首折り男のための協奏曲 伊坂幸太郎著

いまだにモンハンプレイ中と仕事が忙しいため久々の記事。

伊坂さんの作品は映画化した「ゴールデンスランバー」と、会社の人に薦められて読んだ「オーデュオポンの祈り」に続き三作目。

「死神の精度」も別の社員から薦められているが未読。

なぜこっちを先に読んだかと問われるとサイン本だったからつい購入してしまったから。

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

殺し屋の事情、黒澤の窮地、クワガタの憂鬱―

首折り男は首を折り、

探偵は物を盗み、

小説家は物語を紡ぎ、

あたたはー、この本を貪り読む!

「贅沢すぎる連作集!」

(帯より)

収録

「首折り男の周辺」

「濡れ衣の話」

「僕の舟」

「人間らしく」

「月曜日から逃げろ」

「相談役の話」

「合コンの話」

感想

上記の2作と比較して面白かった。

連作集ということでもちろん当たり外れもあるが、各話とも短い中にも色々と趣向がこらされていて楽しめる作品集かと。

ただ、すべての作品が絡んでるタイプの連絡集と思って読むと少し凹む。

絡んでいる作品もあるが、登場人物が微妙にかぶっていたり、少し触れられているくらいで本編と関係ないという形が主なので。

ということで各話感想。

●「首折り男の周辺」

首折り男の設定が面白い。

が、ただそれだけどいう印象。

ラストがというか彼の死は納得いかずというかよくわからん。

●「濡れ衣の話」

1話目の続きというか補完というか。

こういう投げられた感のラストは好きじゃないのよね。

そこまでは面白いだけに・・・

●「僕の舟」

好き。

たぶん昔は嫌いなタイプの話かもだが。

無理やり感のある当てはめも(作中でキャラクター自身もつっこんでる)含めてほっこりした。

●「人間らしく」

メタ的というかなんというか。

嫌いではない。

●「月曜日から逃げろ」

こういうタイプも好き。

もちろん途中で気付いたよ。

蛇足かもだけど結末を書いてほしかったな。

勧善懲悪的なね。

●「相談役の話」

ホラーポジションだったのかな?

この作品中で一番面白くなかった。

●「合コンの話」

書き方が面白かった。

肩すかしをくらった感じも多大にある(連作集の最後の話と言うことで勝手にこれまでの不明な点がつながる期待もしてたから)。

が、それを抜きにすると良い短編だと思う。

舟の話と同じく昔なら面白さが理解できなかった可能性あり。

とまぁこんな感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎著

読みたい本が山積みの中、仕事が忙しくて全く読めてないゆえ、ちょっとぶりの読書感想(小説)です。

会社の同僚に何かオススメの本はありますかと聞いたらコレの名前が挙がったので購入。

以前に、面白いとのことで読んだ「ゴールデンスランバー」が全くだったのでかなり久々の伊坂作品です。

オーデュボンの祈り (新潮文庫) Book オーデュボンの祈り (新潮文庫)

著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。

江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。

嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。

次の日、カカシが殺される。

無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。

未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止できなかったのか?

感想

微妙…というか面白くなかったです。

なんだろう世界観が合わないのかな。

シュールといえばシュールだし、メタ的な感じもあり、それらの要素は嫌いではないものの、この作中ではいまいち乗れないとでもいえばいいのかな「。

正直なにが良いのかよくわからないです。

ラストも微妙だし、ミステリとしてもどうなのかなと思うし。

とはいえまったく面白くなかったかといえば、妙に続きが気になるってのはあるといえばあるかなとも。

どう締めるのかはかなり気になりましたね。

印象に残っている場面としてはは、ばあ様が「受け入れること」を学んだところと、桜が「理由になってない」とあの人を撃ったところが笑えたってところくらいですね。

特に後者は失笑しながらこうきたかと(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎

年間に部屋主の倍は小説を読んでいるであろう「ぼちぼち」の「ちきちき」さんが、2007年度に面白かった本の1位に推薦してたので購入してみました。

何気に伊坂さん初挑戦。

ゴールデンスランバー Book ゴールデンスランバー

著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

国のために自分の人生がどうなっても構わない」と本気で思っている稀な政治家と称され、自ら「理想を実現するために政治家になった」と語り、半年前に若干50歳で野党から首相にまで上り詰めた傑物「金田貞義」。

