GOSICK ゴシック 8 神々の黄昏 下 桜庭一樹著

GOSICKもいよいよ最終巻となりました。

この表紙もまずまず好きです。

GOSICKVIII下‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫) Book GOSICKVIII下‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2011/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

監獄<黒い太陽>に幽閉されていたヴィクトリカは、母コルデリアの身代わり計画により脱出。

ロスコ―とともにソヴュールを離れて海の彼方へ。

徴兵された一弥は、彼女を想いつつ戦場で日々をひたすらに生き延びてゆくが、ある日の敵襲で…

アブリルに、セシルに、グレヴィールに、古き世界に大いなる喪失と変化が訪れる。

その先に待つものは?

感想

なかなかよかったです。

これまでのようにつまらないミステリ要素はなく、ちょっとしたお涙ちょうだいがあり、もちろんいつも通りのキャラ萌えありで、これまでで一番楽しめました。

特に上巻で驚いたアレがコレだったのはちょっと予想外だったので、いい意味でしてやられたのもよかったです。

ラストもまぁこういう感じねという感じで、綺麗に、この作品らしく、続編はそこにいたるまでの色んな番外編もいくらでも書けそうな感じでしたし。

抜粋

「恐ろしい運命とともにこの世に生まれて辛苦を舐めたが

 それでも…

 うつくしいものを見たし、大事なものをみつけたし

 わたしは…生まれてきてよかったと…」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOSICK ゴシック 8 上 神々の黄昏 桜庭一樹著

長かったGOSISKもいよいよ最終章にきました。

この表紙はけっこう好きです。

GOSICKVIII上‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫) Book GOSICKVIII上‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2011/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

クリスマス当日、ヴィクトリカが所望したのは、15個の謎―必死で謎を集める一弥は、村に起こりつつある異変に気づく。

それは、大いなる変化、すなわち“二度目の嵐”の前触れにほかならなかった。

迫り来る別れと、自分の運命を正しく予感したヴィクトリカは、一弥にある贈り物をする。

一方、首都ソブレムでは、ブロワ侯爵が暗躍、娘ヴィクトリカを武器に権力を握ろうとしていた―

感想

まずまずですね。

物語的には最終章らしく、これまでの流れをくんでなかなかに楽しい感じかなと。

とはいえ、そこに何か予想外の何かがあったかと聞かれると、特にひねりも何もなかったかなと。

ヴィクトリカのアレに驚いたくらいで。

毎度書いてますがミステリ要素についてはもう無理にいれなくていいですよと。逆にゲンナリするので。

抜粋

「実は、善良であり続けるこちには、

 ある種の知性が必要なのだな

 なぜなら知性こそが、

 人間が人間らしくあり続けるための燃料なのだから」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOSICK ゴシック 7 薔薇色の人生 桜庭一樹著

GOSICKもなんのかんのでここまできました。

この表紙はそんなに好きではないかな。

 GOSICK 7 ゴシック・薔薇色の人生 GOSICK 7 ゴシック・薔薇色の人生
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

クリスマス直前の気分に華やぐ聖マルグリット学園。

だが、外の世界では「二度目の嵐」が迫りつつあった。

父ブロワ侯爵によって首都ソブレムに召喚されたヴィクトリカ、心配で後を追う一弥。

ソヴェール王国最大の謎、王妃ココ=ローズの首なし死体事件に挑むふたりに侯爵の謀略が…

豪華劇場に過去と現在が交錯し、大いなる罪が暴かれたとき、世界はその様相を変える。

感想

いつも通りです。

ミステリとしてはろくでもないレベル(今回はまぁまだこれまでよりはマシなレベルだとは思うけど。)

萌えとして見ると楽しめると。

今巻に関してはセシル先生がけっこう出てきてくれたんで、彼女がけっこう気に入ってる部屋主としてはなかなか楽しめました。

物語的にはそれなりに盛り上がってきてるかなと。

とはいえ、面白くないことはないけど、面白いというレベルでもないかなと。

抜粋

「運命とは誰かと共有するものだ

 悲しいことも、うれしいことも

 過去も、未来も、何もかも

 もう君ひとりのものじゃないんだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOSICK 6 ゴシック・仮面舞踏会の夜 桜庭一樹著

