ルパン最後の恋 モーリス・ルブラン著

正当アルセーヌ・ルパンシリーズの未発表の最終作!というmixiニュースを読んだ時は震えましたね。

ということで、読むのがなんかもったいなくて積んでたのですが読んじゃいました。

部屋主の独断ランク:C

あらすじらしきもの

父レルヌ大公が自殺し、一人娘のコラは悲しみに沈んでいた。

そんな彼女への遺書の中で大公は、こう記していた。

コラの身近には正体を隠した、かのアルセーヌ・ルパンがいる。

彼を信頼し、頼りにするようにと。

やがて思いがけない事実が明らかにになる。

コラは大公の実の娘ではなく、母親が英国のハリントン卿との間にもうけた子だったのだ。

高貴の血をひくコラはにわかに国際的陰謀に巻き込まれる…

読書感想

可もなく不可もなくといった感じでしょうか。

これまで読んでたポプラ社版では、必ず一度はルパンがやりこめられて、そこから起死回生っていう流れなのですが、今作では最初から最後までルパンの圧勝という形だったのが不満と。

正直、ルパンのような超人が一度とはいえやり込められる展開に不満を感じていたのですが、いざそうなってみるとそれはそれで面白くなかったです(苦笑)

他にも、ルパンシリーズの面白いところは話が妙に大きくなるところなんですよね。

今回も国際的陰謀に…っていう感じとはいえ、なんか小さいところで綺麗に終結してて物足りなかったです。

とはいえ、訳者あとがきに、「ルブランは何度も推敲を加えながら作品を仕上げていくタイプの作家だった。(中略)ルパン 最後の恋はたしかにまだ推敲不足の感は否めない」とあったのでそれで納得した。

良かった点としては、ルパンが教育者として今後の人生を考えているところでしょうか。

「今の私は高い志を持っている

 私の目的は、もっと無欲なものだ

 わたしにとって戦いとは、皆の利益にならねばならない」

「君たちの政策は、世界中で戦争を引き起こすことしか考えていない

 でもわたしの夢は、世界平和を打ち立てる助けになること、それだけだ

 これからはその志のために、身をささげたい

 平和は可能だ

 それは単に言葉だけのものではない

 いつかきっと世界中に、平和がいきわたるときが来る

 わたしはそのために協力したい」

「わたしはいつでも戦いに勝っている

 平和のための戦いでも負けることはないだろう」

サー・ドースンとのここのやりとりは痺れましたね。

「さらばだろうか…それともまたいつか…」

「またいつかさ、きっと」

ドースンの方も小物感は否めないですが、潔くて返しがいいのは素敵ですね。

あと、ラストのこのセリフ。

「わたしの負けです。

 負けるのには慣れていませんが」

いやいや、女性相手は負け続けてますがな(笑) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪盗ルパン全集 3 8・1・3の謎 モーリス・ルブラン著

たぶんこの作品が人生で初めて読んだ小説で(たぶん小2くらいの時だと思う)、後の読書好きの原点となった物語です。

8・1・3の謎―怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック) Book 8・1・3の謎―怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック)

著者:モーリス ルブラン,南 洋一郎
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

ダイヤモンド王・ケスルバッハがホテルで惨殺された。

部屋にはルパンの名刺と謎の文字「813」が。

事件をめぐって鬼刑事ノルマン、名探偵ホームズ、そして冷酷無比の殺人鬼が決死の闘争を繰り広げる。

そこにはヨーロッパ中を巻き込む大陰謀が隠されていた・・・

感想

面白かったです。

この作品に関してはルパンシリーズの中でも上記のように思い入れが強いゆえ他の人が読んだときにどう感じるかは不明ですが、色メガネをできるだけ外しても、けっこう面白いと思います。

