« 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 | トップページ | ランチパック チキンカツたまごあんかけ風 »

オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎著

読みたい本が山積みの中、仕事が忙しくて全く読めてないゆえ、ちょっとぶりの読書感想(小説)です。

会社の同僚に何かオススメの本はありますかと聞いたらコレの名前が挙がったので購入。

以前に、面白いとのことで読んだ「ゴールデンスランバー」が全くだったのでかなり久々の伊坂作品です。

オーデュボンの祈り (新潮文庫) Book オーデュボンの祈り (新潮文庫)

著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。

江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。

嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。

次の日、カカシが殺される。

無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。

未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止できなかったのか?

感想

微妙…というか面白くなかったです。

なんだろう世界観が合わないのかな。

シュールといえばシュールだし、メタ的な感じもあり、それらの要素は嫌いではないものの、この作中ではいまいち乗れないとでもいえばいいのかな「。

正直なにが良いのかよくわからないです。

ラストも微妙だし、ミステリとしてもどうなのかなと思うし。

とはいえまったく面白くなかったかといえば、妙に続きが気になるってのはあるといえばあるかなとも。

どう締めるのかはかなり気になりましたね。

印象に残っている場面としてはは、ばあ様が「受け入れること」を学んだところと、桜が「理由になってない」とあの人を撃ったところが笑えたってところくらいですね。

特に後者は失笑しながらこうきたかと(笑)

|

« 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 | トップページ | ランチパック チキンカツたまごあんかけ風 »

コメント

伊坂さんは、「チルドレン」が特に好きですが、シンさんにあうかどうか・・・。

投稿: 陸抗 | 2011年11月17日 (木) 17時12分

こんばんは

あぁ~、面白くなかったですか。
ゴールデンスランバーもダメだったんなら合わないんでしょうねぇ。
まぁ、僕は読んでないですけど(笑)
同僚と知り合いが面白いと言ってたので。

こないだオススメした「グラスホッパー」と「流星の絆」は読まない方が賢明かと・・・。
同僚が最近よく伊坂さんの本を貸してくれて、今は「ラッシュライフ」を読んでます。
まだ前半なんですが、いまいち入っていけない感じです。
早く「百蛇堂」と「蛇棺葬」を読みたいんですけど、貴志さんの「新世界より」も借りてしまってるので、まだ先になるなぁ。

投稿: nori | 2011年11月17日 (木) 20時23分

>陸抗さん
チルドレンですね。
いずれ読む本リストに入れておきます!

投稿: シン@部屋主 | 2011年11月21日 (月) 01時14分

>noriさん
こんばんは。

ダメでしたねぇ~
これで2冊目だったかと思いますが、
正直まったく合わない感じです(苦笑)

2作品とも読む本リストに入れてますが
優先順位は低いです。
ちなみに「流星の絆」の方が
ちょっと読んでみたいランクは高いです。

三津田さんのそれらの作品は非常に好きですね。
「新世界より」は傑作の部類です。

ぜひぜひです^^

投稿: シン@部屋主 | 2011年11月21日 (月) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/43038140

この記事へのトラックバック一覧です: オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎著:

« 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 | トップページ | ランチパック チキンカツたまごあんかけ風 »