文句いいながらもまた買ってしまいましたと。

この表紙はけっこう好きです。

GOSICKVI ―ゴシック・仮面舞踏会の夜― (角川文庫) Book GOSICKVI ―ゴシック・仮面舞踏会の夜― (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2010/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

謎の修道院<ベルゼブブの頭蓋>から辛くも脱出したヴィクトリカと一弥は、豪華列車オールド・マスカレード号で、一路懐かしいソヴェールへ。

そこで出会った乗客たちは、それぞれに奇妙な名乗りをあげる。

<死者>に<木こり>、<孤児>に<公妃>。

やがて起こった殺人事件、三つの嘘と一つの真実、いや、もしかしたら、すべてが…?

誰もが誰かを演じる仮面舞踏会の夜、深まる混沌にヴィクトリカの推理が冴えわたる!!

感想

可もなく不可もなくですかね。

ヴィクトリカは可愛いし、一弥とのやりとりは微笑ましいしで、ほどほどに心が暖まるところもあるしで。

…ミステリとして読まなければね。

ミステリとしてはEランククラスの酷さ。

またしても使い古されたというか、今ではこんなトリック使うわけがない、もし使ったとするならひっかけにしか…っていうのメイントリックに使うというえげつなさ。

書き方に工夫はしてあるものの(だからなんだっていう書き方なのですが)、この心の強さがすごいです。

と、毎回同じことを書いてますね。

次巻こそ萌えだけを感じて楽しみたいと思います。

抜粋

「悪ではなく弱さこそが人を狂わせ、

 大切なものを永遠に失わせることもあるのだ」

うん、確かに。

「それは戦場においては大人の男たちから“弱さ”と糾弾されるべきもの、後世の歴史家によって“間違った選択”として記録されてしまうものであろう

 しかし、君。

 彼にはそういう“正しい弱さ”とでもいったものがある

 わたしはそれを高潔と呼ぶのだ」

この言い回しは好き。

「知る必要はない。友とはそういうものだ」

上記とここの一連の流れがなければDランク評価をしてたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOCICK 5 ゴシック ベルゼブブの頭蓋 桜庭一樹著

なんのかんのでやっぱり買ってしまいましたと。

GOSICKV−ゴシック・ベルゼブブの頭蓋− (角川文庫) Book GOSICKV−ゴシック・ベルゼブブの頭蓋− (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2010/07/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

<君は、わたしを捜せないかね…?>

あの日の囁きが予告であったkのように、突然学園から消えたヴィクトリカ。

遠くリトアニアの修道院“ベルゼブブの頭蓋”に幽閉され、ゆっくりと弱ってゆく彼女を救うため、一弥はひとり旅立った。

豪華列車で出会った奇妙な客たち、遠い戦争の記憶。

謎の夜会“ファンタスマゴリア”の血塗られたショー。

かつてこの地で何が起こったのか。

そして一弥とヴィクトリカの運命は―?

感想

これまでと同じです。

非常に読み易い、ミステリとしては最低、物語としてはそこそこ面白い、キャラ萌えとしてそれなりに楽しめるといった感じです。

とはいえ今回はミステリとはもはや呼べず、物語としてはそれなりに進むものの、それが面白いかと問われると微妙と。

キャラ萌えとしては、けっこうアブリル好きな部屋主としては、ヴィクトリカばかり押される今巻は正直ちょっと…って感じでございました。

ラストには次巻のプロローグが入るという小説としてはけっこうというかかなり珍しい形態。

内容が内容だから、これできちっと終了してると今後買ってくれないことを見越しての構成だったら見事かもしれない。

こういう終わり方でなければこれでもう購入を止めてる可能性が無きにしも非ずだったので。

ううむだ。

抜粋

「神などいないのだよ、最初から

 いればこのようなおおがかりな戦争など起こるはずがない」

嫌がらせ好きな神様が起こしてるなんていう皮肉を言うひともいますけどどっとなんでしょうかね。

「もしかしたら君にだって、そういうこと、あっていいじゃないか

 大切な誰かに出逢うため、それだに」

くさいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOSICK 4 愚者を代弁せよ 桜庭一樹著

微妙微妙と思いつつも買ってしまう。

そんな作品。

GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁せよ- (角川文庫) Book GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁せよ- (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

