« 0能者ミナト 葉山透著 | トップページ | ブログラム ランク上げ »

霧越邸殺人事件 上下 綾辻行人著

お気に入り作家の綾辻さんの作品ということで購入。

昔の作品のリメイクらしい。

表紙が素晴らしく綺麗。

重ねると一人の顏になるが、眼の感じからして別人かな。

上(向かって右)の表情の方が好み。

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

1986年、晩秋。

劇団「暗色天幕」の一行は、信州の山中に建つ謎の館「霧越邸」を訪れる。

冷たい家人たちの対応。

邸内で発生する不可思議な現象の数々。

見え隠れする何者からの怪しい影。

吹雪で孤立した壮麗なる“美の館”を舞台に今、恐ろしくも美しき連続殺人劇の幕が上がる

読書感想

面白かった。

閉ざされ系の館に、密室こそないが歌による見立て連続殺人という典型的本格ミステリ設定に燃えた。

他にも色々と凝ってるし、さすがだなぁ、巧いなぁと思う部分も多いものの、必要以上に重畳であまり抑揚がなく長く感じたせいか、なんか妙に乗れなかった感じがあることはある。

ほぼ一気に読み切ったわりに、途中で疲れてしまいあまり推理に力を入れれず、もういいかという感じで解決編に入ってしまったのが、そう感じるのに拍車をかけたのかもしれない。

読む人によっては卑怯と思う構成かも知れないが、あれだけヒントを出してるゆえ部屋主としてはコレはありかなと。

ただ、その程度のことに気づけなかったあたり相当疲れてたのか、考える力が低下したのか…とけっこう凹んだ。

あと、こういう系の見立て連続殺人は大抵がこういう構成にならざるを得ないわけだし。

動機の1つについては賛否両論あると思うが、これを理解できると書くと厨ニ病とか言われそうだが、コレついてはなんとなくわかるような気がしないでもない。

とりあえず、色んな美術品があり、この館自体が芸術品という感じの霧越邸

ラストのおまけ対談はここ20年のミステリ界の動向の裏話的なものもあって、ミステリファンにとして楽めた。

京極夏彦や三津田信三というお気に入り作家の名前が出てくると妙に嬉しいものだ。

|

« 0能者ミナト 葉山透著 | トップページ | ブログラム ランク上げ »

コメント

綾辻さんは私のお気に入りの作家さんのひとりです。
作品は全部とまではいかなくともほとんど読んでます。
中でも霧越邸は大好きな一作。
単行本で出たときに読んだのですが、
文庫版では大幅に改訂されているんですね。
知らなかった。
読んでみようかな。
ストーリーぜんぜん覚えてないし(^^;

投稿: じっちゃん | 2014年10月20日 (月) 03時11分

>じっちゃんさん
わたしも綾辻さんの作品は大好きです。
ほとんどまではいなかいですがけっこう読んでます。
個人的には霧越よりも他の館シリーズが(苦笑)
単行本版を読んでないので比較はできませんが、
大幅に改定されているとのことですので、
比較してみるのも…って覚えてないですよね(^_^;)

投稿: シン@部屋主 | 2014年11月19日 (水) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/57366314

この記事へのトラックバック一覧です: 霧越邸殺人事件 上下 綾辻行人著:

« 0能者ミナト 葉山透著 | トップページ | ブログラム ランク上げ »