霧越邸殺人事件 上下 綾辻行人著

お気に入り作家の綾辻さんの作品ということで購入。

昔の作品のリメイクらしい。

表紙が素晴らしく綺麗。

重ねると一人の顏になるが、眼の感じからして別人かな。

上(向かって右)の表情の方が好み。

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

1986年、晩秋。

劇団「暗色天幕」の一行は、信州の山中に建つ謎の館「霧越邸」を訪れる。

冷たい家人たちの対応。

邸内で発生する不可思議な現象の数々。

見え隠れする何者からの怪しい影。

吹雪で孤立した壮麗なる“美の館”を舞台に今、恐ろしくも美しき連続殺人劇の幕が上がる

読書感想

面白かった。

閉ざされ系の館に、密室こそないが歌による見立て連続殺人という典型的本格ミステリ設定に燃えた。

他にも色々と凝ってるし、さすがだなぁ、巧いなぁと思う部分も多いものの、必要以上に重畳であまり抑揚がなく長く感じたせいか、なんか妙に乗れなかった感じがあることはある。

ほぼ一気に読み切ったわりに、途中で疲れてしまいあまり推理に力を入れれず、もういいかという感じで解決編に入ってしまったのが、そう感じるのに拍車をかけたのかもしれない。

読む人によっては卑怯と思う構成かも知れないが、あれだけヒントを出してるゆえ部屋主としてはコレはありかなと。

ただ、その程度のことに気づけなかったあたり相当疲れてたのか、考える力が低下したのか…とけっこう凹んだ。

あと、こういう系の見立て連続殺人は大抵がこういう構成にならざるを得ないわけだし。

動機の1つについては賛否両論あると思うが、これを理解できると書くと厨ニ病とか言われそうだが、コレついてはなんとなくわかるような気がしないでもない。

とりあえず、色んな美術品があり、この館自体が芸術品という感じの霧越邸

ラストのおまけ対談はここ20年のミステリ界の動向の裏話的なものもあって、ミステリファンにとして楽めた。

京極夏彦や三津田信三というお気に入り作家の名前が出てくると妙に嬉しいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Another エピソードS 綾辻行人著

映画化もアニメ化もした作品「Another」のアナザーストーリー。

「Another」自体はそんなに好きな作品というわけでもないのだが(してやられたけど)、綾辻さんの作品が好きなので購入。

サイン本だったしで。

表紙も素敵。

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「見えるの?きみには僕が」

「見える…けど」

答えて彼女は右の目をすっと細くする。

左の眼には蒼い義眼の冷めやかな光が。

1998年、夏休み。

両親とともに海辺の別荘にやってきた見崎鳴、15歳。

そこで出会ったのは、かつての鳴と同じ夜見山中学の三年三組で不可思議な<現象>を経験した青年・賢木晃也の幽霊、だった。

謎めいた古い屋敷を舞台に―死の前後の記憶を失い、消えたみずからの死体を探しつづけている幽霊と鳴の、奇妙な秘密の冒険が始まるのだが…

読書感想(小説)

微妙でした。

まず物語的にイマイチだなと。

「Another」との関連性による縛りなどがあるとしても、これははショボすぎかなと思いますね。

ほぼなんの動きもないのです。

綾辻さんお得意のアレはあるものの、まずそれしかなとというのがわかりやすすぎだし、簡単な消去法でそこにたどり着けるのが残念。

また厚さの割には分量はスカスカなのですぐに読めるってのも、なんか損した気分になるし。

ホラー要素もゼロと言っても差し支えないレベルなのも残念。

続編ももちろん読みたいなとは思ってるけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深泥丘奇談 綾辻行人著

お気に入り作家の綾辻さんのホラー作品ということで購入。

部屋主の独断ランク:D

独断ホラーランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「この世にはね、不思議なことがあるものなのです」

作家が住まう“奇妙な京都”を舞台に―せめぎあう日常と超常、くりかえす怪異と忘却。

ぐらあぁっ、と世界が揺れる、記憶が揺らぐ。

「私」が見ているこの“現実”は、いったいどこに通じているのか?