季節は初夏。

今日も図書館塔最上階、秘密の小部屋で読書にふけるヴィクトリカの頭上に、金色の書物が落ちてきた。

そこには<未来の汝よ。我は愚者なり。そして汝、愚者の代弁者となりて、我が愚かなりし秘密を暴け!>とメッセージが。

時を同じくして学園にやってきた謎の人物。

そして時計塔で起きた密室殺人…

知恵の泉のもと、すべての謎が一つになるとき、王国の禁忌が白日のもとに!?

感想

やっぱり微妙でした。

これまでも色んな作品のパクりパクりという印象でしたが(それもレベルの低いところで)、今回は「ラスプーチン」、「オペラ座の怪人」、「ゴーストハント」のパクりという感じが。

なのでというかなんというか、いつもながらミステリとはあんまり認めたくはないと(レベルのショボさも含めて)。

とはいえ、ちゃんと伏線は張っててそれはしっかり回収するという構図だけはしっかりしてるんですよね。

ううむ。

キャラ萌えとしては相変わらずヴィクトリカにアブリルが可愛く(二人のやりとりを読んでるとついニヨニヨしてしまいます)、セシル先生も今回はけっこういい感じでした。

というかこういう萌え部分が目的で買ってる気も。

物語としては色々と伏線が回収されて、そしてまた新たな伏線が登場するという感じで、そこまで面白いという感じではないけれど、面白くないというレベルではなくというなんか複雑な印象。

ということでたぶん次も買ってしまいそうな感じ。

通勤電車で読むのにちょうど良いし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOSICK 3 ゴシック 青い薔薇の下で 桜庭一樹著

なんのかんの言いながら3巻目も購入してしまいました。

GOSICKIII  ―ゴシック・青い薔薇の下で― (角川文庫) Book GOSICKIII ―ゴシック・青い薔薇の下で― (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

<青い薔薇>を買ってきてちょうだい―故郷にいる姉の頼みで、首都ソヴレムに出かけてきた一弥は、巨大デパート<ジャンタン>で、不気味な体験をした。

街に流れる“人間消失”の噂、異様な計算能力を持つストリートチルドレン―深まる一方の謎を抱え、一弥は風邪で寝込んでいるヴィクトリカに電話をする。

“知恵の泉”は距離の壁を越え、難事件を解決できるのか?

感想

微妙でした。

もうミステリではないですね。

「巻末の解説で本格ミステリの世界…」とか書いてありますが、部屋主個人としてはとても納得いかないです(まぁ本格ミステリの定義となるとよくわからないのでなんともですが)。

にしても、こんな使い古された都市伝説を持ってくるとは・・・

1巻のビィーティーネタにも驚愕しましたが、今巻もそれに負けず劣らずにかなりびっくりしました。

でもってそれをまぁなんのヒネりもなくよく使ったなと。

作者のハートが尋常じゃなく強いのか、それとも自分の創り出したキャラクターに自信があるのか…

あとは、ここまで来たら敢えて使い古されたネタを使って、いかに萌えだけで引っ張るかを試してるのはないかとも思ってしまいますね。

まぁただの登場人物萌えだけのお話でしたね。

そしてそれだけを楽しむならそれなりに楽しいと。

あと、警部のドリル頭が実は個人の好みじゃなかったところは、電車の中で読んでてついニヨってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOSICK 2 その罪は名もなき 桜庭一樹著

とりあえず2巻も購入してみました。

何気にこういう表紙は気に入ってたりします。

GOSICKII  ―ゴシック・その罪は名もなき― (角川文庫) Book GOSICKII ―ゴシック・その罪は名もなき― (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

<“灰色狼の末裔”に告ぐ。近く夏至祭。

  我らは子孫を歓迎する>

不思議なその広告を見たヴィクトリカは夜、

学園を抜け出し山間の小さな村へやってきた。

時間が止まったようなこの地で、またも起こった惨劇。

それは、かつての彼女の母・コルデリアが巻き込まれた事件と呼応するかのように続いてゆく。

そして最後にヴィクトリカが見抜いた真実とは…?

