« ブログラムと雑記 | トップページ | 石の繭 警視庁殺人分析犯 麻見和史著 »

キョウカンカク 美しき夜に 天祢涼著

第43回メフィスト賞受賞作ということで購入。

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

死体を燃やす殺人鬼・フレイムに妹を殺された天弥山紫郎は、音が見える探偵・音宮美夜と捜査に乗り出す。

美夜は殺意の声を見てフレイムを特定するも動機がわからない・

一方、山紫郎は別の人物を疑い・・・

読書感想

面白かった。

久々に見事にしてやられましたわ。

アレの正体がわかるまで、アレに気付かなかったと。

もちろんミスリードの方にはひっかからなかったですよ。

だた、二段構えの後の方がわからなかった。

まさかがああくるとは…

悔しいっす。

文句をつけるとするなら背表紙のあらすじ。

読まない方が良いかと。

読んでそこに集中して考えながら読むと、部屋主がしてやられたところにしてやられない可能性が高まるので。

読み易さや適度な笑いもあるので、ミステリ初心者へのオススメ小説リストに入れてもOKかと。

にしても、メフィスト賞とは相性が良い気がするな。

今後も注目していこう。

|

« ブログラムと雑記 | トップページ | 石の繭 警視庁殺人分析犯 麻見和史著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/52621529

この記事へのトラックバック一覧です: キョウカンカク 美しき夜に 天祢涼著:

« ブログラムと雑記 | トップページ | 石の繭 警視庁殺人分析犯 麻見和史著 »