« サイレント・ブラッド 北林一光著 | トップページ | モーテル 2 »

ジーン・ワルツ 海堂尊著

Caramelcafecafe」の「陸抗」さんが貸してくれました。

ということで読書感想です。

ジーン・ワルツ (新潮文庫) Book ジーン・ワルツ (新潮文庫)

著者:海堂 尊
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

帝華大学医学部の曾根崎理恵助教は、顕微鏡下体外受精のエキスパート。

彼女の上司である清川吾郎准教授もその才を認めていた。

理恵は、大学での研究のほか、閉院間近のマリアクリニックで五人の妊婦を診ている。

年齢も境遇も異なる女たちは、それぞれに深刻な事情を抱えていた―。

生命の意味と尊厳、そして代理母出産という人類最大の難問に挑む…

感想

勉強になりました。

ミステリとしては先はけっこう読める感じですので、さほど面白いという感じではないのですが…というか、小説の形をとった著者の日本の産婦人科医療問題に関してのメッセージかなと。

それだけでなく、出産や不妊治療の現場、そして生命とはなんぞやというようなことを、5人の妊婦のケースを描きながら考えさせられるのが実によかったです。

特に生まれてすぐ死ぬのが確実である場合の出産のところや、「いい子」から「いい女」に成長した彼女、のところはグッときましたね。

色んな人に読んでほしい作品です、オススメ。

抜粋

要求ばかり高度になるけれど、

 感謝が抜け落ちているから、

 現場を支える人たちがどんどん潰れていくんです

同意です。

子供の医療を軽視する社会に未来なんかない

同意です。

「これまで医師は滅私奉公の精神で

 自分の権利を後回しにしてきた

 いい医者ほどそうやって生きてきた

 でも、

 私たちはもっと自分たちの権利を主張していいんです

 自分の声を伸びやかに上げなさい

 なぜなら、私たちも社会で生きる一員なんですから

 沈黙は思考停止に繋がる

 そして社会をダメにしてしまう

同意です。

「現状では無理です

 でも、それを支えるように社会構造を変えれば

 対応できます」

うん。

|

« サイレント・ブラッド 北林一光著 | トップページ | モーテル 2 »

コメント

病気と違って、妊娠して病院に訪れる方は、「プラス」の状態で行きます。
「不育症だったら・・・」なんて心配する妊婦さんって、ほとんどいないでしょうし(^^;
妊娠したら、何の問題も無く出産できるって考えてる人が大半だから、流産や死産のとき、お医者さんが攻められるんですよね(--;
少子化問題に力を入れたいなら、まずその辺のこともしっかりと教えるべきだと思います。
産婦人科が減って困るのは、私たちなんですから。

最近、こんな本ばかりお貸ししてすみません(^^;
でも、不妊の原因の半分は男性側にあることや、治療の辛さを少しでも知ってもらいたくて。

投稿: 陸抗 | 2011年9月12日 (月) 08時44分

>陸抗さん
不育症に関しては以前の本が初耳だったのですが、
産婦人科医療に関しては、
私も以前から著者や陸抗さんと同じような観点から、
非常に問題があると思っていましたので、
自分の考えをまとめるのにちょうどよかったです。

この手の知識は自分から勉強する機会はあまりなく、
ちょうど良い勉強になりますので、
今後ともよろしくですm(__)m

投稿: シン@部屋主 | 2011年9月14日 (水) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/41494797

この記事へのトラックバック一覧です: ジーン・ワルツ 海堂尊著:

« サイレント・ブラッド 北林一光著 | トップページ | モーテル 2 »