感想

微妙でした。

ミステリとしては三流もいいところでしょう。

トリックがショボすぎるというかヒネリがないというか。

とはいえきちんと伏線は張っていて、それをしっかり回収するという形は好みといえば好みなのですけどね。

ヴィクトリカの母親の謎を追ってる感じは物語としては、まずまず楽しいといえば楽しいのですよね。

んで、ヴィクトリカのツンデレっぷりや一弥の鈍感っぷり、アブリルのふつ~の可愛らしさとか、完全に狙ってるのはわかってるのに、ついつい微笑んでしまいますし。

そういうわけで、ライトノベルとして程々に面白いと。

ということで次巻も購入してみようかなと。

抜粋

「それはいけない

 慣れというものは、君、知性の墓場だよ

 反省したまえ」

反省します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOSICK ゴシック 桜庭一樹著

mixiの方の知人が面白いと言ってたのと、アニメ化したのということで、ミーハーな感じで購入してみました。

GOSICK  ―ゴシック― (角川文庫) Book GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

前世紀初頭、ヨーロッパの小国ソヴェール。
極東の島国から留学した久城一弥は、
聖マルグリッド学園の図書館塔で奇妙な美少女ヴィクトリカと出会った。
彼女の頭脳は学園の難事件を次々解決してゆくが、
ある日ヴィクトリカと一弥は豪華客船に招待され、
そこで本物の殺人事件に遭遇してしまう。
やがて彼ら自身に危機が迫った時ヴィクトリカは―!?

感想

微妙な感じ。

正直ライトな感じがしてたゆえ

そんなに期待してなかったりだったのですが、
(最初の方はあまりのライトさに読むのに心が折れかけた)
豪華客船内での殺戮がはじまって多少面白くなってきた。
(こういう閉鎖空間での殺戮という設定が私は大好物)

が、殺戮も特に目新しさはなくどこがで見た感じ止まりだし、

(もっとここはホラー要素が欲しかった)

それでいいのかってくらいのレベルで

登場人物が一気に消えたり、
展開にもなんのヒネリもないしで。

(過去と現在が入り混じる書き方だが特に何もなかったり
 まさかの魔少年ビィーティーネタが出てきたりに驚愕)

とはいえいくつかの伏線が最後に回収されたりと、
ミステリとしてはある程度体裁は整ってるかなと。

同じライトミステリとしては心霊探偵八雲を思い出したが
(読み易さやマンガの方が合いそうという点が似てる)
部屋主的としてはこちらの方がミステリとしては好きかなと。
(作品としての好みはどっちもどっちかなと)

