夏の災厄

ご存知の通り、最近ウイルス物にハマってるので購入してみました。

夏の災厄 (文春文庫) Book 夏の災厄 (文春文庫)

著者:篠田 節子
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

東京郊外のニュータウンの1つ、埼玉県昭川市。

夫の定年退職を機に保健センターで働きはじめた看護婦「房代」は、光を怖れ、妙な匂いについて言及する急患に出会います。

その場での治療は無理だったので医者の指示で市の唯一の総合病院「富士大学付属病院」にその患者は送られました。

翌日、同じ症状の急患が運ばれてす。2人の共通点は症状、そして住所でした。

何か起きているではと直感的に思った房代は、保健センター職員「小西」や、街医者の「鵜川」とともに独自に調査を開始するのですが、その病気は今ではさほど怖れる病気ではない「日本脳炎」という診断がくだされてしまいます。

しかし、日本脳炎ウイルスが見つかったものの、症状は明らかに日本脳炎のものとは違う上、感染力の強さ、潜伏期間の短さ、そして致死率の高さが過去の日本脳炎とは圧倒的に違うのです。

さらに最初の患者を送ったはずの富士大学付属病院では、おそらく意図的であろう病名の改ざんされていて・・・

3人はそれぞれ独自に病気について調査を続けるのですが、街は徐々に疲弊し、住人達はパニックを起こしはじめ、硬直した行政システムにより対策や調査は遅々として進まず、死者数は増加し、感染地域までもが拡大していき・・・

部屋主の感想

実に面白かったです。約600Pという大作ですが、ほぼ一気読みで読めてしまうくらい、続きが気になる作品でした。

さて、なぜこの小説が面白いかというと、それは「リアリティ」のなせるわざだと思います。

実際にこのような伝染病(ウイルス・パニック)に見舞われた日本を見たことはないですが、この物語のように事態が進行するのではと想像可能です。

イメージの中の適当かつイラつく役所の対応などが、実にたくみに表現されているというのがその要素の1つかと思ってたら、どうやら著者は役場に勤めていた時期もあったそうで。それはリアリティでるわと。

ほんとこの小説を読んでると、国をはじめとした自治体やその構造、住民や主役達(この物語に主人公はいないかと思います。少なくとも英雄的な)の人間の質にイライラさせられます。もちろんこれもリアルだからだと思います。

こういう言動をしてるヤツっているいるってうなずきながら読んでましたから。特に、小西や房代あたりはホントにいそうですし。あと、藤原議員とか。

まぁ、青柳あたりはストーリーの都合上いるような気がしないでもないですが(鵜川あたりも微妙な気がしないでもないけど、人物設定的にはありだしね)。

それにしても、読みながら色々と考えさせてくれる作品でした。

もう10年以上前に書かれた小説ですが、今このような災害が起こった場合、いったいどうなるやら。

硬直した行政システム、危機管理、癒着。こういった問題をもっと真剣に日本国民は考えなければならないと思います。

あとどうでもいいけど、ご存知の通り、ホラー大好きで人間の負の部分が大好きな部屋主的には、パニックを起こした人間たちが引き起こすもっとドロドロとした展開が欲しかったとも思ったりします。

そうなるとリアリティがなくなるわけであれですが。

つまりそういう意味での怖い作品ではないので、上記のように様々な日本の問題を浮き彫りしてくれてる物語でもあるので、色んな人に読んでみて欲しい1冊です。

この本から部屋主が選ぶ格言

薬剤それ自体が悪なのではない。その使われ方が、問題なのだ

まったくもってその通りかと。

いったん情報が歪曲し始めると、後は水によって土が削られ水路ができるように、さらに不正確さを増し、事実と大きくかけ離れていく。そして今度は、その歪曲した情報に裏付けをしようとするように、それなりに筋の通ったいくつかの説が出てくる

パニックのメカニズムの1つですね。プロパガンダ(情報操作)の基本でもあります。情報の取捨選択と分析能力。鍛えておかねばならない能力かと。

この手のごまかしが統計や検査報告書ではまかり通る

役所の杜撰さを表現した1コマです。この手の表現が随所にあり、この小説のリアルさを醸し出しているかと思います。

頑なに常識にしがみつく姿勢では、常識外の事態に対処することはできない

あらゆる想像力を働かせ、冷静に、合理的に動くことが「災厄」から身を守る方法なのだと部屋主は思います。

生物兵器を使う側にとっての最大のメリットは、使用したことがわからない、ということなんだ

他にもあるんですけどね。この前後に書かれています。気になった方は読んでみてください。

危険であることがわかっていても。様々な利害がからみ、対策がとれない

この言葉にある「様々な利害」が、この小説のリアリティ、そしてイライラ度を増してくれるものです。日本の役所、ひいてはそこで働く、そしてそこに住む人々は、この小説で描かれていることをはじめ、もっと色々と考えねばと思います。

