« 怪談 黄泉からの招待状 | トップページ | 2012年10月の購入マンガ記録 »

わらの犬

ジョジョの荒木飛呂彦さんのホラー映画論にリメイク前の作品がいい感じに評価されてたんで購入。

部屋主の独断ランク:C

独断ホラー(キモグロ)ランク:C

(ラスト20分ならA)

あらすじらしきもの

ロサンゼルスに住む脚本家デヴィットは妻エイミーとともに、静かな環境を求めて彼女の故郷ミシシッピー州の田舎へ引っ越す。

だが、エイミーのかつての恋人チャーリーと再会した日から不穏な空気に支配され、都会者を嫌う地元民の荒くれ男たちを敵に回したデヴィットとエイミーは、想像を絶す暴力の世界へと引きずり込まれていく…

感想

なんというかあれですね。

「ラスト20分、想像を絶する血の雨が降り注ぐ!!」という宣伝文句ですが、まさしくその通りでした。

ラスト20分までは正直つまらなく退屈でした。

微妙なイジメや、意味不明なレイプシーン、よくわからん知的障碍者(?)とか、なんで彼をそこまでしてかばったのかとか、色々と微妙微妙でしたが、ラスト20分のハイテンションな暴力場面は素敵でしたね。

もうこれまでの流れとかいっさい関係ないくらいにガスガスやりあうイカレ具合は非常によかったです。

スカッとしました。

|

« 怪談 黄泉からの招待状 | トップページ | 2012年10月の購入マンガ記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わらの犬:

« 怪談 黄泉からの招待状 | トップページ | 2012年10月の購入マンガ記録 »