« 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 パープル・ヘイズ | トップページ | わらの犬 »

怪談 黄泉からの招待状

お気に入り作家の三津田信三さんと鈴木光司さん、中山一朗さんが入っていたので購入しました。

部屋主の独断ランク:C

独断ホラーランク:C

あらすじらしきもの

墓地近くで停めたタクシーの運転手が語る奇妙な話、

デートした女性に夢の中で付きまとわれる男、

怪異蒐集家のもとに寄せられた一本の電話、

人が死ぬところを見られるというツアーに参加したテレビ・ディレクターを待ち受ける、この世のものとは思えない光景。

ホラー小説の鬼才から実録怪談の名手まで、7人が放つ戦慄の物語。

収録作品

「怪談の作法」稲川淳二

「憑いてるタクシー」稲川淳二

「鬼ごっこ」竹本健治

「夢の家」三津田信三

「カストリゲンチャ」堀川アサコ

「屍女」中山市朗

「原罪SHOW」長江俊和

「樹海」鈴木光司

感想

良い作品が多かったです。

ということで個別感想。

●「怪談の作法」

これは怖い話ではないです。

あくまで怪談を楽しむための作法の紹介(?)です。

●「憑いてるタクシー」稲川淳二

普通の怪談です。

良くもなく悪くもなく。

独断ランク:C

●「鬼ごっこ」竹本健治

構成は面白いですが怖いかとなると全然です。

結論もどうなのって感じです。

独断ランク:C

●「夢の家」三津田信三

以前にほぼ同じような内容の話を読んだ(見た)気が。

その既視感の原因作品を思い出したいです。

独断ランク:C

●「カストリゲンチャ」堀川アサコ

この作品集の中で一番退屈でした。

怖くもないし、妙に長いですし。

独断ランク:E

●「屍女」中山市朗

ちょっと長い「新耳袋」ですね。

怖い話というより不思議な話よりかと。

独断ランク:C

●「原罪SHOW」長江俊和

「怪談」ではないですが好きですね。

展開も良いです。

ラストは読み易いですがこの短編集で一番好きです。

独断ランク:B

●「樹海」鈴木光司

グロさやリアルさ(実際そうなるのかは知りませんが)、そして展開、よかったです。

ラストをああ持ってくるとは予想外でしたね。

良い意味でしてやられました。

独断ランク:B

|

« 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 パープル・ヘイズ | トップページ | わらの犬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/46694092

この記事へのトラックバック一覧です: 怪談 黄泉からの招待状:

« 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 パープル・ヘイズ | トップページ | わらの犬 »