牛家 岩城裕明著

2014年ホラー小説大賞佳作。

ということで購入。

部屋主の独断ランク:D

独断ホラーランク:E

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

ゴミ屋敷にはなんでもあるんだよ。

ゴミ屋敷なんめんな―

特殊清掃員の俺は、ある一軒家の清掃をすることに。

期間は2日。

しかし、ごみで溢れる屋内では、いてはならないモノが出現したり、掃除したはずが一晩で元に戻っていたり。

しかも家は病んだ妻が、赤子のビニール人形を食卓に並べる。

これは夢か現実化―

読書感想

イマイチだった。

ゴミ屋敷の中の描写にいまいちリアリティがなかったり(部屋主も仕事でゴミ屋敷を掃除したころが何度かあるのでそう感じるのかも知れないが)、怖い描写がないというのもホラーとしては致命的。

逆にツネ君とのやりとりやその行動などは思わず笑みが漏れてしまうという感じで、ホラーよりも笑える方のライトノベルを書いた方が巧いじゃないかと思ってしまう。

最初の方のわくわく感はけっこうというかかなりあったのだが、物語がふくらむのかと思いきや特にふくらまず、色んなものの投げっぱなし感がすごくて、それが残念でならない。

特にラストはひどい。

色々となんじゃそれ。

不条理系のホラーに分類されると思うのだが、こういうのが無理な人はダメだと思う。

同時収録の瓶人の方が部屋主的には面白かった。

瓶人の設定が妙に笑える。

こっちもラストのそれはなんやねんなと思うものの(というか「なぜ」かな)、最悪そうしようと考えていたブラックな感じの主人公は好みだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪談 柳広司著

お気に入り作家さんの怪談話ということで購入。

にしても表紙がどうにもいけてない気が。

内容ともマッチしてないし。

別な感じの表紙にすればもっと売れる気がする短編集かと。

部屋主の独断ランク:C

独断ホラーランク:E

あらすじらしきもの

残業を終え帰路を急ぐ赤坂俊一が真っ暗な坂道をのぼる途中、うずくまって泣いている女を見かけた。

声をかけると女はゆっくりと向き直り、両手にうずめていた顔をしずかに上げた―(むじな)

ありふれた現代の一角を舞台に、期せずして日常を逸脱し怪異に飲み込まれたのうにゃく男女の恐怖を描いた傑作6編。

収録

・雪女

・ろくろ首

・むじな

・食人鬼

・鏡と鐘

・耳なし芳一

読書感想

まずまず面白かった、というか好きなタイプの作品群。

怪談というタイトルだが、小泉八雲の怪談からタイトルとインスピレーションを得たミステリ寄りの作品という感じ。

ただ、全部が全部本格ミステリのように論理的に謎が紐解かれるわけではなく、妙な余韻が残る話が多い。

これだと帯の解説の人とほぼ同じ感想だったりするのだが、これ以外の感想が出てこない…

各話感想

・ゆきおんな

ホラー風味のミステリ話。

短い中にもしっかりとホラーとミステリが入っている。

この短編集の中で一番できた話かなと。

好き。

・ろくろ首

ミステリ仕立てのホラー話かな。

オチは好きだが内容はイマイチ。

・むじな

話的には好きだがこういうオチは好みではない。

・食人鬼

作中作品は「ひかりごけ」かな?

