コブラの眼 下巻

先日に引き続き下巻のレビューです。

コブラの眼〈下巻〉 Book コブラの眼〈下巻〉

著者:リチャード プレストン
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「自己食人」が「生物兵器」によるものだと突き止めたCDC(アメリカ疾病対策センター)の女性医師「アリス・オースティン」。

彼女はFBIの生物兵器担当の特別捜査官の「ウィリアム・ポプキンス」や、生物兵器の権威の退役軍人である「マーク・リトルベリー」らと共に、大規模な捜査体制を起こすように進言します。

「ホワイトハウス」をも動かしはじまった捜査ですが、犯人の手がかりはいっこうに発見できません。

一方、「コブラ」と名づけられた遺伝子操作されたウイルス兵器の被害者は続々と見つかり・・・

部屋主の感想

面白かったです。ラストの展開は個人的には不満ですが(挟まったポプキンスの描写が少し笑えるけれど想像するとかなり怖ろしいですが)。

上巻に続き、そのリアリティは見事です。

下巻でそれが巧みに表現されているのは、やはりその捜査手法のリアルさでしょうか。やっぱりここまで細かい捜査をしてるのかと思いましたよ。

そして何より驚いたのが、(ネタバレになるかもだけど)この「コブラ」によって引き起こされる症状(自己食人)は実際に存在する病気だということです。

そのうち病気について勉強してみたいと思いました。何かそういう本を知ってる方がおりましたら情報お願いします。

あと、犯人の行動理由にはちゃんと意味があるのです、それに部屋主は共感できたりします。その手法はともかく、何か対策を立てて動きださねばとは思います。

それにしても生物兵器テロ・・・怖ろしいです。どうやって防ぐのがいいのでしょうか・・・・

この本から部屋主が選ぶ格言

伝染病が拡大しはじめるとき、生と死を分かつのは往々にして<偶然>なのである

最近この手の本を読み漁ってましたがつくづくこう思います。ただ普段からの心がけと知識で生存の確率が上がることはもちろんです。

一方では病気の原因をつくって金を稼ぐ。もう一方ではその病気の治療法を開発して金を稼ぐ

よく漫画や映画の設定で見かけますが最低の発想かと。

ウイルスは常に一つの種から別の種に移り棲む。彼らは自分たちに集うの良い生態系の隙間―病原体に適した環境―を見つける能力を持っているのではないか、と考える研究者もいる

そしていつか人類を襲うと。これがウイルスの怖いところでしょう。

危険なのは、あくまでもそれを使う人間の意図なのだ

人ほど怖ろしいものはない。つくづくそう思います。悪意に限らないところなんかも特に。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コブラの眼 上巻

先日紹介した同著者による「ホット・ゾーン」が非常に面白かったので購入してみました。前著はノンフィクションですが、この作品はフィクションです。

ただ、この作品の基底をなす科学は現実のものであり、現実に起こりえる事柄に基づいています

コブラの眼〈上巻〉 Book コブラの眼〈上巻〉

著者:リチャード プレストン
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

ニューヨークの女子高で学ぶどこにでもいる少女「ケイト」。ある日彼女は突然奇妙な発作に起こします。

大量の鼻水を流しはじめたかと思うと、全身は痙攣をはじめます。さらに彼女は自分の口、唇を食べ始め、最終的に背中を大きくのけぞらして絶命します。

彼女の解剖を担当した、CDC(アメリカ疾病対策センター)の若き女性医師「アリス・オースティン」は、これは怖ろしい伝染病ではないかと独自に調査を開始し・・・

部屋主の感想

なかなかに面白いです。ただ上巻ではまだまだ盛り上がりに欠ける気がしないでもないです。

この作品の特徴は、フィクションにも関わらず、全編を通して巧みに表現されている圧倒的な「リアリティ」だと思います。

現実にあった事件などの記述、そして上記のようにそもそもこの物語の基底にある科学はリアル、そしてオウムの事件のように実際に起こりえることゆえのリアリティ。見事です。

