« figma 化物語 羽川翼 | トップページ | 蜜姫村 乾ルカ著 »

眼球堂の殺人 The Book 周木律著

mixiの方のミステリ仲間の評価がまずまずだったのと、サイン本だったということで購入してみた。

第47回メフィスト賞受賞作。

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

天才建築家・驫木煬が山奥に立てた巨大な私邸<眼球堂>。

そこに招待された、各界で才能を発揮している著名人たちと、放浪の数学者・十和田只人。

彼を追い、眼球堂へと赴いたライター陸奥藍子を待っていたのは、奇妙な建物、不穏な夕食会、狂気に取りつかれた驫木…

そして奇想天外な状況での変死体。

この世界のすべての定理が書かれた神の書「The Book」を探し求める十和田は、一連の事件の「真実」を「証明」できるのか?

読書感想

面白かったです、というか楽しかったです。

本格ミステリってのはこうじゃないとねという感じで。

怪しげな館に一癖ある登場人物たち、不可解な連続殺人に薀蓄、張りめぐらされた伏線にどんでん返しと盛りだくさん。

ラストの彼女の名前まではちょっと盛り込みすぎかとも思いますが。

謎解きに関しては、この手のトリックは犯人を限定できるので正解、トリックの大きなところも正解という感じ。

細かいところに関してはミスがあったためどんでん返されたりもしたけれど、叙述の方は気づいてたりという微妙なライン。

もう少し怖い要素があれば部屋主的には大満足でした。

すでに次回作も刊行されるらしいですが、間違いなく買いますね。

今後に期待。

|

« figma 化物語 羽川翼 | トップページ | 蜜姫村 乾ルカ著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/51427829

この記事へのトラックバック一覧です: 眼球堂の殺人 The Book 周木律著:

« figma 化物語 羽川翼 | トップページ | 蜜姫村 乾ルカ著 »