白ゆき姫殺人事件 湊かなえ著

「告白」が非常に面白かったゆえ注目している作家さんの1人。

でもその後の読んだ「少女」「贖罪」「Nのために」「夜行観覧車」はイマイチな感想でそこから読むの止まってた。

が、今回はけっこう面白そうだし、井上真央主演の映画版が気になってるゆえ購入してみた。

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。

ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。

人人への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。

ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は加熱する一方。

匿名という名の皮を被った悪意と集団心理。

噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか。

読書感想

正直そんなに期待してなかったのだけどけっこう面白かった。

「告白」と同じような文体に加え、これまでの小説では見られていない試みが色々とされているのが楽しかった。

記事はあったような気はするが、ネットのつぶやきがこういう風に入ってるのは初見(探せば先行している作品がある可能性はあるが)。

内容に関しては、映画版のCMでは「ネット炎上」がテーマの一つのようになっていたが、そうではなく「自覚のない悪意(解説より)」の方が正しいと感じた。

このあたりの目のつけどころは良いし、上記のような試みも絡まって、読んでいて楽しいと感じることにができたが、それに対する作者の考えが伝わって来なかった印象。

それもあってか読後感は微妙。

なんかこうモヤモヤしたものが残る。

もう少しこのテーマを掘り下げてほしかった。

犯人当ての要素は少なく、ミステリよりもサスペンスに分類した方がよい作品かなと(それらの分類の境界定義はいまいちはっきりしないけど)。

このあたりを解説では絶賛していたが、ちょっと気持ち悪かった。

むしろあまりミステリ要素を意識させずに、いきなりドンと驚かせる感じで犯人が明らかになるリードの仕方を褒めるなら理解できるのだが。

なんにせよ面白い作品であり、これがどういう風に映画化されているかは非常に気になるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贖罪 湊かなえ著

だいぶ前に読みました。

贖罪 (ミステリ・フロンティア) Book 贖罪 (ミステリ・フロンティア)

著者:湊 かなえ
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

つぐないって何をすることなの?

穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。

犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない4人の少女たちに投げつけられた劇場の言葉が、彼女体の運命を大きく狂わせることになる・・・

これで約束は、果たせたことになるのでしょうか?

感想

面白かったです。

文章を大ヒットした「告白」系に戻してはいます。

「告白」ほどの勢いはありませんが、この書き方はいいですね。

でもって連作短編というのは好きです。

きちんと話も繋がってますし。

ラストのカタルシスは「告白」に及ばないものの、全体的によく出来た話だと思います。

あの人(償いの語り手)の罪には、もっとしかるべき罰をと思いますが。

・フランス人形

この変態チックな感じはいいですね。

・PTA臨時総会

社会風刺が効いてるのがポイント高しです。

・くまの兄弟

なんかやるせないです。

この連作短編の中で一番後味悪い感じです。

・とつきとおか

妊娠に関するろくでもない展開はなぜか嫌な感じが強いのです。

というわけでこの章は嫌悪感が。

・償い

ここまでのまとめ。

パズルが完成していくのが楽しいですね。

まあほぼ完成してるパズルなわけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少女 湊かなえ

デビュー作「告白」がなかなかよかったので購入。

少女 (ハヤカワ・ミステリワールド) Book 少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)

著者:湊 かなえ
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「高2の夏休み前、
 由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。
 彼女はかつての親友の自殺を目にしたというのだ。
 その告白に魅せられた二人の胸にある思いが浮かぶ―
 『人が死ぬ瞬間が見たい』。
 由紀は病院へボランティアに行き、
 重病の少年の死を、
 敦子は老人ホームで手伝いをし、
 入居者の死を目撃しようとする。
 少女たちの無垢な好奇心から始まった夏が、
 複雑な因果の果てにむかえた衝撃の結末とは?」

