涼子さんの言うことには ヤマザキマリ

「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリさんの作品で、先日紹介した「ルミとマヤとその周辺」の続編。

涼子さんの言うことには (KCデラックス) Book 涼子さんの言うことには (KCデラックス)

著者:ヤマザキ マリ
販売元:講談社
発売日:2010/07/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

北海道の大自然でのびのび育った姉妹・ルミとマヤ。

バイオリニストとして日本中を飛び回る母・涼子。

中学2年の夏休みに母の代理でひとりヨーロッパに行くことになってしまったルミは・・・?

1980年代の日本―フランス―ドイツ―イタリアを舞台に少女と様々な人々との心の触れ合いを描いたヤマザキマリの原点とも言える物語―

感想

まずまずよかったです。

「ルミとマヤ~」ほどの痛々しい感じはなく、

ほのぼのとじんわりくる感じでした。

というか妙に大人のドラマも多かったです。

ということで各話感想。

1話目

こういう話は好き。

「だいたい人ってのは

 自分と違う生き方する人に慣れるまで時間がかかんのよ

 でも粘ってると

 それも当たり前なんだって思うときがくるはずよ

 粘っている間は自分の情熱が守ってくれるから大丈夫!!

 愛する家族や大切な自分のために一生懸命生きること

 生きることそのものが情熱よ!」

二話目

悪くはないけど好みでもないと。

三話目

この話は大好き。

こういう頑固で素直じゃないじいさんは

どうにも他人には見えなかったり(苦笑)

40年の想いを勘違いでってのが素敵すぎると。

四話目

この軟派なじいさんも他人には思えないと(苦笑)

「もちろん君の人生は君のものだ…

 自由になんでもすべきだよ…

 だが私なりに君とは真剣だったのだ…

 それが君に完全に伝わっていなかったのは残念だ…」

「なぜ私の出会う女達は皆

 私の愛をいいかげんなものと解釈するのか…」

「私はいつだって誰に対してだって

 100パーセント真剣な思いで接しているというのに…」

「思い切って

 そろそろこの生き方を変えるべきなのだろうか…」

五話目

嫌いではないけどこの流れで最終話ってのには違和感が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルミとマヤとその周辺 3巻 ヤマザキマリ

引き続きです。

そしていきなりもう最終巻です。

ルミとマヤとその周辺(3) <完> (講談社コミックスキス)

ルミとマヤとその周辺(3) <完> (講談社コミックスキス)

著者:ヤマザキ マリ

ルミとマヤとその周辺(3) <完> (講談社コミックスキス)

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

北国の元気な小学生姉妹・ルミとマヤ。

そして彼女たちのまわりの頑固で温かい大人たち。

思い出と一緒に多くの想いは時を超えて、

今、私たちの心を揺さぶる。

昭和と平成の心をつなぐ感涙オムニバスストーリー!!

昭和って近くて遠い時代?

遠くて近い時代?

感想

よかったです。

これで最終なのが残念でなりません。

もっとこの空間と時間に浸っていたいと思える作品でした。

と思ってたら最終ページに続編の連載スタートの予告が!

これはうれしい!

ということで各話感想。

9話 ぼってり饅頭

言う時は言うお父さんがカッコいいです。

でもってラストのほっこりもまたいいです。

10話 梶さん

これはちょっと消化不良な感じかな。

11話 八重桜

「あたしはあの笑顔が見たかったんだ…」

「あなたが生きててよかった 会えてよかった」

切ないというか哀しいというかもどかしいというか・・・

最終話 家族

がんこもの同士の話。

部屋主も頑固系なので妙に共感。

「辛い思いをしても自分の選択したことをまっとうしていれば

 いつかきっと理解してもらえるときがくる…

 今はそう信じるしかない!大丈夫!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルミとマヤとその周辺 2巻 ヤマザキマリ著

先週に引き続き「テルマエ・ロマエ」の作者さんの別作品です。

ルミとマヤとその周辺(2) (講談社コミックスキス)

ルミとマヤとその周辺(2) (講談社コミックスキス)

著者:ヤマザキ マリ

ルミとマヤとその周辺(2) (講談社コミックスキス)

