« 股旅探偵 上州呪い村 幡大介著 | トップページ | 憑き歯 密七号の家 五味弘文著 »

貴族探偵対女探偵 麻耶雄崇著

前作の「貴族探偵」が面白くなかったので購入する気はなかったのだけど、サイン本だったのでついつい購入してしまったという流れ。

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

召使が推理

貴族が解決

新米女探偵が貴族探偵に挑む

ディテクティブ・ミステリーの傑作。

(帯より)

読書感想

上記のように前作が面白くなかったので全く期待してなかったからかもだけどけっこう面白かった。

ついつい笑ってしまうという意味で。

ミステリとしてもさすがというかなんというか。

よくこの短い話の中で毎度毎度お約束をやってくれるとものです、すごいわ(これが上記のように楽しい)。

その分細々とした推理になってしまうゆえ、考えるのが面倒臭くなってしまうのが難点といえば難点。

結局あんまり考えずに読んでしまったし。

キャラクター面で考えると、前作では貴族探偵が浮きまくってていまいち感満載だったのが、女探偵という可愛らしいツンツンキャラが出ることによってお互いを補完してるという印象。

その点も前作と比較して大幅に面白さが上がった理由。

|

« 股旅探偵 上州呪い村 幡大介著 | トップページ | 憑き歯 密七号の家 五味弘文著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/53251701

この記事へのトラックバック一覧です: 貴族探偵対女探偵 麻耶雄崇著:

« 股旅探偵 上州呪い村 幡大介著 | トップページ | 憑き歯 密七号の家 五味弘文著 »