« 2012年 9月の購入マンガ記録 | トップページ | ブログラム »

零崎人識の人間関係 零崎双識との関係 西尾維新著

人間関係シリーズ第3弾です。

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「零崎一賊」

―それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。

零崎人識、17歳、もっとも自由だった全盛期の春。

“殺し名”七名の対極に位置する“呪い名”六名―

時宮病院、罪口商会、拭森動物園、死吹製作所、奇野師団、咎凪党―の寄せ集め、裏切同盟と兄・零崎双識との戦闘に、しかし彼は否応なく巻き込まれ―

読書感想

楽しかったです。

双識に間違われて呪い名の連中とバトルバトルバトルという展開なのですが、それぞれのバトルがジョジョ的というかなんというか。

それぞれどうやって勝つんだろと考えながら、結局相性やら偶然やら頭脳やらで面白かったです(特にVS拭森戦は)。

逆に言うとほぼそればっかりといえばそればっかりでしたが。

双識好きとしてはラストのアレはちょっとショック。

もう少し仲良しでいてほしかったかなと。

にしてもソーイングセット…役に立ちすぎだろ。

|

« 2012年 9月の購入マンガ記録 | トップページ | ブログラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/47542361

この記事へのトラックバック一覧です: 零崎人識の人間関係 零崎双識との関係 西尾維新著:

« 2012年 9月の購入マンガ記録 | トップページ | ブログラム »