読書感想

いまいちでした。

期待しすぎてたってのもありますが。

まずほとんど怖くないです。

不思議な話や奇妙は話でほぼ構成されています。

綾辻さんの作品なので、これはなんの伏線なんだろうと思ってたところが多々あったのですが、結局なにも意味がわからないままというところばかり(これはまぁ部屋主の過剰反応だけど)。

読み方を間違えた感じ。

むしろ不思議で愉快な感じがしないでもないと。

あと、あらすじの一行目が明らかに京極堂をパロってるなと。

と、思ってたら本文でも出てきて吹きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリークス 綾辻行人著

知人が部屋主好みということで紹介してくれたました。

フリークス (角川文庫)

フリークス (角川文庫)

著者:綾辻 行人

フリークス (角川文庫)

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「J・Mを殺したのは誰か?」

巨大な才能と劣等感を抱えたマッドサイエンティストは、五人の子供に人体改造手術を施し、“怪物”と呼んで責め苛む。

ある日、惨殺死体となって発見されたJ・Mは、いったいどの子供に殺されたのか?

小説家の「私」と探偵の「彼」が謎に挑めば、そこに異界への扉が開く。

本格ミステリとホラー、そして異形への真摯な愛が生み出した歪み真珠のような三つの物語・・・

感想

面白かったです。

ミステリとしても(江戸川乱歩的な)よかったですし、ホラーとしてもまずまず(グロい系)でしたし、話全体の歪み具合が心地良かったです。

知人が部屋主にすすめてくれたわけがよくわかりました。

ということで各話感想。

1話 夢魔の手 三一三号室の患者

気に入りました。

オチに関してはこうくるだろうなと思っていたものでしたか(こういうラストはあまり好きではない)、それに至る過程はさすがに読み切れずでした(二転三転する系は好き)。

というか乱歩的なこういうのは規制がかかってダメだと勝手に思い込んでいましたがよかったんですね。

2話 四〇九号室の患者

まずまずですかね。

これまた二転三転する展開が好みでしたし、ラストに関しては完璧に読み切ったので満足です。

3話 フリークス 五六四号室の患者

面白かったです。

この全体を覆う嫌な感じやグロさ。

規制がかからずでよかったです。

オチに関してはこれまでの流れをふまえて読み切ったのですが、ミステリとしてはさっぱりわからなかったのが情けないです。

最近本格から少し離れてたといは悔しいです。

ちょっと強引じゃねとかそれも偽装の可能性が!などと言い訳してみましたが、ミステリではこれくらいは許容範囲ですよね。

ちくしょーです。

この3作の中では一番本格的なミステリでした。

短いながらもいろいろと伏線が張ってあって楽しめましたし。

抜粋

「“正常”という概念のいかがわしさについて、

 僕たちは常に、もっともっと自覚的あらねばならない。

 そう思わないかい?

 云うまでもない話だが

 この世界に厳密な意味でのノーマルなど存在しやしない。

 多かれ少なかれ、僕たちはみんな畸形なのさ。

 そもそも人間なんていう動物そのものが

 突然変異的に生まれた恐るべき畸形種なんだ。

 ねぇ、そうだろう?

 自分はノーマルだと云い聞かせて安定を求めるか、

 フリークであるという事実を引き受けて世界に臨むか。

 これは実に重要な分岐点だ。

 はて、君はどちらを選ぶ?

 どちらを望む?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくり館の殺人 綾辻行人著

久々の更新。

びっくり館の殺人 (講談社文庫) Book びっくり館の殺人 (講談社文庫)

著者:綾辻 行人
販売元:講談社
発売日:2010/08/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

あらすじらしきもの

あやしい噂が囁かれるお屋形町の洋館、その名もびっくり館。

館に住む少年と友達になった三知矢たちは、少年の祖父が演じる異様な腹話術劇に慄くが・・・

クリスマスの夜、ついに勃発する密室の惨劇!

悪夢の果てに待ち受ける戦慄の真相とは!

感想

微妙でした。

館シリーズの第8弾ということですが、正直これまでの館シリーズとはかなり印象が違いました。

それもそのはず「かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド」という企画で書かれた作品だったからだそうです。

大人として読むと、これまでの館シリーズとして読むと微妙な印象ですが、子どもの頃を自分を意識して感想を考えてみると(ここは驚くだろうなとか)、けっこうというかかなり印象が変わる作品のように思えます。

子ども目線で読むと、びっくり館の構造とかそこに登場する奇妙な人形とか、そして最後のどんでん返しとか、かなりドキドキしたはず。

これを読んでミステリに興味を持ってくれるお子さんが増えたらうれしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗黒館の殺人4 綾辻行人

読みました。

暗黒館の殺人〈4〉 (講談社文庫) Book 暗黒館の殺人〈4〉 (講談社文庫)

著者:綾辻 行人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

血塗られた浦登家の系譜を受け継ぐ者は誰?

