« ブログラム 17 | トップページ | 神様ゲーム 麻耶雄崇著 »

闇の伴走者 醍醐真司の猟奇事件ファイル 長崎尚志著

表紙の嫌な感じのピエロがツボにハマったので購入です。

部屋主の独断ランク:A

独断ホラーランク:E

あらすじらしきもの

漫画界の巨匠が遺した未発表原稿。

背後に隠されたおぞましい秘密。

発見された50枚の原稿には、若い女性を誘拐・監禁し、苦悶する姿をデッサンしてして殺害する<漫画化>なる人物が描かれ、さらには作中の被害者の顏は、35年前に連続女性失踪事件で消えた女性に酷似していた。

果たしてこれは巨匠本人が描いたものなのか?

別人だとすれば誰が、何のために?

作者は現実に女性を次々に誘拐し殺した犯人なのか―

原稿に遺された痕跡が新たな猟奇事件を招き、驚くべき犯人像が浮かぎ上がるが…

感想

かなり面白かったです。

帯に「伝説的名作『MASTERキートン』原作者の一人。漫画界のカリスマだからこそ書けた驚愕のミステリー長編」とありますが、確かに漫画界をよく知ってないと書けないだろうなと。

そのあたりの薀蓄や、作中から溢れてくる漫画への愛情は、漫画好きとしては非常によかったです。

主人公の醍醐の見た目に関しては(巨大なブ男)感情移入しづらいですが、漫画に関する熱い想いに関しては、これまた非常に共感を覚えました。

「内容が難しすぎるっていうんだ。残念だよ。

 複雑なものを嫌うお客にレベルを合わせて創作してったら、

 そのジャンルそのものが寿命を縮めるってのにだぜ」

とか

「主人公はふだんはどうしようもなく臆病で、優柔不断でいい。

 しかしいざ危機に瀕した時、絶対に立ち上がらければならない

 ―それが漫画の真骨頂だからだ。

 それが、われわれがマンガという文化を誇れる理由だからだ、と。

 だから醍醐は、行かなくてはならないのだ」

とか

「漫画家は、

 自分以上に自分の愛読者にずっと生きていてもらいたい、

 幸せな人生を送ってもらいたい…そう願う人たちだ」

とかね。

特に2つ目の抜粋のところは大好きです。

物語はそうじゃなくちゃね!

内容に関しては、帯に「二転三転から、ありえない結末へ」とありますが、ありえない結末というのは言い過ぎとして、二転三転するのは本当で、そういうのが好みなのでとても面白かったです。

まぁ、その脇の甘さはないだろうとかいうつっこみは置いておいて。

部屋主個人としてはもう少しおどろおどろしくホラー的要素があれば文句なかったのですが。

追いかけられたり、監禁されたりといった場面の恐怖の描写が弱い気がするんですよね。

というか、なんとなくこの著者はそういうところが苦手なのかなとも思いました。あえてそういう描写を避けてる感がなきにしもあらずなので。

|

« ブログラム 17 | トップページ | 神様ゲーム 麻耶雄崇著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/46693380

この記事へのトラックバック一覧です: 闇の伴走者 醍醐真司の猟奇事件ファイル 長崎尚志著:

« ブログラム 17 | トップページ | 神様ゲーム 麻耶雄崇著 »