« 2012年11月の購入マンガ記録 | トップページ | 2012年12月の購入マンガ記録 »

脳男 首藤瓜於著

かなり前から気になってた作品。

映画化するみたいなのでその前に読んでおこうと購入。

第46回江戸川乱歩賞受賞作。

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

連続爆弾犯のアジトで見つかった、心を持たない男・鈴木一郎。

逮捕後、新たな爆弾の在処を警察に告げた、この男は共犯者なのか。

男の精神鑑定を担当する医師・鷲谷真梨子は、かれの本性を探ろうとするか…

そして、男が入院する病院に爆弾が仕掛けかれた。

感想

まずまず面白かったです。

が、特に何が面白かったと問われると返答に困る感じ。

鈴木一郎の過去を辿っていくのも面白いといえば面白いですが、ちょいと長い気もするし、犯人の特定も面白いけれど、知識があるかないかでわかれるタイプですし。

考えさせられるシーンもありますし。

「あなたはいったいどちらの側にたっているの」

という被害者家族とのやりとりはよかったですね。

色んなところが及第点だけど、特出してるところがない。

そんな印象。

でも続編も読むことはほぼ決定くらいは面白かったと。

あと、映画版では、病院内のワイヤートラップの場面がどう描かれるかに期待です。

|

« 2012年11月の購入マンガ記録 | トップページ | 2012年12月の購入マンガ記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/46917252

この記事へのトラックバック一覧です: 脳男 首藤瓜於著:

« 2012年11月の購入マンガ記録 | トップページ | 2012年12月の購入マンガ記録 »