ところが、出身地である宮城県の仙台で凱旋パレードを行っている最中、金田首相は何者かのラジコン爆弾により殺害されてしまうのです。

2年前に発生した連続殺人事件のため、全国で初めて情報監視区域に指定されている仙台はいち早く道路を封鎖、監視のために各地に設置されているセキュリティポッドの情報を使い翌日には容疑者を特定しました。

容疑者の名前は「青柳雅春」

2年前にアイドルを暴漢から救ったことで一躍時の人となった過去を持つ宅配ドライバーでした。

・・・

事件から20年

関係者のほとんどが事件後になぜか次々に死んでいったために、様々な憶測が飛び交うも、真相が闇の中に消えた金田首相暗殺事件ですが、今では誰もが青柳雅春が犯人だとは思ってはいません

この物語は、首相暗殺の濡れ衣を着せられた男が、巨大な陰謀から逃げるために必死で戦った数日間の記録です・・・

部屋主の感想

なかなかに面白かったです。

まず伏線に関してですが、けっこう頻繁に張られてますが、だからどうしたという程度のもや、すぐにわかるものがほとんどってのはいただけませんでした。

また、こういうラストは正直好きではありません。ネタバレするのであまり色々と書けませんが基本的に部屋主は勧善懲悪的なのが好きです。(ホントの最後のああいう演出と伏線は好きだったりもしますが)。

でもって、どうにもご都合主義的なところが多いことは嫌な感じですし、妙に納得いきかねる部分も多いように思えます。

主人公たちの携帯電話での位置探索などへの無知さも妙にイライラしたりもしましたし。

で、妙に軽いです。

部屋主が最近ハマってる「京極夏彦」氏や、以前から好きな「瀬名秀明」氏や「三津田信三」氏の作品のような重さ(読みにくさとも云う)が感じられませんでした。

まぁ重さに関しては、この物語の中でポイントとなる「メディア批判的な要素」についての知識が、部屋主にはかなりたっぷりあるからかもですが。

と、ここまで悪口ばかり書いてきましたが、最初に書いたように面白かったわけだったりします。

最初に結論を出して、先が気になる風に読者を誘導するのは少々卑怯かとも思いますが、先が気になって気になって仕方がありませんでした

しかも非常に読みやすいので(上記の軽さがここに至ると軽妙になります)、スラスラとページが捲れていく快感が味わえます。

ちなみに部屋主はこの本を8連勤の6日目から7日目という疲れがピークに達している状態なのに徹夜して読んでしまいました。

結末に不満はあるものの、サクサクと物語が進む、見ていて飽きのこない、スリル・笑い・お涙ありで気がつくと終わってるといった類のゆるく楽しめる映画を見た後のような感じでした。

もちろんマスコミ批判や、監視社会に対する疑問といった、重い楽しみ方も可能かと思います。

軽いノスタルジックさを味わえるのも良いですしね。

この本の部屋主のグッときた台詞&格言

帰るべき故郷、って言われるとさ、思い浮かぶのは、あの時の俺たちなんだよ

なんか思わずシンミリしてしまいました。まぁタイトルからしてこういう感じ意味(黄金のまどろみ)らしいですが。

マスコミってのは、無茶はしないんだ。ノリで行動しても、ジャンプするのは安全地帯の中でさ。叩くのはいつだって、叩いても平気だ、と分ってから

マスゴミ・・・じゃなくてマスコミについてうま~く皮肉ってる一文かと思います。けっこうこういうのは好きですね。

なんか、そんな気がするんですよね。今はもうあの頃に戻れないし。昔は返る道があったのに。いつの間にかみんな、年取って

これまたしんみりしました。

名乗らない、正義の味方のお前たち。本当に雅春が犯人だと信じているのなら、賭けてみろ。金じゃねえぞ、何か自分の人生にとって大事なものを賭けろ。お前たちは今、それだけのことをやっているんだ。俺たちの人生を、勢いだけで潰す気だ。いいか、これがおまえたちの仕事だということは認める。仕事というものはそういうものだ。ただな、自分の仕事が他人の人生を台無しにするかもしれねえんだったら、覚悟はいるんだよ。バスの運転手も、ビルの設計士も、料理人もな、みんな最善の注意を払ってやってんだよ。なぜなら、他人の人生を背負ってるからだ。覚悟を持てよ

