« 2014年06月の購入漫画記録 | トップページ | 2014年07月の購入漫画記録 »

神の時空 鎌倉の地龍 高田崇史著

「QED」や「カンナ」のシリーズで有名な高田さんの最新シリーズ。

両方とも読んでみたいがけっこう長いから手を出してなかった。

が、新シリーズということとサイン本ということで購入してみた次第。

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

女子高生・辻曲摩季が、意識不明の状態となり由比ヶ浜で発見された。

同じ頃、鎌倉幕府二代将軍・源頼家と源氏一族の遺跡が荒らされ鶴岡八幡宮の鳥居が崩壊する。

摩季と兄姉と友人の陽一は、二つの事件の背後に潜む怨霊の影を感じ、鎌倉時代について調べ始めた。

すると、数多の謀殺と陰謀が渦巻く、闇の鎌倉殺戮史に気がつく。

歴史の闇に隠された、鎌倉将軍暗殺事件の真相とは?

読書感想

微妙。

なんというか色んなものが唐突すぎる。

歴史の薀蓄は面白くしっかりと書かれているのに、それに反比例するようにその他の物語の説明が少ないと思う。

ものすごく小さいところで大きな規模の話が展開するのは物語の常だけど、そこにどれだけ説得力をもたせることができることが大切だと考えいる。

が、この物語にはそれがなく、それがそのままこの物語の感想や評価につながっているという感じ。

2作目もサイン本で売ってたけど買うかとうか迷い中。

抜粋

「歴史の真実は史書の行間にある

 文字になっていないこと

 文書として残すことができなかったことこそが真実じゃ

 史書を読んでみろ

 どうか真意を読み取ってくれ

 と文字の行間が訴えておるぞ」

|

« 2014年06月の購入漫画記録 | トップページ | 2014年07月の購入漫画記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/56908546

この記事へのトラックバック一覧です: 神の時空 鎌倉の地龍 高田崇史著:

« 2014年06月の購入漫画記録 | トップページ | 2014年07月の購入漫画記録 »