーム 3:スイーツ 3:スナック菓子 3:ゼリー 3:チョコレート 3:チロルチョコ 3:パン(ランチパック) 3:パン(惣菜パン) 3:パン(菓子パン・あん) 3:パン(菓子パン・その他) 3:パン(菓子パン・クリーム) 3:パン(菓子パン・ジャム) 3:パン(菓子パン・フルーツ) 3:パン(菓子・蒸し) 3:パン(野菜系) 3:プリン 3:ポテトチップス 3:ヨーグルト 3:ロールケーキ 3:冷凍食品 3:和菓子 3:奇食 3:寒天スイーツ 3:納豆 3:豆乳スイーツ 3:食玩 3:飲料 3:飲料(その他) 3:飲料(フルーツ) 3:飲料(清涼飲料水) 3:飲料(炭酸) 3:飲料(茶) 3:飲料(野菜) 3:飴 3:餃子・焼売 3:インスタント(そば) 3:インスタント(うどん) 3:インスタント(おかゆ) 3:インスタント(スープ) 3:インスタント(焼きそば) 3:インスタント(ラーメン) 4:アクション映画 4:アニメ映画 4:コメディ映画 4:サスペンス映画 4:スポーツ映画 4:ホラー映画 4:モンスター映画 4:恋愛映画 4:SF映画 5:TV番組(ドラマ系) 5:TV番組(ニュース系) 5:アクセス記録 5:ゲーム 5:コンビニ日記 5:バトン 5:フラッシュ 5:ブログラム 5:モンハンプレイ日記 5:動画 5:文化・芸術 5:東北大震災応援 5:派遣・短期バイト日記 5:男の手料理 5:笑える画像集 5:記録(購入漫画記録) 5:記録(購入&読了本) 5:雑記 5:面白占い 5:音楽 5:フィギュア 5:フィギュア-超像可動 5:フィギュア‐figma 5:フィギュア‐特撮リボルテック 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ 5:フィギュア‐プラモ 6:小説-その他 6:小説-ファンタジー 6:小説-ホラー 6:小説-ミステリ 6:小説-恋愛 6:小説-感動 6:小説-文学 6:小説-歴史 6:小説-SF 6:小説-ライトノベル 7:ア 「天祢涼」 7:ア 「我孫子武丸」 7:ア 「有川浩」 7:ア 「有栖川有栖」 7:ア 「浅田次郎」 7:ア 「秋元康」 7:ア 「綾辻行人」 7:ア 「芥川龍之介」 7:ア 「赤星香一郎」 7:ア 「麻見和史」 7:イ 「乾ルカ」 7:イ 「乾緑郎」 7:イ 「井上靖」 7:イ 「今邑彩」 7:イ 「伊坂幸太郎」 7:イ 「岩井俊二」 7:イ 「岩井志麻子」 7:イ 「岩城裕明」 7:イ 「石持浅海」 7:イ 「稲川淳二」 7:イ 「飯野文彦」 7:ウ 「宇佐美まこと」 7:ウ 「歌野晶午」 7:ウ 「浦賀和宏」 7:ウ 「虚淵玄」 7:エ 「円地文子」 7:エ 「江戸川乱歩」 7:エ 「遠藤周作」 7:エ 「遠藤徹」 7:オ 「乙一」 7:オ 「大塚英志」 7:オ 「大石圭」 7:オ 「太田忠司」 7:オ 「小栗虫太郎」 7:オ 「小野不由美」 7:オ 「岡島二人」 7:オ 「岡田晴恵」 7:オ 「恩田陸」 7:オ 「荻原浩」 7:カ 「加納朋子」 7:カ 「川上未映子」 7:カ 「川原礫」 7:カ 「川崎草志」 7:カ 「川瀬七緒」 7:カ 「川端康成」 7:カ 「海堂尊」 7:カ 「神永学」 7:カ 「金沢伸明」 7:カ 「鎌田俊夫」 7:カ 「門井慶喜」 7:カ 「霞流一」 7:キ 「京極夏彦」 7:キ 「北方謙三」 7:キ 「北林一光」 7:キ 「北森鴻」 7:キ 