いまどきどこの研究室も設備とシステムは精密にできているが、人間の精度まであがってはおらん

人間の精度はむしろ下がるいっぽうなのではという偏見を部屋主は持ってますので。とりあえずもっと精度の高い人間になりたいものです。

起きるはずのないことが起きるのだ。起きるはずがない、という傲慢極まる確信のために

部屋主は傲慢な人間なので自戒しておきたい言葉です。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (1)

ゆがんだ闇

面白そうなホラーを探してるときに、大好きな作家の一人である「瀬名秀明」氏の名前、そして日本を代表するホラー作家の面々が揃っていたので購入してみました。

ゆがんだ闇 (角川ホラー文庫) Book ゆがんだ闇 (角川ホラー文庫)

著者:小池 真理子,篠田 節子,鈴木 光司,瀬名 秀明,小林 泰三,坂東 真砂子
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「生きがい:小池真里子作」のあらすじ

飛行機事故で夫と息子を亡くして以来、ぬけがらのように過ごす「わたし」。老後のためにと夫が購入したアパートの管理人として過ごしていましたが、また一人また一人と住人は減っていきます。

最後に残った息子に似た大学生「ノボル」。彼が病気になったとき、わたしは親切に看病するのですが・・・

「ナイトダイビング:鈴木光司著」のあらすじ

結婚して数年、子どもが欲しいと思っている「高宏」と、子どもは欲しくないと思っている「奈緒」。

共通の趣味である「ダイビング」を数々とこなしてきた彼らが最後に残しておいた「ナイトダイビング」中、奈緒が行方不明になり・・・

「子羊:篠田節子著」のあらすじ

「神の子」として、争いばかりの汚い外界とは完全に隔離された施設で何不自由なく生活する少女「M24」。

彼女が特別な存在となる「儀式」の前日、以前に娯楽として楽しんだ外界の汚らしい「詩人」の奏でる素晴らしい「音楽」をもう一度聞いてみたいと彼女は望んだのですが・・・

「白い過去:坂東眞砂子著」のあらすじ

一流企業の勤める夫「陽治」のおかげで特に不自由のない生活を送っている「千春」。ある日彼女のパート先に、交通事故で植物状態になった恋人「仁志」から花束が送り届けられます。また留守番電話には、仁志とかつてかわした会話が録音されていたのです。

仁志の意識が戻ったのだと、彼の病院に問い合わせるのですが、彼は半年前にすでに亡くなっており・・・

「兆:小林泰三著」のあらすじ

クラス中で苛めていた「直美」が自殺をしました。直美を苛めていた中心メンバーの一人「欒花(らんか)」は彼女の自殺以降、「兆」と呼ばれる人外のものに変異した直美につきまとわれることに。

一方、なんとしてもスクープが欲しい貧乏フリーライターの「なえ子」は、この事件に目をつけて事件を追うのですが・・・

「Gene:瀬名秀明著」のあらすじ

分子生物学を博士後期課程で学んでいる「映子(はゆこ)」は、後輩である「河村」か「Gene」というゲームを借ります。

その妙にリアルなゲームは、氷の中から発見された「悪魔」の遺伝子を解析するという内容で・・・

部屋主の感想

「生きがい」の感想

うーん、かなり微妙です。

珍しく予想外の展開といえばそうなのですが、いきなりオチがきてすぐ終わってしまい(短すぎ)、その上、全く怖くないしで、「それで?」と思わず唸ってしまいました。

独断ランクはEくらいで妥当かと。

「ナイトダイビング」の感想

これまた微妙です。

夜の海で泳いだことのある人なら、あの特有の惹き込まれるような感覚を思い出して少し怖くなるかもです。

物語的にはこれまた「それでどうなの?」って感じですし。

ゆえに独断ランクはDくらいですかね。

「子羊」の感想

これまた微妙です。

展開などは予想通りでしたし全く怖くないしで。

設定等は嫌いじゃないんですけどね。

独断ランクはDくらいでしょうか。

「白い過去」の感想

ホラーではないですね。全く怖くないですし。

ただ、こういう話は嫌いではありません。

独断ランクはCくらいで。

「兆」の感想

まぁまぁですかね。ちゃんとホラーで、それなりに怖いですし。

「兆」との追いかけっこは楽しめました。こういう閉鎖された空間からの脱出シチュエーションは大好きです。

オチに関しては想定の範囲内で、イマイチな感じがしないでもないですが(というかあのわかりやすいミスリードをあそこまでひっぱった上、このオチかというのはありましたが)。

