« ジョジョの奇妙な冒険 プロシュート&グレイトフルデッド | トップページ | Fate/Zero 超合金 アーチャー »

葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午著

面白いと聞いていたのをついに購入。

タイトルが非常に気に入ったというのもある。

とりあえず帯には、

「2004年このミステリーがすごい 1位」

「2004年本格ミステリベスト10 1位」

「第57回日本推理作家協会賞受賞」

「第4回本格ミステリ大賞受賞」

とのこと。

すげぇな。

部屋主の独断ランク:A

あらすじらしきもの

「なんでもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。

そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命を出会いを果たして―

感想

面白かったです。

というかしてやられました。

ちくしょう。

かなり警戒していたし、違和感の正体につていも当たりをつけていて、それも決して間違いではなかったけれど、それでもしてやられるという。

くやしい。

というか、間違いでないところにたどりついても、次の段階に行けないようにトリックを仕掛けてあるのが実に巧い。

あー、気持ちよくしてやられました。

ただ、物語的にはさほどでもないと。

あと細かく描いてるとネタバレになるのでこの程度で。

あと、本編とは関係ないけど、このタイプの作品のことを本格ミステリっていうのですかね?

部屋主個人としては、本格ってのは綾辻さんの「館」シリーズとか「金田一少年の事件簿」的な作品を言うのだと思うのだけど…

抜粋

「どうして俺が特別であってはいけないんだ

 誰が決めた

 特別か特別でないかは生きてみないとわからないじゃないか

 優秀な人間を見て自分は敵わないと思ったら

 その時点でもう負けだ

 自分の可能性を信じる人間だけが

 その可能性を現実化できる資格を持つ」

|

« ジョジョの奇妙な冒険 プロシュート&グレイトフルデッド | トップページ | Fate/Zero 超合金 アーチャー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/50968682

この記事へのトラックバック一覧です: 葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午著:

« ジョジョの奇妙な冒険 プロシュート&グレイトフルデッド | トップページ | Fate/Zero 超合金 アーチャー »