« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

どこの家にも怖いものはいる 三津田信三著

お気に入り作家の三津田氏の最新作。

もちろん即購入、即読了。

表紙はお気に入りのいつもの人じゃなくて残念。

にしてもこの表紙はなんなんだろうね。

本編と何も関係がない…

部屋主の独断ランク:C

部屋主の独断ホラーランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

作家の元に集まった五つの幽霊屋敷話。

人物、時代、内容…

バラバラなはずなのにある共通点を見つけた時、ソレは突然、あなたのところに現れる。

読書感想

少々物足りない感じ。

まずはホラー度。

ものすごく怖いかとなるとそこまでではないが、毎度のことながらのしっかりした怖さは健在。

そしてこれまた毎度のことながら追いかける描写が巧い。

だが怖さでいえば今回は、特に屋根の上の老婆のようなものが妙にツボにハマり怖かった、かなり。

おそらく読書時ちょうど台風が日本列島を直撃しており、いつもとは違う変な物音が天井から聞こえてきてきたせいかもしれない。

ちょうど作中の老婆のようなものが立てる音のように。

(なお部屋主の住んでるアパートはちょくちょく変な音が天井から聞こえる。ネコあたりが飛び降りたような音。だがネコが飛べる距離、部屋主の部屋より高いところない)

これまたいつもながらの、「怪を語れば、怪に至る」の要素ももちろんその怖さにいい具合に加味されているはず。

ミステリ度に関しては、正直かなり早い段階で推理というよりも直感と消去法でミッシングリングがわかってしまったのが痛い。

ゆえにラストの謎解きの部分に関していまいち楽しめなかった。

これまたいつもながらよく考えて書かれているなと感心はしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログラム

久々のブログラムのランク上げ記事。

1位:うみねこのなく頃に

4位:中禅寺秋彦

7位:江戸川乱歩

9位:阿良々木暦

11位:マギ

22位:セイバー

28位:Fate

28位:金田一少年の事件簿

28位:ディオ・ブランドー

63位:読書感想(小説)

75位:シャーロック・ホームズ

76位:ジョジョの奇妙な冒険

86位:ホラー

87位:サスペンス

283位:心霊・ミステリー

けっこう消えたりしたのもあるけれど、新たに登場してるのもあるね。

消えたのは、

西尾維新

化物語

戦場ヶ原ひたぎ

羽川つばさ

女神転生

超合金

ホラー・怪奇小説

ウルトラマン

といった感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小説版 テラフォーマーズ LOST MISSION1 月の記憶 東山彰良著

原作漫画「テラフォーマーズ」が大好きなので小説版ももちろん購入。

原作10巻はDVDつきの限定盤でもちろん購入。

10月発売予定のゴキのフィギュアも買う予定。

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

西暦2599年。

火星有人調査「バグズ2号」計画、中断。

生き残った乗務員2名が、地球へと帰還した。

そのころ、地球の中南米密林地帯では、政府軍と闇バグズ手術を施されたゲリラ部隊が熾烈な戦闘を繰り広げていた。

「アネックス1号」計画へと至るミッシングリンク、小説で解禁!

読書感想

面白かった。

原作を知らない人はまぁ読まないとは思うけれど、原作を知らないと説明が少なすぎるのと、楽しみが半減以下になると思う故、まずは原作漫画を読んでからね。

前置きはそれくらいにして本編感想。

小説だけど巧くテラフォーマーズさせてるなという印象。

登場人物の熱さ、なんか微妙なギャクパート(面白くないけど好き。失笑という感じ)、いい感じの絶望感や残酷さとか、読んでて映像(マンガのね)が浮かぶという感じ。

読み易い上わかりやすい、楽しかった。

なんか映画「プレデター」を思い出した(シュワちゃんの出てる一番最初のやつね。ちなみに部屋主はこの「プレデター」が大好きである)

また、漫画本編の方で、「アレっ?」と思ってたりしてたところが、シレっと補完されているあたりは嬉しいところ。

正確に言及されたわけでないけど、コイツは本編の登場人物の若いころだろうなとか、こうつながるんだろうなとかと想像させてくれるところなんかは、ファンとしてはこれまた嬉しいところ。

物語の構成としては、表紙(リバーシブルになっていて、表は主人公のルビオで裏がヒロインのスカイラー)のスカイラーの絵であったり、プロローグであったりエピローグであったりと、こういうタイプのは大好物。

小説版内でも「アレっ?」と思うところはなきにしもあらずだが、ご都合主義的なものなのか、今後解き明かされるのかは不明。

何にせよ「1」ということで次巻にも期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年07月の購入漫画記録

2014年 7月の購入漫画記録

暗殺教室 10

海賊と呼ばれた男 1

多重人格探偵サイコ 20

7SEEDS 27

サイコメトラー 14

コールド・ケース 1

修羅の門 第弐門 13

金田一少年の事件簿R 2

アポカリプスの砦 7

善悪の屑 1

マギ 22

BIRDMEN 3

キングダム 35

デストロイ 6

横浜線ドッペルゲンガー 1

バガボンド 37

超人戦線 1

将太の寿司2 2

新耳袋 2巻 八甲田山の怪

新耳袋 3巻 壁をたたく音・黒百足

新耳袋 4巻 山の牧場編

タナトスの使者 3

恐之本 5

HERO アカギの遺志を継ぐ男 7

0能者ミナト 12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神の時空 鎌倉の地龍 高田崇史著

「QED」や「カンナ」のシリーズで有名な高田さんの最新シリーズ。

両方とも読んでみたいがけっこう長いから手を出してなかった。

が、新シリーズということとサイン本ということで購入してみた次第。

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

女子高生・辻曲摩季が、意識不明の状態となり由比ヶ浜で発見された。

同じ頃、鎌倉幕府二代将軍・源頼家と源氏一族の遺跡が荒らされ鶴岡八幡宮の鳥居が崩壊する。

摩季と兄姉と友人の陽一は、二つの事件の背後に潜む怨霊の影を感じ、鎌倉時代について調べ始めた。

すると、数多の謀殺と陰謀が渦巻く、闇の鎌倉殺戮史に気がつく。

歴史の闇に隠された、鎌倉将軍暗殺事件の真相とは?

読書感想

微妙。

なんというか色んなものが唐突すぎる。

歴史の薀蓄は面白くしっかりと書かれているのに、それに反比例するようにその他の物語の説明が少ないと思う。

ものすごく小さいところで大きな規模の話が展開するのは物語の常だけど、そこにどれだけ説得力をもたせることができることが大切だと考えいる。

が、この物語にはそれがなく、それがそのままこの物語の感想や評価につながっているという感じ。

2作目もサイン本で売ってたけど買うかとうか迷い中。

抜粋

「歴史の真実は史書の行間にある

 文字になっていないこと

 文書として残すことができなかったことこそが真実じゃ

 史書を読んでみろ

 どうか真意を読み取ってくれ

 と文字の行間が訴えておるぞ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年06月の購入漫画記録

ONEPIECE 74

CLAYMORE 26

双星の陰陽師 2

囚人リク 17

聖闘士星矢 冥王神話 外伝 10

ACMA GAME 6

東京喰種 12

ねじまきカギュー 15

俺物語 6

後遺症ラジオ 2

死がふたりを分かつまで 23

ラストイニング 44巻(最終巻)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »