さよならドビュッシー 中山七里著

前から気になってた作品。

映画化されるみたいなのでその前に読んでみた。

第8回「このミス」大賞受賞作品。

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

ピアニストを目指す遥、16歳。

祖父と従姉妹とともに火事に遭い、ひとりだけ生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を負う。

それでもピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。

ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生する―。

読書感想

面白かったです。

ただまぁ、この作品をこのミス大賞にならしめる理由の一つであろうトリックに関しては、火事が発生した時点で可能性として考えていました。

必然的に犯人もね。

でもまぁそれがわっても気持ちいい感じの作品。

文章も読み易く楽しいのが〇。

いい雰囲気を醸し出すので、事件が起こらないでほしかったし、事件が解決してほしくなかったりと思ってしまったりで。

どこかで聞いたことのあるようなわかりやすく熱いセリフが要所要所に入っていて、それがけっこう多いのも作品にあっていて〇。

特記事項としては音の表現が素敵。

その曲自体は知らなくても(クラシックは数年前ににわかで好きだったんで多少は知ってる程度)だったけど、なんか響いてきそうな気するあたりが良かったです。

あと音楽の薀蓄も良いですね。

抜粋

「世界中の誰にでも、世の中のあらゆる困難にも打ち勝つ唯一無二の方法があるのを知っとるか

 それはな、勝つまでやめない、ちゅうことさ

 別にふざけとりゃせん

 大抵のことはな、闘い続けていれば勝機が訪れるもんだ

 倒されても倒されても、その度に立ち上がっていれば

 いつか必ず勝てる

 いや、勝てないまでも負けることは絶対にない

 負けるのはな、闘いをやめた時や

 闘いをやめたいと思う自分に負けた時や

 いや、全ての闘いは詰まるところ弱い自分との闘いと言っていい

 そやから闘うことをやめたらあかん

 立ち上がることをやめたらあかん

 それでも、もしどうしても我慢できなくなったら

 ・・・そしたら、ここに帰って来いや

 ここにはわしがおる」

じぃさんキャラ好き。このジジィは好きなタイプ。

「重要なのはその人物が何者かじゃなく、

 何を成し得たか、じゃないかな」

うん。

「可能性があればやる、

 可能性がなければやらないという問題じゃない

 一体、誰の身体だと思っている?

 一体、何万人の患者が障害を克服しようと海岸の砂を一粒ずつ集めるような努力をしていると思っている?

 それを精神論と切って捨てるのは容易いが

 最終的に病気を治すのは医療技術でも薬剤でもない

 患者自身の治ろうとする意志の力だ」

「私はそういう無茶な患者が好きでね

 何にせよ、成功する人間はどこかで無茶をするもんだ」

 平坦な道、穏便な場所に恋々とするヤツは山にも登れないし

 まして空を飛ぶことなんて絶対にできやしない

脇役だけでのこの医者がかなり好きだったりする。

「僕はこの悪足掻きってのが好きでね

 あっさり諦めたり運命を儚むよりはずっと前向きだと思っている

 カッコ悪かろうが未練がましかろうが

 そんなの勝手に言わせておけばいいよ

 泥まみれになって涙と汗で顏がぐしゃぐしゃになってもそれでも前に進もうとする意志

 ひょっとしたら長らえる生命よりも

 闘い続ける意志の方が人には大事なんじゃないだろうか」

うん。

「逃げるのは確かに楽だ

 でも、それだけだ

 楽をして得られるものは怠惰と死にゆくまでの時間しかない」

しぶい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連続殺人鬼カエル男 中山七里著

「樽井」さんの「樽井さんの読書&電化よもやま日記」で見かけて、面白そうだったので購入してみました。

連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫) Book 連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)

著者:中山 七里
販売元:宝島社
発売日:2011/02/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

口にフックをかけられ、マンションの13階からぶらさげられた女性の全裸死体。

傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。

街を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の犯行だった。

警察の捜査が進展しないなか、第二、第三の殺人事件が発生し、街中はパニックに・・・

無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の目的とは?正体とは?

警察は犯人をとめることができるのか?

