鍵のかかった部屋 貴志祐介著

お気に入り作家の一人である貴志さんの新作です。

「硝子のハンマー」「狐火の家」に続く、シリーズ第3弾です。

にしてもこの表紙はいまいち好みじゃないです。

鍵のかかった部屋 Book 鍵のかかった部屋

著者:貴志 祐介
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

自称・防犯コンサルタント(本職は泥棒?)榎本と、美人弁護士(実は天然?)純子のコンビが超絶トリックに挑む!(帯より)

元・空き巣狙いの会田は、甥が練炭自殺を遂げた瞬間に偶然居合わせる。

ドアにはサムターン錠がかかった上に目張りまでされ、完全な密室状態。

だが榎本と純子は様々な状況から、これは計画的な殺人ではないかと疑う(表題作)

収録

・佇む男-別解潰しの密室

・鍵のかかった部屋-侵入盗にも解けない密室

・歪んだ箱-欠陥住宅の密室

・密室劇場-舞台本番の密室

感想

いまいちでした。

トリックがわかるという楽しみはありますが、だからといってそれが面白いかとなるとそれはまだ微妙に違ったりなんですよね。

部屋主が勝手に求める「貴志さんらしさ」も、このシリーズにはないというのもマイナスポイントですが。

・佇む男の感想

うーん、なんというかラストのアレはヒントすぎる気が。

微妙でした。

・鍵のかかった部屋の感想

これもヒントが多すぎかなと。

全体的に悪くはないと思いますが、面白いかと問われると微妙かなと。

・歪んだ箱の感想

こういう密室もあるんだなと新鮮な気持ちで楽しめました。

こってるようでこってなかったので、トリックがポンとわかる楽しさもありましたし。

・密室劇場の感想

面倒くさくて考えるのが嫌になるという珍しい作品。

とういかこれも密室という分類になるのかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダーク・ゾーン 貴志祐介著

お気に入り作家さんの新作ということで購入。

ダークゾーン Book ダークゾーン

著者:貴志祐介
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

神の仕掛けか、悪魔の所業か。

地獄のバトルが今、始まる!

遺棄された海底炭鉱の島―端島、通称「軍艦島」。

プロ棋士予備軍である奨励会三段の塚田は、「ダーク・ゾーン」と呼ばれる隔絶された世界の軍艦島を舞台に、突然「赤のキング」としての闘いを余儀なくされる・・・

感想

いまいちでした。

雰囲気は「クリムゾンの迷宮」に近い感じでしょうかね。

とにかく主人公の頭の悪さにイライラしました。

勝負も最終戦以外はてきとーにもほどがあるし(しかも読みやすいし) 、何より数か多いから途中でかなりダレるしで。

設定も甘く(設定そのものは好きなんですが)、それがもとで戦闘パートはなんか腑に落ちないところも多い感じでした。

正直この出来なら、このミス1位に輝いたのが不思議なレベルの作品である「悪の教典」の方がまだ面白かったと。

こういう非現実と現実が入り混じって物語が構成されているタイプはわりと好きなんですが、 これはいくらなんでもひねりがなさすぎだろうと。

しかもあのラスト。
正直こういうのは好みではないですね。

大賞をとったから詰め切らずに急いで書き下ろしたのかな。
そんな感じです。

と思ったのですが、どうやら連載作品だったようです(苦笑)

抜粋

「もし神が人間を助けてくれるものなら
 なぜ、必死に努力してる人間が報われないのだろうか
 いやそうじゃない
 そもそも神頼みなどする時点で
 勝負師として失格なのだ」

「大勢の人が、自分を応援してくれている
 その人たちを失望させないためにも
 もっと頑張らなくて」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒い家 貴志祐介著

第4回日本ホラー小説大賞受賞作。

10年振りくらいの再読です。

黒い家 (角川ホラー文庫) Book 黒い家 (角川ホラー文庫)

著者:貴志 祐介
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。

ある日、顧客の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう。

ほどなく死亡保険金が請求されるが、顧客の不審な態度から他殺を確信していた若槻は、独自調査に乗り出す。

信じられない悪夢が待ち受けていることを知らずに・・・

感想

実に面白かったです。

10年前に読んだと時はさほど怖くなかった印象があったのですが、知人が怖い怖いと言ってたゆえ再読してみたわけですが、正直なところ怖さはやっぱりさほどせもなかったです(黒い家に乗り込んだところはそれなりの怖さはあったけど。この場面は実に面白いです)。