巡査部長の理論は好きだが、物語として面白いかは別。

いまいち。

・鏡と鐘

嫌いではないけど面白いかは微妙。

・耳なし芳一

なんか笑った。

好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

零 女の子だけがかかる呪い 大塚英志著

ホラー映画が公開、原案となっているホラーゲーム「零」が好き、原作が好きなマンガ「多重人格探偵サイコ」「魍魎戦記マダラ」「黒鷺死体宅配便」などの大塚英志さんということで購入。

部屋主の独断ランク:E

独断ホラーランク:E

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

美しいアヤ。

森鴎外訳の「ハムレット」の中の詩「オフィーリアの歌」を読む彼女に、誰もが恋をした。

そう、ミチも。

そんなアヤがある日、姿を消した。

女生徒たちは、消えた彼女に導かれるように、真夜中にアヤの写真にキスし、次々と消えてゆく。

ミチはアヤの幽霊から「私の呪いを解いて」というメッセージを受け取るが―

これは神隠しなのか、それともアヤがかけた呪いなのか。

女の子だけにかかる呪い、その正体とは。

読書感想

ひどかった…

ホラー映画の原作小説で面白いものなどあったためしがないゆえ期待してはいけないと思いつつも、大好きなホラーゲーム「零」と「大塚英志」氏のコラボということで、どこかで期待していたのかも知れない。

が、その期待分を差し引いても酷かったと思う。

まずホラーゲーム「零」の要素について。

美少女双子や暗いながらも幻想的で神秘的な雰囲気などを醸し出そうと努力しているのは垣間見えるのだが、いかんせん弱すぎる。

切ない感じややりきれない感じなども全く表現されていない。

また、メリーさんの存在やカタカナだけで構成される主役の女子高生たちの名前などのせいか、どうにも雰囲気がぶち壊しになっているようにも感じる。

また部屋主の記憶の中では、ホラーゲーム「零」の良い点ははといえば「和風テイストのホラー」という点ゆえ、どうにもこの舞台設定やその他諸々がしっくりこなかったということもある。

(なお部屋主の「零」の記憶は「紅い蝶」がメインで、Wiiに移ってからはハードの問題でプレイできてないから、他の人達がどう感じるかは不明)

そして「零」の最大の要素といえば「カメラ」である。

「ゲーム」という枠組みの中で、いかにこれまでのホラー系ゲームと差別化を図るかということと、ホラーゲームの演出とを組み合わせた結果の見事な発想が、この「カメラでこの世のモノでないモノを写し倒す」というシステムである。

(当時は「バイオハザード」「サイレントヒル」「サイレン」など、ナイフとか銃とかバールとかで闘うが主流。今もか)

その根幹であるはずのシステムが、びっくりするレベルでおなさけ程度にしか登場しないということに泣けてくる。

(脇役が幽霊が見えるカメラを持っているが本編にはほぼ関係ない程度)

言い訳程度に「零」と「零時」をかけてあるあたり、もうなんか情けないというかなんというか妙な感情が出てきた始末…

次いでこの作品を貶めているのが大塚英志原作の「黒鷺死体宅配便」である。

上記のように「零」の要素はこれでもかというほど低いのに、「黒鷺死体宅配便」のメンバーは唐突にそして主役レベルの活躍を見せる。

というか事件を解決したのは「黒鷺死体宅配便」のメンバーであると言っても過言ではないと思うくらいだ。

「黒鷺死体宅配便」も好きなマンガゆえ、知ってる人は楽しめる程度のものであったりくらいなら問題はないのだが、これは「零」という作品を原案にしているはずなのに、それをほおっておいてコレはないだろう。

さらにこの「黒鷺死体宅配便」要素が「零」の要素(幻想的といった雰囲気)をぶち壊しているから目も当てられない。

もひとつさらに付け加えると、これは作中でも述べられているのだが、「呪いの正体」が「黒鷺死体宅配便」で以前に使ったネタであるという点。

ここまで来たらもう何が何やらわからん。

もう「黒鷺死体宅配便」というタイトルで出せばよかったと思うよ(「黒鷺死体宅配便」を知らない人が読んだらどう感じるのか逆に気になる)。

物語的にも酷いの一言。

色んなものが度を超えて唐突かつご都合主義的すぎるし、結局なんだったのかわけがわからない点も多すぎる。

文章に関しては、やたら句読点が多く短く区切られいて流れが美しくないように感じてしまったし、女の子名前はカタカナなのに他の人物は漢字で構成されているためか違和感ばかり。

