« ジョジョの奇妙な冒険 アニメ感想 | トップページ | ジョジョの奇妙な冒険 アニメぷち感想 »

化物語 下 西尾維新著

西尾維新の物語シリーズ第2弾です。

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

阿良々木暦が直面する、完全無欠の委員長・羽川翼が魅せられた「怪異」とは―!?

感想

まずまずですかね。

基本的な感想は上巻と同じ。

作者のはっちゃけ具合が楽しい作品。

●なでこスネイク

ひたすら撫子が可愛い。

ってか、色々と大丈夫じゃないやりとりにニヤニヤ。

あと、

「そういうやつはちゃんと救ってあげなくちゃ」

としれっと言う忍野。

この物語の中で一番好きなのは忍野めめかもしれん。

バランス、中庸、ってキャラはそんなに好きじゃないんだけどね。

「はっはー」とか、「いいことあった」的な口癖悪くないし。

ただアロハはいただけん。

●つばさキャット

羽川さんの話なのに撫子がいきなり可愛い。

まぁこれまでもそういう構成なわけだけど、古い作品のネタを持ってくるあたりがさすが西尾維新という感じ。

で、戦場ヶ原さんの星空。

これは良いね。

ネコの話に関しては、オチがわかりやすすぎたので微妙。

抜粋

「必要なときにそこにいてくれたという事実は

 ただそれだけのことで何にも増してありがたいものだ」

うん。

そういう場にいれる人間になりたいものだわ。

|

« ジョジョの奇妙な冒険 アニメ感想 | トップページ | ジョジョの奇妙な冒険 アニメぷち感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/49313291

この記事へのトラックバック一覧です: 化物語 下 西尾維新著:

« ジョジョの奇妙な冒険 アニメ感想 | トップページ | ジョジョの奇妙な冒険 アニメぷち感想 »