漆黒の館を包み込むのは断罪の炎か。

逆転に次ぐ逆転の果て、とうとう事件は明らかになったかに見えたが・・・

感想

これまでの作品と比較して少々ずるいかなと思ったけど、全体的にはやはり面白かったですね。

トリックそのものにはけっこう早い段階で当たりをつけてたのですが、他にもあれもこれも伏線だったのだと驚きました。

最初に少しずるいかなと書いたけれど、これだけ伏線を張ってるなら、フェアといえばフェアかもと思うくらいです。

この作品だけでも楽しめますが、これまでのシリーズをちゃんと読んでから読むことをオススメします。

シリーズを通して読んできた方が楽しめるところが多いので。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗黒館の殺人3 綾辻行人

読みました。

暗黒館の殺人〈3〉 (講談社文庫) Book 暗黒館の殺人〈3〉 (講談社文庫)

著者:綾辻 行人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

恐ろしき浦登家の秘密がついに語られる。

十八年前の<ダリアの日>に起こった不可解な事件―初代当主・玄遥の殺害。

幼少の玄児が目撃した怪人物は、不可解な状況下で忽然と姿を消した!?

死に抗う妄念が産んだ館。その深奥で謎はいよいよ縺れ深まり・・・

美しい双子姉妹を、信じがたい悲劇が襲う!

感想

なかなかに面白かったです。

2巻のラストくらいからいい感じになりはじめ、この3巻は部屋主の好みの暗い展開だったのでよかったです。

伏線が徐々に収束していくのがいいですね。

こういう風にいろんなところに貼られた伏線が回収されていくのは好きなので、基本的に長編が好きです。

さすがにこれは長いですけど。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗黒館の殺人2 綾辻行人

読みました。

暗黒館の殺人〈2〉 (講談社文庫) Book 暗黒館の殺人〈2〉 (講談社文庫)

著者:綾辻 行人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

食したまえ、この肉を・・・

浦登家の面面が唱和する。

<ダリアの宴>に参加した中也の身には何が?

激しい嵐で外界と途絶された中で、ついに勃発する不可解な連続殺人。

その動機とは?

・・・謎は複雑怪奇に絡み合い、暗黒館の闇とともに、ひたすらに深まりゆく!

感想

だんだん面白くなってきました。

ようやく殺人事件も発生しましたし、視点が切り替えも色々と別な考慮をしなくてよくなって読みやすくなりましたし、もともとこういう風に色んな視点から一つの物語を見るっていうのは好きですし。

まぁまだ色々と気になるところがありすぎてることはありすぎてるのですがね。

あとはラストがいい感じにグロいのも良い点でしょうか。

今後にも期待。

にしてもこんな館に住みたいものですね。

あんな風に迫られる主人公らしき中也がうらやましいです。と、この時点では思ってしまったり。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暗黒館の殺人1 綾辻行人

読みました。

暗黒館の殺人〈1〉 (講談社文庫) Book 暗黒館の殺人〈1〉 (講談社文庫)

著者:綾辻 行人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

あらすじらしきもの

蒼白い霧の峠を越えると、湖上の小島に建つ漆黒の館に辿り着く。忌まわしき影に包まれた浦登家の人々が住まう「暗黒館」。

当主の息子・玄児に招かれた大学生・中也は、数々の謎めいた出来事に曹禺する。

十角塔からの墜落者、座敷牢、美しい異形の双子、そして奇怪な宴・・・

感想

1巻だけではなんとも。

色々と思わせぶりなところが多すぎて、これはどういうことだろうと想像しすぎて正直読むのが面倒くさいです。

また記憶喪失系の出来事がかかわってくるのがいまいち好みではないというのも少しのれない理由の一つかもしれません。

ただ、座敷牢とか異形の双子とかの設定はたまらんです。

にしても600P近くあって事件らしい事件が発生しないし、探偵も不在というのが笑えます。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒猫館の殺人 綾辻行人

読みました。

黒猫館の殺人 (講談社文庫) Book 黒猫館の殺人 (講談社文庫)

著者:綾辻 行人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

6つめの「館」への招待状―自分が何者か調べてほしい。

推理作家鹿谷門実に会いたいと手紙を送ってきた老人はそう訴えた。

手がかりとして渡された「手記」には彼が遭遇した奇怪な殺人事件が綴られていた。

しかも事件が起きたその屋敷とはあの建築家中村青司の手になるものだった。

感想

面白かったです。

今回はキモになるトリックが部屋主的には2つあり、一つは早い段階であたりをつけていたのが当たったのですが、もう一つの方は、アレは何を意味するのかと疑問に想っていたのですが、アレが意味するところの知識がなく(これは恥ずかしい)ほとんど謎解き直前までさっぱりわからなかったりでした。