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

空き地、駄菓子屋、団地・・・

昭和の声が聴こえる物語。

子供たちの無垢な心は今も昔も変わらない―

北国のカギっ子姉妹・ルミとマヤとその周囲の人たちの

温かく優しい人間模様。

感想

1巻に続き2巻も良かったです。

各話感想

5話 クリスマスプレゼント

読んでて痛いです。

貧しさなって泣けますね。

でもラストはちゃんとほっこり。

「オレだってほしいものあるけど

 今は夢でいいんだ・・・」

「いっぱいがまんしたから・・・

 だからそれはサンタからのごほうびなんだよ・・・」

6話 ハルばあちゃん

これはだめだ。こういう話には弱いっす。

ほろりとやられました。

岩田さん男前すぎ。

「家族なんてあんた…

 考えてみりゃもともと血のつながってない者同士で

 くっつくもんだろ?

 あんたと一緒に暮らしたいって人がいるんだから

 好意に存分に甘えてりゃいいんだよ!

 じゃなけりゃあんたなんのための長生きだよ え!?

 これからバーンとこの岩田にまかせとけって!!」

「なあ じいさん・・・やっぱりなあ

 お迎えはもう少し先のばしじゃあ・・・

 悪いのう!」

7話 靖子ちゃん

人が立ち直る系の話は好き。

これはさほどでもなかっけどラストのほっこり具合は良い。

「私たちの力不足なんて関係ない!!

 情けなかろうとなんであろうと

 頼れる人はあなただけなんです

 …今は自分の無力さに同情したり

 子供に対する愛情に酔いしれたりすることよりも

 祖父であるあなたにどれだけ無償の愛を注いでいるのか

 それを自覚するべきでは?

8話 ハナちゃんとサブロウ

・・・最後まで痛かったような・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルミとマヤとその周辺 1巻 ヤマザキマリ著

話題の作品「テルマエ・ロマエ」の作者の作品です。

知人に貸していただきました。

ルミとマヤとその周辺(1) (講談社コミックスキス)

ルミとマヤとその周辺(1) (講談社コミックスキス)

著者:ヤマザキ マリ

ルミとマヤとその周辺(1) (講談社コミックスキス)