今のところ。

ヴィクトリカと久城の関係ですが、
思ってたより久城が男前だったのがよかったかなと。

完全に彼が尻にしかれていたら、
きっと2巻目を買うことはなかったかなと。

抜粋

「自分より弱いものを守れ
 自分が弱くても無理して守れ」

うん、この教えは素敵。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト | 1:エッセイ | 1:哲学・思想 | 1:国際・比較文化 | 1:宗教 | 1:心理・精神 | 1:怪談 | 1:情報操作・メディア論 | 1:戦争・紛争 | 1:政治・政策 | 1:教育・育児 | 1:有害・殺人者 | 1:歴史 | 1:死・高齢者問題 | 1:物理・化学 | 1:特定地域 | 1:犯罪・法律 | 1:生物・生理・医療 | 1:社会・一般教養 | 1:経済・経営・格差 | 1:絵本・児童書 | 1:美術・写真集・画集 | 1:自己啓発 | 1:自然・環境 | 1:複雑系 | 1:食 | 2:7SEEDS | 2:ARMS | 2:BLEACH | 2:DEAHT NOTE | 2:Fate/stay night | 2:Fate/Zero | 2:ONE PIECE | 2:RAINBOW | 2:ULTRAMAN | 2: 短編漫画 | 2:よんでますよ、アザゼルさん | 2:アウターゾーン | 2:アバンチュリエ | 2:キングダム | 2:クレイモア | 2:クロサギ | 2:ゴーストハント | 2:シマシマ | 2:スパイラル | 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION | 2:ディアスポリス | 2:ピアノの森 | 2:フルーツバスケット | 2:ベルセルク | 2:マギ(MAGI) | 2:ヴァムピール | 2:ヴァンパイア十字界 | 2:京極堂シリーズ | 2:勇午 | 2:医龍 | 2:図書館の主 | 2:夏目友人帳 | 2:天の覇王 ラオウ外伝 | 2:奇食ハンター | 2:探偵学園Q | 2:月光条例 | 2:江戸川乱歩異人館 | 2:罪と罰 | 2:聖闘士星矢G | 2:金田一少年の事件簿 | 2:鋼の錬金術師 | 2:鬼燈の島 | 2:魔人探偵 脳噛ネウロ | 2:魔法少女まどかマギカ | 2:Doubt | 2:ジョジョの奇妙な冒険 | 2:マリー・アントワネットの料理人 | 2:ルミとマヤとその周辺 | 3:おつまみ | 3:お店(スイーツ) | 3:お店(吉野家) | 3:お店(BigBoy) | 3:お店(お食事) | 3:お店(すき家) | 3:お店(びっくりドンキー) | 3:お店(ガスト) | 3:お店(ケーキ) | 3:お店(パン) | 3:お店(ラーメン) | 3:お店(和菓子) | 3:お店(松屋) | 3:お店(祭太鼓) | 3:お店(The・丼) | 3:お店(サイゼリヤ) | 3:お店(マクドナルド) | 3:お店(ロイヤルホスト) | 3:お弁当 | 3:からあげくん | 3:ご当地系お菓子 | 3:その他のお菓子 | 3:その他のスイーツ | 3:その他の食品 | 3:アイス(その他) | 3:アイス(チョコ) | 3:アイス(フルーツ) | 3:アイス(モナカ) | 3:アイス(和風) | 3:アイス(氷菓) | 3:エクレア | 3:グミ | 3:ケーキ | 3:コンビニパスタ | 3:シュークリーム | 3:スイーツ | 3:スナック菓子 | 3:ゼリー | 3:チョコレート | 3:チロルチョコ | 3:パン(ランチパック) | 3:パン(惣菜パン) | 3:パン(菓子パン・あん) | 3:パン(菓子パン・その他) | 3:パン(菓子パン・クリーム) | 3:パン(菓子パン・ジャム) | 3:パン(菓子パン・フルーツ) | 