感想

実に面白かったです。

まずタイトルに惹かれ、表紙を気に入りました。

内容に関してはいい意味で期待を裏切られました。

正直、残酷とか面白とかいう要素を期待していたのですが、ミステリとして非常に質がよい上に、内容の重さや構成も素晴らしいものに仕上がっていたと思います。

まず残酷描写ですが、これは実によかったです。

第二の殺人は、殺害の結果描写が実にグロくてよかったです。

第三の殺人は、殺害の結果と被害者のチョイスがベストマッチしていて実によかったです。

もちろんまさかあの人がこういう風に殺されるとはという意味での意外性を評価しているのであって、この属性に関する人がこういう風に殺される事件には、正直反吐が出るとは思ってますので。

特にこの少し前の「ありがとう」エピソードが部屋主的にツボったもので余計に。

(「何の飾り気もない単純な言葉は抵抗なく胸に刺さる」のところ)

次に緊張感ですが、あの刑事さんvsあの人、あの刑事さんvsあの人は、実に面白く、まさに手に汗を握りながら読みました。

だた、暴動場面に関しては、緊張感よりもイライラが募りましたね。

特に解決方法は、最初の方にそれをやれよと思ったものでよけいに。

ミステリとしましては、部屋主好みのどんでん返し系で、何度も返されるこういう構成は大好物です。

実はかなり早い段階で、犯人とその動機には確信をもって想定していたのが、ばっちりと当たっていたのですが、それに至る過程が実によかったので、逆に自己満足をさせていただいたという感じです。

アレに関してはちょっとやりすぎの感もありますが、そういうことの危険性はこのブログで過去に何度も訴えてきたことがあったりです。

って、ネタバレしすぎですね。

そして刑法39条について。

これを物語にうまくからませることによって、この作品は実に深く重いものになってると思います。

このブログでも過去に何度もこの法についての本を紹介したりしてきましたが、この物語では実に巧く計算されてこれが使われています。

これを読んで色々と考えていただければ幸いです。

「正常か異常か。

 白か黒か。

 不安な人間ほど区別したがるものでしてね。

 そんな二分法に陥ると思考停止になってしまう。

 思考停止の果てに行き着くものは、判断力皆無の操り人形です」

「人一人を殺めた人間が心神喪失という理由だけで刑罰を免れるのはやはり間違っている。

 病気が治ってから改めて裁判を受けそしてしかるべき処罰を受けるべきだ。

 裁判を受けるのは権利であり、罰を与えられて罪を償うのも実は義務ではなく権利なのだ。

 三十九条という法律は患者を救うのではなく、患者からその権利を奪うものではないか、と。

 そういう考え方もあるのです」

「この世には完全な健常者もいなければ完全な異常者もいない。

 俺はついこの間、それを知りました。

 どんな人も心の奥に凶気を飼っている。

 ところが、その奥底に隠れている凶気が何かの弾みでひょいと表に出る時がある。

 そしてそれを見た周りの人間がこいつは異常者だとレッテルを貼って自分たちから一刻も早く遠ざけようとする。

どうして、そんなに大騒ぎするのか。

 答えは簡単、自分もそうなる可能性があることを知っているからだ。

 だから、人はその狂気を飼いならそうとして努力する。

 自分を善なる者に踏み留めようとして闘う」

抜粋

「本当に自分よりも大切な存在だったら、

 たとえ縁が切れても幸せになって欲しいと思います」

「善意の道は地獄に通じるって言葉、知ってる?

