怪談 柳広司著

お気に入り作家さんの怪談話ということで購入。

にしても表紙がどうにもいけてない気が。

内容ともマッチしてないし。

別な感じの表紙にすればもっと売れる気がする短編集かと。

部屋主の独断ランク:C

独断ホラーランク:E

あらすじらしきもの

残業を終え帰路を急ぐ赤坂俊一が真っ暗な坂道をのぼる途中、うずくまって泣いている女を見かけた。

声をかけると女はゆっくりと向き直り、両手にうずめていた顔をしずかに上げた―(むじな)

ありふれた現代の一角を舞台に、期せずして日常を逸脱し怪異に飲み込まれたのうにゃく男女の恐怖を描いた傑作6編。

収録

・雪女

・ろくろ首

・むじな

・食人鬼

・鏡と鐘

・耳なし芳一

読書感想

まずまず面白かった、というか好きなタイプの作品群。

怪談というタイトルだが、小泉八雲の怪談からタイトルとインスピレーションを得たミステリ寄りの作品という感じ。

ただ、全部が全部本格ミステリのように論理的に謎が紐解かれるわけではなく、妙な余韻が残る話が多い。

これだと帯の解説の人とほぼ同じ感想だったりするのだが、これ以外の感想が出てこない…

各話感想

・ゆきおんな

ホラー風味のミステリ話。

短い中にもしっかりとホラーとミステリが入っている。

この短編集の中で一番できた話かなと。

好き。

・ろくろ首

ミステリ仕立てのホラー話かな。

オチは好きだが内容はイマイチ。

・むじな

話的には好きだがこういうオチは好みではない。

・食人鬼

作中作品は「ひかりごけ」かな?

巡査部長の理論は好きだが、物語として面白いかは別。

いまいち。

・鏡と鐘

嫌いではないけど面白いかは微妙。

・耳なし芳一

なんか笑った。

好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最初の哲学者 柳広司著

「ジョーカー・ゲーム」や「ダブル・ジョーカー」が面白く、「ぼちぼち」の「ちきちき」さんの評価もよかったので購入しました。

最初の哲学者 Book 最初の哲学者

著者:柳 広司
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

偉大な父を超えるには狂うしかなかった(「ダイダロスの息子」)。

この世でもっとも憂鬱なことはどんなことだろうか(「神統記」)。

死ぬことと生きることは、少しも違わない(「最初の哲学者」)

世界は、“語られる”ことではじめて、意味あるものになる(「ヒストリエ」)。

13の掌編から解き明かされる、歴史を超えた人間哲学。

ギリシアをモチーフに、吉川英治文学新人賞・日本推理作家協会賞をダブル受賞の著者が満を持して放つ、文学の原点であり極上のエンターテインメント

収録 ( )内はその章の主人公

・オイディプス

・異邦の王子(スキタイ王子アナカルシス)

・恋(アリアドネ)

・亡牛嘆(ミノタウロス)

・ダイダロスの息子(イカロス)

・神統記(ゼウス)

・狂いの巫女(クリュタイメストラ、カサンドラ)

・アイギナの悲劇

・最初の哲学者(タレス)

・オリンポスの醜聞(へパイストス)

・ソクラテスの妻

・王女メデイア

・ヒストリエ(ヘロドトス)

