« ブログラム | トップページ | シャッター・マウンテン 北林一光著 »

完全なる首長竜の日 乾緑郎著

第9回このミステリーがすごい大賞受賞作。

映画化するということでその前に読んでみた。

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

植物状態になった患者とコミュニケートできる医療器具「SCインターフェース」が開発された。

少女漫画化の淳美は、自殺未遂により意識不明の弟の浩市と対話を続ける。

「なぜ自殺を図ったのか」という淳美の問いに、浩市は答えることなく月日は過ぎていた。

弟の記憶を探るうち、淳美の周囲で不可思議な出来事が起こり―

読書感想

微妙でした。

というか、こういう夢タイプの話はあまり好きじゃないというかなんというか、というのが影響してる感じですね。

展開も結末もだいたいこうなるって感じのものに落ち着きますし、実際そういう感じに落ち着きましたし。

ただまぁ、謎解き時(?)に思ってたよりも伏線が多かったは楽しかったですが。

|

« ブログラム | トップページ | シャッター・マウンテン 北林一光著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/51404823

この記事へのトラックバック一覧です: 完全なる首長竜の日 乾緑郎著:

« ブログラム | トップページ | シャッター・マウンテン 北林一光著 »