« ブログラム 18 京極堂 | トップページ | 黒沼 香月日輪のこわい話 香月日輪著 »

鬼談百景 小野不由美著

お気に入り作家「小野不由美」さんによる百物語。

部屋主の独断ランク:C

独断ホラーランク:C

内容紹介のようなもの

掌編の名手としての技倆を遺憾なく発揮した恐怖の九十九話。

小野不由美が初めて手掛ける百物語怪談本。

読むほどに不穏な闇は深まり、恐怖がいや増す―

感想

まずまずでした。

お気に入りシリーズの「新耳袋」や「九十九怪談」と同じような構成の怪談集です。

基本的に同じ当たり外れがあったりするのもほぼ同じ感じです。

個人的には「どこの子」と「赤い女」という話が怖かったですね。

あと書いておくべきことがあるとするなら、同著者の「残穢」とかぶってる話もあったりするので、ファンなら両方とも読んでみるのも良いかと思います。

ちなみに「新耳袋」シリーズとか同じで、わざと丑三つ時に一気読みしてるのですが、読んでる途中は妙に涙が出て困りました。

|

« ブログラム 18 京極堂 | トップページ | 黒沼 香月日輪のこわい話 香月日輪著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/46586809

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼談百景 小野不由美著:

« ブログラム 18 京極堂 | トップページ | 黒沼 香月日輪のこわい話 香月日輪著 »