« のぼうの城 和田竜著 | トップページ | 真・女神転生4  »

氷菓 米澤穂信著

アニメ化もしたし(評判いいみたい)、米澤さんの作品も基本的に好きだし、紀伊国屋書店×角川書店が選んだベスト100にも選ばれてたってことで購入してみた。

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

いつの間にか密室になった教室。

毎週必ず借り出される本。

あるはずの文集をないと言い張る少年。

そして「氷菓」という題名の文集に秘められた33年前の真実―

何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年お・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。

読書感想

いまいちでした。

ミステリ度は低いし(なんだこれは?っていうレベル)、毒とか風刺的なものもないし、もちろんホラー的な要素もないし(この当たりは期待してはなかったですよ)。

致命的なのが、青春要素は多少はあるものの、青春タイプに付随してくるであるはずの、感動とか郷愁みたいなものも全く感じられずというところ。

キャラに魅力がないのも痛いかな。

ヒロインのえるは可愛らしいけど(好奇心の化物的に書かれてるけど、そういう表現はさほど強くなかったし)、主人公にはまったくというか、むしろ嫌いって感じで。

期待しすぎてたのもあるのかな。

残念。

|

« のぼうの城 和田竜著 | トップページ | 真・女神転生4  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/51404914

この記事へのトラックバック一覧です: 氷菓 米澤穂信著:

« のぼうの城 和田竜著 | トップページ | 真・女神転生4  »