3:パン(菓子・蒸し) | 3:パン(野菜系) | 3:プリン | 3:ポテトチップス | 3:ヨーグルト | 3:ロールケーキ | 3:冷凍食品 | 3:和菓子 | 3:奇食 | 3:寒天スイーツ | 3:納豆 | 3:豆乳スイーツ | 3:食玩 | 3:飲料 | 3:飲料(その他) | 3:飲料(フルーツ) | 3:飲料(清涼飲料水) | 3:飲料(炭酸) | 3:飲料(茶) | 3:飲料(野菜) | 3:飴 | 3:餃子・焼売 | 3:インスタント(そば) | 3:インスタント(うどん) | 3:インスタント(おかゆ) | 3:インスタント(スープ) | 3:インスタント(焼きそば) | 3:インスタント(ラーメン) | 4:アクション映画 | 4:アニメ映画 | 4:コメディ映画 | 4:サスペンス映画 | 4:スポーツ映画 | 4:ホラー映画 | 4:モンスター映画 | 4:恋愛映画 | 4:SF映画 | 5:TV番組(ドラマ系) | 5:TV番組(ニュース系) | 5:アクセス記録 | 5:ゲーム | 5:コンビニ日記 | 5:バトン | 5:フラッシュ | 5:ブログラム | 5:モンハンプレイ日記 | 5:動画 | 5:文化・芸術 | 5:東北大震災応援 | 5:派遣・短期バイト日記 | 5:男の手料理 | 5:笑える画像集 | 5:記録(購入漫画記録) | 5:記録(購入&読了本) | 5:雑記 | 5:面白占い | 5:音楽 | 5:フィギュア | 5:フィギュア-超像可動 | 5:フィギュア‐figma | 5:フィギュア‐特撮リボルテック | 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ | 5:フィギュア‐プラモ | 6:小説-その他 | 6:小説-ファンタジー | 6:小説-ホラー | 6:小説-ミステリ | 6:小説-恋愛 | 6:小説-感動 | 6:小説-文学 | 6:小説-歴史 | 6:小説-SF | 6:小説-ライトノベル | 7:ア 「天祢涼」 | 7:ア 「我孫子武丸」 | 7:ア 「有川浩」 | 7:ア 「有栖川有栖」 | 7:ア 「浅田次郎」 | 7:ア 「秋元康」 | 7:ア 「綾辻行人」 | 7:ア 「芥川龍之介」 | 7:ア 「赤星香一郎」 | 7:ア 「麻見和史」 | 7:イ 「乾ルカ」 | 7:イ 「乾緑郎」 | 7:イ 「井上靖」 | 7:イ 「今邑彩」 | 7:イ 「伊坂幸太郎」 | 7:イ 「岩井俊二」 | 7:イ 「岩井志麻子」 | 7:イ 「岩城裕明」 | 7:イ 「石持浅海」 | 7:イ 「稲川淳二」 | 7:イ 「飯野文彦」 | 7:ウ 「宇佐美まこと」 | 7:ウ 「歌野晶午」 | 7:ウ 「浦賀和宏」 | 7:ウ 「虚淵玄」 | 7:エ 「円地文子」 | 7:エ 「江戸川乱歩」 | 7:エ 「遠藤周作」 | 7:エ 「遠藤徹」 | 7:オ 「乙一」 | 7:オ 「大塚英志」 | 7:オ 「大石圭」 | 7:オ 「太田忠司」 | 7:オ 「小栗虫太郎」 | 7:オ 「小野不由美」 | 7:オ 「岡島二人」 | 7:オ 「岡田晴恵」 | 7:オ 「恩田陸」 | 7:オ 「荻原浩」 | 7:カ 「加納朋子」 | 7:カ 「川上未映子」 | 7:カ 「川原礫」 | 7:カ 「川崎草志」 | 7:カ 「川瀬七緒」 | 7:カ 「川端康成」 | 7:カ 「海堂尊」 | 7:カ 「神永学」 | 7:カ 「金沢伸明」 | 7:カ 「鎌田俊夫」 | 7:カ 「門井慶喜」 | 7:カ 「霞流一」 | 7:キ 「京極夏彦」 | 7:キ 「北方謙三」 | 7:キ 「北林一光」 | 7:キ 「北森鴻」 | 7:キ 「北野勇作」 | 7:キ 「貴志祐介」 | 7:ク 「倉坂鬼一郎」 | 7:ク 「鯨統一郎」 | 7:ク 「黒井千次」 | 7:コ 「小松左京」 | 7:コ 「小林泰三」 | 7:コ 「小池真理子」 | 7:コ 「香月日輪」 | 7:ゴ 「五味弘文」 | 7:サ 「坂木司」 | 7:サ 「桜庭一樹」 | 7:サ 「沙藤一樹」 | 7:サ 「酒見賢一」 | 7:シ 「周木律」 | 7:シ 「城山三郎」 | 7:シ 「城平京」 | 7:シ 「島田荘司」 | 7:シ 「新堂冬樹」 | 7:シ 「新海誠」 | 7:シ 「真藤順丈」 | 7:シ 「篠田節子」 | 7:シ 「重松清」 | 7:シ 「雫井脩介」 | 7:シ 「首藤瓜於」 | 7:ス 「朱雀門出」 | 7:ス 「椙本孝思」 | 7:ス 「鈴木光司」 | 7:ス 「雀野日名子」 | 7:セ 「瀬名秀明」 | 7:ソ 「曽根圭介」 | 7:タ 「多岐川恭」 | 7:タ 「拓未司」 | 7:タ 「田中啓文」 | 7:タ 「竹本健治」 | 7:タ 「高木利光」 | 7:タ 「高田侑」 | 7:タ 「高田崇史」 | 7:タ 「高野和明」 | 7:ツ 「恒川光太郎」 | 7:ツ 「辻村深月」 | 7:ト 「戸板康二」 | 7:ト 「飛浩隆」 | 7:ド 「土橋真二郎」 | 7:ナ 「七尾与史」 | 7:ナ 「中勘助」 | 7:ナ 「中山七里」 | 7:ナ 「中山市朗」 | 7:ナ 「中田永一」 | 7:ナ 「夏目漱石」 | 7:ナ 「奈須きのこ」 | 7:ナ 「梨木香歩」 | 7:ナ 「長坂秀佳」 | 7:ナ 「長崎尚志」 | 7:ナ 「長江俊和」 | 7:ニ 「二宮敦人」 | 7:ニ 「新津きよみ」 | 7:ニ 「西尾維新」 | 7:ヌ 「貫井徳郎」 | 7:ノ 「法月綸太郎」 | 7:ハ 「半村良」 | 7:ハ 「服部まゆみ」 | 7:ハ 「林巧」 | 7:ハ 「畠中恵」 | 7:ハ 「葉山透」 | 7:バ 「坂東眞砂子」 | 7:バ 「幡大介」 | 7:ヒ 「平山夢明」 | 7:ヒ 「東山彰良」 | 7:ヒ 「百田尚樹」 | 7:フ 「福井晴敏」 | 7:フ 「福澤徹三」 | 7:フ 「福谷修」 | 7:フ 「藤ダリオ」 | 7:フ 「藤原健市」 | 7:フ 「話梅子」 | 7:ホ 「堀井拓馬」 | 7:ホ 「堀内公太郎」 | 7:ホ 「堀川アサコ」 | 7:ホ 「本多考好」 | 7:マ 「松本清張」 | 7:マ 「牧野修」 | 7:マ 「真梨幸子」 | 7:マ 「麻耶雄嵩」 | 7:ミ 「三上延」 | 7:ミ 「三好徹」 | 7:ミ 「三島由紀夫」 | 7:ミ 「三津田信三」 | 7:ミ 「三浦綾子」 | 7:ミ 「三田村志郎」 | 7:ミ 「三谷幸喜」 | 7:ミ 「宮ノ川顕」 | 7:ミ 「宮部みゆき」 | 7:ミ 「水田美意子」 | 7:ミ 「湊かなえ」 | 7:ミ 「道尾秀介」 | 7:モ 「森博嗣」 | 7:モ 「森山東」 | 7:ヤ 「山口瞳」 | 7:ヤ 「山田悠介」 | 7:ヤ 「山田正紀」 | 7:ヤ 「柳原慧」 | 7:ヤ 「柳広司」 | 7:ヤ 「梁石日」 | 7:ヤ 「矢部嵩」 | 7:ユ 「夢枕獏」 | 7:ユ 「夢野久作」 | 7:ユ 「柚月裕子」 | 7:ユ 「行川渉」 | 7:ヨ 「よしもとばなな」 | 7:ヨ 「吉岡暁」 | 7:ヨ 「吉村昭」 | 7:ヨ 「吉田修一」 | 7:ヨ 「吉行淳之介」 | 7:ヨ 「米澤穂信」 | 7:リ 「リリー・フランキー」 | 7:ワ 「和田はつ子」 | 7:ワ 「和田竜」 | 7:ワ 「綿矢りさ」 | 8:ジョージ・G・ロビンソン | 8:スーザン・ケイ | 8:スティーヴン・キング | 8:ダン・ブラウン | 8:トマス・ハリス | 8:ドストエフスキー | 8:バーム | 8:パトリシア・コーンウェル | 8:ホーキング | 8:ポール・ギャリコ | 8:モーリス・ルブラン | 8:リチャード・プレストン | 8:ロバート・A・ハインライン