副題に関してもなんか気持ち悪い。

作中にもやたらとこの言葉が出てくるのだが、女子高を舞台にほぼ女子しか登場しないだけだし、「呪い(のろい)」と「お呪い(おまじない)」を無理くり「呪い(のろい)」している風にしか感じないのが気持ち悪く感じる原因だと思う。

肝心のホラー要素も皆無。

もうどうしたらいいんだコレ。

これまでボチボチと感想を書いてきたが、これだけ悪い要素ばかりを並べて感想を書いたのは初めてかもだ。

とりあえずなんか逆に映画を見たくなってしまった。

これが狙い通りならすごすぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこの家にも怖いものはいる 三津田信三著

お気に入り作家の三津田氏の最新作。

もちろん即購入、即読了。

表紙はお気に入りのいつもの人じゃなくて残念。

にしてもこの表紙はなんなんだろうね。

本編と何も関係がない…

部屋主の独断ランク:C

部屋主の独断ホラーランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

作家の元に集まった五つの幽霊屋敷話。

人物、時代、内容…

バラバラなはずなのにある共通点を見つけた時、ソレは突然、あなたのところに現れる。

読書感想

少々物足りない感じ。

まずはホラー度。

ものすごく怖いかとなるとそこまでではないが、毎度のことながらのしっかりした怖さは健在。

そしてこれまた毎度のことながら追いかける描写が巧い。

だが怖さでいえば今回は、特に屋根の上の老婆のようなものが妙にツボにハマり怖かった、かなり。

おそらく読書時ちょうど台風が日本列島を直撃しており、いつもとは違う変な物音が天井から聞こえてきてきたせいかもしれない。

ちょうど作中の老婆のようなものが立てる音のように。

(なお部屋主の住んでるアパートはちょくちょく変な音が天井から聞こえる。ネコあたりが飛び降りたような音。だがネコが飛べる距離、部屋主の部屋より高いところない)

これまたいつもながらの、「怪を語れば、怪に至る」の要素ももちろんその怖さにいい具合に加味されているはず。

ミステリ度に関しては、正直かなり早い段階で推理というよりも直感と消去法でミッシングリングがわかってしまったのが痛い。

ゆえにラストの謎解きの部分に関していまいち楽しめなかった。

これまたいつもながらよく考えて書かれているなと感心はしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憑き歯 密七号の家 五味弘文著

お化け屋敷プロデューサーで有名な五味さんの初小説ということで購入してみた。

ドラマ「幽霊病棟」や大阪でやってたお化け屋敷と連動企画というのも購入した理由。

なお読書したのは半年ほど前で、お化け屋敷とかやってた2013年の夏ね。

ちなみにお化け屋敷も行きたいと思ったのだけど、2012年だったかに行ったのが全然怖くなかったので今回のは迷ってるうちに期間が終わっていたという。

なお「幽霊病棟」は面白くないし全然怖くなくて残念でした。

部屋主の独断ランク:C

部屋主の独断ホラーランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

新設された強度資料館に赴任した笹川は、古い蔵から子どもの歯が埋め込まれた人形と謎の紙片を見つけ、それがこの町に度々起こる凄惨な殺人と関わりがあることを突き止める。

やがて彼は事件に隠された「黒い歯」という「憑きもの」の存在を知り、感染し続ける呪いの秘密に辿り着くが…

読書感想

なんだろう。色々ともったいないという印象。

ドラマ「幽霊病棟」と比較すると面白いし怖いし、構成や展開なども凝ってたり好きな流れだったりするんだけど、全部の点で想定以上の楽しさが伝わってこないというかなんというか。

ホラー要素もなんかほんとスゴイもったいない印象。

もっと気持ち悪く、怖く、グロくできたと思うんだけどぁ…

ラストも嫌いじゃないけどなんか消化不良だし。

何か一つでも突き抜けたところが欲しかった感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よろずのことに気をつけよ 川瀬七緒著

ハードカバーの時に気になってた作品。

文庫化したので即購入。

第57回江戸川乱歩賞受賞作。

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

都内に住む老人が自宅で惨殺された。

奇妙なことに、遺体は舌を切断され、心臓をズタズタに抉られていた。

さらに、緑の下からは「不離怨願、あたご様、五郎子」と記された呪術符が見つかる。

なぜ老人はかくも強い怨念を受けたのか?

