« ブログラム 5 | トップページ | ランチパック 南国白くま風クリーム »

ルパン ジャン・ポール・サロメ監督

ルパンファンということで、製作費37億円、ルパン生誕100周年記念超娯楽大作という文句に惹かれて購入。

ルパン [DVD] DVD ルパン [DVD]

販売元:角川映画
発売日:2009/11/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:E

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

1884年、叔父のスビーズ侯爵の屋敷に暮らす少年アルセーヌ・ルパン。

ある日、泥棒である父の指図で侯爵夫人が所有するマリー・アントワネットの首飾りを盗み出したのがきっかけとなり…

やがて、20歳となったルパンは謎めいたカリオストロ伯爵夫人を助けたことからフランス王家の隠された財宝を巡る争いに巻き込まれていく…

感想

ダメでした。

何がダメってありすぎて困るくらいにダメでした。

まぁ部屋主のルパンのイメージがポプラ社の児童向けの小説が元なので、すでにその時点で多くの違いがある可能性も高いわけですが。

物語としては「カリオストロ伯爵夫人」をベースに(謎解きパートが好き)、ルパンの最初の犯罪に(「八つの犯罪」だったかな?)、「怪盗紳士」の最初の短編の船の部分、でもって「奇厳城」が混じってる感じでしょうか。

そないに無理に組み込まんでも…と思うし、何より父親や母親とのよくわからんエピソードは増えてるし、ラストがとにかくわけわからんしで。

何より劇中のルパンはそんなに紳士っぽくないんですよね。

年齢のことを考慮に入れたとしても(となると作品のチョイスミスかな?)、なんか優雅さとか気品とか知性とかお茶目さにに欠けてる感じがかなりしましたし(ラストの方に少しイメージ通りのルパンが出ましたが)。

無様ってい感じはしないのがまだ救いだけど、なんか余裕が感じられませんでしたね。

はぁ、残念無念。

|

« ブログラム 5 | トップページ | ランチパック 南国白くま風クリーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/40941809

この記事へのトラックバック一覧です: ルパン ジャン・ポール・サロメ監督:

« ブログラム 5 | トップページ | ランチパック 南国白くま風クリーム »