« ブログラム 6 | トップページ | GOSICK ゴシック 8 神々の黄昏 下 桜庭一樹著 »

GOSICK ゴシック 8 上 神々の黄昏 桜庭一樹著

長かったGOSISKもいよいよ最終章にきました。

この表紙はけっこう好きです。

GOSICKVIII上‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫) Book GOSICKVIII上‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2011/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

クリスマス当日、ヴィクトリカが所望したのは、15個の謎―必死で謎を集める一弥は、村に起こりつつある異変に気づく。

それは、大いなる変化、すなわち“二度目の嵐”の前触れにほかならなかった。

迫り来る別れと、自分の運命を正しく予感したヴィクトリカは、一弥にある贈り物をする。

一方、首都ソブレムでは、ブロワ侯爵が暗躍、娘ヴィクトリカを武器に権力を握ろうとしていた―

感想

まずまずですね。

物語的には最終章らしく、これまでの流れをくんでなかなかに楽しい感じかなと。

とはいえ、そこに何か予想外の何かがあったかと聞かれると、特にひねりも何もなかったかなと。

ヴィクトリカのアレに驚いたくらいで。

毎度書いてますがミステリ要素についてはもう無理にいれなくていいですよと。逆にゲンナリするので。

抜粋

「実は、善良であり続けるこちには、

 ある種の知性が必要なのだな

 なぜなら知性こそが、

 人間が人間らしくあり続けるための燃料なのだから」

|

« ブログラム 6 | トップページ | GOSICK ゴシック 8 神々の黄昏 下 桜庭一樹著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/41117529

この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK ゴシック 8 上 神々の黄昏 桜庭一樹著:

« ブログラム 6 | トップページ | GOSICK ゴシック 8 神々の黄昏 下 桜庭一樹著 »