すこし想像力のある方ならば、この小説で描かれていることの恐ろしさがよくわかると思います。

ただ全ての面において「ホット・ゾーン」の方が上のような気がします。先にどちらを読むかか問題のような気もしますが。

あと、この本のテーマである「生物兵器」や「遺伝子操作」といった知識を部屋主が持っていたということが「ホット・ゾーン」を高く評価している理由になってるかもしれません。

さて、全体的な感想はそのへんにして、細かい感想に。

上巻の見せ場はやはり被害者の解剖シーンだと思います。実に素晴らしいです。

人が解剖されてる様をリアルに思い浮かべることができるどころか、そこに漂っている臭いや緊張感まで伝わってくるようです。

ここだけでも読む価値があるかと思います。

またケイトの発作シーンも見事です。もしこんな発作をリアルに眼にしたら一生忘れられないことになると思います。

この本から部屋主が選ぶ格言

生物兵器の問題点は、その威力が小さいことではなく、大きすぎる点にある。それはあまりに強力なのだ。それから身を守ることは極めて難しい。それでいて製造は容易だし、コストも高くつかない

なんて怖ろしい言葉なのでしょうか・・・

肝心なのはどのくらい儲かるかであって、それがどんな危険に結びつくかなど、知っちゃいなかったんだろうよ

資本主義の合間をぬって・・・・

これがウイルスだとしたら、たぶん治療法は存在しなでしょう。ウイルス病の大半は治療不可能なんだから

これまた怖ろしい・・・

生物兵器の怖ろしいのはまさにその点ね。初期の犠牲者が比較的少なかったとしても、都市の救急・医療システムは全滅してしまうんだから

そういうことに従事してる人から死んでいく・・・これまた怖ろしい・・・

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ホット・ゾーン 下巻

先日に引き続き下巻のレビューです。

ホット・ゾーン〈下巻〉 Book ホット・ゾーン〈下巻〉

著者:リチャード プレストン
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

内容紹介のようなもの

アメリカはワシントン郊外の街「レストン」のモンキーハウスで、猿の謎の大量死事件が発生します。

死亡した猿からは、検査の結果、致死率90%を誇る悪魔のウイルス「エボラ・ザイール」の反応が。

「ユーサムリッド(アメリカ陸軍伝染病医学研究所)」や「CDC(疾病対策センター)」の研究者たちが、直ちに「バイオハザード」作戦に入るのですが、モンキーハウス職員が次々と倒れ・・・

部屋主の感想

上巻に続き、実に面白かったです。

歴史的にどうなるかを知ってはいても怖いものは怖いです。なぜなら他人事ではないからです。

不謹慎ながらワクワク感はモンキーハウスで猿が次々と死んでいく上巻の方が上かもですが、ウイルスが発見された後もユーサムリッドとCDCで政治的な縄張り争いをやってるあたり、下巻の方が怖くてドキドキします。

そんなことしている間に「アウトブレイク」したらどないするねんと思わず突っ込んでました。

そして、部屋主が1番怖かったのが、ウイルスに感染した可能性のある研究者たちが、それを上司や周りに隠したまま作戦に参加してる当たりです。

バレた場合、隔離されて二度と出て来れない可能性があるから、人間として仕方ない反応かとも思いますし、エボラが空気感染する可能性が低い(知られてないだけで可能性はないことはない)ウイルスだからかも知れませんが、これは洒落にならないことだと思います。

ウイルス、その対策、自然との共存、実に様々なことを考えさせてくれる良書だと思います。

ここを見てくれてる皆様に是非とも読んでみて欲しい1冊です。

抜粋

エアコン・システムからほんのわずかなエボラがビルに侵入しただけで、そこに立ち働く人々を皆殺しにできるにちがいない。それはまさにプルトニウムにも匹敵する。いや、プルトニウムより始末が悪い。なぜなら、エボラはいくらでも増殖できるのだから