謎解き、探偵、美女、謎の殺人鬼、そしてスケールの大きさ。

面白さの要素がすべて詰まってるような作品ではなないでしょうか。

是非とも子供さんに読んでほしい一冊。

抜粋

いつもは本文中からの抜粋なんだけど、あまりに自分と同じような考え方を書いてあったゆえ、はじめて解説からの抜粋。

なお今巻の解説は池上永一さん。

「一時期ぼくは困難にぶつかったとき、

 『ルパンだったらどうする?』

 と真剣に考えたものだ」

「読み終えてぼくはルパンから挑戦状を受けた気分だ。

 『きみの小説は弱者を自由にしてやれているかい?』と。

 かつてぼくを励ましてくれたヒーローは、

 今でも遥か先を走り続けていて、とても追いつけそうもない」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

怪盗ルパン全集 2 怪盗紳士 モーリス・ルブラン著

ルパン全集2です。

怪盗紳士―怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック) Book 怪盗紳士―怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック)

著者:モーリス ルブラン,南 洋一郎
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

フランスの豪華客船に、怪盗ルパンが紛れ込んでいるという知らせを受け、乗客たちは騒然となる。

金髪で、右腕に傷痕があり、変名の頭文字はR。

高慢な金持ちから金品を盗み、貧しい人には力をかす、英雄的大泥棒・怪盗紳士アルセーヌ・ルパンが初めて登場した作品。

収録

・大ニュース ルパンとらわる

・悪魔男爵の盗難事件

・ルパンの脱走

・奇怪な乗客

・ハートの7

・大探偵ホームズとルパン

感想

面白かったです。

昔は短編はあまり好きでなかったのですが(長編と比較してどうにも内容が薄く、大冒険感がないから)、今読んでみると短いながらも、なかなかに凝っている作品が多く、実に楽しめました。

ガニマール刑事はいい味だしてますし、その他のサブキャラもいい味が出てますしで。

前回の感想で書くのを忘れていたのですが、このシリーズは解説が豪華だったりします。

んで、そういう豪華作家さんたちも、幼い頃にこのルパンシリーズにハマっていたことを知って、思わず「うんうん」と頷いたりしてしまいます。

なおこの巻の解説は貫井徳郎さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪盗ルパン全集 1 奇巌城 モーリス・ルブラン著

子供のころに大好きで読み漁ったポプラ社のルパンシリーズ(南洋一郎訳)が待望の文庫化!

もちろん購入です。

奇巌城―怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック) Book 奇巌城―怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック)

著者:モーリス ルブラン,南 洋一郎
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

深夜の伯爵邸を襲った怪事件。

秘書が刺殺され、ルーベンスの傑作絵画が盗まれた。

意見の裏で暗躍するルパンを追って奔走する高校生探偵イジドール。

大怪盗vs名探偵の推理合戦は、海に浮かぶ古城でついに対決を迎える。

莫大な秘法とともに待ち受ける悲しい結末とは!?

感想

面白かったです。

昔大好きだった思い入れの作品ゆえ色メガネがかかってると言われるかもですが、それをある程度差し引いても面白かったと思います。

謎が謎を呼び、騙し騙され、暗号を解いて行って財宝へと、こういう冒険物語に欠かせない要素が全部つまってる感じです。

また、南洋一郎さんの子供向けの訳がたまらんですし(今読むと多少笑えますが)。

が、ラストがいただけません。

昔もそう思ったのですが、今読むとその印象はさらに強く、そしてそれはやっちゃあいかんだろとも。

このラストじゃなければ文句なくA評価なんですけどね。

あと最初の訳者の南さんのこの本を読む人にという2P分の前書きがあるのですが、けっこうネタバレ的な内容もあるので、部屋主個人としましては、後に読んだ方がいいかと思います。

