« figma 化物語 阿良々木暦 | トップページ | ブログラム »

爆弾テロリスト 灰色パンダ 水田美意子著

このミス大賞シリーズ。

作者は違うけど、「カエル男」「森のクマさん」の流れの表紙とタイトルということと、当時12歳で書いた「殺人ピエロの孤島同窓会」の著者ということで購入を決定。

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

大阪駅前に位置する「大阪デパート」が、パンダやフランケンシュタインのマスクを被った着ぐるみ集団に占拠された。

デパートを訪れていたバーのマスター・無限と、アルバイト店員の千絵は人質として拘束され、脱出の機会を窺う。

一方、大阪府警は犯人の「文部省の廃止」という要求に困惑しながらも、事件解決の人口を見出そうとジャック犯と交渉を開始するが…

感想

面白かったです。

舞台が大阪(ほぼ毎日通勤で移動しているところ)ゆえ、必要以上に萌えてしまいました。

ライトノベルチックなところも多々見受けられますが、キャラがたっていたりとちゃんと面白いですし、なにより物語の構成がしっかりしているので問題なしです。

特に。物語の展開と構成でのミスリードには、ちょっとしてやられた感が。もちろんいい意味で。

にしても中学生だか高校生だかでこれだけ書けるとは。

今後に多大な期待をしてしまいます。

と、他の作品も読んでみたくなりました。

抜粋

「人間ってどうして正しいことを認められねえんだよぉ!

 臭いものにフタしてどうすんだよぉ!」

「臆病は恥ずかしくない

 自分の臆病さと向き合えないやつこそ恥ずべきだ」

|

« figma 化物語 阿良々木暦 | トップページ | ブログラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/49814732

この記事へのトラックバック一覧です: 爆弾テロリスト 灰色パンダ 水田美意子著:

« figma 化物語 阿良々木暦 | トップページ | ブログラム »