増殖する。これがウイルスの怖さの1つかと思います。

「『会社の内規では一度注射するたびに針をこうかんすることになってますがね』彼は言った。『それがどの程度厳密に守られているかとなると、なんとも言えませんね』

営業利益追求、資本主義社会の怖さがここに現れているかと思います。

生物学にあっては、明瞭なものは何一つない。全ては混沌として、複雑に絡み合っている。何かを発見したと思って表層を一皮むくと、その下からもっと複雑な様相が現れる

生物学に限ったことではないですが、ウイルスは日々変化します。ゆえに怖ろしいのだと思います。

微生物が死滅したかどうか、明瞭にはだれも知りえない

そもそも見えないですからね。そしてもし死滅していなければまたそこから増殖するという怖さがあると。

今後、もしウイルスの遺伝子コードがほんのわずかでも変化すれば、それは咳によって人間に伝染するようになるかもしれない。そのとき、人類はおそらく、存亡の分かれ目に立たされるだろう

日々変化するウイルス。この作品に登場するエボラがインフルエンザのように空気感染すると想像すると・・・おぉ、怖ろしい・・・

エイズ、エボラをはじめ多くの熱帯雨林系のウイルスが出現した事は、熱帯生物圏が破壊された当然の結果のように思えてならない

これはあくまで著者の想像ですが、思わず頷いてしまいそうになります。

あと、この本を読んだ後にこの映画を見ると面白さが倍増ですね。先に見ておくと、本文中の宇宙服とかのイメージとかがしやすいかと。

アウトブレイク DVD アウトブレイク

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/06/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

現実は映画にようにいかないから怖いのですよね。実際映画のような方法では「エボラ」は治療不可能ですゆえ。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ホット・ゾーン 上巻

漫画版を10年ほど前に読んで以来、読みたかった本が兄弟子に当たるKさんからもらった本の中に入ってました。

Book ホット・ゾーン〈上巻〉

著者:リチャード プレストン
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

内容紹介のようなもの

脳、内臓を溶かし、目、鼻、口など、体中の穴という穴から血の滴が滲み出し、最終的に「炸裂」して周囲にウイルス入りの血液を撒き散らしながら宿主を殺してしまう奇病「エボラ出血熱」。その致死率はなんと50%~90%

アフリカ中央部でアウトブレイクした「エボラ」は、アメリカの首都ワシントン近郊の町、「レストン」のモンキー・ハウスにも突如出現し・・・

プルトニウムよりも怖ろしいそのウイルスを、最高度機密保持態勢のもとにはじまった制圧作戦。

その全貌を描き出し、感染の恐怖に耐えながら、ウィルス制圧に命を賭ける兵士や学者の素顔に迫るノンフィクションです。

部屋主の感想

実に面白かったです。

そして何より怖かったです。ドキュメントゆえの恐ろしさ。なぜ怖いかは以下の抜粋を読んでみてください。

色んなホラー小説を読んできましたが、こっちの方がはるかにドキドキし、そして怖かったです。

他の理由は・・・また下巻にまとめて。

抜粋

地球の全ての都市は網の目のように空路で連結されている。ひとたび、ウイルスがその網に乗れば、一日のうちに、どの街も襲うことができる

これを人類の種としてのテロメアだとした漫画がありますが、確かにそう思える恐ろしさです。人類は利便性の中の危険性についてもっと考えなければならないと思います。

レヴェル4の微生物を扱う場合、ワクチンを打たずにすむ。なぜなら、レヴェル4の病原体に効くワクチンは今のところ存在せず、その治療法も存在していなからである

心配なのは、この小規模な攻撃がいずれ抑制不可能な大波に発展しないとも限らないという点だ。致死率が九十パーセント、しかも、効果的なワクチンも治療法も存在しないとなったら、どういう可能性が行く手に待ち受けているか、容易に想像できるだろう。それは地球的規模の災厄になるはずである。それは突然地上に現れて、種の存在すら脅かすことにもなりかねない。この場合の種とはもちろん、人間にほかならない