あと非常にどうでもいいことですが、ルパンに憧れていてつい先日モノクル(片メガネ)を購入しました。

わかっていたことだけど、外人のほりの深い顏用で日本人の部屋主ではうまく着用できずでした。

悲しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト 1:エッセイ 1:哲学・思想 1:国際・比較文化 1:宗教 1:心理・精神 1:怪談 1:情報操作・メディア論 1:戦争・紛争 1:政治・政策 1:教育・育児 1:有害・殺人者 1:歴史 1:死・高齢者問題 1:物理・化学 1:特定地域 1:犯罪・法律 1:生物・生理・医療 1:社会・一般教養 1:経済・経営・格差 1:絵本・児童書 1:美術・写真集・画集 1:自己啓発 1:自然・環境 1:複雑系 1:食 2:7SEEDS 2:ARMS 2:BLEACH 2:DEAHT NOTE 2:Fate/stay night 2:Fate/Zero 2:ONE PIECE 2:RAINBOW 2:ULTRAMAN 2: 短編漫画 2:よんでますよ、アザゼルさん 2:アウターゾーン 2:アバンチュリエ 2:キングダム 2:クレイモア 2:クロサギ 2:ゴーストハント 2:シマシマ 2:スパイラル 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION 2:ディアスポリス 2:ピアノの森 2:フルーツバスケット 2:ベルセルク 2:マギ(MAGI) 2:ヴァムピール 2:ヴァンパイア十字界 2:京極堂シリーズ 2:勇午 2:医龍 2:図書館の主 2:夏目友人帳 2:天の覇王 ラオウ外伝 2:失恋ショコラティエ 2:奇食ハンター 2:探偵学園Q 2:月光条例 2:江戸川乱歩異人館 2:秒速5センチメートル 2:罪と罰 2:聖闘士星矢G 2:金田一少年の事件簿 2:鋼の錬金術師 2:鬼燈の島 2:魔人探偵 脳噛ネウロ 2:魔法少女まどかマギカ 2:Doubt 2:ジョジョの奇妙な冒険 2:マリー・アントワネットの料理人 2:ルミとマヤとその周辺 3:おつまみ 3:お店(スイーツ) 3:お店(吉野家) 3:お店(BigBoy) 3:お店(お食事) 3:お店(すき家) 3:お店(びっくりドンキー) 3:お店(ガスト) 3:お店(ケーキ) 3:お店(パン) 3:お店(ラーメン) 3:お店(和菓子) 3:お店(和食さと) 3:お店(松屋) 3:お店(祭太鼓) 3:お店(The・丼) 3:お店(サイゼリヤ) 3:お店(マクドナルド) 3:お店(ロイヤルホスト) 3:お弁当 3:からあげくん 3:ご当地系お菓子 3:その他のお菓子 3:その他のスイーツ 3:その他の食品 3:アイス(その他) 3:アイス(チョコ) 3:アイス(フルーツ) 3:アイス(モナカ) 3:アイス(和風) 3:アイス(氷菓) 3:エクレア 3:グミ 3:ケーキ 3:コンビニパスタ 3:シュークリーム 3:スイーツ 3:スナック菓子 3:ゼリー 3:チョコレート 3:チロルチョコ 3:パン(ランチパック) 3:パン(惣菜パン) 3:パン(菓子パン・あん) 3:パン(菓子パン・その他) 3:パン(菓子パン・クリーム) 3:パン(菓子パン・ジャム) 3:パン(菓子パン・フルーツ) 