« どこの家にも怖いものはいる 三津田信三著 | トップページ | 2014年 8月の購入漫画記録 »

公開処刑人 森のくまさん 御嬢さんお逃げなさい 堀内公太郎著

前作「公開処刑人 森のくまさん」がけっこう面白かったので購入。

前作と同じ絵師さんの表紙が気に入っている。

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

ネットに実名が晒された犯罪者を殺してイク殺人鬼“森クマ”。

結衣が転入した高校では、生徒が自殺した責任を問われて、教師の江沢がTVやネットで騒がれていた。

結衣は江沢のために級友のつばきとある行動に出る―

いっぽう、恋人を何者かに強姦された高校教師の優平は、恋人の弟らと仇を討つべく動き出した。

読書感想

なかなか面白かった。

2つの物語が同時進行しながらというタイプの構成だが、けっこう早い段階でオチは読めていた。

が、それは大きなマイナスにはならないかな。

そういうタイプの物語でもないと思うし。

もともと『森クマ』の設定自体は好きだが、今作でも同様。

他にも主人公が1巻の被害者の妹であったりと、森クマの正体であったりと、色々と物語としての深みを増すことが可能だったが、そこまで深くならなかったのが残念といえば残念。

前作もクライマックスからラストにかけてダメだったが、今回はラストがすっきりしていてよかった。

前作から次作への架け橋にもなってるし。

次にも期待。

|

« どこの家にも怖いものはいる 三津田信三著 | トップページ | 2014年 8月の購入漫画記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/56908664

この記事へのトラックバック一覧です: 公開処刑人 森のくまさん 御嬢さんお逃げなさい 堀内公太郎著:

« どこの家にも怖いものはいる 三津田信三著 | トップページ | 2014年 8月の購入漫画記録 »