« おさがしの本は 門井慶喜著 | トップページ | クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い 西尾維新著 »

大きな森の小さな密室 小林泰三著

お気に入り作家の小林泰三さんの作品ということで購入。

部屋主の独断ランク:C

あらすじらしきもの

森の奥深くの別荘で幸子が巻き込まれたのは密室殺人だった。

閉ざされた扉の奥で無残に殺された別荘の主人と、癖のある6人の客―表題作「大きな森の小さな密室」をはじめえ、死亡推定時刻は百五十万年前という報復絶倒の「更新世の殺人」ほか、安楽椅子探偵、日常の謎など、ミステリでお馴染みの七つのテーマに超個性派探偵たちが挑む精緻なミステリ連作集。

収録作品

大きな森の小さな密室 犯人当て

氷橋 倒叙ミステリ

自らの伝言 安楽椅子探偵

更新世の殺人 バカミス

正直者の逆説 ??ミステリ

遺体の代弁者 SFミステリ

路上に放置されたパン屑の研究

感想

まずまずですかね。

もちろん作品ごとに差はありますが、普通のミステリ作品ではなく小林さんらしいミステリだなと。

作品中や他作品と登場人物がかぶってたりするあたりも好きです(他作品の場合は、最後の解説で思い出したり、そうだったんだと気付いたわけですが)。

ということで個別感想。

●大きな森の小さな密室 犯人当て

短いながらもしっかりミステリしてました。

どうせギャグだろうなと思って、さほど考えずに読んだのを後悔しました。

ちゃんと考えなかったのがもったいなかったです。

●氷橋 倒叙ミステリ

いやまぁなんというか。

面白いけど好きじゃないんですよね、このタイプは。

●自らの伝言 安楽椅子探偵

こういう探偵好きです。

ミステリとしても短いながらもしっかりしてるなと。

●更新世の殺人 バカミス

ほんとバカでした(笑)

好きか嫌いかと問われると嫌いです。

●正直者の逆説 ??ミステリ

メタというかなんというか。

ここまでバカメタな作品は初めて読んだ気が。

ある意味でさすが。

●遺体の代弁者 SFミステリ

小林泰三さんらしいなぁという作品。

●路上に放置されたパン屑の研究

いやまぁ、この作品いるのかなと思うけれど、入れちゃうあたりが著者らしいなと(苦笑)

|

« おさがしの本は 門井慶喜著 | トップページ | クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い 西尾維新著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/46694253

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな森の小さな密室 小林泰三著:

« おさがしの本は 門井慶喜著 | トップページ | クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い 西尾維新著 »