幽霊花 「弟切草」異聞 (上・下)

「弟切草」シリーズのラストを飾るのは、「弟切草」と「彼岸花」の物語と登場人物が融合した物語です。

幽霊花〈上〉―『弟切草』異聞 (角川ホラー文庫) Book 幽霊花〈上〉―『弟切草』異聞 (角川ホラー文庫)

著者:長坂 秀佳
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

幽霊花〈下〉―『弟切草』異聞 (角川ホラー文庫) Book 幽霊花〈下〉―『弟切草』異聞 (角川ホラー文庫)

著者:長坂 秀佳
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

サウンドノベルゲーム「弟切草」のヒットと、それにまつわる「事件」から3年。

「鬼魑魅羅多鬼(おにすだま らたき)」という謎のゲーム作家の妨害によりスランプ状態に陥っていた「松平公平」は、新たなゲーム「彼岸花」の構想を練っていました。

公募された脚本に採用された女子大生の「六条有沙」「水元融」「川原菜つみ」が合格します。

公平は彼女たちを連れてゲームの舞台である京都へ行くのですが、その先々で様々な事件が起こり・・・

度重なる妨害工作、死んだはずの女性の出現、事件を追う刑事、幽霊花模様の着物姿の「お篠さま」、消えるお婆さん、そして謎の組織「RPG」。

錯綜する情報とそれぞれの思惑を抱えたまま、京都ロケは続いていきます。

部屋主の感想

微妙です。

さすがに短時間で同じような話を3回も読むのは疲れました(彼岸花、死人花と基本的な流れが同じなので)。

でもって、いつもながらの軽い感じと、愛だの恋だのがどうにもチャチな感じがして乗れませんでした。

そのせいもあってか、最初に読者への挑戦があるのですが、どうにもやる気がでませんでしたし。

なんとか状況証拠から犯人はちゃんと当てましたし、犯人を当てる確実な証拠の謎も直前でちゃんと解きましたが、なんか妙にすっきりしません。

ラストもこれまでの作品の中では「弟切草」と同じ感じですっきりしてるといえばしてるのですが・・・

ことば遊びもこれまでどおり色々とあって楽しいですが、その場で即解けるレベルものもあったりでなんかそこでも乗れませんでした。

最後に、この作品は順番どおり読んだ方がいいと思いますので、シリーズの順番を記載しておきます。

「①弟切草」→「②彼岸花」→「③寄生木」→「④死人花 『彼岸花』異聞」→「⑤幽霊花 『弟切草』異聞(上下)」となります。

①②③で3部作、(①)②④⑤で3部作となるそうです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (5) | トラックバック (0)

死人花 「彼岸花」異聞

ゲームのサウンドノベルと同じように、「彼岸花」と同じキャラクターを使っての別の物語です。

死人花―「彼岸花」異聞 (角川ホラー文庫) Book 死人花―「彼岸花」異聞 (角川ホラー文庫)

著者:長坂 秀佳
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

差出人不明の封書に入っていた、肩から上がフレームから外れているので首無しのように見えるカップルの7枚の写真。別れた恋人の撮影方法です。

その中にあった1枚のピンボケ写真。そこには「彼岸花」柄の振袖姿の女性がいました。

父からもらったチケットで「融」は京都へと向かいます。

「ころされた」「きこくじ」。2つの言葉を残して消えた恋人の霊。

「きこくじ」を探し続け約1年。

諦めかかったとき図書館でみかけた「彼岸花」の押し花が入った本でその言葉を発見した「菜つみ」は、本に書かれていた京都へと向かいます。

恋人の殺害現場を目撃した女子大生「有沙」は、その犯人を自分の手でつきとめて復讐するため、容疑者である「融」と「菜つみ」を京都へと誘い出すことに成功します。

ただ、この計画には有沙も知らない別の計画が同時に進行していました。

3人を追う舞妓姿の「お篠さま」、死んだ恋人そっくりの男、そして携帯にメールされていく「187」の謎とは・・・

部屋主の感想

なんとも評価が難しいですね。

物語の展開自体は大したことないと思いますし、さほど面白くもないです。どんでん返しも含めて。

この手のラストを部屋主が嫌いだからというのが、あまり面白くないと感じた理由の一つかもですし。

ただ、「彼岸花」と同じキャラクター、ほぼ同じ設定、大部分が同じテキストを使って別の物語に仕上げているのは面白いです。

同じキャラや設定はともかく、大部分が同じテキストを使ってるのは手抜きのように感じますが、よく考えたらすごいことのようにも思います。

あと、著者お得意(と思われる)ことば遊びは今回も適度にあり、そこはなかなかに楽しめました。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