感想

上記の2作とまったく作風は違いますが面白かったです。

神話とか好きですので知ってる話も多かったのですが、作者独自の切り口のものもあり、とても楽しく読めました。

あと、全編非常に読み易かったです。

以下、各章の感想。

・オイディプス

院生の頃、西洋古典文学時にけっこう詳しく読みこんだ作品。

特に目新しいことはなかったですね。

・異邦の王子

これは知らない話。

特に何が・・・ってことはありませんでした。

・恋

皆様もご存じな話かと。

こういう切り口できたかと楽しめました。

・亡牛嘆

これまた皆様もご存じの話かと。

こういう切り口も好みです。

「俺はダイダロスという男を深く軽蔑した。

 …いや、本当は嫉妬したのかもしれぬ。

 与えられた運命を、必然を、しかして決して受け入れようとしない、

 ダイダロスという男に」

・ダイダロスの息子

これも皆様ご存知かと(歌が有名ですよね)。

この切り口も面白かったです。

・神統記

これもだいたいの流れは知ってる方は多いかと。

これはまぁ特に面白いことはなく。

・狂いの巫女

微妙に記憶にあったお話。

特に思うことはなく。

・アイギナの悲劇

これは知らないお話でした。

だからどうということでもないのですが。

・最初の哲学者

タレスのことは知ってたのですが、こういう流れは知りませんでした。

問答をはじめ、実に好みのお話でした。

「彼は食べるものにも、着るものにも、頓着しなかった。

 そんなことより、闇に閉ざされていた世界が、

 僅かずつではあるが、その姿を見せてくれることが

 嬉しくて仕方がなかったのだ」

・オリンポスの醜聞

これもある程度は知ってるお話。

こういう切り口は好みです。

「美醜などというものは、

 見る者と見られる者の関係性のうちにはじめて存在するのであった。

 いや、そんなものは畢竟、

 自らを顧みた時に心に生じる幻影にすぎないのだ」

・ソクラテスの妻

部屋主は何気にソクラテスファンです。

ろくでもない嫁さんだったという話は知っていたのですが、この切り口はよかったです。

ツボりました。

・王女メデイア

これも知ってる話と特に変わったところはない感じでした。

・ヒストリエ

ヘロドトスについてもあんまり知識はなかったのですが、だからどうしたという感じでした。

「どうやら、普段自分が当たり前だと思っている価値観、言葉の意味、慣習、食べ物、果ては天上の神々といったおよそありとあらゆる事物は、しかし実は少しも当たり前ではないらしい。すべてのものは、場所によって、民族によって、あるいは時代によって、さまざまに変化しているのだ・・・。

 すべてが変化している!

 だとすれば、いま自分が正しいと信じて疑わぬ何ものも、別の誰かにとっては必ずしも正しくないことになる。

 しかも、それは単に違っているだけであって、どちらが正しいわけではないのだ」

「聴衆は異邦の珍しい話を聞きたがったが、それも彼らの耳に心地好いものに限られた。

 彼らは何も真実を求めていたわけではないのである」

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ジョーカー・ゲーム 柳広司

スピリッツで漫画化したゆえ、そっちの印象がつく前に原作を当たってみました。

ジョーカー・ゲーム Book ジョーカー・ゲーム

著者:柳 広司
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

「結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校〝D機関〟
 『スパイとは〝見えない存在〟であること』
 『殺人及び自死は最悪の選択肢』
 これが結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。
 軍隊組織の信条を真っ向から否定する〝D機関〟の存在は、
 当然、猛反発を招いた。
 だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く『魔王』―結城中佐は、
 魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を挙げ、
 陸軍内の敵をも出し抜いてゆく」

感想

なかなかに面白かったです。

5編の作品からなる連作短編集ゆえ1作1作は短のですが、短い中にもしっかりと伏線が張られており、それが回収されていくのは読んでいてとても心地よいです。

魔王こと結城中佐が非常にカッコいいのも○。 上記の戒律をはじめ思考のバランスが良いのです。

こういう頭の良い人間になりたいものですね。

ちなみに表紙は「北神伝綺」「木島日記」「八雲百怪」というマニアックな民俗学漫画(多重人格探偵サイコの大塚氏が原作)の絵師さんと同じ方。

漫画だと変で読みにくいけれど、一枚絵のこういうイラストは非常に巧いと思う絵師さんです。

で、この表紙も非常に渋いです。

抜粋
「貴様が何を信じていようがかまわん。
 キリストだろうがマホメットだろうがイワシの頭だろうが、
 勝手に信じるがいい。
 もし本当に自分の頭で考え抜いたすえに、
 それを信じているのならな」

「〝取り込み〟の基本は飴と鞭。
 相手の弱点をつかみ、
 それと引き換えにささいなことを要求する。
 自分で盗むのは駄目だが、
 盗みに入るタイミングを教えるのは構わない。
 食事に毒を盛るのは駄目だが、
 睡眠薬を入れるだけならやってもいい。
 自分の手で人を殺すことはできないが、
 見殺しにするのはかまわない…。
 圧力と報酬のバランスが問題なのだ。
 人によって、どこまで良心の呵責を感じず、
 平気でやれるかは違ってくる。
 相手の心の中を読み切ること。
 基本的手口は存在しない。
 スパイの任務では常に、
 相手や状況に応じて臨機応変に対応することこそが重要だ」

「死ぬこと、それ自体は少しも難しいことではない。
 死ぬことなど誰にでも出来る。
 問題は、死んだからといって
 失敗の任務を背負うことにはならないということだ」