一人の寡黙な男から広まったウイルスは、南スーダンの全人口をあわや全滅させるところまでいったのである

スーダンで起きたことは人知れず起きた原子爆弾の爆発にもたとえられるだろう。人類は絶滅の危機に瀕しながら、大部分の人間がそれに気づかなかったのだ

これだけ抜粋すれば恐ろしさが伝わりますよね。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト 1:エッセイ 1:哲学・思想 1:国際・比較文化 1:宗教 1:心理・精神 1:怪談 1:情報操作・メディア論 1:戦争・紛争 1:政治・政策 1:教育・育児 1:有害・殺人者 1:歴史 1:死・高齢者問題 1:物理・化学 1:特定地域 1:犯罪・法律 1:生物・生理・医療 1:社会・一般教養 1:経済・経営・格差 1:絵本・児童書 1:美術・写真集・画集 1:自己啓発 1:自然・環境 1:複雑系 1:食 2:7SEEDS 2:ARMS 2:BLEACH 2:DEAHT NOTE 2:Fate/stay night 2:Fate/Zero 2:ONE PIECE 2:RAINBOW 2:ULTRAMAN 2: 短編漫画 2:よんでますよ、アザゼルさん 2:アウターゾーン 2:アバンチュリエ 2:キングダム 2:クレイモア 2:クロサギ 2:ゴーストハント 2:シマシマ 2:スパイラル 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION 2:ディアスポリス 2:ピアノの森 2:フルーツバスケット 2:ベルセルク 2:マギ(MAGI) 2:ヴァムピール 2:ヴァンパイア十字界 2:京極堂シリーズ 2:勇午 2:医龍 2:図書館の主 2:夏目友人帳 2:天の覇王 ラオウ外伝 2:失恋ショコラティエ 2:奇食ハンター 2:探偵学園Q 2:月光条例 2:江戸川乱歩異人館 2:秒速5センチメートル 2:罪と罰 2:聖闘士星矢G 2:金田一少年の事件簿 2:鋼の錬金術師 2:鬼燈の島 2:魔人探偵 脳噛ネウロ 2:魔法少女まどかマギカ 2:Doubt 2:ジョジョの奇妙な冒険 2:マリー・アントワネットの料理人 2:ルミとマヤとその周辺 3:おつまみ 3:お店(スイーツ) 3:お店(吉野家) 3:お店(BigBoy) 3:お店(お食事) 3:お店(すき家) 3:お店(びっくりドンキー) 3:お店(ガスト) 3:お店(ケーキ) 3:お店(パン) 3:お店(ラーメン) 3:お店(和菓子) 3:お店(和食さと) 3:お店(松屋) 3:お店(祭太鼓) 3:お店(The・丼) 3:お店(サイゼリヤ) 3:お店(マクドナルド) 3:お店(ロイヤルホスト) 3:お弁当 3:からあげくん 3:ご当地系お菓子 3:その他のお菓子 3:その他のスイーツ 3:その他の食品 3:アイス(その他) 3:アイス(チョコ) 3:アイス(フルーツ) 3:アイス(モナカ) 3:アイス(和風) 3:アイス(氷菓) 3:エクレア 3:グミ 3:ケーキ 3:コンビニパスタ 3:シュークリーム 3:スイーツ 3:スナック菓子 3:ゼリー 3:チョコレート 3:チロルチョコ 3:パン(ランチパック) 3:パン(惣菜パン) 3:パン(菓子パン・あん) 3:パン(菓子パン・その他) 3:パン(菓子パン・クリーム) 