« 鍵のかかった部屋 貴志祐介著 | トップページ | GOSICK ゴシック 7 薔薇色の人生 桜庭一樹著 »

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 荒木飛呂彦著

「ジョジョの奇妙な冒険」で有名な荒木飛呂彦さんの著作です。

ホラー映画好き&「ジョジョの奇妙な冒険」好きということで、迷わず購入してしまいました。

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書) Book 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)

著者:荒木 飛呂彦
販売元:集英社
発売日:2011/06/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

内容紹介のようなもの

荒木飛呂彦がこよなく愛するホラー作品の数々は「ジョジョの奇妙な冒険」をはじめ、自身の描いた漫画作品へも大きな影響を与えている。

本書では、自身の創作との関係を交えながら、時には作家、そして時には絵描きの視点から作品を分析し、独自のホラー論を展開する。

巻頭には「荒木飛呂彦が選ぶホラー映画Best20」も収録。

ホラー映画には一家言ある著者の、1970年代以降のモダンホラー映画を題材とした偏愛的映画論!

収録

第一章 ゾンビ映画

第二章 「田舎に行ったら襲われた」系ホラー

第三章 ビザール殺人鬼映画

第四章 スティーブン・キング・オブ・ホラー

第五章 SFホラー映画

第六章 アニマルホラー

第七章 構築系ホラー

第八章 不条理ホラー

第九章 悪魔・怨霊ホラー

第十章 ホラー・オン・ボーダー

感想

いや~、面白かったです。

ジョジョ好きにはたまらない内容ということではなく(中にはあそこのアレはやっぱりこのホラー映画の影響だったのかというような楽しみはありましたが)、ホラー映画好きとして非常に楽しく読めました。

なのでジョジョ好きが読んで楽しめるかとなると、微妙なラインだと思います。というか面白くないと感じる人も多いような気がします。

ホラー映画好きってまわりにいないので、そうそうその映画はそうなのよと、うんうんと頷いたり、それは違うんじゃないかなってな感じでつっこんだりしながら読んでました。

また、100選の中の大半が部屋主も好きなホラー映画が取り上げられていたというのもツボった理由の一つですね。

とも思うものの、よく考えたら7歳か8歳くらいから「ジョジョの奇妙な冒険」に魅せられていた部屋主としては、知らぬ内に荒木さんに洗脳されてた可能性もなきにしもあらずで(笑)

なんにせよ気が付いたら読了、1時間半があっという間に経っていてるという感じでした。

実に愉しい時間を過ごせましたね。

とりあえず色々と見てみたい(もう一度見たい)ホラー映画が増えました。

最後にジョジョの中のディオ様に向けたあの伝説の台詞のもじり「我々のできないことを平然とやってのける存在としてシビれる、憧れる」といった感じで本文中にも出てきたりします。

しかもそこにシビれて憧れてる人物は、部屋主もシビれて憧れている人だったのでそれまた嬉しかったりで。

ちなみに、荒木飛呂彦が選ぶベスト20の中の、

ゾンビ(近々購入予定)、

ジョーズ(持ってる、お気に入り)、

アイ・アム・レジェンド(欲しい)、

エイリアン(そのうち買う予定、かなり好き)、

リング(小説版が好き)、

28日後…(持ってる、けっこう好き)、

エクソシスト(そのうち買う予定)、

ホステル(持ってる)

は部屋主も好きな作品です。

あと本文中に出ていた作品の中では、

オーメン(特に買う予定はなし)、

サンゲリア(いつか欲しい)、

シャイニング(まぁ欲しい)、

13日の金曜日(いつかシリーズ全部集めたい)

死霊のはらわた(いつかシリーズを集めたい)、

遊星からの物体X(持ってる、大好きな作品)

エルム街の悪夢(いつかシリーズを全部集めたい)、

バタリアン(そのうち欲しい)、

ペット・セメタリー(持ってる)

羊たちの沈黙(持ってる、レクター博士にシビれる憧れる)、

セブン(持ってる、大好きな作品)

キューブ(いつか欲しい)

シックス・センス(欲しい、好きな作品)

ディープ・ブルー(持ってる、そこそこ好き)

インビジブル(特に欲しいとは思わない)

呪怨(日本版の4作全部持ってる)

マイノリティ・リポート(そんなに欲しいとは思わない)

アイデンティティ(持ってる)

ソウ(ようやく完結したんでBOX待ち)

ホステル(持ってる)

蝋人形の館(持ってる、けっこう好き)

ってな感じでした。

|

« 鍵のかかった部屋 貴志祐介著 | トップページ | GOSICK ゴシック 7 薔薇色の人生 桜庭一樹著 »

コメント

こんにちは

この本は僕が読んでも間違いなく愉しめそうですね。
盆休みにでもゆっくり読んでみます。

さすが、DVD たくさん持ってますね。
ジョーズは1作目だけですよね?
ミザリー観た事あります?
僕の最も好きな作品の一つなんですけど。

投稿: nori | 2011年8月 7日 (日) 13時15分

>noriさん
こんばんは。

ホラー映画好きならオススメですよ^^
もちろん好き嫌いは分かれる可能性もありますが、
私は好みが似ているのかかなり楽しめました。

基本的にレンタルは好きじゃないので、
3枚3000円とかの安売り時に購入するというスタイルです。

ジョーズは1作目だけです。
あとのは実は見たことなかったりで。

と、ミザリーは見たい見たいと思いつつ、
安売りされてないのでまだという形ですね。
ちなみに荒木先生は3位にランクインしています。

投稿: シン@部屋主 | 2011年8月 7日 (日) 21時04分

こんばんは

あっ、ジョーズは2以後は観たこと無いんですか
まぁ観なくていいと思います(苦笑)

ミザリーがまだとは意外でした。
おもしろいですよ~きっと。

と言っても、僕もこの中で見てない作品が結構あるので参考にしつつこれから購入していこうかと思います。
羊たちの沈黙はシリーズで持っていますが。

投稿: nori | 2011年8月 8日 (月) 00時17分

>noriさん
こんばんは。
ジョーズの2作目以降は見る価値ないのですね。
となると逆に気になるという(苦笑)

ミザリーは見たいと思いつつも、
安くDVDで売ってるのをみたことがなくて。
noriさんも荒木先生もお気に入り作品なので
近いうちに見れたらと思います^^

レクター博士シリーズはいいですよね!
私も全部DVDで持ってます(ライジング以外)

投稿: シン@部屋主 | 2011年8月 9日 (火) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 荒木飛呂彦著:

« 鍵のかかった部屋 貴志祐介著 | トップページ | GOSICK ゴシック 7 薔薇色の人生 桜庭一樹著 »