« 法医昆虫学捜査官 川瀬七緒著 | トップページ | 2014年 9月の購入漫画記録 »

扉は閉ざされたまま 石持浅海著

「このミステリーがすごい!」の2006年度の2位という帯に惹かれて購入。

「コロンボ」とか「古畑任三郎」と同じくサスペンス作品だけどね。

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

大学の同窓会で七人の旧友が館に集まった。

<あそこなら完璧な密室をつくることができる>

伏見亮輔は客室で事故を装って後輩の新山を殺害、外部からは入室できないように現場を閉ざした。

自殺説も浮上し、犯行は成功したかのようにみえた。

しかし、碓井優佳だけは疑問を抱く。

緻密な偽装工作の齟齬を紐解いていく優佳。

開かない密室を前に息づまる頭脳戦が始まった…

読書感想

面白かった。

久々にこのタイプのサスペンス作品を読んだのだが、探偵に追い詰められる犯人視点に共感しまくらせて読んだため、まさに息詰まる感じで手に汗握った。

実に楽しい時間だった。

構成とかには特に凝ったところはないが、部屋主的に毎章末の「扉は閉ざされたまま」の記述が妙にツボッた。

で、この作品最大の問題点である「動機」について。

多くの人がこの作品を読んだ際に「動機への不満」を感じたと思う。

(解説にもそういった記述があった)

部屋主ももちろんそうだ。

が、他にもなんでも動機は設定できたはずなのに(よくある怨恨とかにしておけば問題なかったのに)、こういう動機にした以上、著者の明確な意志がここにあるのだと思う。

こうせずにはいられなかった理由か想いが。

そう考えると…とも思うが上記のように部屋主は理解できない派(苦笑)

|

« 法医昆虫学捜査官 川瀬七緒著 | トップページ | 2014年 9月の購入漫画記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/57164443

この記事へのトラックバック一覧です: 扉は閉ざされたまま 石持浅海著:

« 法医昆虫学捜査官 川瀬七緒著 | トップページ | 2014年 9月の購入漫画記録 »