« 憑き歯 密七号の家 五味弘文著 | トップページ | 映画版 白ゆき姫殺人事件 »

白ゆき姫殺人事件 湊かなえ著

「告白」が非常に面白かったゆえ注目している作家さんの1人。

でもその後の読んだ「少女」「贖罪」「Nのために」「夜行観覧車」はイマイチな感想でそこから読むの止まってた。

が、今回はけっこう面白そうだし、井上真央主演の映画版が気になってるゆえ購入してみた。

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。

ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。

人人への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。

ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は加熱する一方。

匿名という名の皮を被った悪意と集団心理。

噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか。

読書感想

正直そんなに期待してなかったのだけどけっこう面白かった。

「告白」と同じような文体に加え、これまでの小説では見られていない試みが色々とされているのが楽しかった。

記事はあったような気はするが、ネットのつぶやきがこういう風に入ってるのは初見(探せば先行している作品がある可能性はあるが)。

内容に関しては、映画版のCMでは「ネット炎上」がテーマの一つのようになっていたが、そうではなく「自覚のない悪意(解説より)」の方が正しいと感じた。

このあたりの目のつけどころは良いし、上記のような試みも絡まって、読んでいて楽しいと感じることにができたが、それに対する作者の考えが伝わって来なかった印象。

それもあってか読後感は微妙。

なんかこうモヤモヤしたものが残る。

もう少しこのテーマを掘り下げてほしかった。

犯人当ての要素は少なく、ミステリよりもサスペンスに分類した方がよい作品かなと(それらの分類の境界定義はいまいちはっきりしないけど)。

このあたりを解説では絶賛していたが、ちょっと気持ち悪かった。

むしろあまりミステリ要素を意識させずに、いきなりドンと驚かせる感じで犯人が明らかになるリードの仕方を褒めるなら理解できるのだが。

なんにせよ面白い作品であり、これがどういう風に映画化されているかは非常に気になるところ。

|

« 憑き歯 密七号の家 五味弘文著 | トップページ | 映画版 白ゆき姫殺人事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/53251703

この記事へのトラックバック一覧です: 白ゆき姫殺人事件 湊かなえ著:

« 憑き歯 密七号の家 五味弘文著 | トップページ | 映画版 白ゆき姫殺人事件 »