感想

微妙でした。

色々と因果という伏線を張っているのだけど、かなりわかりやすすぎでした。

読みながらこれはここと結びついて、ラストでこうなってというのがドンピシャ。

ここまで読みきれるのも珍しい気がしました。

でもってこの設定は「夏の庭」と似てる、と思いました。ゆえにどうにも二番煎じという感がいなめないと。

ニヒリスティックというかアイロニカルというかシニカルというか、そういう視点で書かれてる部分が多いのだけど、どうにもこうにも重さが足りないとも。

少女の独白チックの文体で書かれているから、ねらって軽くしているのかも知れないけれど。

あと、部屋主自身が早い段階で人の死に触れたことがあったゆえ、主人公の少女たちにいまいち共感できなかったというのもポイントだとも思います。

巧いと思う部分もあるけど、全体的にはスイーツ(だっけ?)な印象。

抜粋

「自分は不器用だという人の大半は、
 気が利かないだけなのだ」

「あんたがそれほど不幸だと言うなら、
 わたしとあんなの人生をそっくりそのまま入れ替えてあげる。
 それに抵抗があるうちは、
 あんたはまだ、
 世界一不幸ってわけじゃない」

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

告白 湊かなえ

知人の紹介で読みました。

告白 Book 告白

著者:湊 かなえ
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

あらすじらしきもの

「愛美は事故で死んだのではありません。
 このクラスの生徒に殺されたのです」(帯より)

感想

非常に面白かったですね。

実にアイロニカルにでシニカルで部屋主好みな展開でした。

しかもそれだけでなく良く考えさせられる作品でもありました。

深く読もうと思えばかも知れないですが。

少年犯罪と更正、罪と罰、愛と憎しみ、償いに復讐。

赦しがいまいち想定されてないのが少し残念ではありますが。

後味が悪いということだったから、そういうものを期待していたけど、個人的には爽快なラストでありました。

部屋主にはこれで良いと感じました。

というか、部屋主が彼女ならそうすると想像するからです。

ただ、だからといってこれで問題が解決(正解)かというとまったくそうではなく、新たな罪や哀しみが生まれるわけでして。

結局のところ、いかんともし難いのが人間という存在なわだということを再認識。

少し前にとある漫画で、

「人間の愛は、あなたが考えるほど―ちっぽけじゃない」

という言葉を目にしたが、それとは逆にまさにこの事件などは愛が罪を生んだと言うべき側面があろう。

ゆえに、某有名漫画の、「滅びよ人間達 お前たちの愛は壊れている」 という台詞を思い出したりです。
(本当はこれの前の長々した部分も抜粋したかったのだけど 本自体は実家ゆえこの短いフレーズだけの抜粋となりました)

それにしてもこの作者これがデビュー作というから驚きます。これくらい書けるような力が欲しいですね。

抜粋

道を踏み外して、
 その後更正した人よりも、
 もともと道を踏み外すようなことをしなかった人の方が
 えらいに決まっています


「堕胎は殺人です」

行動を個人の倫理観に委ねるというのは、
 やはり、理想でしかないのでしょうか


「選ばれた非凡人は、
 新たな世の中の成長のためなら
 現行秩序を踏み越える権利を持つ」(『罪と罰より』)

「己が馬鹿だということを知っているからだ」

「徐々に自分が馬鹿になっていくような気がしたが、
 馬鹿は意外と心地よく、
 このまま馬鹿一家の一員になってもいいと思うくらいだった」

『へぇ、おもしろいじゃん』とは言っても、
 『どうなってるの?』とは誰一人聞いてこなかった。
 馬鹿にとっては目に見えていること、
 それも、己に直接関係あることだけがすべてで、
 中の仕組みを知ろうなどとは思いもしないのだ。
 だから馬鹿なのだろうが、つまらなかった


「命は泡より軽くても、
 死体は鉄のかたまり重い」

自分が選ばれた人間だと思っているあなたこそが、
 一番、何もわかっていない人間、
 あなたが言うところの馬鹿ではないのでしょうか


「すべてを水に流せる復讐などありえないのだ、
 と気づきました」

これを抜粋していてつくづく自分が中二病だと再確認(苦笑)

ゆえに第五章「信奉者」が一番しっくりきてたりです。

ラストの2つはそんな自分への戒めとして、「私はちゃんとわかってる」という顔をしてみる。

馬鹿ほど理屈をこねたがるものです

だって(苦笑)