寄生木

「弟切草」「彼岸花」に続く3部作の完結編です。

Book 寄生木

著者:長坂 秀佳
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

新作ホラー小説の構想に悩む作家「長坂秀佳」のもとに、小説「弟切草」の登場人物「松平直樹」と名乗る男から「その小説を書くのはやめてください。ストーリーの通りに人が殺される。『ヒトラーの賭け』はすでにはじまっているんです」という電話がかかってきます。

実際にあった「弟切草」「彼岸花」事件、そして自分の小説の構想を先を行く現実に長坂は悩みます。

一方、父が奇怪の密室自殺をとげた漫画家「草薙良二」は、父の命日に導かれるように事件現場に向かいます。

そこには仮面をつけた集団妙な儀式をおこなっており・・・

部屋主の感想

微妙です。

先の2作と同様のミステリホラーで面白いことは面白いのですが、やはり軽い感じでいまいちな感じがぬぐえません。

特に主人公2人のやりとりが気持ち悪くて。

部屋主好みの言葉遊びは今まで以上に凝ってる感じがしますし、美術作品が色々と出てくるのも好みなのですが、それを補って余りあるチャチさです。

さらに3部作の完結編ということですが、どう考えても完結してるように思えないのも評価が低い理由ですね。

特にラストはなんじゃそりゃって感じです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

彼岸花

腰痛再発でPC操作も少々きつくてブログ訪問やコメント返事が遅くなってます。すいません。

「弟切草」に続き、3部作の2作目です。

Book 彼岸花 (角川ホラー文庫)

著者:長坂 秀佳
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

差出人不明の封書に入っていた、不審な死を遂げた恋人との思い出の日付の新幹線のチケット。

記憶の中の揺れる「彼岸花」と飛ぶ彼の首。

「有沙」は恋人の死の真相を求めて京都へと向かいます。

差出人不明の封書に入っていた、肩から上がフレームから外れているので首無しのように見えるカップルの7枚の写真。別れた恋人の撮影方法です。

その中にあった1枚のピンボケ写真。そこには「彼岸花」柄の振袖姿の女性がいました。

偶然父からもらったチケットで「融」は京都へと向かいます。

「ころされた」「きこくじ」。2つの言葉を残して消えた恋人の霊。

「きこくじ」を探し続け約1年。

諦めかかったとき図書館でみかけた「彼岸花」の押し花が入った本でその言葉を発見した「菜つみ」は、本に書かれていた京都へと向かいます。

運命に誘われるように新幹線の中で意気投合した3人の女子大生。

彼女たちを追いかけてきているような舞妓「お篠さま」、長野で起きた殺人事件、それぞれの行方不明の恋人、そして行く先々に置かれている「彼岸花」の意味は・・・

部屋主の感想

3部作の中ではこれが一番好きです。

「弟切草」と同じく、部屋主好みの色々とトリックのあるミステリでホラー要素もといった感じです。

でもって、そこそこ面白いけれど、軽い文体に軽いキャラクターたち、それの醸し出す軽い雰囲気、妙なエロさによってチャチな印象がするのも「弟切草」と同じ感じです。

これまたもったいない作品のように思います。

とはいえ「京都」や「彼岸花」がけっこう好きなので、妙に作品に引き込まれはしましたが。なのでおまけして評価はBです。

それにしてもこの著者は言葉遊びが好きみたいです。部屋主も言葉による伏線は好きなので、こういうのはいいですね。

特に彼岸花のくだりはうまいなぁと思ってしまいました。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (10) | トラックバック (0)

弟切草

最近知り合ったホラー好きの方と話してるときに話題になったので久々に読み返してみました。

弟切草 (角川ホラー文庫) Book 弟切草 (角川ホラー文庫)

