« チゲかつ丼 祭太鼓 | トップページ | 楊令伝 6 徂征の章 北方謙三著 »

図書館戦争 図書館戦争シリーズ1 有川浩著

ブログ友達であったり、仕事仲間であったり、mixi友達であったりから面白いとすすめられていた図書館戦争。

巻数がけっこうあったので敬遠してたのですが、ついに手を出してしまいました。

ということで読書感想です。

図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫) Book 図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)

著者:有川 浩
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2011/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

2019年(正化31年)。

公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。

高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した一人の女の子がいた。

名は笠原郁。

不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが…!?

感想

面白かったです。

メディア良化法なる悪法が成立しているという新鮮な世界を舞台に、ベタベタなキャラ設定でベタベタな展開のラブコメをするというミスマッチ(?)がとても良いです。

分かりやすい物語ではありますし、よくある設定のキャラだと思うのに、しっかり面白いのは作者の腕なんだろうなと。

本好きにはたまらないセリフや言葉も多いですし。

子供が笑う

 本が好きだった自分がそこにいた

 その頭をそっと撫でたのは無意識だった

とかね。

主人公の郁の真っ直ぐさはたまらんですね。

読み易くて笑える文章に、時折シリアスな部分が混じり、いつかこんな世界が現実になったらどうしようと考えさせてくれるってのもいいです。

笑えるシーンはたくさんありますが、一番好みなのは堂上が欠点として切り捨てたものを抱えてやってきた郁について悩むところですし(P351~の一連の場面)。

「正義の味方」の葛藤、大好物です(お気に入り作品の「Fate」ほどではないけど構図は近いかなと)。

早く時間を作って続きを読みたいものです。

と、何気にコミック版も買い始めてたりです(苦笑)

抜粋

「無能なくせに努力もしないバカは一番迷惑なんだよ

 さんざん人の足を引っ張っといて

 『だって』や『でも』だけ一人前か

 無能な奴はいっそ喋るな」

「言い過ぎ

 正しかったら何を言ってもいいわけじゃないよ」

この流れは好き。

「図書館は学校の延長機関ではなく

 また家庭の躾の代行機関でもありません

 もちろん教育の一助となることを

 否定するものではありませんが

 解放された多様な図書の中から

 子供たちが自由に本を選択できる

 環境を提供することが

 自立への支援になると考えています

 何より

 娯楽作品との距離の取り方は

 保護者が指導すべきものです

 その責任を学校や図書館に求めることは

 保護者としての責任を

 放棄していることになるのではありませんか?」

今、教育に関わるところで働いていたりするのだけど、躾を放棄して責任を押しつけてくる親に辟易しますね…ってことで抜粋してしまいました。

|

« チゲかつ丼 祭太鼓 | トップページ | 楊令伝 6 徂征の章 北方謙三著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図書館戦争 図書館戦争シリーズ1 有川浩著:

« チゲかつ丼 祭太鼓 | トップページ | 楊令伝 6 徂征の章 北方謙三著 »