主人公の父宅にマスコミが襲来した時の親父殿の台詞です。カッコいいです。

それにしてもバスにビルに料理をピンポイントで攻撃してるのは、少し前からの偽装やらなんやらに対する風刺ですかね。こういうのはポイント高しです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト | 1:エッセイ | 1:哲学・思想 | 1:国際・比較文化 | 1:宗教 | 1:心理・精神 | 1:怪談 | 1:情報操作・メディア論 | 1:戦争・紛争 | 1:政治・政策 | 1:教育・育児 | 1:有害・殺人者 | 1:歴史 | 1:死・高齢者問題 | 1:物理・化学 | 1:特定地域 | 1:犯罪・法律 | 1:生物・生理・医療 | 1:社会・一般教養 | 1:経済・経営・格差 | 1:絵本・児童書 | 1:美術・写真集・画集 | 1:自己啓発 | 1:自然・環境 | 1:複雑系 | 1:食 | 2:7SEEDS | 2:ARMS | 2:BLEACH | 2:DEAHT NOTE | 2:Fate/stay night | 2:Fate/Zero | 2:ONE PIECE | 2:RAINBOW | 2:ULTRAMAN | 2: 短編漫画 | 2:よんでますよ、アザゼルさん | 2:アウターゾーン | 2:アバンチュリエ | 2:キングダム | 2:クレイモア | 2:クロサギ | 2:ゴーストハント | 2:シマシマ | 2:スパイラル | 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION | 2:ディアスポリス | 2:ピアノの森 | 2:フルーツバスケット | 2:ベルセルク | 2:マギ(MAGI) | 2:ヴァムピール | 2:ヴァンパイア十字界 | 2:京極堂シリーズ | 2:勇午 | 2:医龍 | 2:図書館の主 | 2:夏目友人帳 | 2:天の覇王 ラオウ外伝 | 2:奇食ハンター | 2:探偵学園Q | 2:月光条例 | 2:江戸川乱歩異人館 | 2:罪と罰 | 2:聖闘士星矢G | 2:金田一少年の事件簿 | 2:鋼の錬金術師 | 2:鬼燈の島 | 2:魔人探偵 脳噛ネウロ | 2:魔法少女まどかマギカ | 2:Doubt | 2:ジョジョの奇妙な冒険 | 2:マリー・アントワネットの料理人 | 2:ルミとマヤとその周辺 | 3:おつまみ | 3:お店(スイーツ) | 3:お店(吉野家) | 3:お店(BigBoy) | 3:お店(お食事) | 3:お店(すき家) | 3:お店(びっくりドンキー) | 3:お店(ガスト) | 3:お店(ケーキ) | 3:お店(パン) | 3:お店(ラーメン) | 3:お店(和菓子) | 3:お店(松屋) | 3:お店(祭太鼓) | 3:お店(The・丼) | 3:お店(サイゼリヤ) | 3:お店(マクドナルド) | 3:お店(ロイヤルホスト) | 3:お弁当 | 3:からあげくん | 3:ご当地系お菓子 | 3:その他のお菓子 | 3:その他のスイーツ | 3:その他の食品 | 3:アイス(その他) | 3:アイス(チョコ) | 3:アイス(フルーツ) | 3:アイス(モナカ) | 3:アイス(和風) | 3:アイス(氷菓) | 3:エクレア | 3:グミ | 3:ケーキ | 3:コンビニパスタ | 3:シュークリーム | 3:スイーツ | 3:スナック菓子 | 3:ゼリー | 3:チョコレート | 3:チロルチョコ | 3:パン(ランチパック) | 3:パン(惣菜パン) | 3:パン(菓子パン・あん) | 3:パン(菓子パン・その他) | 3:パン(菓子パン・クリーム) | 3:パン(菓子パン・ジャム) | 3:パン(菓子パン・フルーツ) | 3:パン(菓子・蒸し) | 