3:パン(菓子・蒸し) 3:パン(野菜系) 3:プリン 3:ポテトチップス 3:ヨーグルト 3:ロールケーキ 3:冷凍食品 3:和菓子 3:奇食 3:寒天スイーツ 3:納豆 3:豆乳スイーツ 3:食玩 3:飲料 3:飲料(その他) 3:飲料(フルーツ) 3:飲料(清涼飲料水) 3:飲料(炭酸) 3:飲料(茶) 3:飲料(野菜) 3:飴 3:餃子・焼売 3:インスタント(そば) 3:インスタント(うどん) 3:インスタント(おかゆ) 3:インスタント(スープ) 3:インスタント(焼きそば) 3:インスタント(ラーメン) 4:アクション映画 4:アニメ映画 4:コメディ映画 4:サスペンス映画 4:スポーツ映画 4:ホラー映画 4:モンスター映画 4:恋愛映画 4:SF映画 5:TV番組(ドラマ系) 5:TV番組(ニュース系) 5:アクセス記録 5:ゲーム 5:コンビニ日記 5:バトン 5:フラッシュ 5:ブログラム 5:モンハンプレイ日記 5:動画 5:文化・芸術 5:東北大震災応援 5:派遣・短期バイト日記 5:男の手料理 5:笑える画像集 5:記録(購入漫画記録) 5:記録(購入&読了本) 5:雑記 5:面白占い 5:音楽 5:フィギュア 5:フィギュア-超像可動 5:フィギュア‐figma 5:フィギュア‐特撮リボルテック 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ 5:フィギュア‐プラモ 6:小説-その他 6:小説-ファンタジー 6:小説-ホラー 6:小説-ミステリ 6:小説-恋愛 6:小説-感動 6:小説-文学 6:小説-歴史 6:小説-SF 6:小説-ライトノベル 7:ア 「天祢涼」 7:ア 「我孫子武丸」 7:ア 「有川浩」 7:ア 「有栖川有栖」 7:ア 「浅田次郎」 7:ア 「秋元康」 7:ア 「綾辻行人」 7:ア 「芥川龍之介」 7:ア 「赤星香一郎」 7:ア 「麻見和史」 7:イ 「乾ルカ」 7:イ 「乾緑郎」 7:イ 「井上靖」 7:イ 「今邑彩」 7:イ 「伊坂幸太郎」 7:イ 「岩井俊二」 7:イ 「岩井志麻子」 7:イ 「岩城裕明」 7:イ 「石持浅海」 7:イ 「稲川淳二」 7:イ 「飯野文彦」 7:ウ 「宇佐美まこと」 7:ウ 「歌野晶午」 7:ウ 「浦賀和宏」 7:ウ 「虚淵玄」 7:エ 「円地文子」 7:エ 「江戸川乱歩」 7:エ 「遠藤周作」 7:エ 「遠藤徹」 7:オ 「乙一」 7:オ 「大塚英志」 7:オ 「大石圭」 7:オ 「太田忠司」 7:オ 「小栗虫太郎」 7:オ 「小野不由美」 7:オ 「岡島二人」 7:オ 「岡田晴恵」 7:オ 「恩田陸」 7:オ 「荻原浩」 7:カ 「加納朋子」 7:カ 「川上未映子」 7:カ 「川原礫」 7:カ 「川崎草志」 7:カ 「川瀬七緒」 7:カ 「川端康成」 7:カ 「海堂尊」 7:カ 「神永学」 7:カ 「金沢伸明」 7:カ 「鎌田俊夫」 7:カ 「門井慶喜」 7:カ 「霞流一」 7:キ 「京極夏彦」 7:キ 「北方謙三」 7:キ 「北林一光」 7:キ 「北森鴻」 7:キ 「北野勇作」 7:キ 「木原浩勝」 7:キ 「貴志祐介」 7:ク 「倉坂鬼一郎」 7:ク 「鯨統一郎」 7:ク 「黒井千次」 7:コ 「小松左京」 