が、それを補ってあまりうるドキドキ感(恐怖とはまた別の)。ページをめくる手が止まらなくなりますね。

保険業界のことも詳しく書かれており、物語に深みがあるように感じます(まぁ保険業界にいるわけではいないからなにをもって詳しくとはいえないけど)。

エピローグのあの演出は実に巧いなと。

お得意の心理学知識もばっちりです。

が、このあたりは得意分野でもあるのでちょっと冗長な感じも。物語の構成上のアレに気づくかどうかがポイントになってくるような気もしますが。

で、個人的なハイライトですが主人公と彼のスナックでの会話ですね。

ここの場面はさっぱり記憶に残ってなかったのですが、この考え方は実に面白かったです(r戦略とかK戦略のところね)。

あと、グロさも想像すると実に素敵な場面がそこかしこに散らばっています。

が、その残酷シーンの描写そのものはないので、それが残念無念で仕方がありません。この描写があればSランクだったかもなのに。

特に、あの人が監禁されて受けたであろう拷問や、あの人の目の前で繰り広げられた惨殺場面などは。

まぁ、ここのあたりを詳しく描写すると、これほど万人受けすることはなかったでしょうが(苦笑)

最後にヒロインについて。

むかつきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪の教典 貴志祐介著

貴志さん好きですので読みました。

悪の教典 上 Book 悪の教典 上

著者:貴志 祐介
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

悪の教典 下 Book 悪の教典 下

著者:貴志 祐介
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

あらすじらしきもの

うちの学校には怪物がいる。

学校という閉鎖空間に放たれた殺人鬼は高いIQと好青年の貌を持っていた・・・

感想

それなりに楽しめましたが、貴志さんの作品としてはかな~り物足りない感じでした。

どういう展開になるのかなぁと思ってましたが、後半にまさかあんな怒涛の展開を見せるとは。

後半の無茶っぷりはけっこう好きです。

読んでて楽しいです。

とはいえ、上記の後半の無茶っぷりを含め、主人公の短絡的な行動に辟易するところが多々です。

こいつ絶対にIQが高いとは思えません。

部屋主でもわかるようなクライマックスのアレにも気づかないし、ラストのあれも計算通りで乗り切ってほしかった(問題提起としては素敵だけど)。

にしても、なんでも殺人で解決しようとしすぎ。

いくらなんでも日本の警察をなめすぎでしょう。

それを含めてつっこみどころが満載。

なんだかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狐火の家 貴志裕介

貴志裕介氏の作品は好きなので読みました。

Book 狐火の家

著者:貴志 祐介
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

あらすじらしきもの

密室専門(?)の天然系女性刑事弁護士「青砥順子」と、本職は泥棒とも言われる謎の防犯ショップ店長「榎本径」が織り成す物語。

「狐火の家」

「黒い牙」

「盤面の迷宮」

「犬のみぞ知る」

以上、4編の密室ミステリ集。

感想

まずまず面白かったです。

青砥と榎本のキャラがいい感じです。

密室トリックものとしては作品によって非常に評価が分かれるかと思います。

表題作から後の物語なるほど、トリックはチャチになり面白さは下がっていく感じでしてした。

狐火の家なんかは、伏線もしっかりしてますし、どんでん返しもしっかりあるのでなかなかなの高評価なのですが、以降は正直微妙です。

最後の「犬のみぞ知る」はギャグとして読んだ方がいいですしね。

部屋主は基本的に長編好きなので、4年前に刊行された同シリーズ1作目の「硝子のハンマー」の方が好きです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (7) | トラックバック (0)

天使の囀り

注文しておいた京極氏の本が予定したときに届かなかったので久々に本棚から出してみました。

天使の囀り (角川ホラー文庫) Book 天使の囀り (角川ホラー文庫)

著者:貴志 祐介
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

新聞社主催のアマゾン調査隊に参加していた作家で「死恐怖症」を患っている「高梨光宏」は、調査隊のメンバーたちと現地住民たちが恐れる「呪われた沢」へ入ってしまったため、予定していた期間を待たずにを調査終了を余儀なくされてしまいます。