著者:長坂 秀佳
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「弟切草」・・・花言葉は「復讐」。

「弟切草」というゲームを大ヒットさせたゲームデザイナー「松平公平」は、恋人「奈美」とのドライブ中に、山奥で事故に遭います。

何かに導かれるように辿り付いたのは「弟切草」が咲き乱れる洋館でした。

まるで自分が創ったゲーム「弟切草」と同じ展開を見せる現実に愕然とする公平と、ことあるごとに現る死んだ恋人の霊に怯える奈美。

果たして2人は生きてかえることが・・・

部屋主の感想

まずまず面白いです。

部屋主の好みのトリックがあるミステリだけどホラーというタイプです。

ただ、トリックといい怖さといい、チャチな印象が強いです。

トリック(特に言葉遊び)はそれなりに凝っていて、物語は二転三転するのでそれなり面白いと思うのですが、おそらく軽い文体と、軽いキャラクターたち、それから醸し出させる雰囲気、そして妙なエロさのせいで、部屋主敵にはかなり減点されてしまっています。

なんかもったいない作品ですね。

著者は、この本のタイトルと同じ「弟切草」でゲーム界にサウンドノベルという新たなジャンルを確立し、部屋主の大好きなゲーム「街」の作者だったりします。

ちなみに奥菜恵主演の映画「弟切草」は駄作中の駄作だったと記憶しています。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト 1:エッセイ 1:哲学・思想 1:国際・比較文化 1:宗教 1:心理・精神 1:怪談 1:情報操作・メディア論 1:戦争・紛争 1:政治・政策 1:教育・育児 1:有害・殺人者 1:歴史 1:死・高齢者問題 1:物理・化学 1:特定地域 1:犯罪・法律 1:生物・生理・医療 1:社会・一般教養 1:経済・経営・格差 1:絵本・児童書 1:美術・写真集・画集 1:自己啓発 1:自然・環境 1:複雑系 1:食 2:7SEEDS 2:ARMS 2:BLEACH 2:DEAHT NOTE 2:Fate/stay night 2:Fate/Zero 2:ONE PIECE 2:RAINBOW 2:ULTRAMAN 2: 短編漫画 2:よんでますよ、アザゼルさん 2:アウターゾーン 2:アバンチュリエ 2:キングダム 2:クレイモア 2:クロサギ 2:ゴーストハント 2:シマシマ 2:スパイラル 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION 2:ディアスポリス 2:ピアノの森 2:フルーツバスケット 2:ベルセルク 2:マギ(MAGI) 2:ヴァムピール 2:ヴァンパイア十字界 2:京極堂シリーズ 2:勇午 2:医龍 2:図書館の主 2:夏目友人帳 2:天の覇王 ラオウ外伝 2:失恋ショコラティエ 2:奇食ハンター 2:探偵学園Q 2:月光条例 2:江戸川乱歩異人館 2:秒速5センチメートル 2:罪と罰 2:聖闘士星矢G 2:金田一少年の事件簿 2:鋼の錬金術師 2:鬼燈の島 2:魔人探偵 脳噛ネウロ 2:魔法少女まどかマギカ 2:Doubt 2:ジョジョの奇妙な冒険 2:マリー・アントワネットの料理人 2:ルミとマヤとその周辺 3:おつまみ 3:お店(スイーツ) 3:お店(吉野家) 3:お店(BigBoy) 3:お店(お食事) 3:お店(すき家) 3:お店(びっくりドンキー) 3:お店(ガスト) 3:お店(ケーキ) 3:お店(パン) 3:お店(ラーメン) 3:お店(和菓子) 3:お店(和食さと) 3:お店(松屋) 3:お店(祭太鼓) 3:お店(The・丼) 