3:パン(野菜系) | 3:プリン | 3:ポテトチップス | 3:ヨーグルト | 3:ロールケーキ | 3:冷凍食品 | 3:和菓子 | 3:奇食 | 3:寒天スイーツ | 3:納豆 | 3:豆乳スイーツ | 3:食玩 | 3:飲料 | 3:飲料(その他) | 3:飲料(フルーツ) | 3:飲料(清涼飲料水) | 3:飲料(炭酸) | 3:飲料(茶) | 3:飲料(野菜) | 3:飴 | 3:餃子・焼売 | 3:インスタント(そば) | 3:インスタント(うどん) | 3:インスタント(おかゆ) | 3:インスタント(スープ) | 3:インスタント(焼きそば) | 3:インスタント(ラーメン) | 4:アクション映画 | 4:アニメ映画 | 4:コメディ映画 | 4:サスペンス映画 | 4:スポーツ映画 | 4:ホラー映画 | 4:モンスター映画 | 4:恋愛映画 | 4:SF映画 | 5:TV番組(ドラマ系) | 5:TV番組(ニュース系) | 5:アクセス記録 | 5:ゲーム | 5:コンビニ日記 | 5:バトン | 5:フラッシュ | 5:ブログラム | 5:モンハンプレイ日記 | 5:動画 | 5:文化・芸術 | 5:東北大震災応援 | 5:派遣・短期バイト日記 | 5:男の手料理 | 5:笑える画像集 | 5:記録(購入漫画記録) | 5:記録(購入&読了本) | 5:雑記 | 5:面白占い | 5:音楽 | 5:フィギュア | 5:フィギュア-超像可動 | 5:フィギュア‐figma | 5:フィギュア‐特撮リボルテック | 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ | 5:フィギュア‐プラモ | 6:小説-その他 | 6:小説-ファンタジー | 6:小説-ホラー | 6:小説-ミステリ | 6:小説-恋愛 | 6:小説-感動 | 6:小説-文学 | 6:小説-歴史 | 6:小説-SF | 6:小説-ライトノベル | 7:ア 「天祢涼」 | 7:ア 「我孫子武丸」 | 7:ア 「有川浩」 | 7:ア 「有栖川有栖」 | 7:ア 「浅田次郎」 | 7:ア 「秋元康」 | 7:ア 「綾辻行人」 | 7:ア 「芥川龍之介」 | 7:ア 「赤星香一郎」 | 7:ア 「麻見和史」 | 7:イ 「乾ルカ」 | 7:イ 「乾緑郎」 | 7:イ 「井上靖」 | 7:イ 「今邑彩」 | 7:イ 「伊坂幸太郎」 | 7:イ 「岩井俊二」 | 7:イ 「岩井志麻子」 | 7:イ 「岩城裕明」 | 7:イ 「石持浅海」 | 7:イ 「稲川淳二」 | 7:イ 「飯野文彦」 | 7:ウ 「宇佐美まこと」 | 7:ウ 「歌野晶午」 | 7:ウ 「浦賀和宏」 | 7:ウ 「虚淵玄」 | 7:エ 「円地文子」 | 7:エ 「江戸川乱歩」 | 7:エ 「遠藤周作」 | 7:エ 「遠藤徹」 | 7:オ 「乙一」 | 7:オ 「大塚英志」 | 7:オ 「大石圭」 | 7:オ 「太田忠司」 | 7:オ 「小栗虫太郎」 | 7:オ 「小野不由美」 | 7:オ 「岡島二人」 | 7:オ 「岡田晴恵」 | 7:オ 「恩田陸」 | 7:オ 「荻原浩」 | 7:カ 「加納朋子」 | 7:カ 「川上未映子」 | 7:カ 「川原礫」 | 7:カ 「川崎草志」 | 7:カ 「川瀬七緒」 | 7:カ 「川端康成」 | 7:カ 「海堂尊」 | 7:カ 「神永学」 | 7:カ 「金沢伸明」 | 7:カ 「鎌田俊夫」 | 7:カ 「門井慶喜」 | 7:カ 「霞流一」 | 7:キ 「京極夏彦」 | 7:キ 「北方謙三」 | 7:キ 「北林一光」 | 7:キ 「北森鴻」 | 7:キ 「北野勇作」 | 7:キ 「貴志祐介」 | 7:ク 「倉坂鬼一郎」 | 7:ク 「鯨統一郎」 | 7:ク 「黒井千次」 | 7:コ 