帰国後、高梨は人格に異様な変容を見せ、「天使の囀りが聞こえる」と言い残し、あれほど恐れていた「死」に魅せられたように自殺をしていまします。

恋人である高梨の死について独自に調査を開始した、ホスピスで終末医療に関わる精神科医「高橋早苗」は、他の調査隊メンバーたちも異常な方法で自殺を遂げていることをつきとめます。

同じころ「地球の子供たち」というメンタルケア系サイトのオフ会に参加していたメンバーたちも異常な方法で自殺を続けており・・・

部屋主の感想

非常に面白いです。

貴志氏の作品は好きなものが多いのですが、部屋主個人としましては今のところこの作品が一番好きです。

自殺の方法を巡る発想がまず見事だと思いました。よくまぁこんなの思いついたものです。

もし自分が作中の自殺者と同じ状態になったと想像すると寒気がしますよ、ほんと。

でもってその原因となる「アレ」の存在

これの存在自体がまず気持ち悪いしもしかしたらと思えてしまうあたり、素晴らしいチョイスだと思います。

その裏づけとなる設定もしっかりしてるあたり作者の力量のすごさを感じます。かなり勉強と取材をしたのだと思います。

クライマックスの状況は、是非とも映像化をお願いしたいほどにエグいです。

ホラー好きの部屋主が、リアルに想像するとこれだけ気持ち悪い作品ってのもあまりないように思えるほどです。

ラストはある意味で想像通りですし、その少し前の展開なんかは少々あれかなと思いますが、そんなの気にならないほどに面白かったです。

他にも、薬害エイズ問題などの医学会への批判、部屋主好みの言葉の技巧、現代的な若者描写とメンタルケアなど、メインではない部分も実にいいですね。

ホラーの怖さ、気持ち悪さ、ミステリのようにその原因を追っていく過程の面白さ、その原因そのもの見事さ、オススメです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (12) | トラックバック (0)

十三番目の人格-ISOLA-

貴志さんの作品はけっこう読んでるのでるのに、デビュー作のこれをまだ読んでなかったので買ってみました。

Cimg2131

Book 十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA

著者:貴志 祐介
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

人の強い感情を読み取ることのできる「エンパス」という超能力を持つ「加茂由香里」は、阪神大震災後の被災者の心のケアをしていました。由香里はその能力を活かして仕事をしていたので、20歳そこそこという若さなのに、被災者にもボランティア仲間からも評判が高まりつつありました。

そのため、由香里に西宮の病院に長期入院中の「森谷千尋」という少々問題のある少女に会ってもらえないかという依頼が入ってきます。普通の人から見ると奇妙というレベルの少女でしたが、由香里には千尋の中に複数の人格が存在していることがわかるのです。

あらゆる人間の悪意が流れ込んできてしまうというエンパスの能力のため、一時は精神病院にも入院し、自殺を図ったこともある由香里は、目立つことは極力したくないと思っていたのですが、千尋をどうしてもほおっておけませんでした。

次第に打ち解け、いくつかの人格とは仲良くなり、人格統合も夢ではないと思いはじめた矢先、震災後に生まれた千尋の中に「ISOLA」という殺意の塊のような人格が存在するのを由香里は確認します。

不安を感じながらも仕事の都合上東京へ帰っていた由香里が再び関西に戻ってきたとき、千尋を虐待してきた養父、強烈に叱った教師、虐めていた同級生が次々と変死していたのを知ることになるのです・・・

部屋主の感想

面白いといえばけっこう面白いのですが、多重人格という設定にあまりリアリティが感じられないと(ほんとに存在するかがかなり疑問)、カウンセラーとかいう職種にあまり良い感じをもっていないという(なぜかはまた別の本の紹介のときにでも。簡単に一つだけ言うとこの人種が何かの責任を取ったところを見たことないからです)部屋主の個人的な感情から、いまいち物語に入り込めませんでした。

登場する人物に魅力的なキャラがいなかったのも理由の一つかもですね。主人公である由香里や、臨床心理士の浩子、大学教授の真部など、主要キャラがことごとく気に食いませんでした。

中でも気に食わなかったのが恋愛要素ですね。よくわからんですし、すげぇうすっぺらいのです。何を表現しようと著者は考えたのでしょうか。おそらくは嫉妬なのだと思うのだけれど部屋主には少々理解できませんでした。まぁ部屋主があまり恋愛感情がよくわからんという人間であるという個人的特質からかもしれませんが。

