« くちびるに歌を 中田永一著 | トップページ | この闇と光 服部まゆみ著 »

テラフォーマーズ スカベンジャーズ 藤原健市著

テラフォーマーズの小説版第2弾。

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

アネックス1号が地球を発つ数か月前、火星行きクルーを志望しMO手術を受ける予定だった男が、U-NASAの施設が管理していたクローンテラフォーマーの卵鞘を盗み出し、逃走した。

その男を追い、MO手術の不完全適合者のトーヘイ・タチバナとエリザベス・ルーニーが、U-NASAの指示で操作を始める。

読書感想

面白かった。

第1弾の月の記憶の読み易く絵が浮かぶようだったが、スカベンジャーズはそれ以上だった。

舞台は今回も火星ではなく地球だが、時代が原作漫画とほぼ同じだから違和感なく読めるというのと(未来の舞台設定はまぁ・・・だが)、小吉やミッシェルさんといった登場人物たちが地味に登場しているのも嬉しいところ。

特に彼の登場は予想していたとはいえ、ああいう感じでの登場とは思ってなかったので楽しかった。

物語の展開としては特にひねりはないが、主人公コンビのベースであったりキャラクターであったりは非常に良い。

闘い方に関しても、力でのゴリ押しでなく頭をつかって頑張っているってのも良いところ。

また、今回マンガで新しく刊行されたアドルフさんのスピンオフマンガと微妙に絡んでたり、原作の本誌連載からして小説と原作がメディアミックスする可能性があると考えると非常に今後が楽しみ。

|

« くちびるに歌を 中田永一著 | トップページ | この闇と光 服部まゆみ著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/59109512

この記事へのトラックバック一覧です: テラフォーマーズ スカベンジャーズ 藤原健市著:

« くちびるに歌を 中田永一著 | トップページ | この闇と光 服部まゆみ著 »