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

小さな姉妹・ルミとマヤ。

北国の町に住んでいます。

お父さんはいません。

音楽家のお母さんは忙しいので

いつも二人ぼっちです。

でもさみしくなんてありません。

ノスタルジックな昭和のストーリー。

感想

よかったです。

映画で大ヒットした「三丁目の夕日」的とでもいいましょうか。

まだまだ日本が裕福でなかった時代を背景に、哀しい話が多いのですがそれでもほっこり感動できるというような作品かと思います。

基本的に1話完結型の連作短編というのも、この作品にマッチしていていいですね。

今後にも期待です。

各話感想

一話 かわべりの道

紆余曲折を経てのあのラスト。

こういうタイプの話は好きです。

二話目 おかえりなさい

嫌いではないけどさほど好きではないかな。

三話目 たからもの

これは読んでて痛かったです。

でもラストのたからものをあげるときのルミの顏と、てっちゃんの泣き笑顔がすごくよかったです。

「このうれしさはたぶん家族からしかもらえない

 それがあるからがんばれるんだ」

「ありがとう ずっと大事にするから」

四話目 子犬のおくりもの

亜美のお義母さんは見ていて痛かったです。

それを受けてマヤが子犬を手放すところ、そしてラスト2人がちゃんと手をつないで帰っていくのがよいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト | 1:エッセイ | 1:哲学・思想 | 1:国際・比較文化 | 1:宗教 | 1:心理・精神 | 1:怪談 | 1:情報操作・メディア論 | 1:戦争・紛争 | 1:政治・政策 | 1:教育・育児 | 1:有害・殺人者 | 1:歴史 | 1:死・高齢者問題 | 1:物理・化学 | 1:特定地域 | 1:犯罪・法律 | 1:生物・生理・医療 | 1:社会・一般教養 | 1:経済・経営・格差 | 1:絵本・児童書 | 1:美術・写真集・画集 | 1:自己啓発 | 1:自然・環境 | 1:複雑系 | 1:食 | 2:7SEEDS | 2:ARMS | 2:BLEACH | 2:DEAHT NOTE | 2:Fate/stay night | 2:Fate/Zero | 2:ONE PIECE | 2:RAINBOW | 2:ULTRAMAN | 2: 短編漫画 | 2:よんでますよ、アザゼルさん | 2:アウターゾーン | 2:アバンチュリエ | 2:キングダム | 2:クレイモア | 2:クロサギ | 2:ゴーストハント | 2:シマシマ | 2:スパイラル | 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION | 2:ディアスポリス | 2:ピアノの森 | 2:フルーツバスケット | 2:ベルセルク | 2:マギ(MAGI) | 2:ヴァムピール | 2:ヴァンパイア十字界 | 2:京極堂シリーズ | 2:勇午 | 2:医龍 | 2:図書館の主 | 2:夏目友人帳 | 2:天の覇王 ラオウ外伝 | 2:奇食ハンター | 2:探偵学園Q | 2:月光条例 | 2:江戸川乱歩異人館 | 2:罪と罰 | 2:聖闘士星矢G | 2:金田一少年の事件簿 | 2:鋼の錬金術師 | 2:鬼燈の島 | 2:魔人探偵 脳噛ネウロ | 2:魔法少女まどかマギカ | 2:Doubt | 2:ジョジョの奇妙な冒険 | 2:マリー・アントワネットの料理人 | 2:ルミとマヤとその周辺 | 3:おつまみ | 3:お店(スイーツ) | 3:お店(吉野家) | 3:お店(BigBoy) | 3:お店(お食事) | 3:お店(すき家) | 3:お店(びっくりドンキー) | 3:お店(ガスト) | 3:お店(ケーキ) | 3:お店(パン) | 3:お店(ラーメン) | 3:お店(和菓子) | 3:お店(松屋) | 3:お店(祭太鼓) | 3:お店(The・丼) | 3:お店(サイゼリヤ) | 3:お店(マクドナルド) | 3:お店(ロイヤルホスト) | 3:お弁当 | 3:からあげくん | 3:ご当地系お菓子 | 3:その他のお菓子 | 3:その他のスイーツ | 3:その他の食品 | 3:アイス(その他) | 3:アイス(チョコ) | 3:アイス(フルーツ) | 3:アイス(モナカ) | 3:アイス(和風) | 3:アイス(氷菓) | 3:エクレア | 3:グミ | 3:ケーキ | 3:コンビニパスタ | 3:シュークリーム | 3:スイーツ | 3:スナック菓子 | 3:ゼリー | 3:チョコレート | 3:チロルチョコ | 3:パン(ランチパック) | 3:パン(惣菜パン) | 3:パン(菓子パン・あん) | 3:パン(菓子パン・その他) | 3:パン(菓子パン・クリーム) | 3:パン(菓子パン・ジャム) | 3:パン(菓子パン・フルーツ) | 3:パン(菓子・蒸し) | 3:パン(野菜系) | 3:プリン | 3:ポテトチップス | 3:ヨーグルト | 3:ロールケーキ | 3:冷凍食品 | 3:和菓子 | 3:奇食 | 3:寒天スイーツ | 3:納豆 | 3:豆乳スイーツ | 3:食玩 | 3:飲料 | 3:飲料(その他) | 3:飲料(フルーツ) | 3:飲料(清涼飲料水) | 3:飲料(炭酸) | 3:飲料(茶) | 3:飲料(野菜) | 3:飴 | 3:餃子・焼売 | 3:インスタント(そば) | 3:インスタント(うどん) | 3:インスタント(おかゆ) | 3:インスタント(スープ) | 3:インスタント(焼きそば) | 3:インスタント(ラーメン) | 4:アクション映画 | 4:アニメ映画 | 4:コメディ映画 | 4:サスペンス映画 | 4:スポーツ映画 | 4:ホラー映画 | 4:モンスター映画 | 4:恋愛映画 | 4:SF映画 | 5:TV番組(ドラマ系) | 5:TV番組(ニュース系) | 5:アクセス記録 | 5:ゲーム | 5:コンビニ日記 | 5:バトン | 5:フラッシュ | 5:ブログラム | 5:モンハンプレイ日記 | 5:動画 | 5:文化・芸術 | 5:東北大震災応援 | 5:派遣・短期バイト日記 | 5:男の手料理 | 5:笑える画像集 | 5:記録(購入漫画記録) | 5:記録(購入&読了本) | 5:雑記 | 5:面白占い | 5:音楽 | 5:フィギュア | 5:フィギュア-超像可動 | 5:フィギュア‐figma | 5:フィギュア‐特撮リボルテック | 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ | 5:フィギュア‐プラモ | 6:小説-その他 | 6:小説-ファンタジー | 6:小説-ホラー | 6:小説-ミステリ | 6:小説-恋愛 | 6:小説-感動 | 6:小説-文学 | 6:小説-歴史 | 6:小説-SF | 6:小説-ライトノベル | 7:ア 「天祢涼」 | 7:ア 「我孫子武丸」 | 7:ア 「有川浩」 | 7:ア 「有栖川有栖」 | 7:ア 「浅田次郎」 | 7:ア 「秋元康」 | 7:ア 「綾辻行人」 | 7:ア 「芥川龍之介」 | 7:ア 「赤星香一郎」 | 7:ア 「麻見和史」 | 7:イ 「乾ルカ」 | 7:イ 「乾緑郎」 | 7:イ 「井上靖」 | 7:イ 「今邑彩」 | 7:イ 「伊坂幸太郎」 | 7:イ 「岩井俊二」 | 7:イ 「岩井志麻子」 | 7:イ 「岩城裕明」 | 7:イ 「石持浅海」 | 7:イ 「稲川淳二」 | 7:イ 「飯野文彦」 | 7:ウ 「宇佐美まこと」 | 7:ウ 「歌野晶午」 | 7:ウ 「浦賀和宏」 | 7:ウ 「虚淵玄」 | 7:エ 「円地文子」 | 7:エ 「江戸川乱歩」 | 7:エ 「遠藤周作」 | 7:エ 「遠藤徹」 | 7:オ 「乙一」 | 7:オ 「大塚英志」 | 7:オ 「大石圭」 | 7:オ 「太田忠司」 | 7:オ 「小栗虫太郎」 | 7:オ 「小野不由美」 | 7:オ 「岡島二人」 | 7:オ 「岡田晴恵」 | 7:オ 「恩田陸」 | 7:オ 「荻原浩」 | 7:カ 「加納朋子」 | 7:カ 「川上未映子」 | 7:カ 「川原礫」 | 7:カ 「川崎草志」 | 7:カ 「川瀬七緒」 | 7:カ 「川端康成」 | 7:カ 「海堂尊」 | 7:カ 「神永学」 | 7:カ 