ISOLAという名前の謎存在理由の謎を解いていくという話でもあるのですが、これまた拍子抜けでした。存在理由はそれでいいとしても、名前の方はそれかよって感じでしたので少々ゲンナリしました。

次いで怖さですが、ほとんど怖くないないです。由香里が受け取ったISOLAの映像を想像するとちょっと気持ち悪いかもっていうくらいかもですね。それに追われる場面に少々緊張感があるくらいです。

分厚い割に、テンポが良くサクサクと読めるのは+ポイントですかね。あと、ラストの余韻のみホラーらしくて悪くはないと思います。でも総合評価としましては今まで読んだ貴志さんの作品の中では一番低いレベルではないかと思いました。ちなみに今まで読んだ彼の作品は「天使の囀り」「硝子のハンマー」「青の炎」「クリムゾンの迷宮」「黒い家」といった感じです。また暇な時にでも読み直したときにレビューしたいと思います。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト 1:エッセイ 1:哲学・思想 1:国際・比較文化 1:宗教 1:心理・精神 1:怪談 1:情報操作・メディア論 1:戦争・紛争 1:政治・政策 1:教育・育児 1:有害・殺人者 1:歴史 1:死・高齢者問題 1:物理・化学 1:特定地域 1:犯罪・法律 1:生物・生理・医療 1:社会・一般教養 1:経済・経営・格差 1:絵本・児童書 1:美術・写真集・画集 1:自己啓発 1:自然・環境 1:複雑系 1:食 2:7SEEDS 2:ARMS 2:BLEACH 2:DEAHT NOTE 2:Fate/stay night 2:Fate/Zero 2:ONE PIECE 2:RAINBOW 2:ULTRAMAN 2: 短編漫画 2:よんでますよ、アザゼルさん 2:アウターゾーン 2:アバンチュリエ 2:キングダム 2:クレイモア 2:クロサギ 2:ゴーストハント 2:シマシマ 2:スパイラル 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION 2:ディアスポリス 2:ピアノの森 2:フルーツバスケット 2:ベルセルク 2:マギ(MAGI) 2:ヴァムピール 2:ヴァンパイア十字界 2:京極堂シリーズ 2:勇午 2:医龍 2:図書館の主 2:夏目友人帳 2:天の覇王 ラオウ外伝 2:失恋ショコラティエ 2:奇食ハンター 2:探偵学園Q 2:月光条例 2:江戸川乱歩異人館 2:秒速5センチメートル 2:罪と罰 2:聖闘士星矢G 2:金田一少年の事件簿 2:鋼の錬金術師 2:鬼燈の島 2:魔人探偵 脳噛ネウロ 2:魔法少女まどかマギカ 2:Doubt 2:ジョジョの奇妙な冒険 2:マリー・アントワネットの料理人 2:ルミとマヤとその周辺 3:おつまみ 3:お店(スイーツ) 3:お店(吉野家) 3:お店(BigBoy) 3:お店(お食事) 3:お店(すき家) 3:お店(びっくりドンキー) 3:お店(ガスト) 3:お店(ケーキ) 3:お店(パン) 3:お店(ラーメン) 3:お店(和菓子) 3:お店(和食さと) 3:お店(松屋) 3:お店(祭太鼓) 3:お店(The・丼) 3:お店(サイゼリヤ) 3:お店(マクドナルド) 3:お店(ロイヤルホスト) 3:お弁当 3:からあげくん 3:ご当地系お菓子 3:その他のお菓子 3:その他のスイーツ 3:その他の食品 3:アイス(その他) 3:アイス(チョコ) 3:アイス(フルーツ) 3:アイス(モナカ) 