3:パン(菓子パン・ジャム) 3:パン(菓子パン・フルーツ) 3:パン(菓子・蒸し) 3:パン(野菜系) 3:プリン 3:ポテトチップス 3:ヨーグルト 3:ロールケーキ 3:冷凍食品 3:和菓子 3:奇食 3:寒天スイーツ 3:納豆 3:豆乳スイーツ 3:食玩 3:飲料 3:飲料(その他) 3:飲料(フルーツ) 3:飲料(清涼飲料水) 3:飲料(炭酸) 3:飲料(茶) 3:飲料(野菜) 3:飴 3:餃子・焼売 3:インスタント(そば) 3:インスタント(うどん) 3:インスタント(おかゆ) 3:インスタント(スープ) 3:インスタント(焼きそば) 3:インスタント(ラーメン) 4:アクション映画 4:アニメ映画 4:コメディ映画 4:サスペンス映画 4:スポーツ映画 4:ホラー映画 4:モンスター映画 4:恋愛映画 4:SF映画 5:TV番組(ドラマ系) 5:TV番組(ニュース系) 5:アクセス記録 5:ゲーム 5:コンビニ日記 5:バトン 5:フラッシュ 5:ブログラム 5:モンハンプレイ日記 5:動画 5:文化・芸術 5:東北大震災応援 5:派遣・短期バイト日記 5:男の手料理 5:笑える画像集 5:記録(購入漫画記録) 5:記録(購入&読了本) 5:雑記 5:面白占い 5:音楽 5:フィギュア 5:フィギュア-超像可動 5:フィギュア‐figma 5:フィギュア‐特撮リボルテック 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ 5:フィギュア‐プラモ 6:小説-その他 6:小説-ファンタジー 6:小説-ホラー 6:小説-ミステリ 6:小説-恋愛 6:小説-感動 6:小説-文学 6:小説-歴史 6:小説-SF 6:小説-ライトノベル 7:ア 「天祢涼」 7:ア 「我孫子武丸」 7:ア 「有川浩」 7:ア 「有栖川有栖」 7:ア 「浅田次郎」 7:ア 「秋元康」 7:ア 「綾辻行人」 7:ア 「芥川龍之介」 7:ア 「赤星香一郎」 7:ア 「麻見和史」 7:イ 「乾ルカ」 7:イ 「乾緑郎」 7:イ 「井上靖」 7:イ 「今邑彩」 7:イ 「伊坂幸太郎」 7:イ 「岩井俊二」 7:イ 「岩井志麻子」 7:イ 「岩城裕明」 7:イ 「石持浅海」 7:イ 「稲川淳二」 7:イ 「飯野文彦」 7:ウ 「宇佐美まこと」 7:ウ 「歌野晶午」 7:ウ 「浦賀和宏」 7:ウ 「虚淵玄」 7:エ 「円地文子」 7:エ 「江戸川乱歩」 7:エ 「遠藤周作」 7:エ 「遠藤徹」 7:オ 「乙一」 7:オ 「大塚英志」 7:オ 「大石圭」 7:オ 「太田忠司」 7:オ 「小栗虫太郎」 7:オ 「小野不由美」 7:オ 「岡島二人」 7:オ 「岡田晴恵」 7:オ 「恩田陸」 7:オ 「荻原浩」 7:カ 「加納朋子」 7:カ 「川上未映子」 7:カ 「川原礫」 7:カ 「川崎草志」 7:カ 「川瀬七緒」 7:カ 「川端康成」 7:カ 「海堂尊」 7:カ 「神永学」 7:カ 「金沢伸明」 7:カ 「鎌田俊夫」 7:カ 「門井慶喜」 7:カ 「霞流一」 7:キ 「京極夏彦」 7:キ 「北方謙三」 7:キ 「北林一光」 7:キ 「北森鴻」 7:キ 「北野勇作」 7:キ 「木原浩勝」 7:キ 「貴志祐介」 7:ク 「倉坂鬼一郎」 7:ク 「鯨統一郎」 7:ク 