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト | 1:エッセイ | 1:哲学・思想 | 1:国際・比較文化 | 1:宗教 | 1:心理・精神 | 1:怪談 | 1:情報操作・メディア論 | 1:戦争・紛争 | 1:政治・政策 | 1:教育・育児 | 1:有害・殺人者 | 1:歴史 | 1:死・高齢者問題 | 1:物理・化学 | 1:特定地域 | 1:犯罪・法律 | 1:生物・生理・医療 | 1:社会・一般教養 | 1:経済・経営・格差 | 1:絵本・児童書 | 1:美術・写真集・画集 | 1:自己啓発 | 1:自然・環境 | 1:複雑系 | 1:食 | 2:7SEEDS | 2:ARMS | 2:BLEACH | 2:DEAHT NOTE | 2:Fate/stay night | 2:Fate/Zero | 2:ONE PIECE | 2:RAINBOW | 2:ULTRAMAN | 2: 短編漫画 | 2:よんでますよ、アザゼルさん | 2:アウターゾーン | 2:アバンチュリエ | 2:キングダム | 2:クレイモア | 2:クロサギ | 2:ゴーストハント | 2:シマシマ | 2:スパイラル | 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION | 2:ディアスポリス | 2:ピアノの森 | 2:フルーツバスケット | 2:ベルセルク | 2:マギ(MAGI) | 2:ヴァムピール | 2:ヴァンパイア十字界 | 2:京極堂シリーズ | 2:勇午 | 2:医龍 | 2:図書館の主 | 2:夏目友人帳 | 2:天の覇王 ラオウ外伝 | 2:奇食ハンター | 2:探偵学園Q | 2:月光条例 | 2:江戸川乱歩異人館 | 2:罪と罰 | 2:聖闘士星矢G | 2:金田一少年の事件簿 | 2:鋼の錬金術師 | 2:鬼燈の島 | 2:魔人探偵 脳噛ネウロ | 2:魔法少女まどかマギカ | 2:Doubt | 2:ジョジョの奇妙な冒険 | 2:マリー・アントワネットの料理人 | 2:ルミとマヤとその周辺 | 3:おつまみ | 3:お店(スイーツ) | 3:お店(吉野家) | 3:お店(BigBoy) | 3:お店(お食事) | 3:お店(すき家) | 3:お店(びっくりドンキー) | 3:お店(ガスト) | 3:お店(ケーキ) | 3:お店(パン) | 3:お店(ラーメン) | 3:お店(和菓子) | 3:お店(松屋) | 3:お店(祭太鼓) | 3:お店(The・丼) | 3:お店(サイゼリヤ) | 3:お店(マクドナルド) | 3:お店(ロイヤルホスト) | 3:お弁当 | 3:からあげくん | 3:ご当地系お菓子 | 3:その他のお菓子 | 3:その他のスイーツ | 3:その他の食品 | 3:アイス(その他) | 3:アイス(チョコ) | 3:アイス(フルーツ) | 3:アイス(モナカ) | 3:アイス(和風) | 3:アイス(氷菓) | 3:エクレア | 3:グミ | 3:ケーキ | 3:コンビニパスタ | 3:シュークリーム | 3:スイーツ | 3:スナック菓子 | 3:ゼリー | 3:チョコレート | 3:チロルチョコ | 3:パン(ランチパック) | 3:パン(惣菜パン) | 3:パン(菓子パン・あん) | 3:パン(菓子パン・その他) | 3:パン(菓子パン・クリーム) | 3:パン(菓子パン・ジャム) | 3:パン(菓子パン・フルーツ) | 3:パン(菓子・蒸し) | 3:パン(野菜系) | 3:プリン | 3:ポテトチップス | 3:ヨーグルト | 3:ロールケーキ | 3:冷凍食品 | 3:和菓子 | 