日本の因習に絡む、恐るべき真相が眼前に広がる。

読書感想

呪術ミステリの傑作と帯にあるがたしかにその通りかと。
面白かった。

呪業歌とか文字で読んだの「孔雀王」以来かもしれん。
こーゆーのツボなのです。

「表の中に裏があり
 裏の中には表ある
 西へ向いては五郎子に
 東に向いては前鬼後鬼
 北を剥いては剣の護法童子
 南を向いては谷の底
 師走の月に雪なくば
 よろずのことに気をつけよ」

少ない情報を追っていくという点では、「リング」に近いわくわく感が。

尻すぼみ感はあるけれど(特に真相?についてのあたりの)、中盤から後半にかけてのドキドキ感はたまらんです。

呪術とかの薀蓄とかも〇。

呪術とか日本の民俗や風俗についてもっと色々勉強してみたくなった。

もう少しホラー要素があればなお良かったんだけどね。

あまり怖くなかったのは残念。

映像化とかしても映えるかもしれない。

歌も聞いてみたいし(どんな節なんだろう?)、特に神社のあたりとかは是非とも映像で見たいところ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Another エピソードS 綾辻行人著

映画化もアニメ化もした作品「Another」のアナザーストーリー。

「Another」自体はそんなに好きな作品というわけでもないのだが(してやられたけど)、綾辻さんの作品が好きなので購入。

サイン本だったしで。

表紙も素敵。

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「見えるの?きみには僕が」

「見える…けど」

答えて彼女は右の目をすっと細くする。

左の眼には蒼い義眼の冷めやかな光が。

1998年、夏休み。

両親とともに海辺の別荘にやってきた見崎鳴、15歳。

そこで出会ったのは、かつての鳴と同じ夜見山中学の三年三組で不可思議な<現象>を経験した青年・賢木晃也の幽霊、だった。

謎めいた古い屋敷を舞台に―死の前後の記憶を失い、消えたみずからの死体を探しつづけている幽霊と鳴の、奇妙な秘密の冒険が始まるのだが…

読書感想(小説)