「北野勇作」 7:キ 「木原浩勝」 7:キ 「貴志祐介」 7:ク 「倉坂鬼一郎」 7:ク 「鯨統一郎」 7:ク 「黒井千次」 7:コ 「小松左京」 7:コ 「小林泰三」 7:コ 「小池真理子」 7:コ 「香月日輪」 7:ゴ 「五味弘文」 7:ゴ 「郷内心瞳」 7:サ 「坂木司」 7:サ 「桜庭一樹」 7:サ 「沙藤一樹」 7:サ 「酒見賢一」 7:シ 「周木律」 7:シ 「城山三郎」 7:シ 「城平京」 7:シ 「島田荘司」 7:シ 「新堂冬樹」 7:シ 「新海誠」 7:シ 「真藤順丈」 7:シ 「篠田節子」 7:シ 「重松清」 7:シ 「雫井脩介」 7:シ 「首藤瓜於」 7:ス 「朱雀門出」 7:ス 「椙本孝思」 7:ス 「鈴木光司」 7:ス 「雀野日名子」 7:セ 「瀬名秀明」 7:ソ 「曽根圭介」 7:タ 「多岐川恭」 7:タ 「拓未司」 7:タ 「田中啓文」 7:タ 「竹本健治」 7:タ 「高木利光」 7:タ 「高田侑」 7:タ 「高田崇史」 7:タ 「高野和明」 7:ダ 「太宰治」 7:ツ 「恒川光太郎」 7:ツ 「辻村深月」 7:ト 「戸板康二」 7:ト 「飛浩隆」 7:ド 「土橋真二郎」 7:ナ 「七尾与史」 7:ナ 「中勘助」 7:ナ 「中山七里」 7:ナ 「中山市朗」 7:ナ 「中田永一」 7:ナ 「夏目漱石」 7:ナ 「奈須きのこ」 7:ナ 「梨木香歩」 7:ナ 「長坂秀佳」 7:ナ 「長崎尚志」 7:ナ 「長江俊和」 7:ニ 「二宮敦人」 7:ニ 「新津きよみ」 7:ニ 「西尾維新」 7:ヌ 「貫井徳郎」 7:ノ 「法月綸太郎」 7:ハ 「半村良」 7:ハ 「服部まゆみ」 7:ハ 「林巧」 7:ハ 「畠中恵」 7:ハ 「葉山透」 7:バ 「坂東眞砂子」 7:バ 「幡大介」 7:ヒ 「平山夢明」 7:ヒ 「東山彰良」 7:ヒ 「百田尚樹」 7:フ 「福井晴敏」 7:フ 「福澤徹三」 7:フ 「福谷修」 7:フ 「藤ダリオ」 7:フ 「藤原健市」 7:フ 「話梅子」 7:ホ 「堀井拓馬」 7:ホ 「堀内公太郎」 7:ホ 「堀川アサコ」 7:ホ 「本多考好」 7:マ 「松本清張」 7:マ 「牧野修」 7:マ 「真梨幸子」 7:マ 「麻耶雄嵩」 7:ミ 「三上延」 7:ミ 「三好徹」 7:ミ 「三島由紀夫」 7:ミ 「三津田信三」 7:ミ 「三浦綾子」 7:ミ 「三田村志郎」 7:ミ 「三谷幸喜」 7:ミ 「宮ノ川顕」 7:ミ 「宮部みゆき」 7:ミ 「水田美意子」 7:ミ 「湊かなえ」 7:ミ 「道尾秀介」 7:モ 「森博嗣」 7:モ 「森山東」 7:ヤ 「山口瞳」 7:ヤ 「山田悠介」 7:ヤ 「山田正紀」 7:ヤ 「柳原慧」 7:ヤ 「柳広司」 7:ヤ 「梁石日」 7:ヤ 「矢部嵩」 7:ユ 「夢枕獏」 7:ユ 「夢野久作」 7:ユ 「柚月裕子」 7:ユ 「行川渉」 7:ヨ 「よしもとばなな」 7:ヨ 「吉岡暁」 7:ヨ 「吉村昭」 7:ヨ 「吉田修一」 7:ヨ 「吉行淳之介」 7:ヨ 「米澤穂信」 7:リ 「リリー・フランキー」 7:ワ 「和田はつ子」 7:ワ 「和田竜」 7:ワ 「綿矢りさ」 8:ジョージ・G・ロビンソン 8:スーザン・ケイ 8:スティーヴン・キング 8:ダン・ブラウン 8:トマス・ハリス 8:ドストエフスキー 8:バーム 8:パトリシア・コーンウェル 8:ホーキング 8:ポール・ギャリコ 8:モーリス・ルブラン 8:リチャード・プレストン 8:ロバート・A・ハインライン