3:アイス(和風) 3:アイス(氷菓) 3:エクレア 3:グミ 3:ケーキ 3:コンビニパスタ 3:シュークリーム 3:スイーツ 3:スナック菓子 3:ゼリー 3:チョコレート 3:チロルチョコ 3:パン(ランチパック) 3:パン(惣菜パン) 3:パン(菓子パン・あん) 3:パン(菓子パン・その他) 3:パン(菓子パン・クリーム) 3:パン(菓子パン・ジャム) 3:パン(菓子パン・フルーツ) 3:パン(菓子・蒸し) 3:パン(野菜系) 3:プリン 3:ポテトチップス 3:ヨーグルト 3:ロールケーキ 3:冷凍食品 3:和菓子 3:奇食 3:寒天スイーツ 3:納豆 3:豆乳スイーツ 3:食玩 3:飲料 3:飲料(その他) 3:飲料(フルーツ) 3:飲料(清涼飲料水) 3:飲料(炭酸) 3:飲料(茶) 3:飲料(野菜) 3:飴 3:餃子・焼売 3:インスタント(そば) 3:インスタント(うどん) 3:インスタント(おかゆ) 3:インスタント(スープ) 3:インスタント(焼きそば) 3:インスタント(ラーメン) 4:アクション映画 4:アニメ映画 4:コメディ映画 4:サスペンス映画 4:スポーツ映画 4:ホラー映画 4:モンスター映画 4:恋愛映画 4:SF映画 5:TV番組(ドラマ系) 5:TV番組(ニュース系) 5:アクセス記録 5:ゲーム 5:コンビニ日記 5:バトン 5:フラッシュ 5:ブログラム 5:モンハンプレイ日記 5:動画 5:文化・芸術 5:東北大震災応援 5:派遣・短期バイト日記 5:男の手料理 5:笑える画像集 5:記録(購入漫画記録) 5:記録(購入&読了本) 5:雑記 5:面白占い 5:音楽 5:フィギュア 5:フィギュア-超像可動 5:フィギュア‐figma 5:フィギュア‐特撮リボルテック 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ 5:フィギュア‐プラモ 6:小説-その他 6:小説-ファンタジー 6:小説-ホラー 6:小説-ミステリ 6:小説-恋愛 6:小説-感動 6:小説-文学 6:小説-歴史 6:小説-SF 6:小説-ライトノベル 7:ア 「天祢涼」 7:ア 「我孫子武丸」 7:ア 「有川浩」 7:ア 「有栖川有栖」 7:ア 「浅田次郎」 7:ア 「秋元康」 7:ア 「綾辻行人」 7:ア 「芥川龍之介」 7:ア 「赤星香一郎」 7:ア 「麻見和史」 7:イ 「乾ルカ」 7:イ 「乾緑郎」 7:イ 「井上靖」 7:イ 「今邑彩」 7:イ 「伊坂幸太郎」 7:イ 「岩井俊二」 7:イ 「岩井志麻子」 7:イ 「岩城裕明」 7:イ 「石持浅海」 7:イ 「稲川淳二」 7:イ 「飯野文彦」 7:ウ 「宇佐美まこと」 7:ウ 「歌野晶午」 7:ウ 「浦賀和宏」 7:ウ 「虚淵玄」 7:エ 「円地文子」 7:エ 「江戸川乱歩」 7:エ 「遠藤周作」 7:エ 「遠藤徹」 7:オ 「乙一」 7:オ 「大塚英志」 7:オ 「大石圭」 7:オ 「太田忠司」 7:オ 「小栗虫太郎」 7:オ 「小野不由美」 7:オ 「岡島二人」 7:オ 「岡田晴恵」 7:オ 「恩田陸」 7:オ 「荻原浩」 7:カ 「加納朋子」 7:カ 「川上未映子」 7:カ 「川原礫」 7:カ 「川崎草志」 7:カ 「川瀬七緒」 7:カ 「川端康成」 7:カ 「海堂尊」 7:カ 「神永学」 7:カ 「金沢伸明」 7:カ 「鎌田俊夫」 7:カ 「門井慶喜」 7:カ 「霞流一」 7:キ 「京極夏彦」 7:キ 「北方謙三」 