 本当にその人のことを思うのなら、助言はしても助力はしない」

「賢しらに正義を振りかざすつもりはない。

 ただ、自分以外に護る者がいるのなら、

 それは決して無意味な闘いではない。

 そして護り通すためなら、どんな脅威や不幸や暴力にも立ち向かっていける。

 それがたとえ自分一人であったとしても」

「嘘ってのは他人のために吐くんじゃない。

 大抵は自分に吐いているんだ。

 そうやって嘘吐きは自分の首を絞めていく」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト | 1:エッセイ | 1:哲学・思想 | 1:国際・比較文化 | 1:宗教 | 1:心理・精神 | 1:怪談 | 1:情報操作・メディア論 | 1:戦争・紛争 | 1:政治・政策 | 1:教育・育児 | 1:有害・殺人者 | 1:歴史 | 1:死・高齢者問題 | 1:物理・化学 | 1:特定地域 | 1:犯罪・法律 | 1:生物・生理・医療 | 1:社会・一般教養 | 1:経済・経営・格差 | 1:絵本・児童書 | 1:美術・写真集・画集 | 1:自己啓発 | 1:自然・環境 | 1:複雑系 | 1:食 | 2:7SEEDS | 2:ARMS | 2:BLEACH | 2:DEAHT NOTE | 2:Fate/stay night | 2:Fate/Zero | 2:ONE PIECE | 2:RAINBOW | 2:ULTRAMAN | 2: 短編漫画 | 2:よんでますよ、アザゼルさん | 2:アウターゾーン | 2:アバンチュリエ | 2:キングダム | 2:クレイモア | 2:クロサギ | 2:ゴーストハント | 2:シマシマ | 2:スパイラル | 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION | 2:ディアスポリス | 2:ピアノの森 | 2:フルーツバスケット | 2:ベルセルク | 2:マギ(MAGI) | 2:ヴァムピール | 2:ヴァンパイア十字界 | 2:京極堂シリーズ | 2:勇午 | 2:医龍 | 2:図書館の主 | 2:夏目友人帳 | 2:天の覇王 ラオウ外伝 | 2:奇食ハンター | 2:探偵学園Q | 2:月光条例 | 2:江戸川乱歩異人館 | 2:罪と罰 | 2:聖闘士星矢G | 2:金田一少年の事件簿 | 2:鋼の錬金術師 | 2:鬼燈の島 | 2:魔人探偵 脳噛ネウロ | 2:魔法少女まどかマギカ | 2:Doubt | 2:ジョジョの奇妙な冒険 | 2:マリー・アントワネットの料理人 | 2:ルミとマヤとその周辺 | 3:おつまみ | 3:お店(スイーツ) | 3:お店(吉野家) | 3:お店(BigBoy) | 3:お店(お食事) | 3:お店(すき家) | 3:お店(びっくりドンキー) | 3:お店(ガスト) | 3:お店(ケーキ) | 3:お店(パン) | 3:お店(ラーメン) | 3:お店(和菓子) | 3:お店(松屋) | 3:お店(祭太鼓) | 3:お店(The・丼) | 3:お店(サイゼリヤ) | 3:お店(マクドナルド) | 3:お店(ロイヤルホスト) | 3:お弁当 | 3:からあげくん | 3:ご当地系お菓子 | 3:その他のお菓子 | 3:その他のスイーツ | 3:その他の食品 | 3:アイス(その他) | 3:アイス(チョコ) | 3:アイス(フルーツ) | 3:アイス(モナカ) | 3:アイス(和風) | 3:アイス(氷菓) | 3:エクレア | 3:グミ | 3:ケーキ | 3:コンビニパスタ | 3:シュークリーム | 3:スイーツ | 3:スナック菓子 | 3:ゼリー | 3:チョコレート | 3:チロルチョコ | 3:パン(ランチパック) | 3:パン(惣菜パン) | 3:パン(菓子パン・あん) | 3:パン(菓子パン・その他) | 