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト | 1:エッセイ | 1:哲学・思想 | 1:国際・比較文化 | 1:宗教 | 1:心理・精神 | 1:怪談 | 1:情報操作・メディア論 | 1:戦争・紛争 | 1:政治・政策 | 1:教育・育児 | 1:有害・殺人者 | 1:歴史 | 1:死・高齢者問題 | 1:物理・化学 | 1:特定地域 | 1:犯罪・法律 | 1:生物・生理・医療 | 1:社会・一般教養 | 1:経済・経営・格差 | 1:絵本・児童書 | 1:美術・写真集・画集 | 1:自己啓発 | 1:自然・環境 | 1:複雑系 | 1:食 | 2:7SEEDS | 2:ARMS | 2:BLEACH | 2:DEAHT NOTE | 2:Fate/stay night | 2:Fate/Zero | 2:ONE PIECE | 2:RAINBOW | 2:ULTRAMAN | 2: 短編漫画 | 2:よんでますよ、アザゼルさん | 2:アウターゾーン | 2:アバンチュリエ | 2:キングダム | 2:クレイモア | 2:クロサギ | 2:ゴーストハント | 2:シマシマ | 2:スパイラル | 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION | 2:ディアスポリス | 2:ピアノの森 | 2:フルーツバスケット | 2:ベルセルク | 2:マギ(MAGI) | 2:ヴァムピール | 2:ヴァンパイア十字界 | 2:京極堂シリーズ | 2:勇午 | 2:医龍 | 2:図書館の主 | 2:夏目友人帳 | 2:天の覇王 ラオウ外伝 | 2:奇食ハンター | 2:探偵学園Q | 2:月光条例 | 2:江戸川乱歩異人館 | 2:罪と罰 | 2:聖闘士星矢G | 2:金田一少年の事件簿 | 2:鋼の錬金術師 | 2:鬼燈の島 | 2:魔人探偵 脳噛ネウロ | 2:魔法少女まどかマギカ | 2:Doubt | 2:ジョジョの奇妙な冒険 | 2:マリー・アントワネットの料理人 | 2:ルミとマヤとその周辺 | 3:おつまみ | 3:お店(スイーツ) | 3:お店(吉野家) | 3:お店(BigBoy) | 3:お店(お食事) | 3:お店(すき家) | 3:お店(びっくりドンキー) | 3:お店(ガスト) | 3:お店(ケーキ) | 3:お店(パン) | 3:お店(ラーメン) | 3:お店(和菓子) | 3:お店(松屋) | 3:お店(祭太鼓) | 3:お店(The・丼) | 3:お店(サイゼリヤ) | 3:お店(マクドナルド) | 3:お店(ロイヤルホスト) | 3:お弁当 | 3:からあげくん | 3:ご当地系お菓子 | 3:その他のお菓子 | 3:その他のスイーツ | 3:その他の食品 | 3:アイス(その他) | 3:アイス(チョコ) | 3:アイス(フルーツ) | 3:アイス(モナカ) | 3:アイス(和風) | 3:アイス(氷菓) | 3:エクレア | 3:グミ | 3:ケーキ | 3:コンビニパスタ | 3:シュークリーム | 3:スイーツ | 3:スナック菓子 | 3:ゼリー | 3:チョコレート | 3:チロルチョコ | 3:パン(ランチパック) | 3:パン(惣菜パン) | 3:パン(菓子パン・あん) | 3:パン(菓子パン・その他) | 3:パン(菓子パン・クリーム) | 3:パン(菓子パン・ジャム) | 3:パン(菓子パン・フルーツ) | 3:パン(菓子・蒸し) | 3:パン(野菜系) | 3:プリン | 3:ポテトチップス | 3:ヨーグルト | 3:ロールケーキ | 3:冷凍食品 | 3:和菓子 | 