3:お店(サイゼリヤ) 3:お店(マクドナルド) 3:お店(ロイヤルホスト) 3:お弁当 3:からあげくん 3:ご当地系お菓子 3:その他のお菓子 3:その他のスイーツ 3:その他の食品 3:アイス(その他) 3:アイス(チョコ) 3:アイス(フルーツ) 3:アイス(モナカ) 3:アイス(和風) 3:アイス(氷菓) 3:エクレア 3:グミ 3:ケーキ 3:コンビニパスタ 3:シュークリーム 3:スイーツ 3:スナック菓子 3:ゼリー 3:チョコレート 3:チロルチョコ 3:パン(ランチパック) 3:パン(惣菜パン) 3:パン(菓子パン・あん) 3:パン(菓子パン・その他) 3:パン(菓子パン・クリーム) 3:パン(菓子パン・ジャム) 3:パン(菓子パン・フルーツ) 3:パン(菓子・蒸し) 3:パン(野菜系) 3:プリン 3:ポテトチップス 3:ヨーグルト 3:ロールケーキ 3:冷凍食品 3:和菓子 3:奇食 3:寒天スイーツ 3:納豆 3:豆乳スイーツ 3:食玩 3:飲料 3:飲料(その他) 3:飲料(フルーツ) 3:飲料(清涼飲料水) 3:飲料(炭酸) 3:飲料(茶) 3:飲料(野菜) 3:飴 3:餃子・焼売 3:インスタント(そば) 3:インスタント(うどん) 3:インスタント(おかゆ) 3:インスタント(スープ) 3:インスタント(焼きそば) 3:インスタント(ラーメン) 4:アクション映画 4:アニメ映画 4:コメディ映画 4:サスペンス映画 4:スポーツ映画 4:ホラー映画 4:モンスター映画 4:恋愛映画 4:SF映画 5:TV番組(ドラマ系) 5:TV番組(ニュース系) 5:アクセス記録 5:ゲーム 5:コンビニ日記 5:バトン 5:フラッシュ 5:ブログラム 5:モンハンプレイ日記 5:動画 5:文化・芸術 5:東北大震災応援 5:派遣・短期バイト日記 5:男の手料理 5:笑える画像集 5:記録(購入漫画記録) 5:記録(購入&読了本) 5:雑記 5:面白占い 5:音楽 5:フィギュア 5:フィギュア-超像可動 5:フィギュア‐figma 5:フィギュア‐特撮リボルテック 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ 5:フィギュア‐プラモ 6:小説-その他 6:小説-ファンタジー 6:小説-ホラー 6:小説-ミステリ 6:小説-恋愛 6:小説-感動 6:小説-文学 6:小説-歴史 6:小説-SF 6:小説-ライトノベル 7:ア 「天祢涼」 7:ア 「我孫子武丸」 7:ア 「有川浩」 7:ア 「有栖川有栖」 7:ア 「浅田次郎」 7:ア 「秋元康」 7:ア 「綾辻行人」 7:ア 「芥川龍之介」 7:ア 「赤星香一郎」 7:ア 「麻見和史」 7:イ 「乾ルカ」 7:イ 「乾緑郎」 7:イ 「井上靖」 7:イ 「今邑彩」 7:イ 「伊坂幸太郎」 7:イ 「岩井俊二」 7:イ 「岩井志麻子」 7:イ 「岩城裕明」 7:イ 「石持浅海」 7:イ 「稲川淳二」 7:イ 「飯野文彦」 7:ウ 「宇佐美まこと」 7:ウ 「歌野晶午」 7:ウ 「浦賀和宏」 7:ウ 「虚淵玄」 7:エ 「円地文子」 7:エ 「江戸川乱歩」 7:エ 「遠藤周作」 7:エ 「遠藤徹」 7:オ 「乙一」 7:オ 「大塚英志」 7:オ 「大石圭」 7:オ 「太田忠司」 7:オ 「小栗虫太郎」 7:オ 「小野不由美」 7:オ 「岡島二人」 7:オ 「岡田晴恵」 7:オ 「恩田陸」 7:オ 「荻原浩」 7:カ 「加納朋子」 7:カ 「川上未映子」 7:カ 「川原礫」 7:カ 「川崎草志」 7:カ 「川瀬七緒」 7:カ 「川端康成」 7:カ 「海堂尊」 7:カ 