3:奇食 | 3:寒天スイーツ | 3:納豆 | 3:豆乳スイーツ | 3:食玩 | 3:飲料 | 3:飲料(その他) | 3:飲料(フルーツ) | 3:飲料(清涼飲料水) | 3:飲料(炭酸) | 3:飲料(茶) | 3:飲料(野菜) | 3:飴 | 3:餃子・焼売 | 3:インスタント(そば) | 3:インスタント(うどん) | 3:インスタント(おかゆ) | 3:インスタント(スープ) | 3:インスタント(焼きそば) | 3:インスタント(ラーメン) | 4:アクション映画 | 4:アニメ映画 | 4:コメディ映画 | 4:サスペンス映画 | 4:スポーツ映画 | 4:ホラー映画 | 4:モンスター映画 | 4:恋愛映画 | 4:SF映画 | 5:TV番組(ドラマ系) | 5:TV番組(ニュース系) | 5:アクセス記録 | 5:ゲーム | 5:コンビニ日記 | 5:バトン | 5:フラッシュ | 5:ブログラム | 5:モンハンプレイ日記 | 5:動画 | 5:文化・芸術 | 5:東北大震災応援 | 5:派遣・短期バイト日記 | 5:男の手料理 | 5:笑える画像集 | 5:記録(購入漫画記録) | 5:記録(購入&読了本) | 5:雑記 | 5:面白占い | 5:音楽 | 5:フィギュア | 5:フィギュア-超像可動 | 5:フィギュア‐figma | 5:フィギュア‐特撮リボルテック | 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ | 5:フィギュア‐プラモ | 6:小説-その他 | 6:小説-ファンタジー | 6:小説-ホラー | 6:小説-ミステリ | 6:小説-恋愛 | 6:小説-感動 | 6:小説-文学 | 6:小説-歴史 | 6:小説-SF | 6:小説-ライトノベル | 7:ア 「天祢涼」 | 7:ア 「我孫子武丸」 | 7:ア 「有川浩」 | 7:ア 「有栖川有栖」 | 7:ア 「浅田次郎」 | 7:ア 「秋元康」 | 7:ア 「綾辻行人」 | 7:ア 「芥川龍之介」 | 7:ア 「赤星香一郎」 | 7:ア 「麻見和史」 | 7:イ 「乾ルカ」 | 7:イ 「乾緑郎」 | 7:イ 「井上靖」 | 7:イ 「今邑彩」 | 7:イ 「伊坂幸太郎」 | 7:イ 「岩井俊二」 | 7:イ 「岩井志麻子」 | 7:イ 「岩城裕明」 | 7:イ 「石持浅海」 | 7:イ 「稲川淳二」 | 7:イ 「飯野文彦」 | 7:ウ 「宇佐美まこと」 | 7:ウ 「歌野晶午」 | 7:ウ 「浦賀和宏」 | 7:ウ 「虚淵玄」 | 7:エ 「円地文子」 | 7:エ 「江戸川乱歩」 | 7:エ 「遠藤周作」 | 7:エ 「遠藤徹」 | 7:オ 「乙一」 | 7:オ 「大塚英志」 | 7:オ 「大石圭」 | 7:オ 「太田忠司」 | 7:オ 「小栗虫太郎」 | 7:オ 「小野不由美」 | 7:オ 「岡島二人」 | 7:オ 「岡田晴恵」 | 7:オ 「恩田陸」 | 7:オ 「荻原浩」 | 7:カ 「加納朋子」 | 7:カ 「川上未映子」 | 7:カ 「川原礫」 | 7:カ 「川崎草志」 | 7:カ 「川瀬七緒」 | 7:カ 「川端康成」 | 7:カ 「海堂尊」 | 7:カ 「神永学」 | 7:カ 「金沢伸明」 | 7:カ 「鎌田俊夫」 | 7:カ 「門井慶喜」 | 7:カ 「霞流一」 | 7:キ 「京極夏彦」 | 7:キ 「北方謙三」 | 7:キ 「北林一光」 | 7:キ 「北森鴻」 | 7:キ 「北野勇作」 | 7:キ 「貴志祐介」 | 7:ク 「倉坂鬼一郎」 | 7:ク 「鯨統一郎」 | 7:ク 「黒井千次」 | 7:コ 「小松左京」 | 7:コ 「小林泰三」 | 7:コ 「小池真理子」 | 7:コ 