微妙でした。

まず物語的にイマイチだなと。

「Another」との関連性による縛りなどがあるとしても、これははショボすぎかなと思いますね。

ほぼなんの動きもないのです。

綾辻さんお得意のアレはあるものの、まずそれしかなとというのがわかりやすすぎだし、簡単な消去法でそこにたどり着けるのが残念。

また厚さの割には分量はスカスカなのですぐに読めるってのも、なんか損した気分になるし。

ホラー要素もゼロと言っても差し支えないレベルなのも残念。

続編ももちろん読みたいなとは思ってるけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蜜姫村 乾ルカ著

ハードカバーの時にあらすじを読んで気になってた作品。

文庫化したので購入。

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

珍種のアリを求めて瀧埜上村仮巣地区を訪れた昆虫学者の山上一郎と妻・和子。

医師免許を持つ和子は、医者のいない仮巣地区の人々を健康診断したいと申し出るのだが、必要ないと冷たくあしらわれてしまい、その異様な雰囲気に戸惑っていた。

そんなある晩、一郎は住民から絶対に踏み入れてはいけなと言われた社に向かった。

そしてそのまま行方不明に。

村に秘められたしきたりが露見するとき、新たな禁断の恋が始まる…

読書感想

まぁまぁでした。

閉ざされた村で蟲となると、かなりのホラー度を期待してたのですが、期待通りだったのは一か所のみ。

設定としては抜群なのにちょっともったいないかな。

で、ホラー要素よりも恋愛要素(?)の方が強かった印象。

でもその恋愛要素の方はチャチな感じ。

あとは蜜姫様がカッコよかったと。

「覚えておけ

 今一度言う

 わらわは約束を決して違えぬ

 それを恥と知っておるからじゃ」

女だけど男前すぎる。

約束のさせ方が狡いのアレだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意地悪な食卓 新津きよみ著

帯の「極上の素材に一匙の悪意」にやられて購入。

新津さんの作品を読むのはかなり久しぶり。

部屋主の独断ランク:D

独断ホラーランク:E

あらすじらしきもの

老人福祉施設のデイサービスセンターに勤める純子は偶然、一生忘れようとしても忘れられない女性の担当になった。

かつて純子が小学生の頃、食べきれない給食を無理やり食べさせようとした女の―(「給食」)。

「食い物の恨み」はこんなにも恐ろしい!

食事にまつわる怖い話を語る女性のおしゃべりが次第にエスカレートしていくさまを描いた「怖い食卓」など、「食」と「女」をテーマにした心理ホラーをあつめた短編集。

感想

いまいちでした。

心理ホラーということでしたが特に捻りがあるわけでもなく、怖さもないに等しいレベルでしたしで。

強いて言うなら「お裾分け」はしっかりしてたかなくらいで。

こういうタイプは好きなので期待しすぎたかな。

残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深泥丘奇談 綾辻行人著

お気に入り作家の綾辻さんのホラー作品ということで購入。

部屋主の独断ランク:D

独断ホラーランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「この世にはね、不思議なことがあるものなのです」

作家が住まう“奇妙な京都”を舞台に―せめぎあう日常と超常、くりかえす怪異と忘却。

ぐらあぁっ、と世界が揺れる、記憶が揺らぐ。

「私」が見ているこの“現実”は、いったいどこに通じているのか?

読書感想

いまいちでした。

期待しすぎてたってのもありますが。

まずほとんど怖くないです。

不思議な話や奇妙は話でほぼ構成されています。

綾辻さんの作品なので、これはなんの伏線なんだろうと思ってたところが多々あったのですが、結局なにも意味がわからないままというところばかり(これはまぁ部屋主の過剰反応だけど)。