3:奇食 | 3:寒天スイーツ | 3:納豆 | 3:豆乳スイーツ | 3:食玩 | 3:飲料 | 3:飲料(その他) | 3:飲料(フルーツ) | 3:飲料(清涼飲料水) | 3:飲料(炭酸) | 3:飲料(茶) | 3:飲料(野菜) | 3:飴 | 3:餃子・焼売 | 3:インスタント(そば) | 3:インスタント(うどん) | 3:インスタント(おかゆ) | 3:インスタント(スープ) | 3:インスタント(焼きそば) | 3:インスタント(ラーメン) | 4:アクション映画 | 4:アニメ映画 | 4:コメディ映画 | 4:サスペンス映画 | 4:スポーツ映画 | 4:ホラー映画 | 4:モンスター映画 | 4:恋愛映画 | 4:SF映画 | 5:TV番組(ドラマ系) | 5:TV番組(ニュース系) | 5:アクセス記録 | 5:ゲーム | 5:コンビニ日記 | 5:バトン | 5:フラッシュ | 5:ブログラム | 5:モンハンプレイ日記 | 5:動画 | 5:文化・芸術 | 5:東北大震災応援 | 5:派遣・短期バイト日記 | 5:男の手料理 | 5:笑える画像集 | 5:記録(購入漫画記録) | 5:記録(購入&読了本) | 5:雑記 | 5:面白占い | 5:音楽 | 5:フィギュア | 5:フィギュア-超像可動 | 5:フィギュア‐figma | 5:フィギュア‐特撮リボルテック | 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ | 5:フィギュア‐プラモ | 6:小説-その他 | 6:小説-ファンタジー | 6:小説-ホラー | 6:小説-ミステリ | 6:小説-恋愛 | 6:小説-感動 | 6:小説-文学 | 6:小説-歴史 | 6:小説-SF | 6:小説-ライトノベル | 7:ア 「天祢涼」 | 7:ア 「我孫子武丸」 | 7:ア 「有川浩」 | 7:ア 「有栖川有栖」 | 7:ア 「浅田次郎」 | 7:ア 「秋元康」 | 7:ア 「綾辻行人」 | 7:ア 「芥川龍之介」 | 7:ア 「赤星香一郎」 | 7:ア 「麻見和史」 | 7:イ 「乾ルカ」 | 7:イ 「乾緑郎」 | 7:イ 「井上靖」 | 7:イ 「今邑彩」 | 7:イ 「伊坂幸太郎」 | 7:イ 「岩井俊二」 | 7:イ 「岩井志麻子」 | 7:イ 「岩城裕明」 | 7:イ 「石持浅海」 | 7:イ 「稲川淳二」 | 7:イ 「飯野文彦」 | 7:ウ 「宇佐美まこと」 | 7:ウ 「歌野晶午」 | 7:ウ 「浦賀和宏」 | 7:ウ 「虚淵玄」 | 7:エ 「円地文子」 | 7:エ 「江戸川乱歩」 | 7:エ 「遠藤周作」 | 7:エ 「遠藤徹」 | 7:オ 「乙一」 | 7:オ 「大塚英志」 | 7:オ 「大石圭」 | 7:オ 「太田忠司」 | 7:オ 「小栗虫太郎」 | 7:オ 「小野不由美」 | 7:オ 「岡島二人」 | 7:オ 「岡田晴恵」 | 7:オ 「恩田陸」 | 7:オ 「荻原浩」 | 7:カ 「加納朋子」 | 7:カ 「川上未映子」 | 7:カ 「川原礫」 | 7:カ 「川崎草志」 | 7:カ 「川瀬七緒」 | 7:カ 「川端康成」 | 7:カ 「海堂尊」 | 7:カ 「神永学」 | 7:カ 「金沢伸明」 | 7:カ 「鎌田俊夫」 | 7:カ 「門井慶喜」 | 7:カ 「霞流一」 | 7:キ 「京極夏彦」 | 7:キ 「北方謙三」 | 7:キ 「北林一光」 | 7:キ 「北森鴻」 | 7:キ 「北野勇作」 | 7:キ 「貴志祐介」 | 7:ク 「倉坂鬼一郎」 | 7:ク 「鯨統一郎」 | 7:ク 「黒井千次」 | 7:コ 「小松左京」 | 7:コ 「小林泰三」 | 7:コ 「小池真理子」 | 7:コ 