7:キ 「北林一光」 7:キ 「北森鴻」 7:キ 「北野勇作」 7:キ 「木原浩勝」 7:キ 「貴志祐介」 7:ク 「倉坂鬼一郎」 7:ク 「鯨統一郎」 7:ク 「黒井千次」 7:コ 「小松左京」 7:コ 「小林泰三」 7:コ 「小池真理子」 7:コ 「香月日輪」 7:ゴ 「五味弘文」 7:ゴ 「郷内心瞳」 7:サ 「坂木司」 7:サ 「桜庭一樹」 7:サ 「沙藤一樹」 7:サ 「酒見賢一」 7:シ 「周木律」 7:シ 「城山三郎」 7:シ 「城平京」 7:シ 「島田荘司」 7:シ 「新堂冬樹」 7:シ 「新海誠」 7:シ 「真藤順丈」 7:シ 「篠田節子」 7:シ 「重松清」 7:シ 「雫井脩介」 7:シ 「首藤瓜於」 7:ス 「朱雀門出」 7:ス 「椙本孝思」 7:ス 「鈴木光司」 7:ス 「雀野日名子」 7:セ 「瀬名秀明」 7:ソ 「曽根圭介」 7:タ 「多岐川恭」 7:タ 「拓未司」 7:タ 「田中啓文」 7:タ 「竹本健治」 7:タ 「高木利光」 7:タ 「高田侑」 7:タ 「高田崇史」 7:タ 「高野和明」 7:ダ 「太宰治」 7:ツ 「恒川光太郎」 7:ツ 「辻村深月」 7:ト 「戸板康二」 7:ト 「飛浩隆」 7:ド 「土橋真二郎」 7:ナ 「七尾与史」 7:ナ 「中勘助」 7:ナ 「中山七里」 7:ナ 「中山市朗」 7:ナ 「中田永一」 7:ナ 「夏目漱石」 7:ナ 「奈須きのこ」 7:ナ 「梨木香歩」 7:ナ 「長坂秀佳」 7:ナ 「長崎尚志」 7:ナ 「長江俊和」 7:ニ 「二宮敦人」 7:ニ 「新津きよみ」 7:ニ 「西尾維新」 7:ヌ 「貫井徳郎」 7:ノ 「法月綸太郎」 7:ハ 「半村良」 7:ハ 「服部まゆみ」 7:ハ 「林巧」 7:ハ 「畠中恵」 7:ハ 「葉山透」 7:バ 「坂東眞砂子」 7:バ 「幡大介」 7:ヒ 「平山夢明」 7:ヒ 「東山彰良」 7:ヒ 「百田尚樹」 7:フ 「福井晴敏」 7:フ 「福澤徹三」 7:フ 「福谷修」 7:フ 「藤ダリオ」 7:フ 「藤原健市」 7:フ 「話梅子」 7:ホ 「堀井拓馬」 7:ホ 「堀内公太郎」 7:ホ 「堀川アサコ」 7:ホ 「本多考好」 7:マ 「松本清張」 7:マ 「牧野修」 7:マ 「真梨幸子」 7:マ 「麻耶雄嵩」 7:ミ 「三上延」 7:ミ 「三好徹」 7:ミ 「三島由紀夫」 7:ミ 「三津田信三」 7:ミ 「三浦綾子」 7:ミ 「三田村志郎」 7:ミ 「三谷幸喜」 7:ミ 「宮ノ川顕」 7:ミ 「宮部みゆき」 7:ミ 「水田美意子」 7:ミ 「湊かなえ」 7:ミ 「道尾秀介」 7:モ 「森博嗣」 7:モ 「森山東」 7:ヤ 「山口瞳」 7:ヤ 「山田悠介」 7:ヤ 「山田正紀」 7:ヤ 「柳原慧」 7:ヤ 「柳広司」 7:ヤ 「梁石日」 7:ヤ 「矢部嵩」 7:ユ 「夢枕獏」 7:ユ 「夢野久作」 7:ユ 「柚月裕子」 7:ユ 「行川渉」 7:ヨ 「よしもとばなな」 7:ヨ 「吉岡暁」 7:ヨ 「吉村昭」 7:ヨ 「吉田修一」 7:ヨ 「吉行淳之介」 7:ヨ 「米澤穂信」 7:リ 「リリー・フランキー」 7:ワ 「和田はつ子」 7:ワ 「和田竜」 7:ワ 「綿矢りさ」 8:ジョージ・G・ロビンソン 8:スーザン・ケイ 8:スティーヴン・キング 8:ダン・ブラウン 8:トマス・ハリス 8:ドストエフスキー 8:バーム 8:パトリシア・コーンウェル 8:ホーキング 8:ポール・ギャリコ 8:モーリス・ルブラン 8:リチャード・プレストン 8:ロバート・A・ハインライン