« この闇と光 服部まゆみ著 | トップページ

牛家 岩城裕明著

2014年ホラー小説大賞佳作。

ということで購入。

部屋主の独断ランク:D

独断ホラーランク:E

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

ゴミ屋敷にはなんでもあるんだよ。

ゴミ屋敷なんめんな―

特殊清掃員の俺は、ある一軒家の清掃をすることに。

期間は2日。

しかし、ごみで溢れる屋内では、いてはならないモノが出現したり、掃除したはずが一晩で元に戻っていたり。

しかも家は病んだ妻が、赤子のビニール人形を食卓に並べる。

これは夢か現実化―

読書感想

イマイチだった。

ゴミ屋敷の中の描写にいまいちリアリティがなかったり(部屋主も仕事でゴミ屋敷を掃除したころが何度かあるのでそう感じるのかも知れないが)、怖い描写がないというのもホラーとしては致命的。

逆にツネ君とのやりとりやその行動などは思わず笑みが漏れてしまうという感じで、ホラーよりも笑える方のライトノベルを書いた方が巧いじゃないかと思ってしまう。

最初の方のわくわく感はけっこうというかかなりあったのだが、物語がふくらむのかと思いきや特にふくらまず、色んなものの投げっぱなし感がすごくて、それが残念でならない。

特にラストはひどい。

色々となんじゃそれ。

不条理系のホラーに分類されると思うのだが、こういうのが無理な人はダメだと思う。

同時収録の瓶人の方が部屋主的には面白かった。

瓶人の設定が妙に笑える。

こっちもラストのそれはなんやねんなと思うものの(というか「なぜ」かな)、最悪そうしようと考えていたブラックな感じの主人公は好みだ。

|

« この闇と光 服部まゆみ著 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/59109656

この記事へのトラックバック一覧です: 牛家 岩城裕明著:

« この闇と光 服部まゆみ著 | トップページ