« Fate/Zero 1巻 | トップページ | アバンチュリエ 2巻 森田崇 原作モーリス・ルブラン »

儚い羊たちの祝宴 米澤穂信著

ブログ友達、「Caramelcafecafe」の「陸抗」さんが貸してくれました。

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫) Book 儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)

著者:米澤 穂信
販売元:新潮社
発売日:2011/06/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

夢想家のお嬢様達が集う読書サークル「バベルの会」。

夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。

翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに陰惨な事件が。

優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。

甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。

収録

・身内に不幸がありまして

・北の館の罪人

・山荘秘聞

・玉野五十鈴の誉れ

・儚い羊たちの晩餐

感想

実に面白かったです。

それぞれの短編が短いながらもしっかりとした作品に仕上がってるのが実に良いです。

もちろんそれぞれの短編ごとに面白さや好みに差がありますが、すべての短編が面白かったです。

連作短編という構図も大好きですし。

今回は貸していただいて読んだという形ですが、気に入った本は手元に置いておきたいので、きっと新しく買うと思います。

ということで各短編ごとの簡単な読書感想を。

・身内に不幸がありまして

この短編集中で一番好きなツボった作品。

伏線は、わかる人にしかわからないものから、読みながらわかるものまでしっかり張ってあるのが素敵。

帯に「ラスト一行で世界が反転」とあるけれど、ラストの一行は見事(反転はしないし予想通りではあったけどね)。

こういう構成の作品は大好きです。

これだけなら独断ランクはSつけます。

・北の館の罪人

これもまずまず好きかな。

構成なんかもいい感じです。

とはいえ一作目の「身内に~」と比較すると落ちるかなと。

・山荘秘聞

これも面白かったですね。

二段構えだったとは。

騙されてしまいました。

面白かったかと問われると微妙だけど。

・玉野五十鈴の誉れ

これもいいですね。

「身内に~」と同じ最後の一行が実に良いという構図ゆえ、ラストが「あぁこれはこういう伏線だったのか!」と驚けるのが良いですね。

巧いし、残酷な感じがとても好きだけど、印象にいまいち残らないのは、「身内に~」の印象が強かったからなと。

「身内に~」よりも巧い感じがしないでもないのけど、掲載順的にもったいないのかなと。

・儚い羊たちの晩餐

いや~実にいいですね。

こうきたかと。

こういう結末大好きです。

この短編の締めとしても素敵。

実に質の高い短編集でした。

堪能しました。

「ボトルネック」という作品も面白いらしいので、さっさと積み本を片づけて早く読みたいところです。

抜粋

「積んでみなさい

 現金を目の前に積めば

 どんな人間でもぐらぐら揺れる

 金に困らないやつほど金に汚いものだ」

なんかここで吹きだしてしまいました。

|

« Fate/Zero 1巻 | トップページ | アバンチュリエ 2巻 森田崇 原作モーリス・ルブラン »

コメント

気にいっていただけでよかったです(^^)
静かな狂気が漂う世界観が、好まれるかなと思って。

投稿: 陸抗 | 2011年11月22日 (火) 17時53分

こんばんは

おっ、待ってました!
面白そうですね。
僕も購入済みなんですが、短編だとゆうのを今知りました (・・*)ゞ
早く読みたいな、でも読むのは来年になるかも・・・。
ボトルネックは今年読んだ本の中で4位ぐらいですかね。
シンさんが読んでどう感じるのか、楽しみです♪

投稿: nori | 2011年11月22日 (火) 22時12分

>陸抗さん
ほんと面白かったです^^
これを読んでなかったら米澤さんを読むのは
もっとずっと後回しになってかと思います。
ありがとですm(__)m

投稿: シン@部屋主 | 2011年11月27日 (日) 01時55分

>noriさん
こんばんは。

これ、面白かったです^^
おすすめですね。

図書館戦争を読んでるのでその後あたりに
ボトルネックに手を出す予定です。

投稿: シン@部屋主 | 2011年11月27日 (日) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/42882214

この記事へのトラックバック一覧です: 儚い羊たちの祝宴 米澤穂信著:

« Fate/Zero 1巻 | トップページ | アバンチュリエ 2巻 森田崇 原作モーリス・ルブラン »