読み方を間違えた感じ。

むしろ不思議で愉快な感じがしないでもないと。

あと、あらすじの一行目が明らかに京極堂をパロってるなと。

と、思ってたら本文でも出てきて吹きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト | 1:エッセイ | 1:哲学・思想 | 1:国際・比較文化 | 1:宗教 | 1:心理・精神 | 1:怪談 | 1:情報操作・メディア論 | 1:戦争・紛争 | 1:政治・政策 | 1:教育・育児 | 1:有害・殺人者 | 1:歴史 | 1:死・高齢者問題 | 1:物理・化学 | 1:特定地域 | 1:犯罪・法律 | 1:生物・生理・医療 | 1:社会・一般教養 | 1:経済・経営・格差 | 1:絵本・児童書 | 1:美術・写真集・画集 | 1:自己啓発 | 1:自然・環境 | 1:複雑系 | 1:食 | 2:7SEEDS | 2:ARMS | 2:BLEACH | 2:DEAHT NOTE | 2:Fate/stay night | 2:Fate/Zero | 2:ONE PIECE | 2:RAINBOW | 2:ULTRAMAN | 2: 短編漫画 | 2:よんでますよ、アザゼルさん | 2:アウターゾーン | 2:アバンチュリエ | 2:キングダム | 2:クレイモア | 2:クロサギ | 2:ゴーストハント | 2:シマシマ | 2:スパイラル | 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION | 2:ディアスポリス | 2:ピアノの森 | 2:フルーツバスケット | 2:ベルセルク | 2:マギ(MAGI) | 2:ヴァムピール | 2:ヴァンパイア十字界 | 2:京極堂シリーズ | 2:勇午 | 2:医龍 | 2:図書館の主 | 2:夏目友人帳 | 2:天の覇王 ラオウ外伝 | 2:奇食ハンター | 2:探偵学園Q | 2:月光条例 | 2:江戸川乱歩異人館 | 2:罪と罰 | 2:聖闘士星矢G | 2:金田一少年の事件簿 | 2:鋼の錬金術師 | 2:鬼燈の島 | 2:魔人探偵 脳噛ネウロ | 2:魔法少女まどかマギカ | 2:Doubt | 2:ジョジョの奇妙な冒険 | 2:マリー・アントワネットの料理人 | 2:ルミとマヤとその周辺 | 3:おつまみ | 3:お店(スイーツ) | 3:お店(吉野家) | 3:お店(BigBoy) | 3:お店(お食事) | 3:お店(すき家) | 3:お店(びっくりドンキー) | 3:お店(ガスト) | 3:お店(ケーキ) | 3:お店(パン) | 3:お店(ラーメン) | 3:お店(和菓子) | 3:お店(松屋) | 3:お店(祭太鼓) | 3:お店(The・丼) | 3:お店(サイゼリヤ) | 3:お店(マクドナルド) | 3:お店(ロイヤルホスト) | 3:お弁当 | 3:からあげくん | 3:ご当地系お菓子 | 3:その他のお菓子 | 3:その他のスイーツ | 3:その他の食品 | 3:アイス(その他) | 3:アイス(チョコ) | 3:アイス(フルーツ) | 3:アイス(モナカ) | 3:アイス(和風) | 3:アイス(氷菓) | 3:エクレア | 3:グミ | 3:ケーキ | 3:コンビニパスタ | 3:シュークリーム | 3:スイーツ | 3:スナック菓子 | 3:ゼリー | 3:チョコレート | 3:チロルチョコ | 3:パン(ランチパック) | 3:パン(惣菜パン) | 3:パン(菓子パン・あん) | 3:パン(菓子パン・その他) | 3:パン(菓子パン・クリーム) | 3:パン(菓子パン・ジャム) | 3:パン(菓子パン・フルーツ) | 3:パン(菓子・蒸し) | 3:パン(野菜系) | 3:プリン | 3:ポテトチップス | 3:ヨーグルト | 3:ロールケーキ | 3:冷凍食品 | 3:和菓子 | 3:奇食 | 3:寒天スイーツ | 3:納豆 | 3:豆乳スイーツ | 3:食玩 | 3:飲料 | 3:飲料(その他) | 3:飲料(フルーツ) | 3:飲料(清涼飲料水) | 3:飲料(炭酸) | 3:飲料(茶) | 3:飲料(野菜) | 3:飴 | 3:餃子・焼売 | 3:インスタント(そば) | 3:インスタント(うどん) | 3:インスタント(おかゆ) | 3:インスタント(スープ) | 3:インスタント(焼きそば) | 3:インスタント(ラーメン) | 4:アクション映画 | 4:アニメ映画 | 4:コメディ映画 | 4:サスペンス映画 | 4:スポーツ映画 | 4:ホラー映画 | 4:モンスター映画 | 4:恋愛映画 | 4:SF映画 | 5:TV番組(ドラマ系) | 5:TV番組(ニュース系) | 5:アクセス記録 | 5:ゲーム | 5:コンビニ日記 | 5:バトン | 5:フラッシュ | 5:ブログラム | 5:モンハンプレイ日記 | 5:動画 | 5:文化・芸術 | 5:東北大震災応援 | 5:派遣・短期バイト日記 | 5:男の手料理 | 5:笑える画像集 | 5:記録(購入漫画記録) | 5:記録(購入&読了本) | 5:雑記 | 5:面白占い | 5:音楽 | 5:フィギュア | 5:フィギュア-超像可動 | 5:フィギュア‐figma | 5:フィギュア‐特撮リボルテック | 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ | 5:フィギュア‐プラモ | 6:小説-その他 | 6:小説-ファンタジー | 6:小説-ホラー | 6:小説-ミステリ | 6:小説-恋愛 | 6:小説-感動 | 6:小説-文学 | 6:小説-歴史 | 6:小説-SF | 6:小説-ライトノベル | 7:ア 「天祢涼」 | 7:ア 「我孫子武丸」 | 7:ア 「有川浩」 | 7:ア 「有栖川有栖」 | 7:ア 「浅田次郎」 | 7:ア 「秋元康」 | 7:ア 「綾辻行人」 | 7:ア 「芥川龍之介」 | 7:ア 「赤星香一郎」 | 7:ア 「麻見和史」 | 7:イ 「乾ルカ」 | 7:イ 「乾緑郎」 | 7:イ 「井上靖」 | 7:イ 「今邑彩」 | 7:イ 「伊坂幸太郎」 | 7:イ 「岩井俊二」 | 7:イ 「岩井志麻子」 | 7:イ 「岩城裕明」 | 7:イ 「石持浅海」 | 7:イ 「稲川淳二」 | 7:イ 「飯野文彦」 | 7:ウ 「宇佐美まこと」 | 7:ウ 「歌野晶午」 | 7:ウ 「浦賀和宏」 | 7:ウ 「虚淵玄」 | 7:エ 「円地文子」 | 7:エ 「江戸川乱歩」 | 7:エ 「遠藤周作」 | 7:エ 「遠藤徹」 | 7:オ 「乙一」 | 7:オ 「大塚英志」 | 7:オ 「大石圭」 | 7:オ 「太田忠司」 | 7:オ 「小栗虫太郎」 | 7:オ 「小野不由美」 | 7:オ 「岡島二人」 | 7:オ 「岡田晴恵」 | 7:オ 「恩田陸」 | 7:オ 「荻原浩」 | 7:カ 「加納朋子」 | 7:カ 「川上未映子」 | 7:カ 「川原礫」 | 7:カ 「川崎草志」 | 7:カ 「川瀬七緒」 | 7:カ 「川端康成」 | 7:カ 「海堂尊」 | 7:カ 「神永学」 | 7:カ 「金沢伸明」 | 7:カ 「鎌田俊夫」 | 7:カ 「門井慶喜」 | 7:カ 「霞流一」 | 7:キ 「京極夏彦」 | 7:キ 「北方謙三」 | 7:キ 「北林一光」 | 7:キ 「北森鴻」 | 7:キ 「北野勇作」 | 7:キ 「貴志祐介」 | 7:ク 「倉坂鬼一郎」 | 7:ク 「鯨統一郎」 | 7:ク 「黒井千次」 | 7:コ 「小松左京」 | 