3:パン(菓子パン・クリーム) | 3:パン(菓子パン・ジャム) | 3:パン(菓子パン・フルーツ) | 3:パン(菓子・蒸し) | 3:パン(野菜系) | 3:プリン | 3:ポテトチップス | 3:ヨーグルト | 3:ロールケーキ | 3:冷凍食品 | 3:和菓子 | 3:奇食 | 3:寒天スイーツ | 3:納豆 | 3:豆乳スイーツ | 3:食玩 | 3:飲料 | 3:飲料(その他) | 3:飲料(フルーツ) | 3:飲料(清涼飲料水) | 3:飲料(炭酸) | 3:飲料(茶) | 3:飲料(野菜) | 3:飴 | 3:餃子・焼売 | 3:インスタント(そば) | 3:インスタント(うどん) | 3:インスタント(おかゆ) | 3:インスタント(スープ) | 3:インスタント(焼きそば) | 3:インスタント(ラーメン) | 4:アクション映画 | 4:アニメ映画 | 4:コメディ映画 | 4:サスペンス映画 | 4:スポーツ映画 | 4:ホラー映画 | 4:モンスター映画 | 4:恋愛映画 | 4:SF映画 | 5:TV番組(ドラマ系) | 5:TV番組(ニュース系) | 5:アクセス記録 | 5:ゲーム | 5:コンビニ日記 | 5:バトン | 5:フラッシュ | 5:ブログラム | 5:モンハンプレイ日記 | 5:動画 | 5:文化・芸術 | 5:東北大震災応援 | 5:派遣・短期バイト日記 | 5:男の手料理 | 5:笑える画像集 | 5:記録(購入漫画記録) | 5:記録(購入&読了本) | 5:雑記 | 5:面白占い | 5:音楽 | 5:フィギュア | 5:フィギュア-超像可動 | 5:フィギュア‐figma | 5:フィギュア‐特撮リボルテック | 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ | 5:フィギュア‐プラモ | 6:小説-その他 | 6:小説-ファンタジー | 6:小説-ホラー | 6:小説-ミステリ | 6:小説-恋愛 | 6:小説-感動 | 6:小説-文学 | 6:小説-歴史 | 6:小説-SF | 6:小説-ライトノベル | 7:ア 「天祢涼」 | 7:ア 「我孫子武丸」 | 7:ア 「有川浩」 | 7:ア 「有栖川有栖」 | 7:ア 「浅田次郎」 | 7:ア 「秋元康」 | 7:ア 「綾辻行人」 | 7:ア 「芥川龍之介」 | 7:ア 「赤星香一郎」 | 7:ア 「麻見和史」 | 7:イ 「乾ルカ」 | 7:イ 「乾緑郎」 | 7:イ 「井上靖」 | 7:イ 「今邑彩」 | 7:イ 「伊坂幸太郎」 | 7:イ 「岩井俊二」 | 7:イ 「岩井志麻子」 | 7:イ 「岩城裕明」 | 7:イ 「石持浅海」 | 7:イ 「稲川淳二」 | 7:イ 「飯野文彦」 | 7:ウ 「宇佐美まこと」 | 7:ウ 「歌野晶午」 | 7:ウ 「浦賀和宏」 | 7:ウ 「虚淵玄」 | 7:エ 「円地文子」 | 7:エ 「江戸川乱歩」 | 7:エ 「遠藤周作」 | 7:エ 「遠藤徹」 | 7:オ 「乙一」 | 7:オ 「大塚英志」 | 7:オ 「大石圭」 | 7:オ 「太田忠司」 | 7:オ 「小栗虫太郎」 | 7:オ 「小野不由美」 | 7:オ 「岡島二人」 | 7:オ 「岡田晴恵」 | 7:オ 「恩田陸」 | 7:オ 「荻原浩」 | 7:カ 「加納朋子」 | 7:カ 「川上未映子」 | 7:カ 「川原礫」 | 7:カ 「川崎草志」 | 7:カ 「川瀬七緒」 | 7:カ 「川端康成」 | 7:カ 「海堂尊」 | 7:カ 「神永学」 | 7:カ 「金沢伸明」 | 7:カ 「鎌田俊夫」 | 7:カ 「門井慶喜」 | 7:カ 「霞流一」 | 7:キ 「京極夏彦」 | 7:キ 「北方謙三」 | 7:キ 「北林一光」 | 7:キ 「北森鴻」 | 7:キ 「北野勇作」 | 7:キ 「貴志祐介」 | 7:ク 「倉坂鬼一郎」 | 7:ク 「鯨統一郎」 | 7:ク 「黒井千次」 | 7:コ 「小松左京」 | 7:コ 「小林泰三」 | 7:コ 「小池真理子」 | 7:コ 「香月日輪」 | 7:ゴ 「五味弘文」 | 7:サ 「坂木司」 | 7:サ 「桜庭一樹」 | 7:サ 「沙藤一樹」 | 7:サ 「酒見賢一」 | 7:シ 「周木律」 | 7:シ 「城山三郎」 | 7:シ 「城平京」 | 7:シ 「島田荘司」 | 7:シ 「新堂冬樹」 | 7:シ 「新海誠」 | 7:シ 「真藤順丈」 | 7:シ 「篠田節子」 | 7:シ 「重松清」 | 7:シ 「雫井脩介」 | 7:シ 「首藤瓜於」 | 7:ス 「朱雀門出」 | 7:ス 「椙本孝思」 | 7:ス 「鈴木光司」 | 7:ス 「雀野日名子」 | 7:セ 「瀬名秀明」 | 7:ソ 「曽根圭介」 | 7:タ 「多岐川恭」 | 7:タ 「拓未司」 | 7:タ 「田中啓文」 | 7:タ 「竹本健治」 | 7:タ 「高木利光」 | 7:タ 「高田侑」 | 7:タ 「高田崇史」 | 7:タ 「高野和明」 | 7:ツ 「恒川光太郎」 | 7:ツ 「辻村深月」 | 7:ト 「戸板康二」 | 7:ト 「飛浩隆」 | 7:ド 「土橋真二郎」 | 7:ナ 「七尾与史」 | 7:ナ 「中勘助」 | 7:ナ 「中山七里」 | 7:ナ 「中山市朗」 | 7:ナ 「中田永一」 | 7:ナ 「夏目漱石」 | 7:ナ 「奈須きのこ」 | 7:ナ 「梨木香歩」 | 7:ナ 「長坂秀佳」 | 7:ナ 「長崎尚志」 | 7:ナ 「長江俊和」 | 7:ニ 「二宮敦人」 | 7:ニ 「新津きよみ」 | 7:ニ 「西尾維新」 | 7:ヌ 「貫井徳郎」 | 7:ノ 「法月綸太郎」 | 7:ハ 「半村良」 | 7:ハ 「服部まゆみ」 | 7:ハ 「林巧」 | 7:ハ 「畠中恵」 | 7:ハ 「葉山透」 | 7:バ 「坂東眞砂子」 | 7:バ 「幡大介」 | 7:ヒ 「平山夢明」 | 7:ヒ 「東山彰良」 | 7:ヒ 「百田尚樹」 | 7:フ 「福井晴敏」 | 7:フ 「福澤徹三」 | 7:フ 「福谷修」 | 7:フ 「藤ダリオ」 | 7:フ 「藤原健市」 | 7:フ 「話梅子」 | 7:ホ 「堀井拓馬」 | 7:ホ 「堀内公太郎」 | 7:ホ 「堀川アサコ」 | 7:ホ 「本多考好」 | 7:マ 「松本清張」 | 7:マ 「牧野修」 | 7:マ 「真梨幸子」 | 7:マ 「麻耶雄嵩」 | 7:ミ 「三上延」 | 7:ミ 「三好徹」 | 7:ミ 「三島由紀夫」 | 7:ミ 「三津田信三」 | 7:ミ 「三浦綾子」 | 7:ミ 「三田村志郎」 | 7:ミ 「三谷幸喜」 | 7:ミ 「宮ノ川顕」 | 7:ミ 「宮部みゆき」 | 7:ミ 「水田美意子」 | 7:ミ 「湊かなえ」 | 7:ミ 「道尾秀介」 | 7:モ 「森博嗣」 | 7:モ 「森山東」 | 7:ヤ 「山口瞳」 | 7:ヤ 「山田悠介」 | 7:ヤ 「山田正紀」 | 7:ヤ 「柳原慧」 | 7:ヤ 「柳広司」 | 7:ヤ 「梁石日」 | 7:ヤ 「矢部嵩」 | 7:ユ 「夢枕獏」 | 7:ユ 「夢野久作」 | 7:ユ 「柚月裕子」 | 7:ユ 「行川渉」 | 7:ヨ 「よしもとばなな」 | 7:ヨ 「吉岡暁」 | 7:ヨ 「吉村昭」 | 7:ヨ 「吉田修一」 | 7:ヨ 「吉行淳之介」 | 7:ヨ 「米澤穂信」 | 7:リ 「リリー・フランキー」 | 7:ワ 「和田はつ子」 | 7:ワ 「和田竜」 | 7:ワ 「綿矢りさ」 | 8:ジョージ・G・ロビンソン | 8:スーザン・ケイ | 8:スティーヴン・キング | 8:ダン・ブラウン | 8:トマス・ハリス | 8:ドストエフスキー | 8:バーム | 8:パトリシア・コーンウェル | 8:ホーキング | 8:ポール・ギャリコ | 8:モーリス・ルブラン | 8:リチャード・プレストン | 8:ロバート・A・ハインライン