総合して独断ランクはCくらいでしょうか。

「Gene」の感想

部屋主の好きな作家の一人がこの「瀬名秀明」氏なわけですがやはり面白いです。というか好みなんでしょうね。こういう話が。

展開自体は読みどおりでしたが、悪魔の遺伝子解析の意味がソコにあったとはさすがの発想です。

独断ランクはBくらいでいきたいと思います。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

0:アフィリエイト | 1:エッセイ | 1:哲学・思想 | 1:国際・比較文化 | 1:宗教 | 1:心理・精神 | 1:怪談 | 1:情報操作・メディア論 | 1:戦争・紛争 | 1:政治・政策 | 1:教育・育児 | 1:有害・殺人者 | 1:歴史 | 1:死・高齢者問題 | 1:物理・化学 | 1:特定地域 | 1:犯罪・法律 | 1:生物・生理・医療 | 1:社会・一般教養 | 1:経済・経営・格差 | 1:絵本・児童書 | 1:美術・写真集・画集 | 1:自己啓発 | 1:自然・環境 | 1:複雑系 | 1:食 | 2:7SEEDS | 2:ARMS | 2:BLEACH | 2:DEAHT NOTE | 2:Fate/stay night | 2:Fate/Zero | 2:ONE PIECE | 2:RAINBOW | 2:ULTRAMAN | 2: 短編漫画 | 2:よんでますよ、アザゼルさん | 2:アウターゾーン | 2:アバンチュリエ | 2:キングダム | 2:クレイモア | 2:クロサギ | 2:ゴーストハント | 2:シマシマ | 2:スパイラル | 2:ゼロ THE MAN OB THE CREATION | 2:ディアスポリス | 2:ピアノの森 | 2:フルーツバスケット | 2:ベルセルク | 2:マギ(MAGI) | 2:ヴァムピール | 2:ヴァンパイア十字界 | 2:京極堂シリーズ | 2:勇午 | 2:医龍 | 2:図書館の主 | 2:夏目友人帳 | 2:天の覇王 ラオウ外伝 | 2:奇食ハンター | 2:探偵学園Q | 2:月光条例 | 2:江戸川乱歩異人館 | 2:罪と罰 | 2:聖闘士星矢G | 2:金田一少年の事件簿 | 2:鋼の錬金術師 | 2:鬼燈の島 | 2:魔人探偵 脳噛ネウロ | 2:魔法少女まどかマギカ | 2:Doubt | 2:ジョジョの奇妙な冒険 | 2:マリー・アントワネットの料理人 | 2:ルミとマヤとその周辺 | 3:おつまみ | 3:お店(スイーツ) | 3:お店(吉野家) | 3:お店(BigBoy) | 3:お店(お食事) | 3:お店(すき家) | 3:お店(びっくりドンキー) | 3:お店(ガスト) | 3:お店(ケーキ) | 3:お店(パン) | 3:お店(ラーメン) | 3:お店(和菓子) | 3:お店(松屋) | 3:お店(祭太鼓) | 3:お店(The・丼) | 3:お店(サイゼリヤ) | 3:お店(マクドナルド) | 3:お店(ロイヤルホスト) | 3:お弁当 | 3:からあげくん | 3:ご当地系お菓子 | 3:その他のお菓子 | 3:その他のスイーツ | 3:その他の食品 | 3:アイス(その他) | 3:アイス(チョコ) | 3:アイス(フルーツ) | 3:アイス(モナカ) | 3:アイス(和風) | 3:アイス(氷菓) | 3:エクレア | 3:グミ | 3:ケーキ | 3:コンビニパスタ | 3:シュークリーム | 3:スイーツ | 3:スナック菓子 | 3:ゼリー | 3:チョコレート | 3:チロルチョコ | 3:パン(ランチパック) | 3:パン(惣菜パン) | 3:パン(菓子パン・あん) | 3:パン(菓子パン・その他) | 3:パン(菓子パン・クリーム) | 3:パン(菓子パン・ジャム) | 