« Fate/stay night 6巻 | トップページ | 鍵のかかった部屋 貴志祐介著 »

生霊の如き重るもの 三津田信三著

お気に入り作家の三津田信三さんの最新作です。

表紙もお気に入りの村田修さんでうれしい限り。

そういえば表紙絵が初めて男性な気がする。

新鮮だしこれはこれで素敵だけど女性絵も見たいとも。

生霊の如き重るもの (講談社ノベルス) Book 生霊の如き重るもの (講談社ノベルス)

著者:三津田 信三
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

刀城言耶は、大学の先輩・谷生龍之介から、幼い頃疎開していた本宅での出来事を聞かされる。

訥々と語られたのは、『生霊』=『ドッペルゲンガー』の謎だった。

怪異譚に目がない言耶は、その当時龍之介が見たものがなんだったのか、解明を始めるのだが…(「生霊の如き重るもの」)。

収録

・死霊の如き歩くもの

・天魔の如き跳ぶもの

・屍蠟の如き滴るもの

・生霊の如き重るもの

・顏無の如き攫うもの

感想

いつもながらしっかりとした本格でうれしいです。

短いながらもきちんとドンデン返しやら何やらを用意してくれてるのがありがたいです。

民俗学的な豆知識もあったり、ホラー的なところもあったりで楽しめました。

それぞれについてる扉絵がホラー的な感じでとてもよかったですね(読後に見てたら全部これがかなりのヒントになってるなと)。

・「死霊の如き歩くもの」の感想

こういう比較文化論的なネタは好物です。

ミステリとしてはちょっとヒントが多すぎな感じが。

もちろん完璧にわかったわけではないですが、あれをこういう風に使ったというが、あれではわかりやすすぎでしょう。

にしても親父さんの扱いが内田康夫さんの人気作品「浅見光彦」シリーズのパクりっぽくなりすぎてきてる気がしないでもない。

・「天魔の如き跳ぶもの」の感想

「凶鳥の如き忌むもの」のハードカバー版にも何気に収録されてたので再読なのですが、如きシリーズらしくない作品かなと。

トリックというほどのものもないし、どんでん返しのようなものもないしで。

ラストのみが如きシリーズっぽいといえばそうなのですが、それもちょっと強引な感じが強いなと。

・「屍蠟の如き滴るもの」の感想

仕事の都合で一気に読めず飛び飛びになったせいか、考えがうまくまとまらず、ほとんど推理せずに流れで呼んでしまいました。

意外と簡単な感じだったゆえ残念無念。

とはいえ、そんなに面白い感じでもなかったかなと。

あと、自分の作品を読んでもらえて喜んでいる言耶が妙に可愛らしかったりでした。

・「生霊の如き重るもの」の感想

ちょっと諄いかなとは思うもののさすがだなと。

最近薄れてきた和風ホラーの要素もありましたしで。

ラストがあんまり好きじゃないけど。

・「顏無の如き攫うもの」の感想

この短編集の中で一番ツボりましたね。

あぁ、その方法があったかと。

この方法が実に部屋主好みでして。

一番目はひっかけでこうってのも読んでたのですが、二番目ので満足してしまったのが痛いですね。

確かにそれが変だなって気づいていたゆえ余計に。

最終的にそこに至れなかったのが残念でなりません。

|

« Fate/stay night 6巻 | トップページ | 鍵のかかった部屋 貴志祐介著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/40842285

この記事へのトラックバック一覧です: 生霊の如き重るもの 三津田信三著:

« Fate/stay night 6巻 | トップページ | 鍵のかかった部屋 貴志祐介著 »