7:コ 「小林泰三」 7:コ 「小池真理子」 7:コ 「香月日輪」 7:ゴ 「五味弘文」 7:ゴ 「郷内心瞳」 7:サ 「坂木司」 7:サ 「桜庭一樹」 7:サ 「沙藤一樹」 7:サ 「酒見賢一」 7:シ 「周木律」 7:シ 「城山三郎」 7:シ 「城平京」 7:シ 「島田荘司」 7:シ 「新堂冬樹」 7:シ 「新海誠」 7:シ 「真藤順丈」 7:シ 「篠田節子」 7:シ 「重松清」 7:シ 「雫井脩介」 7:シ 「首藤瓜於」 7:ス 「朱雀門出」 7:ス 「椙本孝思」 7:ス 「鈴木光司」 7:ス 「雀野日名子」 7:セ 「瀬名秀明」 7:ソ 「曽根圭介」 7:タ 「多岐川恭」 7:タ 「拓未司」 7:タ 「田中啓文」 7:タ 「竹本健治」 7:タ 「高木利光」 7:タ 「高田侑」 7:タ 「高田崇史」 7:タ 「高野和明」 7:ダ 「太宰治」 7:ツ 「恒川光太郎」 7:ツ 「辻村深月」 7:ト 「戸板康二」 7:ト 「飛浩隆」 7:ド 「土橋真二郎」 7:ナ 「七尾与史」 7:ナ 「中勘助」 7:ナ 「中山七里」 7:ナ 「中山市朗」 7:ナ 「中田永一」 7:ナ 「夏目漱石」 7:ナ 「奈須きのこ」 7:ナ 「梨木香歩」 7:ナ 「長坂秀佳」 7:ナ 「長崎尚志」 7:ナ 「長江俊和」 7:ニ 「二宮敦人」 7:ニ 「新津きよみ」 7:ニ 「西尾維新」 7:ヌ 「貫井徳郎」 7:ノ 「法月綸太郎」 7:ハ 「半村良」 7:ハ 「服部まゆみ」 7:ハ 「林巧」 7:ハ 「畠中恵」 7:ハ 「葉山透」 7:バ 「坂東眞砂子」 7:バ 「幡大介」 7:ヒ 「平山夢明」 7:ヒ 「東山彰良」 7:ヒ 「百田尚樹」 7:フ 「福井晴敏」 7:フ 「福澤徹三」 7:フ 「福谷修」 7:フ 「藤ダリオ」 7:フ 「藤原健市」 7:フ 「話梅子」 7:ホ 「堀井拓馬」 7:ホ 「堀内公太郎」 7:ホ 「堀川アサコ」 7:ホ 「本多考好」 7:マ 「松本清張」 7:マ 「牧野修」 7:マ 「真梨幸子」 7:マ 「麻耶雄嵩」 7:ミ 「三上延」 7:ミ 「三好徹」 7:ミ 「三島由紀夫」 7:ミ 「三津田信三」 7:ミ 「三浦綾子」 7:ミ 「三田村志郎」 7:ミ 「三谷幸喜」 7:ミ 「宮ノ川顕」 7:ミ 「宮部みゆき」 7:ミ 「水田美意子」 7:ミ 「湊かなえ」 7:ミ 「道尾秀介」 7:モ 「森博嗣」 7:モ 「森山東」 7:ヤ 「山口瞳」 7:ヤ 「山田悠介」 7:ヤ 「山田正紀」 7:ヤ 「柳原慧」 7:ヤ 「柳広司」 7:ヤ 「梁石日」 7:ヤ 「矢部嵩」 7:ユ 「夢枕獏」 7:ユ 「夢野久作」 7:ユ 「柚月裕子」 7:ユ 「行川渉」 7:ヨ 「よしもとばなな」 7:ヨ 「吉岡暁」 7:ヨ 「吉村昭」 7:ヨ 「吉田修一」 7:ヨ 「吉行淳之介」 7:ヨ 「米澤穂信」 7:リ 「リリー・フランキー」 7:ワ 「和田はつ子」 7:ワ 「和田竜」 7:ワ 「綿矢りさ」 8:ジョージ・G・ロビンソン 8:スーザン・ケイ 8:スティーヴン・キング 8:ダン・ブラウン 8:トマス・ハリス 8:ドストエフスキー 8:バーム 8:パトリシア・コーンウェル 8:ホーキング 8:ポール・ギャリコ 8:モーリス・ルブラン 8:リチャード・プレストン 8:ロバート・A・ハインライン