3:パン(菓子パン・フルーツ) | 3:パン(菓子・蒸し) | 3:パン(野菜系) | 3:プリン | 3:ポテトチップス | 3:ヨーグルト | 3:ロールケーキ | 3:冷凍食品 | 3:和菓子 | 3:奇食 | 3:寒天スイーツ | 3:納豆 | 3:豆乳スイーツ | 3:食玩 | 3:飲料 | 3:飲料(その他) | 3:飲料(フルーツ) | 3:飲料(清涼飲料水) | 3:飲料(炭酸) | 3:飲料(茶) | 3:飲料(野菜) | 3:飴 | 3:餃子・焼売 | 3:インスタント(そば) | 3:インスタント(うどん) | 3:インスタント(おかゆ) | 3:インスタント(スープ) | 3:インスタント(焼きそば) | 3:インスタント(ラーメン) | 4:アクション映画 | 4:アニメ映画 | 4:コメディ映画 | 4:サスペンス映画 | 4:スポーツ映画 | 4:ホラー映画 | 4:モンスター映画 | 4:恋愛映画 | 4:SF映画 | 5:TV番組(ドラマ系) | 5:TV番組(ニュース系) | 5:アクセス記録 | 5:ゲーム | 5:コンビニ日記 | 5:バトン | 5:フラッシュ | 5:ブログラム | 5:モンハンプレイ日記 | 5:動画 | 5:文化・芸術 | 5:東北大震災応援 | 5:派遣・短期バイト日記 | 5:男の手料理 | 5:笑える画像集 | 5:記録(購入漫画記録) | 5:記録(購入&読了本) | 5:雑記 | 5:面白占い | 5:音楽 | 5:フィギュア | 5:フィギュア-超像可動 | 5:フィギュア‐figma | 5:フィギュア‐特撮リボルテック | 5:フィギュア‐ディ・モールト ベネ | 5:フィギュア‐プラモ | 6:小説-その他 | 6:小説-ファンタジー | 6:小説-ホラー | 6:小説-ミステリ | 6:小説-恋愛 | 6:小説-感動 | 6:小説-文学 | 6:小説-歴史 | 6:小説-SF | 6:小説-ライトノベル | 7:ア 「天祢涼」 | 7:ア 「我孫子武丸」 | 7:ア 「有川浩」 | 7:ア 「有栖川有栖」 | 7:ア 「浅田次郎」 | 7:ア 「秋元康」 | 7:ア 「綾辻行人」 | 7:ア 「芥川龍之介」 | 7:ア 「赤星香一郎」 | 7:ア 「麻見和史」 | 7:イ 「乾ルカ」 | 7:イ 「乾緑郎」 | 7:イ 「井上靖」 | 7:イ 「今邑彩」 | 7:イ 「伊坂幸太郎」 | 7:イ 「岩井俊二」 | 7:イ 「岩井志麻子」 | 7:イ 「岩城裕明」 | 7:イ 「石持浅海」 | 7:イ 「稲川淳二」 | 7:イ 「飯野文彦」 | 7:ウ 「宇佐美まこと」 | 7:ウ 「歌野晶午」 | 7:ウ 「浦賀和宏」 | 7:ウ 「虚淵玄」 | 7:エ 「円地文子」 | 7:エ 「江戸川乱歩」 | 7:エ 「遠藤周作」 | 7:エ 「遠藤徹」 | 7:オ 「乙一」 | 7:オ 「大塚英志」 | 7:オ 「大石圭」 | 7:オ 「太田忠司」 | 7:オ 「小栗虫太郎」 | 7:オ 「小野不由美」 | 7:オ 「岡島二人」 | 7:オ 「岡田晴恵」 | 7:オ 「恩田陸」 | 7:オ 「荻原浩」 | 7:カ 「加納朋子」 | 7:カ 「川上未映子」 | 7:カ 「川原礫」 | 7:カ 「川崎草志」 | 7:カ 「川瀬七緒」 | 7:カ 「川端康成」 | 7:カ 「海堂尊」 | 7:カ 「神永学」 | 7:カ 「金沢伸明」 | 7:カ 「鎌田俊夫」 | 7:カ 「門井慶喜」 | 7:カ 「霞流一」 | 7:キ 「京極夏彦」 | 7:キ 「北方謙三」 | 7:キ 「北林一光」 | 7:キ 「北森鴻」 | 7:キ 「北野勇作」 | 7:キ 「貴志祐介」 | 7:ク 「倉坂鬼一郎」 | 7:ク 「鯨統一郎」 | 7:ク 「黒井千次」 | 7:コ 