「香月日輪」 | 7:ゴ 「五味弘文」 | 7:サ 「坂木司」 | 7:サ 「桜庭一樹」 | 7:サ 「沙藤一樹」 | 7:サ 「酒見賢一」 | 7:シ 「周木律」 | 7:シ 「城山三郎」 | 7:シ 「城平京」 | 7:シ 「島田荘司」 | 7:シ 「新堂冬樹」 | 7:シ 「新海誠」 | 7:シ 「真藤順丈」 | 7:シ 「篠田節子」 | 7:シ 「重松清」 | 7:シ 「雫井脩介」 | 7:シ 「首藤瓜於」 | 7:ス 「朱雀門出」 | 7:ス 「椙本孝思」 | 7:ス 「鈴木光司」 | 7:ス 「雀野日名子」 | 7:セ 「瀬名秀明」 | 7:ソ 「曽根圭介」 | 7:タ 「多岐川恭」 | 7:タ 「拓未司」 | 7:タ 「田中啓文」 | 7:タ 「竹本健治」 | 7:タ 「高木利光」 | 7:タ 「高田侑」 | 7:タ 「高田崇史」 | 7:タ 「高野和明」 | 7:ツ 「恒川光太郎」 | 7:ツ 「辻村深月」 | 7:ト 「戸板康二」 | 7:ト 「飛浩隆」 | 7:ド 「土橋真二郎」 | 7:ナ 「七尾与史」 | 7:ナ 「中勘助」 | 7:ナ 「中山七里」 | 7:ナ 「中山市朗」 | 7:ナ 「中田永一」 | 7:ナ 「夏目漱石」 | 7:ナ 「奈須きのこ」 | 7:ナ 「梨木香歩」 | 7:ナ 「長坂秀佳」 | 7:ナ 「長崎尚志」 | 7:ナ 「長江俊和」 | 7:ニ 「二宮敦人」 | 7:ニ 「新津きよみ」 | 7:ニ 「西尾維新」 | 7:ヌ 「貫井徳郎」 | 7:ノ 「法月綸太郎」 | 7:ハ 「半村良」 | 7:ハ 「服部まゆみ」 | 7:ハ 「林巧」 | 7:ハ 「畠中恵」 | 7:ハ 「葉山透」 | 7:バ 「坂東眞砂子」 | 7:バ 「幡大介」 | 7:ヒ 「平山夢明」 | 7:ヒ 「東山彰良」 | 7:ヒ 「百田尚樹」 | 7:フ 「福井晴敏」 | 7:フ 「福澤徹三」 | 7:フ 「福谷修」 | 7:フ 「藤ダリオ」 | 7:フ 「藤原健市」 | 7:フ 「話梅子」 | 7:ホ 「堀井拓馬」 | 7:ホ 「堀内公太郎」 | 7:ホ 「堀川アサコ」 | 7:ホ 「本多考好」 | 7:マ 「松本清張」 | 7:マ 「牧野修」 | 7:マ 「真梨幸子」 | 7:マ 「麻耶雄嵩」 | 7:ミ 「三上延」 | 7:ミ 「三好徹」 | 7:ミ 「三島由紀夫」 | 7:ミ 「三津田信三」 | 7:ミ 「三浦綾子」 | 7:ミ 「三田村志郎」 | 7:ミ 「三谷幸喜」 | 7:ミ 「宮ノ川顕」 | 7:ミ 「宮部みゆき」 | 7:ミ 「水田美意子」 | 7:ミ 「湊かなえ」 | 7:ミ 「道尾秀介」 | 7:モ 「森博嗣」 | 7:モ 「森山東」 | 7:ヤ 「山口瞳」 | 7:ヤ 「山田悠介」 | 7:ヤ 「山田正紀」 | 7:ヤ 「柳原慧」 | 7:ヤ 「柳広司」 | 7:ヤ 「梁石日」 | 7:ヤ 「矢部嵩」 | 7:ユ 「夢枕獏」 | 7:ユ 「夢野久作」 | 7:ユ 「柚月裕子」 | 7:ユ 「行川渉」 | 7:ヨ 「よしもとばなな」 | 7:ヨ 「吉岡暁」 | 7:ヨ 「吉村昭」 | 7:ヨ 「吉田修一」 | 7:ヨ 「吉行淳之介」 | 7:ヨ 「米澤穂信」 | 7:リ 「リリー・フランキー」 | 7:ワ 「和田はつ子」 | 7:ワ 「和田竜」 | 7:ワ 「綿矢りさ」 | 8:ジョージ・G・ロビンソン | 8:スーザン・ケイ | 8:スティーヴン・キング | 8:ダン・ブラウン | 8:トマス・ハリス | 8:ドストエフスキー | 8:バーム | 8:パトリシア・コーンウェル | 8:ホーキング | 8:ポール・ギャリコ | 8:モーリス・ルブラン | 8:リチャード・プレストン | 8:ロバート・A・ハインライン