7:コ 「小林泰三」 | 7:コ 「小池真理子」 | 7:コ 「香月日輪」 | 7:ゴ 「五味弘文」 | 7:サ 「坂木司」 | 7:サ 「桜庭一樹」 | 7:サ 「沙藤一樹」 | 7:サ 「酒見賢一」 | 7:シ 「周木律」 | 7:シ 「城山三郎」 | 7:シ 「城平京」 | 7:シ 「島田荘司」 | 7:シ 「新堂冬樹」 | 7:シ 「新海誠」 | 7:シ 「真藤順丈」 | 7:シ 「篠田節子」 | 7:シ 「重松清」 | 7:シ 「雫井脩介」 | 7:シ 「首藤瓜於」 | 7:ス 「朱雀門出」 | 7:ス 「椙本孝思」 | 7:ス 「鈴木光司」 | 7:ス 「雀野日名子」 | 7:セ 「瀬名秀明」 | 7:ソ 「曽根圭介」 | 7:タ 「多岐川恭」 | 7:タ 「拓未司」 | 7:タ 「田中啓文」 | 7:タ 「竹本健治」 | 7:タ 「高木利光」 | 7:タ 「高田侑」 | 7:タ 「高田崇史」 | 7:タ 「高野和明」 | 7:ツ 「恒川光太郎」 | 7:ツ 「辻村深月」 | 7:ト 「戸板康二」 | 7:ト 「飛浩隆」 | 7:ド 「土橋真二郎」 | 7:ナ 「七尾与史」 | 7:ナ 「中勘助」 | 7:ナ 「中山七里」 | 7:ナ 「中山市朗」 | 7:ナ 「中田永一」 | 7:ナ 「夏目漱石」 | 7:ナ 「奈須きのこ」 | 7:ナ 「梨木香歩」 | 7:ナ 「長坂秀佳」 | 7:ナ 「長崎尚志」 | 7:ナ 「長江俊和」 | 7:ニ 「二宮敦人」 | 7:ニ 「新津きよみ」 | 7:ニ 「西尾維新」 | 7:ヌ 「貫井徳郎」 | 7:ノ 「法月綸太郎」 | 7:ハ 「半村良」 | 7:ハ 「服部まゆみ」 | 7:ハ 「林巧」 | 7:ハ 「畠中恵」 | 7:ハ 「葉山透」 | 7:バ 「坂東眞砂子」 | 7:バ 「幡大介」 | 7:ヒ 「平山夢明」 | 7:ヒ 「東山彰良」 | 7:ヒ 「百田尚樹」 | 7:フ 「福井晴敏」 | 7:フ 「福澤徹三」 | 7:フ 「福谷修」 | 7:フ 「藤ダリオ」 | 7:フ 「藤原健市」 | 7:フ 「話梅子」 | 7:ホ 「堀井拓馬」 | 7:ホ 「堀内公太郎」 | 7:ホ 「堀川アサコ」 | 7:ホ 「本多考好」 | 7:マ 「松本清張」 | 7:マ 「牧野修」 | 7:マ 「真梨幸子」 | 7:マ 「麻耶雄嵩」 | 7:ミ 「三上延」 | 7:ミ 「三好徹」 | 7:ミ 「三島由紀夫」 | 7:ミ 「三津田信三」 | 7:ミ 「三浦綾子」 | 7:ミ 「三田村志郎」 | 7:ミ 「三谷幸喜」 | 7:ミ 「宮ノ川顕」 | 7:ミ 「宮部みゆき」 | 7:ミ 「水田美意子」 | 7:ミ 「湊かなえ」 | 7:ミ 「道尾秀介」 | 7:モ 「森博嗣」 | 7:モ 「森山東」 | 7:ヤ 「山口瞳」 | 7:ヤ 「山田悠介」 | 7:ヤ 「山田正紀」 | 7:ヤ 「柳原慧」 | 7:ヤ 「柳広司」 | 7:ヤ 「梁石日」 | 7:ヤ 「矢部嵩」 | 7:ユ 「夢枕獏」 | 7:ユ 「夢野久作」 | 7:ユ 「柚月裕子」 | 7:ユ 「行川渉」 | 7:ヨ 「よしもとばなな」 | 7:ヨ 「吉岡暁」 | 7:ヨ 「吉村昭」 | 7:ヨ 「吉田修一」 | 7:ヨ 「吉行淳之介」 | 7:ヨ 「米澤穂信」 | 7:リ 「リリー・フランキー」 | 7:ワ 「和田はつ子」 | 7:ワ 「和田竜」 | 7:ワ 「綿矢りさ」 | 8:ジョージ・G・ロビンソン | 8:スーザン・ケイ | 8:スティーヴン・キング | 8:ダン・ブラウン | 8:トマス・ハリス | 8:ドストエフスキー | 8:バーム | 8:パトリシア・コーンウェル | 8:ホーキング | 8:ポール・ギャリコ | 8:モーリス・ルブラン | 8:リチャード・プレストン | 8:ロバート・A・ハインライン