「金沢伸明」 | 7:カ 「鎌田俊夫」 | 7:カ 「門井慶喜」 | 7:カ 「霞流一」 | 7:キ 「京極夏彦」 | 7:キ 「北方謙三」 | 7:キ 「北林一光」 | 7:キ 「北森鴻」 | 7:キ 「北野勇作」 | 7:キ 「貴志祐介」 | 7:ク 「倉坂鬼一郎」 | 7:ク 「鯨統一郎」 | 7:ク 「黒井千次」 | 7:コ 「小松左京」 | 7:コ 「小林泰三」 | 7:コ 「小池真理子」 | 7:コ 「香月日輪」 | 7:ゴ 「五味弘文」 | 7:サ 「坂木司」 | 7:サ 「桜庭一樹」 | 7:サ 「沙藤一樹」 | 7:サ 「酒見賢一」 | 7:シ 「周木律」 | 7:シ 「城山三郎」 | 7:シ 「城平京」 | 7:シ 「島田荘司」 | 7:シ 「新堂冬樹」 | 7:シ 「新海誠」 | 7:シ 「真藤順丈」 | 7:シ 「篠田節子」 | 7:シ 「重松清」 | 7:シ 「雫井脩介」 | 7:シ 「首藤瓜於」 | 7:ス 「朱雀門出」 | 7:ス 「椙本孝思」 | 7:ス 「鈴木光司」 | 7:ス 「雀野日名子」 | 7:セ 「瀬名秀明」 | 7:ソ 「曽根圭介」 | 7:タ 「多岐川恭」 | 7:タ 「拓未司」 | 7:タ 「田中啓文」 | 7:タ 「竹本健治」 | 7:タ 「高木利光」 | 7:タ 「高田侑」 | 7:タ 「高田崇史」 | 7:タ 「高野和明」 | 7:ツ 「恒川光太郎」 | 7:ツ 「辻村深月」 | 7:ト 「戸板康二」 | 7:ト 「飛浩隆」 | 7:ド 「土橋真二郎」 | 7:ナ 「七尾与史」 | 7:ナ 「中勘助」 | 7:ナ 「中山七里」 | 7:ナ 「中山市朗」 | 7:ナ 「中田永一」 | 7:ナ 「夏目漱石」 | 7:ナ 「奈須きのこ」 | 7:ナ 「梨木香歩」 | 7:ナ 「長坂秀佳」 | 7:ナ 「長崎尚志」 | 7:ナ 「長江俊和」 | 7:ニ 「二宮敦人」 | 7:ニ 「新津きよみ」 | 7:ニ 「西尾維新」 | 7:ヌ 「貫井徳郎」 | 7:ノ 「法月綸太郎」 | 7:ハ 「半村良」 | 7:ハ 「服部まゆみ」 | 7:ハ 「林巧」 | 7:ハ 「畠中恵」 | 7:ハ 「葉山透」 | 7:バ 「坂東眞砂子」 | 7:バ 「幡大介」 | 7:ヒ 「平山夢明」 | 7:ヒ 「東山彰良」 | 7:ヒ 「百田尚樹」 | 7:フ 「福井晴敏」 | 7:フ 「福澤徹三」 | 7:フ 「福谷修」 | 7:フ 「藤ダリオ」 | 7:フ 「藤原健市」 | 7:フ 「話梅子」 | 7:ホ 「堀井拓馬」 | 7:ホ 「堀内公太郎」 | 7:ホ 「堀川アサコ」 | 7:ホ 「本多考好」 | 7:マ 「松本清張」 | 7:マ 「牧野修」 | 7:マ 「真梨幸子」 | 7:マ 「麻耶雄嵩」 | 7:ミ 「三上延」 | 7:ミ 「三好徹」 | 7:ミ 「三島由紀夫」 | 7:ミ 「三津田信三」 | 7:ミ 「三浦綾子」 | 7:ミ 「三田村志郎」 | 7:ミ 「三谷幸喜」 | 7:ミ 「宮ノ川顕」 | 7:ミ 「宮部みゆき」 | 7:ミ 「水田美意子」 | 7:ミ 「湊かなえ」 | 7:ミ 「道尾秀介」 | 7:モ 「森博嗣」 | 7:モ 「森山東」 | 7:ヤ 「山口瞳」 | 7:ヤ 「山田悠介」 | 7:ヤ 「山田正紀」 | 7:ヤ 「柳原慧」 | 7:ヤ 「柳広司」 | 7:ヤ 「梁石日」 | 7:ヤ 「矢部嵩」 | 7:ユ 「夢枕獏」 | 7:ユ 「夢野久作」 | 7:ユ 「柚月裕子」 | 7:ユ 「行川渉」 | 7:ヨ 「よしもとばなな」 | 7:ヨ 「吉岡暁」 | 7:ヨ 「吉村昭」 | 7:ヨ 「吉田修一」 | 7:ヨ 「吉行淳之介」 | 7:ヨ 「米澤穂信」 | 7:リ 「リリー・フランキー」 | 7:ワ 「和田はつ子」 | 7:ワ 「和田竜」 | 7:ワ 「綿矢りさ」 | 8:ジョージ・G・ロビンソン | 8:スーザン・ケイ | 8:スティーヴン・キング | 8:ダン・ブラウン | 8:トマス・ハリス | 8:ドストエフスキー | 8:バーム | 8:パトリシア・コーンウェル | 8:ホーキング | 8:ポール・ギャリコ | 8:モーリス・ルブラン | 8:リチャード・プレストン | 8:ロバート・A・ハインライン