「香月日輪」 | 7:ゴ 「五味弘文」 | 7:サ 「坂木司」 | 7:サ 「桜庭一樹」 | 7:サ 「沙藤一樹」 | 7:サ 「酒見賢一」 | 7:シ 「周木律」 | 7:シ 「城山三郎」 | 7:シ 「城平京」 | 7:シ 「島田荘司」 | 7:シ 「新堂冬樹」 | 7:シ 「新海誠」 | 7:シ 「真藤順丈」 | 7:シ 「篠田節子」 | 7:シ 「重松清」 | 7:シ 「雫井脩介」 | 7:シ 「首藤瓜於」 | 7:ス 「朱雀門出」 | 7:ス 「椙本孝思」 | 7:ス 「鈴木光司」 | 7:ス 「雀野日名子」 | 7:セ 「瀬名秀明」 | 7:ソ 「曽根圭介」 | 7:タ 「多岐川恭」 | 7:タ 「拓未司」 | 7:タ 「田中啓文」 | 7:タ 「竹本健治」 | 7:タ 「高木利光」 | 7:タ 「高田侑」 | 7:タ 「高田崇史」 | 7:タ 「高野和明」 | 7:ツ 「恒川光太郎」 | 7:ツ 「辻村深月」 | 7:ト 「戸板康二」 | 7:ト 「飛浩隆」 | 7:ド 「土橋真二郎」 | 7:ナ 「七尾与史」 | 7:ナ 「中勘助」 | 7:ナ 「中山七里」 | 7:ナ 「中山市朗」 | 7:ナ 「中田永一」 | 7:ナ 「夏目漱石」 | 7:ナ 「奈須きのこ」 | 7:ナ 「梨木香歩」 | 7:ナ 「長坂秀佳」 | 7:ナ 「長崎尚志」 | 7:ナ 「長江俊和」 | 7:ニ 「二宮敦人」 | 7:ニ 「新津きよみ」 | 7:ニ 「西尾維新」 | 7:ヌ 「貫井徳郎」 | 7:ノ 「法月綸太郎」 | 7:ハ 「半村良」 | 7:ハ 「服部まゆみ」 | 7:ハ 「林巧」 | 7:ハ 「畠中恵」 | 7:ハ 「葉山透」 | 7:バ 「坂東眞砂子」 | 7:バ 「幡大介」 | 7:ヒ 「平山夢明」 | 7:ヒ 「東山彰良」 | 7:ヒ 「百田尚樹」 | 7:フ 「福井晴敏」 | 7:フ 「福澤徹三」 | 7:フ 「福谷修」 | 7:フ 「藤ダリオ」 | 7:フ 「藤原健市」 | 7:フ 「話梅子」 | 7:ホ 「堀井拓馬」 | 7:ホ 「堀内公太郎」 | 7:ホ 「堀川アサコ」 | 7:ホ 「本多考好」 | 7:マ 「松本清張」 | 7:マ 「牧野修」 | 7:マ 「真梨幸子」 | 7:マ 「麻耶雄嵩」 | 7:ミ 「三上延」 | 7:ミ 「三好徹」 | 7:ミ 「三島由紀夫」 | 7:ミ 「三津田信三」 | 7:ミ 「三浦綾子」 | 7:ミ 「三田村志郎」 | 7:ミ 「三谷幸喜」 | 7:ミ 「宮ノ川顕」 | 7:ミ 「宮部みゆき」 | 7:ミ 「水田美意子」 | 7:ミ 「湊かなえ」 | 7:ミ 「道尾秀介」 | 7:モ 「森博嗣」 | 7:モ 「森山東」 | 7:ヤ 「山口瞳」 | 7:ヤ 「山田悠介」 | 7:ヤ 「山田正紀」 | 7:ヤ 「柳原慧」 | 7:ヤ 「柳広司」 | 7:ヤ 「梁石日」 | 7:ヤ 「矢部嵩」 | 7:ユ 「夢枕獏」 | 7:ユ 「夢野久作」 | 7:ユ 「柚月裕子」 | 7:ユ 「行川渉」 | 7:ヨ 「よしもとばなな」 | 7:ヨ 「吉岡暁」 | 7:ヨ 「吉村昭」 | 7:ヨ 「吉田修一」 | 7:ヨ 「吉行淳之介」 | 7:ヨ 「米澤穂信」 | 7:リ 「リリー・フランキー」 | 7:ワ 「和田はつ子」 | 7:ワ 「和田竜」 | 7:ワ 「綿矢りさ」 | 8:ジョージ・G・ロビンソン | 8:スーザン・ケイ | 8:スティーヴン・キング | 8:ダン・ブラウン | 8:トマス・ハリス | 8:ドストエフスキー | 8:バーム | 8:パトリシア・コーンウェル | 8:ホーキング | 8:ポール・ギャリコ | 8:モーリス・ルブラン | 8:リチャード・プレストン | 8:ロバート・A・ハインライン