「黒井千次」 7:コ 「小松左京」 7:コ 「小林泰三」 7:コ 「小池真理子」 7:コ 「香月日輪」 7:ゴ 「五味弘文」 7:ゴ 「郷内心瞳」 7:サ 「坂木司」 7:サ 「桜庭一樹」 7:サ 「沙藤一樹」 7:サ 「酒見賢一」 7:シ 「周木律」 7:シ 「城山三郎」 7:シ 「城平京」 7:シ 「島田荘司」 7:シ 「新堂冬樹」 7:シ 「新海誠」 7:シ 「真藤順丈」 7:シ 「篠田節子」 7:シ 「重松清」 7:シ 「雫井脩介」 7:シ 「首藤瓜於」 7:ス 「朱雀門出」 7:ス 「椙本孝思」 7:ス 「鈴木光司」 7:ス 「雀野日名子」 7:セ 「瀬名秀明」 7:ソ 「曽根圭介」 7:タ 「多岐川恭」 7:タ 「拓未司」 7:タ 「田中啓文」 7:タ 「竹本健治」 7:タ 「高木利光」 7:タ 「高田侑」 7:タ 「高田崇史」 7:タ 「高野和明」 7:ダ 「太宰治」 7:ツ 「恒川光太郎」 7:ツ 「辻村深月」 7:ト 「戸板康二」 7:ト 「飛浩隆」 7:ド 「土橋真二郎」 7:ナ 「七尾与史」 7:ナ 「中勘助」 7:ナ 「中山七里」 7:ナ 「中山市朗」 7:ナ 「中田永一」 7:ナ 「夏目漱石」 7:ナ 「奈須きのこ」 7:ナ 「梨木香歩」 7:ナ 「長坂秀佳」 7:ナ 「長崎尚志」 7:ナ 「長江俊和」 7:ニ 「二宮敦人」 7:ニ 「新津きよみ」 7:ニ 「西尾維新」 7:ヌ 「貫井徳郎」 7:ノ 「法月綸太郎」 7:ハ 「半村良」 7:ハ 「服部まゆみ」 7:ハ 「林巧」 7:ハ 「畠中恵」 7:ハ 「葉山透」 7:バ 「坂東眞砂子」 7:バ 「幡大介」 7:ヒ 「平山夢明」 7:ヒ 「東山彰良」 7:ヒ 「百田尚樹」 7:フ 「福井晴敏」 7:フ 「福澤徹三」 7:フ 「福谷修」 7:フ 「藤ダリオ」 7:フ 「藤原健市」 7:フ 「話梅子」 7:ホ 「堀井拓馬」 7:ホ 「堀内公太郎」 7:ホ 「堀川アサコ」 7:ホ 「本多考好」 7:マ 「松本清張」 7:マ 「牧野修」 7:マ 「真梨幸子」 7:マ 「麻耶雄嵩」 7:ミ 「三上延」 7:ミ 「三好徹」 7:ミ 「三島由紀夫」 7:ミ 「三津田信三」 7:ミ 「三浦綾子」 7:ミ 「三田村志郎」 7:ミ 「三谷幸喜」 7:ミ 「宮ノ川顕」 7:ミ 「宮部みゆき」 7:ミ 「水田美意子」 7:ミ 「湊かなえ」 7:ミ 「道尾秀介」 7:モ 「森博嗣」 7:モ 「森山東」 7:ヤ 「山口瞳」 7:ヤ 「山田悠介」 7:ヤ 「山田正紀」 7:ヤ 「柳原慧」 7:ヤ 「柳広司」 7:ヤ 「梁石日」 7:ヤ 「矢部嵩」 7:ユ 「夢枕獏」 7:ユ 「夢野久作」 7:ユ 「柚月裕子」 7:ユ 「行川渉」 7:ヨ 「よしもとばなな」 7:ヨ 「吉岡暁」 7:ヨ 「吉村昭」 7:ヨ 「吉田修一」 7:ヨ 「吉行淳之介」 7:ヨ 「米澤穂信」 7:リ 「リリー・フランキー」 7:ワ 「和田はつ子」 7:ワ 「和田竜」 7:ワ 「綿矢りさ」 8:ジョージ・G・ロビンソン 8:スーザン・ケイ 8:スティーヴン・キング 8:ダン・ブラウン 8:トマス・ハリス 8:ドストエフスキー 8:バーム 8:パトリシア・コーンウェル 8:ホーキング 8:ポール・ギャリコ 8:モーリス・ルブラン 8:リチャード・プレストン 8:ロバート・A・ハインライン