« 謹賀新年 | トップページ | 公開処刑人 森のくまさん 堀内公太郎著 »

黒死館殺人事件 小栗虫太郎著

夢野久作の「ドグラ・マグラ」、中井英夫の「虚無への供物」と並ぶ日本ミステリ界の三大奇書ということでついに購入。

2013年目の一冊目の読書感想にはふさわしいかなと。

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

黒死館当主降矢木算哲博士の自殺後、屋敷住人を血腥い連続殺人事件が襲う。

奇々怪々な殺人事件の謎に、刑事弁護士・法水麟太郎がエンサイクロぺディックな学識を駆使して挑む。

江戸川乱歩も絶賛した本邦三大ミステリのひとつ、悪魔学と神秘科学の結晶した、めくるめく一大ペダントリー。

読書感想

正直なんと書いてよいやらというくらい、理解しながら読むことができませんでした(内容ではなくきちんとした流れを)。

あとがきとかを読む限りでは、かなり昔のものより読み易くなっているとのことでしたが、それでも・・・

とにかくエンサイクロぺディックな学識の披露が凄まじくかつそれがいちいち難しいかつちゃんと物語につながっているという複雑さ(だからこそ面白いし、この独特の世界観に引き込まれるわけですが)。

読書力や理解力には自信はありましたが少し凹みます。

それはさておき、そういう知識が謎解きのキーになっていたりするので、いわゆる「本格」と呼ばれる最近の流れから逸脱する作品かなと。

ノックスの十戒とかに抵触しまくりだと思います(もちろん部屋主の知識不足の可能性も高いですが)。

とはいうものの、あそこのアレがここのコレに結びついて、あぁそういうことか、なるほどというミステリの面白さはもちろんあります(色褪せてないというか、今でも輝ける作品かと)。

色んな意味ですごかったです。

いやー、黒死館に行ってみたいなーと思ったり(絶対荘厳で美しいはず)&誰か現代版にアレンジしてほしいと思ったりという作品。

一緒に

あたりを読んで補完するのも悪くないかと。

もちろん原作を読んだ後でね。

(最近、この漫画で読破シリーズにハマっています)

|

« 謹賀新年 | トップページ | 公開処刑人 森のくまさん 堀内公太郎著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/48058733

この記事へのトラックバック一覧です: 黒死館殺人事件 小栗虫太郎著:

« 謹賀新年 | トップページ | 公開処刑人 森のくまさん 堀内公太郎著 »