「神永学」 7:カ 「金沢伸明」 7:カ 「鎌田俊夫」 7:カ 「門井慶喜」 7:カ 「霞流一」 7:キ 「京極夏彦」 7:キ 「北方謙三」 7:キ 「北林一光」 7:キ 「北森鴻」 7:キ 「北野勇作」 7:キ 「木原浩勝」 7:キ 「貴志祐介」 7:ク 「倉坂鬼一郎」 7:ク 「鯨統一郎」 7:ク 「黒井千次」 7:コ 「小松左京」 7:コ 「小林泰三」 7:コ 「小池真理子」 7:コ 「香月日輪」 7:ゴ 「五味弘文」 7:ゴ 「郷内心瞳」 7:サ 「坂木司」 7:サ 「桜庭一樹」 7:サ 「沙藤一樹」 7:サ 「酒見賢一」 7:シ 「周木律」 7:シ 「城山三郎」 7:シ 「城平京」 7:シ 「島田荘司」 7:シ 「新堂冬樹」 7:シ 「新海誠」 7:シ 「真藤順丈」 7:シ 「篠田節子」 7:シ 「重松清」 7:シ 「雫井脩介」 7:シ 「首藤瓜於」 7:ス 「朱雀門出」 7:ス 「椙本孝思」 7:ス 「鈴木光司」 7:ス 「雀野日名子」 7:セ 「瀬名秀明」 7:ソ 「曽根圭介」 7:タ 「多岐川恭」 7:タ 「拓未司」 7:タ 「田中啓文」 7:タ 「竹本健治」 7:タ 「高木利光」 7:タ 「高田侑」 7:タ 「高田崇史」 7:タ 「高野和明」 7:ダ 「太宰治」 7:ツ 「恒川光太郎」 7:ツ 「辻村深月」 7:ト 「戸板康二」 7:ト 「飛浩隆」 7:ド 「土橋真二郎」 7:ナ 「七尾与史」 7:ナ 「中勘助」 7:ナ 「中山七里」 7:ナ 「中山市朗」 7:ナ 「中田永一」 7:ナ 「夏目漱石」 7:ナ 「奈須きのこ」 7:ナ 「梨木香歩」 7:ナ 「長坂秀佳」 7:ナ 「長崎尚志」 7:ナ 「長江俊和」 7:ニ 「二宮敦人」 7:ニ 「新津きよみ」 7:ニ 「西尾維新」 7:ヌ 「貫井徳郎」 7:ノ 「法月綸太郎」 7:ハ 「半村良」 7:ハ 「服部まゆみ」 7:ハ 「林巧」 7:ハ 「畠中恵」 7:ハ 「葉山透」 7:バ 「坂東眞砂子」 7:バ 「幡大介」 7:ヒ 「平山夢明」 7:ヒ 「東山彰良」 7:ヒ 「百田尚樹」 7:フ 「福井晴敏」 7:フ 「福澤徹三」 7:フ 「福谷修」 7:フ 「藤ダリオ」 7:フ 「藤原健市」 7:フ 「話梅子」 7:ホ 「堀井拓馬」 7:ホ 「堀内公太郎」 7:ホ 「堀川アサコ」 7:ホ 「本多考好」 7:マ 「松本清張」 7:マ 「牧野修」 7:マ 「真梨幸子」 7:マ 「麻耶雄嵩」 7:ミ 「三上延」 7:ミ 「三好徹」 7:ミ 「三島由紀夫」 7:ミ 「三津田信三」 7:ミ 「三浦綾子」 7:ミ 「三田村志郎」 7:ミ 「三谷幸喜」 7:ミ 「宮ノ川顕」 7:ミ 「宮部みゆき」 7:ミ 「水田美意子」 7:ミ 「湊かなえ」 7:ミ 「道尾秀介」 7:モ 「森博嗣」 7:モ 「森山東」 7:ヤ 「山口瞳」 7:ヤ 「山田悠介」 7:ヤ 「山田正紀」 7:ヤ 「柳原慧」 7:ヤ 「柳広司」 7:ヤ 「梁石日」 7:ヤ 「矢部嵩」 7:ユ 「夢枕獏」 7:ユ 「夢野久作」 7:ユ 「柚月裕子」 7:ユ 「行川渉」 7:ヨ 「よしもとばなな」 7:ヨ 「吉岡暁」 7:ヨ 「吉村昭」 7:ヨ 「吉田修一」 7:ヨ 「吉行淳之介」 7:ヨ 「米澤穂信」 7:リ 「リリー・フランキー」 7:ワ 「和田はつ子」 7:ワ 「和田竜」 7:ワ 「綿矢りさ」 8:ジョージ・G・ロビンソン 8:スーザン・ケイ 8:スティーヴン・キング 8:ダン・ブラウン 8:トマス・ハリス 8:ドストエフスキー 8:バーム 8:パトリシア・コーンウェル 8:ホーキング 8:ポール・ギャリコ 8:モーリス・ルブラン 8:リチャード・プレストン 8:ロバート・A・ハインライン