なので、その後の伏線回収がいつも以上に巧いなぁと思ってしまったわけです。

ただ、殺人等の展開におどろおどろしさが足りないというのが少し不満といえば不満だったりです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト | 1:エッセイ | 1:哲学・思想 | 1:国際・比較文化 | 1:宗教 | 1:心理・精神 | 1:怪談 | 1:情報操作・メディア論 | 1:戦争・紛争 | 1:政治・政策 | 1:教育・育児 | 1:有害・殺人者 | 1:歴史 | 1:死・高齢者問題 | 1:物理・化学 | 1:特定地域 | 1:犯罪・法律 | 1:生物・生理・医療 | 1:社会・一般教養 | 1:経済・経営・格差 | 1:絵本・児童書 | 1:美術・写真集・画集 | 1:自己啓発 | 1:自然・環境 | 1:複雑系 | 1:食 | 2:7SEEDS | 2:ARMS | 2:BLEACH | 2:DEAHT NOTE | 2:Fate/stay night | 2:Fate/Zero | 2:ONE PIECE | 2:RAINBOW | 2:ULTRAMAN | 2: 短編漫画 | 2:よんでますよ、アザゼルさん | 2:アウターゾーン | 2:アバンチュリエ | 2:キングダム | 2:クレイモア | 2:クロサギ | 2:ゴーストハント | 2:シマシマ | 2:スパイラル | 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION | 2:ディアスポリス | 2:ピアノの森 | 2:フルーツバスケット | 2:ベルセルク | 2:マギ(MAGI) | 2:ヴァムピール | 2:ヴァンパイア十字界 | 2:京極堂シリーズ | 2:勇午 | 2:医龍 | 2:図書館の主 | 2:夏目友人帳 | 2:天の覇王 ラオウ外伝 | 2:奇食ハンター | 2:探偵学園Q | 2:月光条例 | 2:江戸川乱歩異人館 | 2:罪と罰 | 2:聖闘士星矢G | 2:金田一少年の事件簿 | 2:鋼の錬金術師 | 2:鬼燈の島 | 2:魔人探偵 脳噛ネウロ | 2:魔法少女まどかマギカ | 2:Doubt | 2:ジョジョの奇妙な冒険 | 2:マリー・アントワネットの料理人 | 2:ルミとマヤとその周辺 | 3:おつまみ | 3:お店(スイーツ) | 3:お店(吉野家) | 3:お店(BigBoy) | 3:お店(お食事) | 3:お店(すき家) | 3:お店(びっくりドンキー) | 3:お店(ガスト) | 3:お店(ケーキ) | 3:お店(パン) | 3:お店(ラーメン) | 3:お店(和菓子) | 3:お店(松屋) | 3:お店(祭太鼓) | 3:お店(The・丼) | 3:お店(サイゼリヤ) | 3:お店(マクドナルド) | 3:お店(ロイヤルホスト) | 3:お弁当 | 3:からあげくん | 3:ご当地系お菓子 | 3:その他のお菓子 | 3:その他のスイーツ | 3:その他の食品 | 3:アイス(その他) | 3:アイス(チョコ) | 3:アイス(フルーツ) | 3:アイス(モナカ) | 3:アイス(和風) | 3:アイス(氷菓) | 3:エクレア | 3:グミ | 3:ケーキ | 3:コンビニパスタ | 3:シュークリーム | 3:スイーツ | 3:スナック菓子 | 3:ゼリー | 3:チョコレート | 3:チロルチョコ | 3:パン(ランチパック) | 3:パン(惣菜パン) | 3:パン(菓子パン・あん) | 3:パン(菓子パン・その他) | 3:パン(菓子パン・クリーム) | 3:パン(菓子パン・ジャム) | 3:パン(菓子パン・フルーツ) | 3:パン(菓子・蒸し) | 3:パン(野菜系) | 3:プリン | 3:ポテトチップス | 3:ヨーグルト | 3:ロールケーキ | 3:冷凍食品 | 3:和菓子 | 3:奇食 | 3:寒天スイーツ | 3:納豆 | 3:豆乳スイーツ | 3:食玩 | 3:飲料 | 3:飲料(その他) | 3:飲料(フルーツ) | 3:飲料(清涼飲料水) | 3:飲料(炭酸) | 3:飲料(茶) | 3:飲料(野菜) | 3:飴 | 3:餃子・焼売 | 3:インスタント(そば) | 3:インスタント(うどん) | 3:インスタント(おかゆ) | 3:インスタント(スープ) | 3:インスタント(焼きそば) | 3:インスタント(ラーメン) | 4:アクション映画 | 4:アニメ映画 | 4:コメディ映画 | 4:サスペンス映画 | 4:スポーツ映画 | 4:ホラー映画 | 4:モンスター映画 | 4:恋愛映画 | 4:SF映画 | 5:TV番組(ドラマ系) | 5:TV番組(ニュース系) | 5:アクセス記録 | 5:ゲーム | 5:コンビニ日記 | 5:バトン | 5:フラッシュ | 5:ブログラム | 5:モンハンプレイ日記 | 5:動画 | 5:文化・芸術 | 5:東北大震災応援 | 5:派遣・短期バイト日記 | 5:男の手料理 | 5:笑える画像集 | 5:記録(購入漫画記録) | 5:記録(購入&読了本) | 5:雑記 | 5:面白占い | 5:音楽 | 5:フィギュア | 5:フィギュア-超像可動 | 5:フィギュア‐figma | 5:フィギュア‐特撮リボルテック | 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ | 5:フィギュア‐プラモ | 6:小説-その他 | 6:小説-ファンタジー | 6:小説-ホラー | 6:小説-ミステリ | 6:小説-恋愛 | 6:小説-感動 | 6:小説-文学 | 6:小説-歴史 | 6:小説-SF | 6:小説-ライトノベル | 7:ア 「天祢涼」 | 7:ア 「我孫子武丸」 | 7:ア 「有川浩」 | 7:ア 「有栖川有栖」 | 7:ア 「浅田次郎」 | 7:ア 「秋元康」 | 7:ア 「綾辻行人」 | 7:ア 「芥川龍之介」 | 7:ア 「赤星香一郎」 | 7:ア 「麻見和史」 | 7:イ 「乾ルカ」 | 7:イ 「乾緑郎」 | 7:イ 「井上靖」 | 7:イ 「今邑彩」 | 7:イ 「伊坂幸太郎」 | 7:イ 「岩井俊二」 | 7:イ 「岩井志麻子」 | 7:イ 「岩城裕明」 | 7:イ 「石持浅海」 | 7:イ 「稲川淳二」 | 7:イ 「飯野文彦」 | 7:ウ 「宇佐美まこと」 | 7:ウ 「歌野晶午」 | 7:ウ 「浦賀和宏」 | 7:ウ 「虚淵玄」 | 7:エ 「円地文子」 | 7:エ 「江戸川乱歩」 | 7:エ 「遠藤周作」 | 7:エ 「遠藤徹」 | 7:オ 「乙一」 | 7:オ 「大塚英志」 | 7:オ 「大石圭」 | 7:オ 「太田忠司」 | 7:オ 「小栗虫太郎」 | 7:オ 「小野不由美」 | 7:オ 「岡島二人」 | 7:オ 「岡田晴恵」 | 7:オ 「恩田陸」 | 7:オ 「荻原浩」 | 7:カ 「加納朋子」 | 7:カ 「川上未映子」 | 7:カ 「川原礫」 | 7:カ 「川崎草志」 | 7:カ 「川瀬七緒」 | 7:カ 「川端康成」 | 7:カ 「海堂尊」 | 7:カ 「神永学」 | 7:カ 「金沢伸明」 | 7:カ 「鎌田俊夫」 | 7:カ 「門井慶喜」 | 7:カ 「霞流一」 | 7:キ 「京極夏彦」 | 7:キ 「北方謙三」 | 7:キ 「北林一光」 | 7:キ 「北森鴻」 | 7:キ 「北野勇作」 | 7:キ 「貴志祐介」 | 7:ク 「倉坂鬼一郎」 | 7:ク 「鯨統一郎」 | 7:ク 「黒井千次」 | 7:コ 「小松左京」 | 7:コ 