「小松左京」 | 7:コ 「小林泰三」 | 7:コ 「小池真理子」 | 7:コ 「香月日輪」 | 7:ゴ 「五味弘文」 | 7:サ 「坂木司」 | 7:サ 「桜庭一樹」 | 7:サ 「沙藤一樹」 | 7:サ 「酒見賢一」 | 7:シ 「周木律」 | 7:シ 「城山三郎」 | 7:シ 「城平京」 | 7:シ 「島田荘司」 | 7:シ 「新堂冬樹」 | 7:シ 「新海誠」 | 7:シ 「真藤順丈」 | 7:シ 「篠田節子」 | 7:シ 「重松清」 | 7:シ 「雫井脩介」 | 7:シ 「首藤瓜於」 | 7:ス 「朱雀門出」 | 7:ス 「椙本孝思」 | 7:ス 「鈴木光司」 | 7:ス 「雀野日名子」 | 7:セ 「瀬名秀明」 | 7:ソ 「曽根圭介」 | 7:タ 「多岐川恭」 | 7:タ 「拓未司」 | 7:タ 「田中啓文」 | 7:タ 「竹本健治」 | 7:タ 「高木利光」 | 7:タ 「高田侑」 | 7:タ 「高田崇史」 | 7:タ 「高野和明」 | 7:ツ 「恒川光太郎」 | 7:ツ 「辻村深月」 | 7:ト 「戸板康二」 | 7:ト 「飛浩隆」 | 7:ド 「土橋真二郎」 | 7:ナ 「七尾与史」 | 7:ナ 「中勘助」 | 7:ナ 「中山七里」 | 7:ナ 「中山市朗」 | 7:ナ 「中田永一」 | 7:ナ 「夏目漱石」 | 7:ナ 「奈須きのこ」 | 7:ナ 「梨木香歩」 | 7:ナ 「長坂秀佳」 | 7:ナ 「長崎尚志」 | 7:ナ 「長江俊和」 | 7:ニ 「二宮敦人」 | 7:ニ 「新津きよみ」 | 7:ニ 「西尾維新」 | 7:ヌ 「貫井徳郎」 | 7:ノ 「法月綸太郎」 | 7:ハ 「半村良」 | 7:ハ 「服部まゆみ」 | 7:ハ 「林巧」 | 7:ハ 「畠中恵」 | 7:ハ 「葉山透」 | 7:バ 「坂東眞砂子」 | 7:バ 「幡大介」 | 7:ヒ 「平山夢明」 | 7:ヒ 「東山彰良」 | 7:ヒ 「百田尚樹」 | 7:フ 「福井晴敏」 | 7:フ 「福澤徹三」 | 7:フ 「福谷修」 | 7:フ 「藤ダリオ」 | 7:フ 「藤原健市」 | 7:フ 「話梅子」 | 7:ホ 「堀井拓馬」 | 7:ホ 「堀内公太郎」 | 7:ホ 「堀川アサコ」 | 7:ホ 「本多考好」 | 7:マ 「松本清張」 | 7:マ 「牧野修」 | 7:マ 「真梨幸子」 | 7:マ 「麻耶雄嵩」 | 7:ミ 「三上延」 | 7:ミ 「三好徹」 | 7:ミ 「三島由紀夫」 | 7:ミ 「三津田信三」 | 7:ミ 「三浦綾子」 | 7:ミ 「三田村志郎」 | 7:ミ 「三谷幸喜」 | 7:ミ 「宮ノ川顕」 | 7:ミ 「宮部みゆき」 | 7:ミ 「水田美意子」 | 7:ミ 「湊かなえ」 | 7:ミ 「道尾秀介」 | 7:モ 「森博嗣」 | 7:モ 「森山東」 | 7:ヤ 「山口瞳」 | 7:ヤ 「山田悠介」 | 7:ヤ 「山田正紀」 | 7:ヤ 「柳原慧」 | 7:ヤ 「柳広司」 | 7:ヤ 「梁石日」 | 7:ヤ 「矢部嵩」 | 7:ユ 「夢枕獏」 | 7:ユ 「夢野久作」 | 7:ユ 「柚月裕子」 | 7:ユ 「行川渉」 | 7:ヨ 「よしもとばなな」 | 7:ヨ 「吉岡暁」 | 7:ヨ 「吉村昭」 | 7:ヨ 「吉田修一」 | 7:ヨ 「吉行淳之介」 | 7:ヨ 「米澤穂信」 | 7:リ 「リリー・フランキー」 | 7:ワ 「和田はつ子」 | 7:ワ 「和田竜」 | 7:ワ 「綿矢りさ」 | 8:ジョージ・G・ロビンソン | 8:スーザン・ケイ | 8:スティーヴン・キング | 8:ダン・ブラウン | 8:トマス・ハリス | 8:ドストエフスキー | 8:バーム | 8:パトリシア・コーンウェル | 8:ホーキング | 8:ポール・ギャリコ | 8:モーリス・ルブラン | 8:リチャード・プレストン | 8:ロバート・A・ハインライン