「小松左京」 | 7:コ 「小林泰三」 | 7:コ 「小池真理子」 | 7:コ 「香月日輪」 | 7:ゴ 「五味弘文」 | 7:サ 「坂木司」 | 7:サ 「桜庭一樹」 | 7:サ 「沙藤一樹」 | 7:サ 「酒見賢一」 | 7:シ 「周木律」 | 7:シ 「城山三郎」 | 7:シ 「城平京」 | 7:シ 「島田荘司」 | 7:シ 「新堂冬樹」 | 7:シ 「新海誠」 | 7:シ 「真藤順丈」 | 7:シ 「篠田節子」 | 7:シ 「重松清」 | 7:シ 「雫井脩介」 | 7:シ 「首藤瓜於」 | 7:ス 「朱雀門出」 | 7:ス 「椙本孝思」 | 7:ス 「鈴木光司」 | 7:ス 「雀野日名子」 | 7:セ 「瀬名秀明」 | 7:ソ 「曽根圭介」 | 7:タ 「多岐川恭」 | 7:タ 「拓未司」 | 7:タ 「田中啓文」 | 7:タ 「竹本健治」 | 7:タ 「高木利光」 | 7:タ 「高田侑」 | 7:タ 「高田崇史」 | 7:タ 「高野和明」 | 7:ツ 「恒川光太郎」 | 7:ツ 「辻村深月」 | 7:ト 「戸板康二」 | 7:ト 「飛浩隆」 | 7:ド 「土橋真二郎」 | 7:ナ 「七尾与史」 | 7:ナ 「中勘助」 | 7:ナ 「中山七里」 | 7:ナ 「中山市朗」 | 7:ナ 「中田永一」 | 7:ナ 「夏目漱石」 | 7:ナ 「奈須きのこ」 | 7:ナ 「梨木香歩」 | 7:ナ 「長坂秀佳」 | 7:ナ 「長崎尚志」 | 7:ナ 「長江俊和」 | 7:ニ 「二宮敦人」 | 7:ニ 「新津きよみ」 | 7:ニ 「西尾維新」 | 7:ヌ 「貫井徳郎」 | 7:ノ 「法月綸太郎」 | 7:ハ 「半村良」 | 7:ハ 「服部まゆみ」 | 7:ハ 「林巧」 | 7:ハ 「畠中恵」 | 7:ハ 「葉山透」 | 7:バ 「坂東眞砂子」 | 7:バ 「幡大介」 | 7:ヒ 「平山夢明」 | 7:ヒ 「東山彰良」 | 7:ヒ 「百田尚樹」 | 7:フ 「福井晴敏」 | 7:フ 「福澤徹三」 | 7:フ 「福谷修」 | 7:フ 「藤ダリオ」 | 7:フ 「藤原健市」 | 7:フ 「話梅子」 | 7:ホ 「堀井拓馬」 | 7:ホ 「堀内公太郎」 | 7:ホ 「堀川アサコ」 | 7:ホ 「本多考好」 | 7:マ 「松本清張」 | 7:マ 「牧野修」 | 7:マ 「真梨幸子」 | 7:マ 「麻耶雄嵩」 | 7:ミ 「三上延」 | 7:ミ 「三好徹」 | 7:ミ 「三島由紀夫」 | 7:ミ 「三津田信三」 | 7:ミ 「三浦綾子」 | 7:ミ 「三田村志郎」 | 7:ミ 「三谷幸喜」 | 7:ミ 「宮ノ川顕」 | 7:ミ 「宮部みゆき」 | 7:ミ 「水田美意子」 | 7:ミ 「湊かなえ」 | 7:ミ 「道尾秀介」 | 7:モ 「森博嗣」 | 7:モ 「森山東」 | 7:ヤ 「山口瞳」 | 7:ヤ 「山田悠介」 | 7:ヤ 「山田正紀」 | 7:ヤ 「柳原慧」 | 7:ヤ 「柳広司」 | 7:ヤ 「梁石日」 | 7:ヤ 「矢部嵩」 | 7:ユ 「夢枕獏」 | 7:ユ 「夢野久作」 | 7:ユ 「柚月裕子」 | 7:ユ 「行川渉」 | 7:ヨ 「よしもとばなな」 | 7:ヨ 「吉岡暁」 | 7:ヨ 「吉村昭」 | 7:ヨ 「吉田修一」 | 7:ヨ 「吉行淳之介」 | 7:ヨ 「米澤穂信」 | 7:リ 「リリー・フランキー」 | 7:ワ 「和田はつ子」 | 7:ワ 「和田竜」 | 7:ワ 「綿矢りさ」 | 8:ジョージ・G・ロビンソン | 8:スーザン・ケイ | 8:スティーヴン・キング | 8:ダン・ブラウン | 8:トマス・ハリス | 8:ドストエフスキー | 8:バーム | 8:パトリシア・コーンウェル | 8:ホーキング | 8:ポール・ギャリコ | 8:モーリス・ルブラン | 8:リチャード・プレストン | 8:ロバート・A・ハインライン