« 大きな森の小さな密室 小林泰三著 | トップページ | ついてくるもの 三津田信三著 »

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い 西尾維新著

会社の同僚が貸してくれました。

第23回メフィスト賞受賞作。

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が、「科学・絵画・料理・占術・工学」、5人の「天才」女性を招待した瞬間、「孤島×密室×首なし死体」の連鎖がスタートする!

工学の天才美少女「青色サヴァン」こと玖渚友(♀)とその冴えない友人「戯言遣い」いーちゃん(♂)は、「天才」の凶行を「証明終了」できるのか?

感想

面白かったです。

最初、文体に慣れるまで少々イラっときましたが、慣れるとよくなっていきます。

本格ミステリとキャラものの融合といった感じの作品ですかね。

本格としては少々弱く(トリックは簡単だけど部屋主好みのどんでん返し系でよくできてる)、動機が不明なのはいただけませんが、キャラがたってて読みものとして楽しめます。

笑えるという意味でも。

気になった点といえば語り部の「僕」の立ち位置と、「戯言遣い」ってのがよくわからんってあたりでしょうか。

次へと続く設定が色々あったので続編も楽しみです。

抜粋

「苦労したことは一度もない

 ただ、努力はしたがね」

かっこよし。

「得意不得意、得手不得手というもはあっても

 本来専門なんてものはあるべきではない」

と思います。

|

« 大きな森の小さな密室 小林泰三著 | トップページ | ついてくるもの 三津田信三著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/46917300

この記事へのトラックバック一覧です: クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い 西尾維新著:

« 大きな森の小さな密室 小林泰三著 | トップページ | ついてくるもの 三津田信三著 »