« 楊令伝 4 雷霆の章 北方謙三著 | トップページ | ザ・フライ デイビッド・クローネンバーグ監督 »

名短篇、ここにあり 北村薫&宮部みゆき編

会社の同僚に貸してもらいました。

なんか小説の読書感想が連続ってのが久々な気が…

名短篇、ここにあり (ちくま文庫) Book 名短篇、ここにあり (ちくま文庫)

販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

収録作品&感想

よくわからん作品もありましたが、面白い作品も多く、あぁこんな作品もあるんだと楽しめました。

●となりの宇宙人 半村良

なんかニヨニヨしながら読みました。

なんなんだろうこのテンション。

不思議な作品です。

●冷たい仕事 黒井千次

…意味がわからんといえばわからんです。

変な魅力はありますが。

むかし霜取りを必死でやったことがあるからかな。

●むかしばなし 小松左京

こういうの大好きです。

やっぱり小松さんの作品は押さえておかねばと。

●隠し芸の男 城山三郎

だからなんだというか…

この短さでここまで哀愁を感じる作品というのも…

●少女架刑 吉村昭

死人の一人称で語られる珍しい作品。

うん、こういうの好きです。

●あしたの夕刊 吉行淳之介

うーん、いまいちでした。

●穴―考える人たち 山口瞳

うーん、よくわからんかったです。

●網 多岐川恭

なんといえばいいか。

連絡短編(?)の中の一編らしいけど、それをこういうところで出すのはどないなんって感じですかね。

他のところが気になります。

●少年探偵 戸坂康二

こういうのも好きです。

単純だけど。

●誤訳 松本清張

短い話だけど見事だなぁと。

さすが。

●考える人 井上靖

これはいいですね。

この作品集の中で一番色々と考えさせられました。

●鬼 円地文子

これはいまいちだったかな。

よくある感じで。

|

« 楊令伝 4 雷霆の章 北方謙三著 | トップページ | ザ・フライ デイビッド・クローネンバーグ監督 »

コメント

こんばんは

なかなか面白そうな短編集ですね。
吉村昭さんの作品もありますね(まだ読んだ事がない)
短編はちょっとした空き時間にいいですね。
風呂に湯を入れてる時とか。

「永遠の0」とゆう作品を読みました。
面白いとゆうか凄く興味深く良い作品でした。
最後の方は泣きながら読んでました(苦笑)
今はファントムピークスを読んでます。
もうすぐ読み終わりますが。
さすがA評価ですね かなり面白いです。
作中に「吉村昭氏の羆嵐という小説にもなっているので」とゆうセリフがあるんですが、次に読むのが「羆嵐」なんでテンションが上がってしまいました(^^ゞ

投稿: nori | 2011年9月27日 (火) 22時03分

>noriさん
こんばんは。

当然のように当たり外れはありますが、
思った以上に当たりの多い作品集でした^^

吉村さんの「少女架刑」は、
雰囲気といい内容といい良かったですね。

「永遠の0」ですか。
書店に大量に並んでいる時点で
けっこう買う気が削がれてたのですが、
noriさんおすすめとなると買わないわけにはいかないですね!

そして「ファントムピークス」。
気に入っていただけたようで幸いです。
しかもそんな奇妙な偶然もあるとは^^

投稿: シン@部屋主 | 2011年9月29日 (木) 02時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/41788351

この記事へのトラックバック一覧です: 名短篇、ここにあり 北村薫&宮部みゆき編:

« 楊令伝 4 雷霆の章 北方謙三著 | トップページ | ザ・フライ デイビッド・クローネンバーグ監督 »