「小林泰三」 | 7:コ 「小池真理子」 | 7:コ 「香月日輪」 | 7:ゴ 「五味弘文」 | 7:サ 「坂木司」 | 7:サ 「桜庭一樹」 | 7:サ 「沙藤一樹」 | 7:サ 「酒見賢一」 | 7:シ 「周木律」 | 7:シ 「城山三郎」 | 7:シ 「城平京」 | 7:シ 「島田荘司」 | 7:シ 「新堂冬樹」 | 7:シ 「新海誠」 | 7:シ 「真藤順丈」 | 7:シ 「篠田節子」 | 7:シ 「重松清」 | 7:シ 「雫井脩介」 | 7:シ 「首藤瓜於」 | 7:ス 「朱雀門出」 | 7:ス 「椙本孝思」 | 7:ス 「鈴木光司」 | 7:ス 「雀野日名子」 | 7:セ 「瀬名秀明」 | 7:ソ 「曽根圭介」 | 7:タ 「多岐川恭」 | 7:タ 「拓未司」 | 7:タ 「田中啓文」 | 7:タ 「竹本健治」 | 7:タ 「高木利光」 | 7:タ 「高田侑」 | 7:タ 「高田崇史」 | 7:タ 「高野和明」 | 7:ツ 「恒川光太郎」 | 7:ツ 「辻村深月」 | 7:ト 「戸板康二」 | 7:ト 「飛浩隆」 | 7:ド 「土橋真二郎」 | 7:ナ 「七尾与史」 | 7:ナ 「中勘助」 | 7:ナ 「中山七里」 | 7:ナ 「中山市朗」 | 7:ナ 「中田永一」 | 7:ナ 「夏目漱石」 | 7:ナ 「奈須きのこ」 | 7:ナ 「梨木香歩」 | 7:ナ 「長坂秀佳」 | 7:ナ 「長崎尚志」 | 7:ナ 「長江俊和」 | 7:ニ 「二宮敦人」 | 7:ニ 「新津きよみ」 | 7:ニ 「西尾維新」 | 7:ヌ 「貫井徳郎」 | 7:ノ 「法月綸太郎」 | 7:ハ 「半村良」 | 7:ハ 「服部まゆみ」 | 7:ハ 「林巧」 | 7:ハ 「畠中恵」 | 7:ハ 「葉山透」 | 7:バ 「坂東眞砂子」 | 7:バ 「幡大介」 | 7:ヒ 「平山夢明」 | 7:ヒ 「東山彰良」 | 7:ヒ 「百田尚樹」 | 7:フ 「福井晴敏」 | 7:フ 「福澤徹三」 | 7:フ 「福谷修」 | 7:フ 「藤ダリオ」 | 7:フ 「藤原健市」 | 7:フ 「話梅子」 | 7:ホ 「堀井拓馬」 | 7:ホ 「堀内公太郎」 | 7:ホ 「堀川アサコ」 | 7:ホ 「本多考好」 | 7:マ 「松本清張」 | 7:マ 「牧野修」 | 7:マ 「真梨幸子」 | 7:マ 「麻耶雄嵩」 | 7:ミ 「三上延」 | 7:ミ 「三好徹」 | 7:ミ 「三島由紀夫」 | 7:ミ 「三津田信三」 | 7:ミ 「三浦綾子」 | 7:ミ 「三田村志郎」 | 7:ミ 「三谷幸喜」 | 7:ミ 「宮ノ川顕」 | 7:ミ 「宮部みゆき」 | 7:ミ 「水田美意子」 | 7:ミ 「湊かなえ」 | 7:ミ 「道尾秀介」 | 7:モ 「森博嗣」 | 7:モ 「森山東」 | 7:ヤ 「山口瞳」 | 7:ヤ 「山田悠介」 | 7:ヤ 「山田正紀」 | 7:ヤ 「柳原慧」 | 7:ヤ 「柳広司」 | 7:ヤ 「梁石日」 | 7:ヤ 「矢部嵩」 | 7:ユ 「夢枕獏」 | 7:ユ 「夢野久作」 | 7:ユ 「柚月裕子」 | 7:ユ 「行川渉」 | 7:ヨ 「よしもとばなな」 | 7:ヨ 「吉岡暁」 | 7:ヨ 「吉村昭」 | 7:ヨ 「吉田修一」 | 7:ヨ 「吉行淳之介」 | 7:ヨ 「米澤穂信」 | 7:リ 「リリー・フランキー」 | 7:ワ 「和田はつ子」 | 7:ワ 「和田竜」 | 7:ワ 「綿矢りさ」 | 8:ジョージ・G・ロビンソン | 8:スーザン・ケイ | 8:スティーヴン・キング | 8:ダン・ブラウン | 8:トマス・ハリス | 8:ドストエフスキー | 8:バーム | 8:パトリシア・コーンウェル | 8:ホーキング | 8:ポール・ギャリコ | 8:モーリス・ルブラン | 8:リチャード・プレストン | 8:ロバート・A・ハインライン